村山紫音 さん プロフィール

  •  
村山紫音さん: カラープランナーな毎日
ハンドル名村山紫音 さん
ブログタイトルカラープランナーな毎日
ブログURLhttp://portalcolors.blog66.fc2.com
サイト紹介文カラー&コミュニケーションアドバイザー 村山紫音よりカラーの話題を中心にいいなーと思ったものをご紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2009/05/14 12:35

村山紫音 さんのブログ記事

  • かなりの割合で「ボリューム袖」
  • ☆今日はストリートファッションのトレンド情報。2017年夏シーズン。観測ポイントは、渋谷、表参道、原宿、銀座、代官山。タイトルは、「トレンドがジェンダーレス化」「近年のトレンドは、メンズ、レディス共通で広がっている傾向にある」「そしてジェンダーに関係なく、好きなものを着ることが『個性』として受け入れられるようになってきた」うーん、そうですね。色に関しても、「男性色」「女性色」も無くなってきましたしね。 [続きを読む]
  • 目指すのは「Farm to bar」。
  • ☆パッケージが話題のチョコレート。「流行色」に特集記事が出てました。伝えたいのは「カカオへのこだわり」だそうで、「産地や発酵、焙煎によって、これほどまでにカカオの味が広がるのだということを『ザ・チョコレート』を通じて知っていただきたい」と、アートディレクション担当者さん。気になる色に関しては、「食べたときのイメージをもとに決めた」そう。「開発担当者や研究員など、社内の人間で試食して、浮かんできた色 [続きを読む]
  • 「金融家」
  • ☆先日頂いた焼き菓子。かなりのうまさで消費が早い(笑)。フィナンシェとマドレーヌの詰め合わせなのですが、バター感しっかりで濃厚。お店の案内を見たら神戸。ネットで買いたいくらいに、うましです。個包装はシンプルですね。使っている色は、赤みブラウンにマゼンタ(赤紫)、ゴールド。高級な感じあり。そして、女性の好きそうな色使いです。入っていた紙を読んだところ、フィナンシェは「金融家」という名前だそうです。知 [続きを読む]
  • お土産っぽくなくて
  • ☆もう11月ですね。今年もあと2ヶ月と思うと、早いのぅ。忘れないうちに、安曇野菓子を。画像左の「安曇野つつみ」、かなり美味しい。りんごの入ったフィナンシェなんですが、りんご感バッチリで、うまし。パッケージがお土産っぽくなくて、興味を持ち、購入(笑)。黒背景で、かなりのオシャレ感。洋菓子屋さんで取り扱うような高級感ですな。箱を開けると、またオシャレ感。黒全面使いで、シックで落ち着きのある印象。また、写 [続きを読む]
  • 「ダルブルーの台頭、ベージュにも注目」
  • ☆今日はトレンドカラーのご紹介。先日に引き続き、2017年春夏のマーケットカラー情報。「数字を大きく落とすもネイビーは首位をキープ」「ダルブルーの台頭、ベージュにも注目」全体的な流れとしては、「細部までこだわった『英国調・クラシック』と着心地優先の『コンフォート・リラックス』の2大トレンドに大きな変化はなく、むしろその傾向を強めている」とのこと。そして。「いわゆる通勤用ユニフォームとして捉えられている [続きを読む]
  • 「ビビッドカラーに動きあり」
  • ☆今日はトレンドカラーのご紹介。2017年春夏のマーケットカラー情報。レディース編です。「ネイビー、白は後退」「ヤングでは黒が増加」「ビビッドカラーに動きがあり」スタイルに関しては、「徐々にシンプル離れの方向が見られ」「装飾的で遊び心のあるスタイルが拡大」だそうです。ピックアップカラーは色別に解説されてます。1、黒ポストネイビーとして注目されたブラックはさらに拡大。中心はオールブラックの着こなし。2、カ [続きを読む]
  • こってりとした赤みのブラウン系。
  • ☆頂き物のお菓子。意外と美味しかったな〜。こってりとした赤みのブラウン系。濃厚な感じがします。その他、赤とか黄色とか。同じような色みを使った、明るさに差をつけた配色ですかね。ブラウン系にも濃淡があり、「コーヒー感」が出てますな。あ、商品は「珈琲シフォンケーキ」。程よい甘さで美味しゅうございました。個包装は、パッケージまんまな感じの配色。濃いブラウン系に黄色でデザインもパッケージと連動してます。画像 [続きを読む]
  • 「ベルト人気に注目」
  • ☆今日は、ストリートファッションのトレンドの話。2017年春のストリートスタイルです。「ベルト人気に注目」だそうです。4つの特徴が解説されてます。1、コンバース革物の着用者が増えてきたとはいえ、依然として主流派シニーカー。現在はコンバースに人気が集中。2、サッシュベルトサッシュベルトの着用率がじわじわと上がっている。サッシュベルトは「幅広で柔らかい帯状のベルト」で巻きつけるタイプのもの。ネクストブームと [続きを読む]
