ハル さん プロフィール

  •  
ハルさん: デイトレード専門学校
ハンドル名ハル さん
ブログタイトルデイトレード専門学校
ブログURLhttp://lonelybattle.blog81.fc2.com/
サイト紹介文日経225先物取引デイトレード専門学校。私のトレード記録を嘘偽りなく公開しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2009/05/08 21:39

ハル さんのブログ記事

  • ★8月17日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は大幅高。米中貿易摩擦への緩和から大幅反発。その流れを受け、日経は、+130円高の22290円で取引を開始。欧米市場の大幅高の流れから反発して始まったものの、反発力は弱め。米中貿易協議の再開への思惑から8月下旬までは、一先ず売り込みづらい状況にもなった。ただし、外部環境の変化には引き続き敏感に反応しやすい状況であり、週末要因もあって商いは膨らみづらい相場となった。上下レンジも狭く、結局+100円高 [続きを読む]
  • ★8月16日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反落。日経は、-220円安の21960円で取引を開始した。米国政府はトルコへの追加制裁を検討しており、トルコリラ売りが再び強まる可能性が残され、日経は、大幅安で寄り付いた後、一時、21860円まで下げ幅を拡大した。しかし、10時30分前に、中国の商務次官が貿易問題を話し合うために訪米する予定と伝わり、米中貿易摩擦への警戒感が和らいだことから日経平均株価が下げ幅を縮め一時プラス転換するとともにドル・円 [続きを読む]
  • ★8月15日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反発。日経は、昨日と変わらずの22320円で取引を開始した。昨日の大幅高の反動もあり、利益確定売りが優勢となり、ジリジリと下げ下げ幅を拡大。ほぼ寄り天状態のトレンドを形成し、一時22090円まで下げ幅を拡大。その後は買い戻しも入ったことで切り返しを見せ、結局-140円安の22180円で取引を終了した。09:10 22310円売り → 13:40 22140円買い +170円13:41 22130円買い → 15:09 22180円売り +50 [続きを読む]
  • ★8月14日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反落。一方、昨日大幅安となった日経は、+150円高の22040円で取引を開始した。連日の下落による反動もあり、寄り付き後は、買戻しが優勢となり、ジリジリと上げ幅を拡大。後場寄りブレイクアウトを形成すると、ショートカバーを巻き込む買いが集まり、大引け間際には、一時22340円まで上伸。結局、+430円高の22320円と昨日の下げを帳消しにさせた。09:19 22080円買い → 10:17 22100円売り +20円10:21 22 [続きを読む]
  • ★8月13日のトレード履歴★
  • 先週末の米国市場は大幅反落。一方、先週大幅安の日経は、-160円安の22140円で取引を開始した。寄り付き後は、リスク回避の流れから売り圧力が優勢となり、22000円台を割り込んだ。その後も、トルコリラの急落により、先物にも売りが売りを誘い込み、一時21820円まで下げ幅を拡大。お盆安にで参加者も乏しく、戻りも限定的となった。結局、-410円安の21890円と大幅安で取引を終了した。09:18 22090円売り → 11:30 21920円買 [続きを読む]
  • ★8月10日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は続落。日経は、-60円安の22540円で取引を開始した。寄り前にGDP速報値が発表され、市場予想と一致し、瞬間的に買われたが、オプションSQ通過後は、先物市場も夏休みモードに入るほか、本日は500社を超える決算発表のピークとなること、さらに米中貿易摩擦への警戒からオーバーウィークのポジションを取りづらい状況となるためポジション解消売りが加速し、22500円台を割り込んだ。その後は、一時下げ止まったもの [続きを読む]
  • ★8月9日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反落。日経は、-30円安の22570円で取引を開始した。寄り付き直後は、売り物に押され、一時22480円まで下げ幅を拡大させたが、その後は切り返し、22600円台を回復。連日のような往って来い相場で、気迷い十字線が連発しているのが気になる。また、出来高も2万枚ちょっとと参加者激減で、何かのきっかけが待ち遠しいところか。結局、前日と変わらずの22600円で取引を終了した。09:22 22520円買い → 12:07 225 [続きを読む]
  • ★8月8日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は続伸。一方、日経は、+10円高の22640円で取引を開始した。米国市場の流れを受け、円安進行も下支えに買いが先行。ジリジリと上げ幅を拡大させると一時22790円まで上げ幅を拡大。しかし、13時から売りが断続的に入ったことで、一気に上げ幅を縮小させ一時22590円まで急落する場面も見られた。結局、前日終値と変わらずの22630円と往って来い相場となった。09:06 22650円買い → 10:24 22710円売り +60円10: [続きを読む]
