アカデミー学院長 さん プロフィール

  •  
アカデミー学院長さん: ジョージ学院長  元気の出るブログ
ハンドル名アカデミー学院長 さん
ブログタイトルジョージ学院長 元気の出るブログ
ブログURLhttp://www.academygakuin.com/blog/
サイト紹介文日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。読む人に元気を注入します。
自由文TVタレント、ガソリンスタンド、工場、花屋、衣料品の梱包、ダンボール加工、行楽地でのホットドッグ販売、大手塾の電話アポ取り、コンサート会場のガードマン、家庭用品の訪問販売、土産物屋のセールス、引越し屋、ビルの清掃、家庭教師、塾講師、大学講師、語学学校講師、通訳、翻訳、カウンセラー、セミナー講師、サラリーマン、塾経営、キリスト教会牧師、アメリカ留学生活7年等、経験豊富な一塾長が綴る日々の随想ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/05/15 23:33

アカデミー学院長 さんのブログ記事

  • 想像するより尋ねろ
  • 故ビル・ラブは、カナダの森林の中で迷子になった精神分析医とエンジニアと医者の話をよくした。狩猟者の小屋にたどり着いた彼らは、ドアをノックしたが応答がなかったので中に入り、小屋の住人がもどってくるまで暖を取りながらそこでしばらく待つことにした。小屋の隅には腰の高さの荒削りの台があり、その上にストーブが置いてあった。このストーブがすぐに彼らの関心を集めただけでなく、話題の中心になった。 精神分析医は、 [続きを読む]
  • あなたの将来をどのように見るか
  • "How you see your future is much more important than what has happened in your past."--Zig Ziglar - 1926-2012 - Author, Speaker「あなたの将来をどのように見るかは、あなたの過去に起こったことよりもはるかに大切だ」--ジグ・ジグラー、著作家・講演家(訳 舟田譲二)ジグ・ジグラーの名言はこれまでこのブログで何度か取り上げてきました。(「本当に学ぶ気があれば...」、「オーダーメイドの人生」、「あなたの人 [続きを読む]
  • 今はバベルの塔の時代
  • "Scientists want dinosaurs and Neanderthals back to life."「科学者たちは恐竜やネアンデルタール人を甦らせようとしている」(訳 舟田譲二)2007年にシベリアの永久凍土が溶け、約3万7000年前のものと推定される2歳の冷凍赤ちゃんマンモスが発見されました。このマンモスから細胞核を取り出し、「クローン」を生み出そうというプロジェクトが進められています。まさに映画『ジュラシック・パーク』そのもので、そのうちに恐竜 [続きを読む]
  • 身に起こる10%はコントロールできないが...
  • "Life is 10% what happens to you and 90% how you react to it."--Charles R. Swindoll, 1934ー  Christian pastor, author, educator, and radio preacher「人生は、あなたの身に起こる10%と、それに対してあなたがどう反応するかの90%で成っている」--チャールズ・R・スウィンドル、キリスト教牧師・作家・教育者・ラジオ伝道者(訳 舟田譲二)過去50年間でもっとも影響力のあった全米の牧師トップ25人のひとりに数えられている著 [続きを読む]
  • ものすごい武器
  • "The human race has one really effective weapon, and that is laughter."--Mark Twain (1835 ? 1910) Writer, humorist, entrepreneur, publisher, lecturer「人類はものすごい効果的な武器を一つ持っている。それは笑いだ」--マーク・トウェイン、ユーモア作家・小説家・起業家・出版者・講演家(訳 舟田譲二)昨日の記事、「地上最強の武器」には「火がついた人間の魂」が地上最強の武器だ、というもと第1次大戦当時の陸軍 [続きを読む]
  • 地上最強の武器
  • "The most powerful weapon on earth is the human soul on fire."ーーFerdinand Foch 1851 - 1929, Marshal of France, Field marshal (United Kingdom), Marshal of Poland「地上最強の武器は火がついた人間の魂だ」ーーフェルディナン・フォッシュ、フランス元帥・イギリス陸軍元帥・ポーランド元帥(訳 舟田譲二)私は戦争とか武器とか、喧嘩などとは全く無縁の人間なので、「元帥」と言われても軍隊でとても偉い人ということぐ [続きを読む]
  • 人生は一瞬にして変わる!
  • これまでの人生を振り返って私は多くの失敗を犯してきました。そして、その刈り取りもしてきました。目の前が真っ暗、頭の中が真っ白、天地がひっくり返るほどの苦しみや辛さも経験しました。もう人生が終わったと思うほどの経験もしました。生きる目標を見失ったこともあります。でも、不思議とその都度どこかから助けが来て、ここまで生き延びてきて幸いを得ています。生きている限り誰でも大なり小なり、そのような経験をしてき [続きを読む]
  • わずかな違いが大きな違いを生み出す
  • "There is little difference in people, but that little difference makes a big difference. The little difference is attitude.
