メディブリッジ さん プロフィール

  •  
メディブリッジさん: 代理出産・卵子提供コーディネーターブログ
ハンドル名メディブリッジ さん
ブログタイトル代理出産・卵子提供コーディネーターブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/medibridges/
サイト紹介文業界最大の卵子提供・代理出産エージェンシー。 10年間卵子提供と着床前診断、代理出産を提供してます
自由文業界最大の卵子提供・代理出産エージェンシー。
メディブリッジとにてアジアとヨーロッパでの代理出産とハワイ、マレーシア・台湾での卵子提供、着床前診断での体外受精のプログラムをご提供しております。このブログで現状どのようなことが起きているのか、お伝えしていければと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2009/05/14 11:03

メディブリッジ さんのブログ記事

  • 体外授精をされている女性向けのアプリ
  • 先般のニュースリリースでとある会社より体外授精をされている女性向けのアプリが開発されたとありました。そのアプリ名は「ミニン」というそうです。そのアプリは、不妊治療の経験がある従業員が数年にわたり不妊治療中の多くの女性に取材をして要望を聴取し、それらを取り入れて開発したそうで、体外授精のサポートに特化しているようで、体外受精における採卵周期や移植周期に特化しているとのことです。治療中に重要になってく [続きを読む]
  • 【募集】エッグドナーボランティア
  • 弊社メディブリッジでは卵子ドナーのページにてエッグドナーボランティアを常時募集しております。卵子ドナーの方には、ハワイ又はマレーシアへ2-3週間ご滞在いただき、採卵にご協力いただきます。ドナーとしてのご登録希望の方は多く、メディブリッジでは約300名のエッグドナーボランティアが登録されています。ご登録をご希望される方は身近に不妊治療をしている方がいらっしゃる方、海外留学時にこのようなボランティアがあるこ [続きを読む]
  • 世界初:死亡ドナーからの子宮移植成功
  • 本日の報道で亡くなった人から子宮の提供を受けた女性が健康な胎児を出産したとした報道がありました。死亡した女性から子宮を移植して胎児を出産しようとした試みは過去にアメリカ等において10回程度あるようですが、成功したのは今回が初めてだそうです。移植手術等はブラジルのサンパウロ大学にて行われた模様で移植手術が行われたのは2016年9月だったそうです。具体的には、脳卒中で亡くなった45歳の女性から子宮を摘出。その [続きを読む]
  • クアラルンプール直行便が増えました
  • 弊社メディブリッジの各種プログラムは北米、東欧そして東南アジアの諸国において実施しております。東南アジアにおける実施国の1つにマレーシアがございますが、提携先クリニックはマレーシアの首都があるクアラルンプールにございます。日本からクアラルンプールを目指すとしたら、もちろん飛行機に乗って目指して頂くわけですが、国内の出発地により搭乗時間は異なるものの、たとえば羽田国際空港からでは概ね7時間半飛行機に搭 [続きを読む]
  • エッグドナーさん募集
  • こんにちは、今週は気温が上がり過ごしやすい日々のようですね。さて、弊社メディブリッジでは卵子ドナーのページにてエッグドナーボランティアを常時募集しております。卵子ドナーの方には、ハワイ又はマレーシアへ2-3週間ご滞在いただき、採卵にご協力いただきます。ドナーとしてのご登録希望の方は多く、メディブリッジでは約300名のエッグドナーボランティアが登録されています。ご登録をご希望される方は身近に不妊治療をして [続きを読む]
  • 代理出産プログラム
  • 代理出産は言葉としてはたまに耳にしますが、多くの方にとっては、具体的にはどんな流れで物事が進んでゆくのか分からないというのがほとんどではないでしょうか。弊社メディブリッジでは代理出産プログラムを提供しております。日本では代理出産を直接規制する法律はありませんが、代理出産は倫理的に社会全体が許容していると認められない、家族関係が複雑となる等とする日本産婦人科学会の見解に従って、国内のほとんどの病院で [続きを読む]
  • 染色体異常
  • 女性の年齢が高くなると卵子に染色体異常が起きる確率と割合は高くなります。その結果、受精しない、着床しない、早期に流産してしまうといった事が起きます。ここで疑問になってくるのは、ではなぜ年齢が高くなると染色体異常が生じやすくなるのかといった事だと思いますが、どのようにして染色体に異常が生じるのかとした理由ははっきりしていないようです。したがって、我々は具体的対処ができず年齢が高くなると染色体異常が生 [続きを読む]
  • 現地クリニックでの初診
  • みなさん、こんにちは。すでに11月中旬となり、今年もあっという間ですね。海外での不妊治療について、全く想像もつかないと方も多いと思います。本日は卵子提供プログラム開始後、ご夫妻でご渡航いただく現地での初診について、お話しさせていただきます。 治療国によってことなりますが、通院回数は1日か2日。 マレーシア:最短2泊3日奥様:問診、採血、超音波検査、カウンセリングご主人:問診、採血、採精2回、カウンセリング [続きを読む]
  • 【大阪出張面談】残席わずかとなりました!!
