jube さん プロフィール

  •  
jubeさん: FCKSA55
ハンドル名jube さん
ブログタイトルFCKSA55
ブログURLhttp://kodahima.blog71.fc2.com/
サイト紹介文サッカー分析ブログ。 日本代表・五輪代表・ユース代表・Jリーグ各クラブを独自の視点と理論で分析。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2009/05/15 09:21

jube さんのブログ記事

  • ドバイカップUー23へ向けてのメンバーについて。
  • 小島亨介 滝本晴彦 山口瑠伊板倉滉 立田悠悟 大南拓磨 小林友希杉岡大暉 長沼洋一 藤谷壮 橋岡大樹中山雄太 松本泰志 伊藤洋輝 齊藤未月伊藤達哉 岩崎悠人 三好康児 久保建英小川航基 上田綺世 田川亨介 菅大輝堂安と冨安はフル代表の方へ行っているが、それでも、かなり注目できる選手たちが揃っている印象。1つ下の世代からもポテンシャルのある選手たちを招集した事によって、更にチームが活性化されるのでは [続きを読む]
  • ベネズエラ戦とキルギス戦へ向けてのメンバーとその後について。
  • GK 東口順昭 権田修一 シュミット・ダニエルDF 槙野智章 吉田麻也 三浦弦太 冨安健洋DF 佐々木翔 酒井宏樹 山中亮輔 室屋成MF 遠藤航 柴崎岳 三竿健斗 青山敏弘MF 中島翔哉 堂安律 原口元気 伊東純也FW 大迫勇也 南野拓実 鈴木優磨 北川航也GKは、立て続けの脳震盪が無かったならば、中村航輔が次世代のGKの筆頭、という事になっていたと思うので、現在は復帰してきているから、もしかした [続きを読む]
  • 多角的な視野と自分の範囲外を理解しようとする努力。
  • 頭脳、知性、賢さ、創造性、発想力、様々な表現の仕方があると思うが、では、それらはどのように高められ、それから、実際に発揮されるのか? やはり、その1つが、多角的な視野を持つ事であると思う。1つの問題や課題に対する答えは1つではなく、立場を変えれば異なってくるし、他のアプローチをすれば異なってくる。そして、常に同じ立場、同じアプローチの仕方をしていては、頭脳というのは高められていかない。このブログは [続きを読む]
  • 現状把握とトレーニング、それが育成の基本原理。
  • なぜ実戦が育成において最も必要とされるのか? それは、常に何が通用して何が通用しないのか、その現状把握が必要であるから。多くの事柄というのは、練習段階では上手くできていても、実践になると上手くできない、という事が多く、それはなぜかと言えば、実践と練習ではプレッシャーが異なるし、また、スピードも異なるし、相手の本気度も異なるからで、更に、実践というのは、練習で想定されていたものと、少しずつ異なったパ [続きを読む]
  • 分析の第一歩は長所と短所の発見からであり、強化の第一歩はその分析から。
  • この世の中には完璧なものなどなくて、特に単体として完璧である、という存在は皆無であると思う。またそれは、別の言い方をすれば、全ての存在は単体として完璧である必要は無く、それぞれの単体が長所によって他の単体の短所を補う、その相互補完の複合体や集合体が完璧に近くなる、それは存在し得ると思う。どのような選手にも長所と短所があり、どのようなシステムにも長所と短所があり、まず分析というのは、そのような長所と [続きを読む]
  • 個の力(個性)重視と個人(利己)主義は異なる。
  • 育成(教育)というのは、個の力(個性)を育む、という事が、やはり第一であると思う。主体性のある選手(人間)であるためには、大前提として、高い個の力(個性)を持つ選手(人間)である必要があり、例えば、「リードを守るのか、もう1点取りにいくのか」、という判断が求められた場合に、それを正しく判断できる個の力(個性)を持っていない選手たちに、そこは自分たちで判断しなさい、と求めても、やはり、できないものは [続きを読む]
  • 何事も上手く進めるには、パワーバランス、という事が重要。
  • 組織(システム)と個というのは、常に綱引きを繰り返していて、そもそもシステムというのは、半面として、弱いチームが強いチームに勝つために作られる、という側面もあると思うのだが、しかしながら、システムというのは、強い個を更に強くする、あるいは、個の能力を最大限にまで引き出す、そのためにも存在している、という事は絶対的に言える。やはり、選手のタイプであるとか、そのチームが抱えている戦力として、ポゼッショ [続きを読む]
  • 森保ジャパンについての3つのキーワード。
  • ■ ハーフスペース本当は、ポジショナルプレー、と書きたいのだが、どうやらポジショナルプレーというのは理解が難しいらしく、ポジショナルプレーと書いても反応が薄いので、それならば、という事で、ハーフスペース、と表現する事にした。ハーフスペースというのは、簡単に言えば、|1|2|3|4|5|、こんな感じでフィールドを縦に、5つに分割し、その2のレーンと4のレーンの事。水泳のコースを思い浮かべるとイメージ [続きを読む]
  • ウルグアイ戦の重要な観点。ポジショナルプレーと個の力。
  • 東口順昭 権田修一 シュミット・ダニエル槙野智章 吉田麻也 冨安健洋 三浦弦太長友佑都 佐々木翔 酒井宏樹 室屋成三竿健斗 遠藤航 柴崎岳 青山敏弘原口元気 中島翔哉 堂安律 伊東純也大迫勇也 南野拓実 川又堅碁 北川航也このブログは皆様の応援で継続されています。記事を読む前に、人気ブログランキングにほんブログ村 サッカーブログサッカー FC2 Blog Ranking上記3ヶ所への応援 を宜しくお願い致し [続きを読む]