    The big difference is whether it’s positive or negative."--W. Clement Stone ? 1902-2002, Businessman and Philanthropist
    「私たちの間にはほんのわずかな違いしかない。しかし、そのわずかな違いが大きな違いを生み
    出す。『わずかな違い』とは物事に対する考え方。『大きな違い』とはポジ [続きを読む]
  • 記憶を定着させる新テクニック
  • 上の画像の文字が読めますか?わかりやすくすると次のようになります。"The Most POWERFUL technique for REMEMBERING WHAT you STUDY."「学んだことを覚えるもっとも強力なテクニック」(訳 舟田譲二)昨日、たまたま見つけたサイトで面白いフォントを紹介していました。記憶力を維持するために特別にデザインされたフォントです。RMIT大学のデザイン学部と行動ビジネス研究所の共同作業により生み出されました。記憶するのが困 [続きを読む]
  • 本当に学ぶ気があれば...
  • "If you are not willing to learn, no one can help you. If you are determined to learn, no one can stop you."--Zig Ziglar
    - 1926-2012 - Author, Motivational Speaker「学ぶ気がなければ、だれも助けることはできない。しかし、本
    当に学ぶ気があれば、だれも止めることはできない」--ジグ・ジグラー、作家・モチベーショナ
    ルスピーカー(訳 舟田譲二)以前、「ほめてやらねば 人は動かじ」という記事を書きました
    。この [続きを読む]
  • 進むべき道に向かっていればいいのか?
  • "Even if you are on the right track, you'll get run over if you just sit there."--Will Rogers - 1879-1935 - Stage and Motion Picture Actor「たとえ進むべき道に向かっていたとしても、もしそこでただ座っているならひかれてしまう」--ウィル・ロジャーズ、舞台・映画俳優(訳 舟田譲二)アメリカで今から100年ほど前に大活躍したコメディアン・ユーモア作家、ウィル・ロジャーズが残した名言です。先日の記事、「死なな [続きを読む]
  • 自撮りに命かける?
  • 上の写真はインスタに載った「危険な自撮り」をするロシア人女性。写真を見ているだけで頭がクラクラする!航空機で空を飛んだり銃を構えたり、滝の上の滑りやすい岩の上に立ったり――。そんな自撮り写真を撮影しようとして命を落とした人は、世界で259人に上るという調査結果が、このほど学術誌に発表されました。この統計は、インドの医療研究団体が2011年10月〜17年11月の間に各国のニュースで報じられた内容に基づいてまとめ [続きを読む]
  • 味の素とブランド力
  • “A brand is no longer what we tell the consumer it is -- it is what consumers tell each other it is.” ? Scott Cook, director and chairman of the executive committee of Intuit「ブランドとは我々企業が消費者に教えるものではなく、消費者同士が語るものだ」 ?スコット・クック、インテュイット経営委員会会長(訳 舟田譲二)お断り このブログで一企業について論じることがありますが、その企業について宣伝した [続きを読む]
  • 死なない薬が発明された!?
  • 昨日の朝一番に入ってきた吉報。本庶 佑(ほんじょ たすく)さんがノーベル生理学・医学賞に輝いたというニュースに胸が躍りました。「大きくなったら、人が死なん(死なない)薬を発明する」と、小学生のとき言っていたそうです。これを読んで、私は身体に戦慄が走りました。本当にその夢が(半分?)実現して、免疫抑制の阻害によるがん療法を発見し、オプジーボという製品化された薬によってすでに何十人もの人が健康を回復し [続きを読む]
  • 究極の親切とは
  • "I believe that the greatest kindness is acceptance."--Christina Baker Kline - Novelist「究極の親切とは受容だと思う」--クリスティーナ・ベーカー・クライン、小説家(訳 舟田譲二)これはとても鋭い指摘です。「親切」というと、人の話を聞いてあげる、人に声をかける、笑顔で挨拶する、優しく接するなど、〜してあげるというイメージが強いのではないでしょうか。もちろんこれらの親切な行いも大切です。でも、たとえ上 [続きを読む]
  • Let It Be(レット・イット・ビー)
  • 先週は、私が深く関わっている大切な人たちの何人かが、人生で遭遇する大問題に直面した。ある人たちは楽しいことやいいことが起こったのだが、別の人たちは大変な試練に見舞われた。これらの出来事の結果が今、徐々に明らかになってきている。私は人を助けたり、世話をしたがる性質(たち)なので、最初はついついこれらの状況に首を突っ込んで、彼らのために問題を整理して援助したり解決してあげたくなった。問題に見舞われた人 [続きを読む]
  • 小さな親切
  • "Do your little bit of good where you are; it's those little bits of good put together that overwhelm the world."--Desmond Tutu  1931-  Received Nobel Prize for Peace「どこにいても人に小さな親切をしなさい。このような小さな親切が積もり積もって世界を変えるのです」--デズモンド・ツツ、ノーベル平和賞受賞者(訳 舟田譲二)デズモンド・ツツは、アフリカのコーサ人とモツワナ人の混血児として貧しい家庭に生ま [続きを読む]
  • いい知らせと悪い知らせ どっちを先に聞きたい?
  • "One thing for sure. If we keep doing what we're doing, we're going to keep getting what we're getting. One
    definition of insanity is to keep doing the same thing and expect different results."--Stephen Covey 1932 - 2012, Author,
    professional speaker, professor, consultant, management-expert「確かなことがひとつある。もし私たちが同じこ
    とをし続けるなら、今、手に入れているものをそのままずっと手に [続きを読む]
  • 人間であることをやめる?
  • "Failure should be our teacher, not our undertaker. Failure is delay, not defeat. It is a temporary detour, not a dead end.
    Failure is something we can avoid only by saying nothing, doing nothing, and being nothing."--Denis Waitley  1933-  Motiv
    ational Speaker「失敗は私たちの教師であって葬儀屋ではない。失敗は遅れであって敗北ではない。
    一時的な遠回りであって行き止まりではない。失敗を避ける方法は [続きを読む]
  • もっとも小さな一歩が
  • "Sometimes the smallest step in the right direction ends up being the biggest step in your life. Tip toe if you must, but ta
    ke the first step."--Steve Maraboli - Speaker, Author「正しい方向に向けたもっとも小さな一歩が、とき
    に人生でもっとも大きな一歩になることがある。いざとなればつま先でもいい。とにかく最初の
    一歩を踏み出すのだ」--スティーブ・マラボリ、モチベーショナルスピーカー・作家(約 舟田譲 [続きを読む]
  • 重荷の負い方
  • "It's not the load that breaks you down, it's the way you carry it."--Lena Horne - 1917-2010  Actress, Singer「人がつぶれてしまうのは重荷のせいではない。その負い方のせいだ」--レナ・ホーン、女優・歌手(訳 舟田譲二)レナ・ホーンは20世紀に活躍したアメリカ合衆国のジャズ歌手、俳優。実父が白人とのハーフであったため、「アフリカ系アメリカ人にしては色が白い」と見なされ、役のために顔を黒くドーランで塗られ [続きを読む]
  • 視点を変えると
  • 「忙しい」と言える充実さ「悲しい」と言える優しさ「暇だ」と言える余裕「ごめんね」と言える素直さ「もうだめだ」と言える潔(いさぎよ)さ(原文は潔(きよ)らかさ)ネガティブな言葉の裏には素敵な魅力がいっぱいです!否定的に考えていると、それがクローズアップされてどんどん大きくなり、押しつぶされそうになります。でもここでへこたれたり、あきらめたらもう終わりです。このようなとき、大切なのは視点を変えて、肯定 [続きを読む]
  • 秋分の日と彼岸と彼岸花
  • 好天に恵まれた一昨日、大磯海岸までウォーキングに出かけました。いつも歩く金目川サイクリングロードの小径の横には雑草が生い茂っています。昨日は秋分の日、彼岸でしたが、彼岸花が雑草の中のあちらこちらにたくさん咲いていました。この綺麗な、可憐な彼岸花。海外ではとても人気のある花らしいですが、日本では忌み嫌われています。下に挙げる別名もそれを如実に物語っています。死人花(しびとばな)、幽霊花、地獄花、毒花 [続きを読む]
  • 真の幸せとは
  • "Happiness always looks small while you hold it in your hands, but let it go, and you learn at once how big and precious it is."--Maxim Gorky, Russian/Soviet author「幸せとは、自分の手の中に握りしめている間はとても小さく見えるけど、手を開いて放すとすぐに、それがどれほど大きくて貴重なものであるかがわかるものだ」--マクシム・ゴーリキー、ロシア・ソ連の作家(訳 舟田譲二)上の言葉と写真を見ていて、昔 [続きを読む]
  • 不可能と可能の差
  • "The difference between the impossible and the possible lies in a person’s determination."--Tommy Lasorda ? Baseball Player and Manager「不可能と可能の差は決意だ」--トミー・ラソーダ、MLBプレーヤー・監督(訳 舟田譲二)ラソーダの名前は日本人にも馴染みがあります。日本人野球選手として初めて大リーグに渡った野茂英雄選手をドジャーズで育てた当時の監督で、彼は野茂のことを「世界最高の選手」「自分の息子の [続きを読む]