  • 「創業時から変わらず、 ロイヤルブルー」
  • ☆今日は季刊誌「流行色」より抜粋。「パリのホテル新潮流2017」です。「パリではホテルのリノベーションが続いている」「かつてパレスホテルの広報担当者から『10年を一区切りに、大規模な改装が必須」と聞いたことを思い出す」と取材者のコメント。パリのホテルは「時代の添う」改築を行っているようです。写真は「リッツパリ」のもの。「世界的に高名な建築家ティエリー・W・デスポンによる4年の歳月をかけた緻密なリノベーシ [続きを読む]
  • 和紙って割と破けない。
  • ☆今日は予告通り、長野安曇野の吉方位旅行の「マルシェ」編。たまたま立ち寄ったカフェが2階になりまして、窓の下を見ると、何やらやっている様子。カフェの店員さんに聞いてみたところ、マルシェらしきものを開催中とのこと。面白そうなので、お邪魔して見る。そして、また買い物(笑)。渋い色使いが気に入ったカップ。真っ白い食器も好きですが、こういう和っぽい雰囲気も好きです。なかなか使い勝手の良いサイズで、重宝して [続きを読む]
  • 「ミズキ」は初めて。
  • ☆先日行った長野安曇野の吉方位旅行。久しぶりにカフェでくつろぎ。こういうデザートプレートも久しぶり。色々あると、贅沢感が増しますな。この季節にいちごって珍しいけど、見た目鮮やかになりますね。このお店は、カフェの他に、食器類とかクラフト的なものを販売してまして、うろうろ店内を物色。美味しそうな蜂蜜を見つけたので、また買い物。「アカシア」はよく聞くけど、「ミズキ」は初めて。食べ比べもできそうで、楽しみ [続きを読む]
  • ピンクとライトブラウン、緑とか赤とか。
  • ☆今日は、久しぶりにトレンドの話を。イタリアミラノで開催された、「ミラノデザインウィーク」のご紹介です。このイベントは、「ミラノサローネ」と言われた国際家具見本市に合わせ、ミラノ市街で展示会が開催されまして、全体で「ミラノデザインウィーク」と称されるそう。今回で56回目で、来場者は34万人とのこと。カラーに関しては、「復職ファッションのトレンドと連動」として、3つのグループで解説されてます。1、ピンクと [続きを読む]
  • 今回の糸かけさん。
  • ☆今日は、三連休の最終日。時間が過ぎるのは、早いのぅ。昨日は、恒例の糸かけ曼荼羅講座。今回も素敵な曼荼羅さんに仕上がりました。(前回は写真撮り忘れ。すみません)ブルー系からグリーン系にかけての色使い。クールで落ち着いた雰囲気の中に、暖かさもあり。縁に入ってる赤系が効いてますね。赤、ピンク系が入ると、途端に女性っぽくなりますな。トップはゴールド。柔らかく温かみのある印象になります。好きな色とか気にな [続きを読む]
  • 「ねこってる」
  • ☆先日行った長野安曇野。相変わらずお菓子の買い込みが多い(笑)。こちらは自分用に購入したもの(の、一部)。ほぼ見た目で選びます。左奥にあるのは、チョコ付きのバウムクーヘン。なかなかうまし、です。丸型の箱がかわいかったんですよねー。売り場でも目立ってました。白背景に、黄色からブラウン系の色使い。黒文字は「押さえ」な感じで、ぐっと引き締め感あり。ここが明るい色だと、ふわふわした感じになります。そして、 [続きを読む]
  • 今年は西(その2)
  • ☆今日は先日の吉方位旅行の続き。あ、今年は西方向で、長野の安曇野です。そばとソフトクリームの他に、「八面大王足湯」に浸かって来ました。足湯は初体験ですが、リラックスできていいですなー。「八面大王」は民話に登場する人、「その昔、中央政権の圧政から住民を守るために立ち上がった」人だそう。なかなかのヒーローですな。木々に囲まれた場所にあり、自然感満載。いい感じのくつろぎ空間です。ただし。足湯の底は、大小 [続きを読む]
  • 今年は西。
  • ☆昨日は恒例の吉方位旅行。今年は西だったので、長野安曇野まで行ってきました。ニャンズが来てからというもの、何かと心配で外泊していない。ということで、早起きして日帰りぷち旅行。長野あたりだったら、まあ大丈夫ですな。今回の一番のお楽しみは、安曇野そば。ガイドブックによると、「一年中冷涼で、昼夜の寒暖差が大きいため蕎麦栽培に適している。そば打ちにアルプス山系の湧水を使用できることも味の決め手」とのこと。 [続きを読む]
  • 2018年春夏のテキスタイルは。