  • ★8月7日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反発。日経は、+40円高の22530円で取引を開始した。米国市場の流れを受けて反発し、自律反発も相まって底堅く推移した。ただ、積極的な売買は見送られ、出来高も低調のまま。午後に入ると、後場寄りブレイクアウトを形成し、22600円台を回復させた。結局、+140円高の22630円で取引を終了した。10:42 22560円売り → 11:51 22570円買い -10円12:18 22590円買い → 13:54 22620円売り +30円本日 +20 [続きを読む]
  • ★8月6日のトレード履歴★
  • 先週末の米国市場は反発。米雇用統計の結果を受け、市場予想を下回ったが、5月と6月の雇用者数は合計で5.9万人上方修正され、平均時給の上昇率は前年比+2.7%で市場予想と一致。一方、日経は、+30円高の22540円で取引を開始した。米中貿易摩擦が上値を抑え、買いは乏しく、22500円処での攻防となった。出来高も2万枚ちょっとと様子見ムードが鮮明となり、値動きも乏しい。結局、-20円安の22490円で取引を終了した。09:33 22500 [続きを読む]
  • ★8月3日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場はまちまち。昨日、大幅安の日経は、+90円高の22600円で取引を開始。高寄り後は、中国市場への懸念や米中貿易摩擦への警戒感から利益確定売りに押され、マイナス圏へ。中国市場が続落して開場したことで、売りが入り一時22440円まで下げ幅を拡大させる場面も見られた。しかし、アジア市場の落ち着きを取り戻すと、次第に買い戻しが入り22500円の攻防となった。結局、前日と変わらずの22510円で取引を終了した。09:0 [続きを読む]
  • ★8月2日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反落。日経は、-130円安の22650円で取引を開始。安寄り後は、買戻しが先行し下げ幅を縮小。一時22740円まで買い進んだものの、その後は買いが続かず。昨日、大幅安となった中国市場が本日も2%を超える下げ幅で寄り付くと一変。米中貿易摩擦の懸念から急落。後場寄りブレイクアウトを形成すると300円を超える下げ幅に。一時22430円まで下げる場面も見られた。その後も買い材料が乏しく、切り返すことはなかった。結 [続きを読む]
  • ★8月1日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反発。日経は、+140円高の22640円で取引を開始した。日銀決定会合の発表後、アク抜け感から買い戻しが先行し、高寄り後は、高値もみ合いとなったが、後場寄りブレイクアウトを形成すると、上げ幅を拡大させ、ショートカバーを巻き込んだ買いが入った。結局、+280円高の22780円で取引を終了した。さて、沢山の卒業生から励ましのメールを頂き、この場をお借りして御礼申し上げます。予想以上に多くのメールを頂きま [続きを読む]
  • ★7月31日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は続落。日経は、-60円安の22460円で取引を開始した。日銀決定会合待ちの中、様子見ムードが広がり、思惑的な相場展開に。売りが入ったと思えば買い戻しも素早く、ポジションを傾けづらい様子。そして、決定会合の結果が発表された直後は、円安に反応し、225先物にも買いが集まり、一時22670円まで急伸。しかし、買いは続かず瞬間的な上昇に留まった。大引けにかけては、売りに押され、結局、-20円安の22500円で取引 [続きを読む]
  • ★7月30日のトレード履歴★
  • 世の中には、心無い者による妬みや想像だけで批判する人達が数多く存在する。最近騒がれている剛力彩芽さんが典型的な例。悪意を持った一部の人間によって、勝手に一人歩きした誤情報がSNSで蔓延する世の中。インターネットが騒がれ、便利なツールとして一般ユーザーに利用されて、早20数年。良い方向に利用されて欲しいとつくづく思う。幸い、当校へ入学する受講生は、本当に真摯で前向きな方々が非常に多く、私も何度も救われる [続きを読む]
  • ★7月26日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は大幅続伸。日経は、+10円高の22610円で取引を開始した。寄り付き後は、利益確定売りに押され、一時22510円まで急落するも、下値は堅く再び切り返しを見せたものの、再び下げに転じるなど方向感のない展開が続いた。本日は、午後からボランティアのため外出のため、午前中のみのトレードです。09:01 22570円売り → 09:45 22570円買い +0円09:46 22570円買い → 10:39 22580円売り +10円10:40 2258 [続きを読む]