  • 大阪出張面談は、たくさんのご予約をたまわりまして、残席わずかとなりました。本日時点でのご予約状況は下記の通りとなっています。11月17日(土):満席となりました11月18日(日):残席わずかこの機会に直接お目にかかり、卵子提供プログラム、代理出産プログラム、着床前診断プログラムに関するご不安や疑問をスタッフにご相談いただければ幸いです。お問合せは下記リンク先よりお願い致します。お問合せを心よりお待ちしてお [続きを読む]
  • 不妊治療と費用
  • 子供を授かることを望むものの望みどおりとはいかない場合、不妊治療をみなさん行われます。もちろん、治療は費用を要します。費用には健康保険の適用となるものとそうでないものがあります。不妊治療としてはまず多くの方がタイミング法から始められると思います。タイミング法は、費用としては医療機関により値段は異なってくるわけですが、保険適用となり、概ね数千円程です。タイミング法の指導のもと不妊治療を行うものの結果 [続きを読む]
  • 子宮移植
  • 先日、子宮移植について新聞報道がありました。報道の内容としては、慶応大学において子宮移植に関する臨床研究計画を日本産婦人学会などに提出し、その臨床研究に関して見解を求めるとしたものでした。具体的な計画としては、ロキタンスキー症候群で生まれつき子宮がない女性に対して母や姉妹らの子宮を移植する。そして、拒絶反応を抑えるための薬剤を投与して凍結受精卵を移植して出産を目指す。子宮が体内にある間は拒絶反応を [続きを読む]
  • 弊社メディブリッジのプログラム
  • 妊娠して出産を目指す場合、もちろん、自然に妊娠することをみなさん目指すはずです。しかしながら、望む通りには妊娠といたらず、結果として時間だけが経過してしまうといったことがあります。望んでも妊娠に至らない状態は不妊です。日本産婦人科学会は、この不妊を以下のように定義しています。不妊とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をせず性行をしているものの1年間妊娠しないものをいう。この状態にあてはまってしまう方もお [続きを読む]
  • <大阪&福岡出張面談開催のお知らせ>
  • <大阪&福岡出張面談開催のお知らせ>弊社メディブリッジでは、卵子提供プログラム、代理出産プログラム等の各種プログラムを行っております。各プログラムにおきましてクライアントよりご相談いただく内容は非常に個人的な内容になりますので、私どもは東京品川にございます本社オフィスでの個別面談をとても大切にしてまいりました。しかしながら一方で、興味はあるもののお仕事等の予定で時間が割けない、または遠方にお住んで [続きを読む]
  • 精液検査
  • 不妊の原因はさまざまあり、原因がはっきりするものとそうでないものがあります。不妊原因を性別という切り口からみると、女性側が原因で不妊となるケースは不妊全体の1/3、男性側が原因で不妊となるケースは1/3、両方に原因があるケースは1/3といわれています。不妊と聞くと、ともすれば女性側に原因が大きくあると聞こえてしますのですが、実態は男性側にも原因は少なからずあるわけです。先般、不妊治療に関するニュース [続きを読む]
  • マレーシアにつきまして
  • 本日は10月19日。ご存じない方が多いと思いますが、10月19日は海外旅行の日だそうです。遠くに行くの「遠く」が10で、「行く」が19に語呂があっているからで、海外旅行の楽しみ方などについて考える日だとされています。弊社メディブリッジでは卵子提供プログラム、代理出産プログラムを海外で実施しております。数日前、ハワイとくにオアフ島についてこのブログにて少しまとめてみましたので、海外旅行の楽しみ方などについて考え [続きを読む]
  • 10月は「ピンクリボン月間」
  • みなさん、こんにちは。朝晩冷え込み、体調を崩しやすい季節。くれぐれも気をつけていきたいですね。さて、毎年10月はピンクリボン月間です。乳がんに関する正しい知識の普及と、乳がん検診の受診を通じた早期発見・早期治療を啓発する目的のピンクリボン活動、全世界的に展開され、もう日本でもおなじみですよね。ピンクリボン活動は1980年代のアメリカで始まり、1990年代に欧米で拡大し、日本でも2000年ごろから次第に広まり始め [続きを読む]
  • ハワイにつきまして
  • 弊社メディブリッジの卵子提供プログラムはハワイ、マレーシア、そして台湾において実施しています。これから寒い時期になっていきますので、温かくのんびり過ごせるところでバケーションを楽しみたいとお感じになる方も多いはず。今回は、弊社メディブリッジの卵子提供プログラムにおいて多くのクライアント様が実施国としてご選択なさるハワイについて改めてご紹介Sいたします。まずハワイは周知のとおり米国の州の1つで8つの島 [続きを読む]
  • 卵子の老化について
  • 妊娠には適齢期があります。日本産婦人科学会が公表する統計資料をみると生殖補助医療(ART)によって妊娠した率、出産した率、流産した率がわかります。2016年度の報告によれば、妊娠率(総治療に対する)と出産率(総治療に対する)は37歳を境に下落幅が大きくなっています。一方、流産率(総妊娠に対する)は38を境に上昇幅が大きくなっています。これらがあらわしていることは、年齢の上昇とともに妊娠して出産する力も老化し [続きを読む]
  • <大阪&福岡出張面談開催のお知らせ>
  • みなさん、こんにちは。日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたね。さて、今日はメディブリッジより出張個別カウンセリング開催のお知らせです。卵子提供に限らず、不妊治療のご相談は極めて個人的な内容のため、メディブリッジでは個々の皆様への適切なアドバイスの為にも、常に東京品川にございます本社オフィスでの個別面談を大切にしてまいりました。しかし遠方にお住いの方におかれましては「相談をしてみたいけど、東京 [続きを読む]
  • 風疹が流行しています
  • 我が国が定める法の1つに感染症法というものがあます。この法律は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する措置を定めるもので、感染症の発生や流行を探知しまん延を防ぐための対策を講じるために、感染症を治療した医者に対して保険所に届出を要請しています。届けられた報告は集計され、その結果は、感染症発生動向調査(週報)として国立感染症研究所から毎週公表されています。感染症の1つとして風疹がありますが、 [続きを読む]
  • 代理出産
  • 先般、丸岡いずみさんが代理母出産によってお子様を授かったというニュースがありました。丸岡さんはロシアにおいて代理母出産を行ったそうです。現状、代理母出産を依頼するとした場合、周知のとおり日本国内では行えません。行う場合は国外で行わなくてはなりませんが、そもそもどこで何をどうやってやればいいのかといった事から、無事出産できたとして生まれた子供の出生に関する現地での行政上の手続きはどうするのか、その子 [続きを読む]
  • 卵胞刺激
  • 体外授精において卵胞を刺激する方法はさまざまあります。代表的な方法と特徴をまとめると以下の通りとなります。不妊治療を進めてゆくにあたりまして参考にしてみてください。ロング法採卵周期の前周期から排卵をコントロールして卵巣を刺激するGnRHアゴニスト製剤の点鼻薬を前周期の高温期半ばから使用開始するホルモン値により注射の種類と量を決定する卵胞の直径が12〜14mmになったらLHを含む注射を使用する直径18mmの卵胞が2 [続きを読む]
  • 不妊の原因の半分は男性に
  • みなさん、こんにちは。今週末、東京は暑くなりそうです。水分補給、しっかりしていきたいですね。セレブリティたちが60代や70代?!で父親になったというニュースを聞くと、「男性はいくつになっても子どもが作れる」と思いがちですが、男性も高齢になると、精子の状態に影響がでてくるそうです。女性側だけではなく、35歳過ぎた男性が妊活を行う場合、日々の生活習慣を見直すことが大切と言われています。・禁煙先日値上げした、た [続きを読む]
  • 着床前診断
  • 近頃、着床前診断という言葉が少しずつ世間に浸透してきています。着床前診断は、それが初めて公表されたのは1990年のことで、英国の総合学術雑誌に世界初として公表されたものがはじまりです。当初の目的は性別判定によって伴性遺伝疾患を回避する目的で実施されたものでしたが、最近では遺伝疾患回避の目的で実施される着床前診断は、性別ではなく遺伝子の変異そのものを調べることが多くなってきています。また、着床前診断によ [続きを読む]
  • 卵子ドナーボランティア募集
  • みなさん、こんにちは。今週末も台風だそうです。お出かけの際は、くれぐれも気をつけたいですね。さて、弊社メディブリッジでは卵子ドナー(エッグドナー)のページにてエッグドナーボランティアを常時募集しております。卵子ドナーの方には、ハワイ又はマレーシアへ2-3週間ご滞在いただき、採卵にご協力いただきます。ドナーとしてのご登録希望の方は多く、メディブリッジでは約300名のエッグドナーボランティアが登録されていま [続きを読む]