長住哲雄 さん プロフィール

  •  
長住哲雄さん: 不純愛講座 by 長住哲雄
ハンドル名長住哲雄 さん
ブログタイトル不純愛講座 by 長住哲雄
ブログURLhttp://fujunaikouza.blog23.fc2.com/
サイト紹介文エッセイスト長住哲雄が「愛とは何か」を科学的・文学的に、ときには叙情的に語るユーモラスなブログです。
自由文人間関係に関する数々の著作を刊行してきた管理人・長住哲雄が、恋愛の本質を面白おかしく、しかし、しっかりアカデミックに語る内容。主な記事カテゴリーは、以下の通り。
1・不純愛トーク〜哲雄とAKIが、心理学、動物学などの知識をベースにトークの形で展開する恋愛論。
2・マリアたちへ(短編集)〜女性たちに捧げる「ありがとう」の短編小説集です。
3・「モテ男の愛し方」「モテ子の愛し方」…他。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/05/14 16:49

長住哲雄 さんのブログ記事

  • 危険な遊戯〈2〉 襲いかかる「欲棒」
  •  性的な人々−22  「デートにつき合って」というリンの誘いは、仕組まれたワナだった。次々に襲いかかる男たちの「欲棒」に貫かれながら、美由紀は、遠い昔の記憶をよみがえらせていた……。 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には関係がありま [続きを読む]
  • 「美人」より「かわいい」を好む女心のナゾ
  • 知らなきゃよかった「恋愛法則」  法則23  女は「美人」より「かわいい」とホメられることを好む女性をホメるとき、「美人だね」とホメるか、「かわいい」とホメるか? 実は、これが大違い。なぜか女性は「かわいい」を好むのです。その理由――。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  ホメられてうれしい、ホメてくれた相手を「好き」になるという性質は、男よりも女のほうが強 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈38〉 政治のリアルと夕食のリアル
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。国会前で催涙液の放水を浴びた真弓は霞ヶ関の駅で痛む目を洗いながら思った。「ああ、夕食の時間に遅れるなぁ」真弓の中では、「政治のリアル」は「夕食のリアル」に敗北していた……。 連載   西暦2072年の結婚  第38章  政治のリアルと夕食のリアル 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載38回目です。この小説を [続きを読む]
  • 彼女がパンプスを脱ぐとき
  • 男と女のモテ技  W-09  男が「アッ!」と驚くような突飛な行動を、突然にとる女性がいます。今回登場のN美嬢も、そんなひとり。そして彼女がとった突飛な行動とは、「いきなりパンプスを脱ぐ」でした――。 【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 モテ  不倫 M  は「男からのモテ技」、 W  は「女からのモテ技」、 N  は「男女共通のモテ技」です。 都内で小さな輸入雑貨の店を営むF氏のオフィスには [続きを読む]
  • 危険な遊戯〈1〉 デートのワナ
  •  性的な人々−22  「会うだけでいいからつき合ってよ」リンに頼まれて出かけたお見合いデート。しかし、それはリンが仕掛けたワナだった。男たちにムリに飲まされた彼女は……。 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には、いっさい関係がありませ [続きを読む]
  • 男だって濡れる? 「ガマン汁」の正体
  • 男だって、感じただけで濡れてきます。俗に「ガマン汁」と呼ばれるその液体には精子は含まれていません。その正体は…? 性とエッチの《雑学》file.5《改訂版》   R15 このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。【今回のキーワード】 不感症 オーガズム  【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫  ペニスを射精するための道具、と思っている女 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈37〉 怒れるアリたちの群れ
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。中国戦線に国防軍を増派するために政府は「国防人員徴集法」の発動を決めた。しかし、免除税を払えば、徴集を免除される。怒った下流層が、国会を包囲した。真弓もその中にいた。 連載   西暦2072年の結婚  第37章  怒れるアリの群れ 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載37回目です。この小説を   最初から読 [続きを読む]
  • 「評価」されたい人と「理解」されたい人の、ちょっとした違い