  • ☆先日に引き続き、トレンドカラーのご紹介。今日は、2018年春夏向けのテキスタイル情報です。テキスタイルの見本市は、イタリアで開催される「ミラノ・ウニカ」。全体的な傾向としては、「不透明な時代に求められる自由で遊び心のある表現」とのこと。解説によると、「2018年春夏はウィットに富んだ遊び心溢れるシーズンが予測されている」テーマは、「自由と解放を求める心の旅」「元気で楽しいカラーレンジ」が提案されているよ [続きを読む]
  • 2018春夏の服地傾向は。
  • ☆今日はトレンドカラーのご紹介。2018年春夏向けの服地見本市情報です。「プルミーエル・ヴィジョン・ファブリック」は、パリで開催される見本市。「新企画を次々に導入し進化を遂げている」そうです。今回は、「ファッションとテクノロジーが融合し増強される『ファッション・テック』という新領域で、実験的で革新的なウエアやシューズ、アクセサリーが展示された」そうです。なかなか面白そうですね。大きな流れとしては、「未 [続きを読む]
  • 「いもを使わず、いも以上に、いもらしく」
  • ☆先日頂いた北海道土産。「わかさいも」うまーい!!見た目は焼き芋に見えますが、「いもを使わず、いも以上に、いもらしく」実は、「北海道産の大福豆を練りこんだ自家製の白餡でできて」いるそうです。初めて食べたけど、うましです。パッケージは、ちょっと北海道っぽくない気がする。(ごめんなさい)いや北海道っぽいっていうと、大自然な感じとか、北海道の形がイラストで入ってたりとか。そんなイメージだったのですが、ち [続きを読む]
  • 頑張ってる後ろ足と。
  • ☆先日本屋さんで見かけた本。かなりかわいいです〜。「必死すぎるネコ」沖昌之タツミムック平置きされていて、思わず購入。表紙の写真、あるある、このパターン(笑)。少しでも隙間を見つけると、必ず覗きにくる我が家のニャンズ。あはは、そっくり(笑)。他にも、「必死」な感じのニャンズ写真がいっぱい。くすっと笑えて、癒し効果抜群です。一番気に入ったのは、こちらの写真。ニャンズの後ろ姿。頑張ってる後ろ足と、しっぽ [続きを読む]
  • 「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の すべての色が産出します」
  • ☆かなり久しぶりの宝石の勉強。あはは、あまり進んでないな。今日はトルマリンについて。「18世紀までは、エメラルドと混同されていた」ようで、グリーン系が一般的ですかね。選ぶときは、「色が濃すぎるグリーンは避けるのが賢明」だそうです。エメラルドと混同されるから、ですかね。グリーントルマリンは、「黄緑色から青みがかった緑色まで、幅広い色味が存在する」んだそうで。ぜひ一度、並べて見てみたいですね。トルマリン [続きを読む]
  • 2017秋冬の海外トレンド(メンズ編)
  • ☆今日は海外トレンド情報メンズ版。2017年秋冬向けの傾向です。「注目トレンドは、クラシカルなエッセンスと山登り」だそうで。ちょっと面白い組み合わせのキーワードですな。解説によると、「ここ数シーズン、ノームコア、エフォートレストいったリアリティを意識したキーワードを背景に、『微変』『普通』など」が拡大。「今シーズンは、反動ベクトルが強くなっている」とのこと。「『クラシック』『ブリティッシュ』『登山』『 [続きを読む]
  • やっぱりブラウン系に。
  • ☆昨日に引き続き、トレンドカラーのご紹介。2017年秋冬向け、ヨーロッパコレクションです。全体傾向としては、「これまで主流になっていたひらひらとフリルが波立つボヘミアンガールから脱却し、次第に大人の落ち着いた美しさへと変化してきた」とのこと。なるほど。ちょっと大きく方向が変わりましたかね。テーマとしては、「英国メンズ調をベースにしたマスキュリンフェミニン」「ハンドクラフトの温もり」「モダンで多様性に富 [続きを読む]
  • 何となくブラウン系に。
  • ☆今日はトレンドカラーのご紹介。2017年秋冬向けのコレクション情報です。今日はニューヨークコレクション。全体傾向としては、「See NOW,Buy Now(今見て今買う)」形式が広がりを見せているようで、「一般客、顧客中心」の動きが拡張しているようです。そして取材者のコメントとしては、「広い意味でのダイバーシティーを尊重するメッセージが目につき、考えさせられる機会を得たファッションウィークだった」とのこと。あ、「 [続きを読む]
  • ブラウン系というと。
  • ☆うーん、いつ頂いたのだろう?ブラウン系濃淡使いの個包装。何だか秋を感じます。ここのところ、朝晩すっかり涼しくなりましたね。先日掛け布団を用意しました。(夏はタオルケットのみで就寝)ブラウン系というと。ファッションのベースカラーが、ブラウン系になりそうだと聞いてから、やたら気になってます。個人的にはブラウン系は似合いにくい色なので、流行らないで欲しいと切に願う(笑)。ま、流行の流れは止められないの [続きを読む]