  • ★7月25日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は大幅反発。日経は、+60円高の22570円で取引を開始した。地政学リスクや米中貿易摩擦への警戒、米欧首脳会談の行方など、不安材料は変わらない。ポジションをニュートラルに戻す動きからの買い戻しの動きも意識されたが、こう着ながらも底堅さが意識される相場展開となった。ただ、出来高も激減し、上下レンジも狭く、休むも相場dayとなった。結局、+90円高の22600円で取引を終了した。09:37 22550円売り → 10 [続きを読む]
  • ★7月24日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は続落。日経は、+110円高の22490円で取引を開始した。反発して寄り付いた後は、上げ幅を縮小し、22390円まで縮小する場面もあったが、押し目買いも入り再び切り返し底堅い相場展開となった。午後に入ってもしっかりとした相場が続き、売り崩れることなく推移。結局+130円高の22510円と往って来い相場となった。最近は、往って来い相場が非常に多く、無謀なシストレではLCのオンパレードになるだろう。大切な資金を [続きを読む]
  • ★7月23日のトレード履歴★
  • 先週末の米国市場はまちまち。一方、米中貿易摩擦懸念が再燃し、為替で円高が進行したことを受けて日経は、-280円安の22440円で取引を開始した。トランプ米大統領が中国や欧州連合(EU)が通貨を人為的に操作していると述べたことや、大統領はFRBがあと2回の利上げに踏み切る可能性を懸念していると伝えたことから、リスク回避のドル売りが活発となり円高が加速。様子見眺めムードが強まり、買戻しは限定的となった。下値でのもみ [続きを読む]
  • ★7月20日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反落。米による貿易摩擦が再燃し、幅広い銘柄で売られた。日経は、-80円安の22710円で取引を開始。寄り付き後は、買戻しが優勢となり、22800円台を回復。しかし、中国市場で人民元が大幅安となったこと受け、投資家心理が悪化。急速に上げ幅を縮め急落。一気に22500円台へと沈んだ。その後も22500円台での攻防となったが、その後は下げ渋り、戻りは限定され、買戻しが優勢に。結局-70円安の22720円と往って来い相 [続きを読む]
  • ★7月19日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は続伸。日経は、+60円高の22860円と続伸スタートとなった。寄り付き後は、急ピッチで上昇した反動から利益確定売りに押され、上げ幅を縮小したものの、下値は堅く、再び切り返しを見せ、一時22900円まで上昇する場面も見られた。しかし、円安一服の流れから、再び上げ幅を縮小させるとマイナス圏へ。22730円まで下げる場面もあったが底堅く崩れることはなかった。結局-10円安の22790円で取引を終了した。09:23 22 [続きを読む]
  • ★7月18日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は続伸。日経は、+170円高の22890円で取引を開始した。米国市場の流れや円安進行が追い風となり、大幅反発して寄り付いた後は、23000円に迫る場面もあったが、その後は、利益確定売りに押され、一時22770円まで上げ幅を縮小させた。結局、+80円高の22800円と4日続伸で取引を終了した。10:19 22900円売り → 11:30 22900円買い +0円12:32 22860円売り → 13:45 22820円買い +40円13:45 22820円買い  [続きを読む]
  • ★7月17日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は続伸。連休明けの日経は、-60円安の22540円で取引を開始した。安寄り後は、買戻しが優勢となり、あっさりとプラス圏へ浮上。その後もジリジリと上げ幅を拡大し、午後には22800円台を回復。大引けにかけて、やや利益確定売りに押されたものの、しっかりした相場展開となった。結局、+120円高の22720円で取引を終了した。09:11 22590円買い → 10:00 22650円売り +60円10:00 22650円売り → 10:15 2269 [続きを読む]
  • ★7月13日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は大幅反発。日経は、+170円高の22380円で取引を開始した。為替で円安が進行していることやファーストリテの決算評価による押し上げも意識され、買戻しが優勢となった。午後に入ると、一段高となり一時22670円まで上伸する場面も。結局、+390円高の22600円で取引を終了した。今日は、後場寄りブレイクアウトは成功するも、高値もみ合いでボラは乏しいかった。09:20 22490円売り → 10:36 22470円買い +20円12 [続きを読む]
  • ★7月12日のトレード履歴★
  • 昨日の米国市場は反落。一方、昨日大幅安となった日経は、+100円高の22010円で取引を開始。寄り付き後は、円安進行が追い風となり買戻し優勢の展開に。ジリジリと上げ幅を拡大させると、22200円台を回復。午後に入っても売り崩れることなく22200円台をキープしたしっかりした相場となった。結局、+300円高の22210円と大幅高で取引を終了した。09:05 22070円買い → 09:57 22080円売り +10円09:58 22080円売り → 10:35 [続きを読む]