  •  不純愛トーク   第398夜 人に「同調」するか「共感」するか? それを分ける精神的機能に「評価」と「理解」があります。実は、この両者、似て非なるもの。「評価」すること・されることを好むタイプと、「理解」すること・されることを好むタイプも、見事に分かれます。その違いとは――。 Talker 哲雄 自ら著作を手がけるエッセイスト。当ブログの管理人です。AKI 出張エステ嬢として働きながら、作家を目指 [続きを読む]
  • 「ブサイクだから」と嘆く人間が隠している本心
  • 「愛」は、ときどき、ウソつき  File-11  「ブサイクだから」と嘆く人間が隠している本心口を開けば「私(オレ)、ブサイクだから」と、嘆いてみせる人たちがいます。そういう人に「そんなことないよ」と否定しても、実は、あまり効果がありません。彼らが期待するのは――。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  たとえば、あなたの彼女が、鏡を前にして、「あ〜あ」と深いため息 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈36〉 ヘルプの達人
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。麻衣の妊娠中、吉高家の男たちの面倒を看てもいい――と申し出た朋美は、キャバクラで働く「お水の女」だという。勤務する店で人気トップにのしあがった彼女の売りは、男あしらいのうまさだった。 連載   西暦2072年の結婚  第36章  ヘルプの達人 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載36回目です。この小説を   [続きを読む]
  • オレを通せ!――順番にこだわる男と女のスレ違い
  • 「オレを通せよ!」。「序列」「順番」にこだわる男性がしばしば口にするフレーズです。そこから生まれるスレ違いを防ぐためには、どうすればいいか――という話。 愛が生まれる日本語・殺す日本語   レッスン1-4 【リンク・キーワード】 エロ 官能小説 コミュニケーション 不倫  世の中には、「ものの順番」にこだわる人たちがいます。 厳しい土地柄だと、結婚や出産の報告をする順番にさえ、本家から順に……など、厳 [続きを読む]
  • 「エピソード=思い出」の多い愛ほど、壊れにくい
  • 知らなきゃよかった「恋愛法則」  法則22  「思い出」が多いほど、愛は壊れにくい「あのとき、××なことをした」。そんな思い出が残っている愛ほど壊れにくい。大脳の「記憶」のしくみが導き出す、長続きする愛の法則とは――?【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  人の記憶には、一時的に記憶されて、用がすめば脳から消去されてしまう「短期記憶」と、いつまでも脳の中に保存 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈35〉 サポートSEX
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。吉高家の俊介と日暮家の朋美の情事。それをどちらのファミリーの主人も、承知しているようだった。その情事は、妊娠中の麻衣を救うだけでなく、4人の妻を持つ修一氏をも救った――。 連載   西暦2072年の結婚  第35章  サポートSEX 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載35回目です。この小説を   最初から [続きを読む]
  • デキる女上司は「公私」の「私」に弱い…!?
  • 男と女のモテ技  M-09  ジョーダンのひとつも通じなさそうな堅物女上司に無謀なるアタックを試みた男がいました。彼が用いたのは、「モード・チェンジ法」。バリバリにオフィシャルな場面にいきなり「私」を持ち込むという技法でした――。 【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 モテ  不倫 M  は「男からのモテ技」、 W  は「女からのモテ技」、 N  は「男女共通のモテ技」です。 柔肌の熱き血潮に触れ [続きを読む]
  • さらば、ミスター・レディ
  •  性的な人々−21  超ガラ空きの急行列車の車両を近づいてくるミニスカートの美女。その足が、私の前でピタリと止まった。私の隣にその女が腰を下ろす。しかし、その女は…… R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には、いっさい関係がありません。 [続きを読む]
  • 傷つきやすく感じない、「ヴァギナ」の《取扱説明書》
  • 女性の「内性器」の主役は、膣=ヴァギナ。しかし、この内性器には「気持ちいい」を感じるセンサーがついてないらしいのです。 性とエッチの《雑学》file.04   R15 このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。【今回のキーワード】 不感症 オーガズム  【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫  前回は、女性の性器を外側から観察しました。 膣 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈34〉 「合意」された裏切り
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。吉高一家の俊介と日暮一家の朋美。そのふたりが電柱の陰でむつみ合う姿を目撃した真弓は、それを秘密として封印しようとした。しかし、両家の主人は、その事実を知っているようだった――。 連載   西暦2072年の結婚  第34章  「合意」された裏切り 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載34回目です。この小説を [続きを読む]
  • 「そうだよねェ」より「ウン、わかる」と言ってくれる友がいい
  •  不純愛トーク   第397夜 他人の気分に「そうだよね」と安易にうなずく「同調」は危険である。前回は、そんな話をしました。その「同調」と似ている精神の機能に、相手の心情に「ウン、わかる」と理解を示す「共感」があります。似て非なるもの、「同調」と「共感」。両者はどこがちょっと違うのか、今回は、そんな話をしてみます――。 Talker 哲雄 自ら著作を手がけるエッセイスト。当ブログの管理人です。AKI [続きを読む]
  • 「私、バカだから」と言う人間が隠している計算
  • 「愛」は、ときどき、ウソつき  File-10  「私、バカだから」と言う人間が隠している計算「バカのフリ」をしたがる人たちがいます。「私、バカだから」とか「オレ、バカだから」と「バカ自慢」をしようとする人もいます。実はそこには、「そのほうが得だから」という計算が隠されているのです。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  南米のインディオたちの中には、「族長(酋長) [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈33〉 「徴兵令」発動の夜の情事
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。激化する中国の内戦。派兵を決意した日本では、国防軍の人員不足を補うため、徴兵令が発動されることになった。徴集の不安の中、麻衣のおなかはふくらんでいく。そんなある夜――。 連載   西暦2072年の結婚  第33章  「徴兵令」発動の夜の情事 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載33回目です。この小説を   [続きを読む]
  • 男は「違い」にこだわり、女は「共通性」を重視する
  • 男と男は、「オレはあいつとは違う」と「違い」を主張。女と女は「あなたも? 私もなの」と「共通点」を見つけて、親しくなろうとします。その会話にはこんな違いが――。 愛が生まれる日本語・殺す日本語   レッスン3 【リンク・キーワード】 エロ 官能小説 コミュニケーション 不倫  たとえばあなたがどこかのオフィスで働いているとしましょう。 そこで交わされる男女の会話の中には、しばしば、「そこにいない男 [続きを読む]
  • 女は「過去」を「リセット」し、男は「保存」する
  • 知らなきゃよかった「恋愛法則」  法則21  女は「過去の恋」をリセットし、男は「保存」するワケあって別れた恋人をどうするか? これが、男と女では、まるで違っているのです。「いつかまた…」は、男だけが抱く幻想らしいですよ。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  新しい恋が始まったとき、「過去の恋」をどう処理するか? 実はこれが、男と女では、まったく違っている。 [続きを読む]
  • 西暦2072年の結婚〈32〉 「捨てる神」と「拾う神」
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。山辺俊介は「スラスト主義者」だ。麻衣の妊娠中、俊介はそのスラストを禁じられた。「俊介さん、大丈夫?」と心配する声に俊介が答えた。「捨てる神あれば拾う神ありさ」――。 連載   西暦2072年の結婚  第32章  「捨てる神」と「拾う神」 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載32回目です。この小説を   最初 [続きを読む]
  • 「ワンコイン・デート」から始めよう!
  • 男と女のモテ技  N-08  目当てのカレや彼女をデートに誘う。そんなとき、人はともすると、気合を入れすぎてしまいます。しかし、そんなデートは、断られる可能性も大。ストレスがかかりすぎるからです。そこで――。 【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 モテ  不倫 M  は「男からのモテ技」、 W  は「女からのモテ技」、 N  は「男女共通のモテ技」です。 みなさんは、まだ自分を受け入れてくれるかど [続きを読む]
  • カメ男氏の「接触遭遇術」〈下〉 その指は下着の縁を彷徨う
  •  性的な人々−20  未知の女性だからこそ、その体との接触には、スリルと興奮が伴う。そんな屁理屈で「接触遭遇」を試みるカメ男氏の究極の目標は「第三種接触遭遇」。呆れかえるばかりのその手口とは……? R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗に [続きを読む]