アカデミー学院長 さん プロフィール

  •  
アカデミー学院長さん: ジョージ学院長  元気の出るブログ
ハンドル名アカデミー学院長 さん
ブログタイトルジョージ学院長 元気の出るブログ
ブログURLhttp://www.academygakuin.com/blog/
サイト紹介文日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。読む人に元気を注入します。
自由文TVタレント、ガソリンスタンド、工場、花屋、衣料品の梱包、ダンボール加工、行楽地でのホットドッグ販売、大手塾の電話アポ取り、コンサート会場のガードマン、家庭用品の訪問販売、土産物屋のセールス、引越し屋、ビルの清掃、家庭教師、塾講師、大学講師、語学学校講師、通訳、翻訳、カウンセラー、セミナー講師、サラリーマン、塾経営、キリスト教会牧師、アメリカ留学生活7年等、経験豊富な一塾長が綴る日々の随想ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/05/15 23:33

アカデミー学院長 さんのブログ記事

  • 論理思考と想像力
  • "Logic will get you from A to Z. Imagination will get you everywhere."―Albert Einstein, 1879-1955, Physicist「論理思考は私たちをAからZまで導いてくれる。しかし、想像力はどこでもドアだ」―アルベルト・アインシュタイン、物理学者(訳 舟田譲二)私は論理思考が好きです。いつも物事を考えるとき、世の中の出来事を見るとき、人のことを考えるとき、車を運転しているとき、本を読んでいるとき、テレビドラマやニュー [続きを読む]
  • 美人とブス
  • 相手の気持ちを何も考えずにそのまま口に出すのが「ブス」相手の気持ちを察してふさわしい言葉を使うのが「美人」批判しかしないのが「ブス」アドバイスするのが「美人」自分ばかり話して相手の話を聞かないのが「ブス」相手の話を引き出し求めることを話すのが「美人」他人を妬んで何もしないのが「ブス」できることから始めるのが「美人」自分のことしか考えないのが「ブス」まわりのことも考えるのが「美人」まわりに期待して動 [続きを読む]
  • 孫は目に入れても痛くない!
  • 4月には長男直人とお嫁さんの恵利紗さんのところに長男斗史希くんが生まれ、一昨日には次男正人とお嫁さんの萌さんに長女杏菜ちゃんが誕生しました。「孫は目に入れても痛くない」とよく言いますが、本当ですね。なんとこれは英語の"My grandchild is the apple of my eye."の日本語訳だそうです。昨日、萌さんと杏菜ちゃんに会いに行ってきました。一人目、二人目関係なく、もうふたりとも可愛くて可愛くて。目に入れてもきっと痛 [続きを読む]
  • あなたは恋してますか、それともそれは愛?
  • 昨日、8月15日、終戦記念日に次男正人とお嫁さんの萌さんのところに長女杏菜(あんな)ちゃんが誕生しました。ふたりの愛の結晶です。1人でも成立するのが「恋」2人必要なのが「愛」理由を作って会うのが「恋」理由もなく会えるのが「愛」伝え方に悩むのが「恋」伝えなくても伝わるのが「愛」叶わないこともあるのが「恋」叶えたのが「愛」一瞬で生まれるのが「恋」一生育むのが「愛」すぐに消えるのが「恋」ずっと残るのが「愛 [続きを読む]
  • 爺さんやぁ〜! 婆さんやぁ〜!
  • 「爺さんやぁ〜! 婆さんやぁ〜!」と言えば、30年ほど前のお茶の間大人気TV番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』(1987〜1993放映。2007〜現在まで毎年単発スペシャル)の中の志村けんと田代まさしのお笑いコント。去る10日から昨日14日まで名古屋郊外の妻の実家に行ってました。昨日はUターンラッシュのピークと言われていたので、覚悟して夜8時ごろ家を出たのですが、なんと今まで経験したことないほど渋滞がなく最短時間で帰っ [続きを読む]
  • 結婚における幸せは運による
  • “Happiness in marriage is entirely a matter of chance.”―Jane Austin, 1775-1817, Novelist 「結婚における幸せは、まったく運による」―ジェーン・オースティン、小説家(訳 舟田譲二)ジェーン・オースティンはいわゆる「いいとこのお嬢様」で、自身の数少ない恋愛経験と、田舎町の小さな社会の中で見聞きしたことを基に空想を繰り広げて恋愛小説を10冊ほど書いた女流作家です。彼女の限られた見聞と空想世界の中から達 [続きを読む]
  • あなたの夢は何ですか?
  • "Success is walking from failure to failure with no loss of enthusiasm."--Winston Churchill, 1874-1965, Former British Prime Minister「成功とは熱意を失わないまま失敗から失敗へと歩むことだ」--ウィンストン・チャーチル、元英国首相(訳 舟田譲二)BBCが2002年に放送したテレビ番組『100名の最も偉大な英国人』。イギリス大衆の投票によって、歴史上最も偉大な英国人として選ばれた1位はチャーチル元首相。このような [続きを読む]
  • 自分自身を理解する
  • "You are not here to make others understand you. You are here to understand yourself."--Kristen Butler, Editor, Producer「私たちは人に理解してもらうために生きているのではない。自分自身を理解するために生きているのだ」--クリステン・バトラー、編集者・プロデューサー(訳 舟田譲二)私たちは無意識のうちに「人に理解してもらおう」としています。人に理解してもらうことは大切です。でも、それ以上に大切なのは自 [続きを読む]
  • 赦しの秘訣
  • “I forgive people but that doesn't mean I accept their behavior or trust them. I forgive them for me, so I can let go and move on with my life.”―Unknown「私は人を赦す。しかし、それは決してその人の行動を受け入れるとか、その人を信用する、という意味ではない。私は自分のために赦すのだ。赦すことによって過去の苦しみを手放し、新しい人生に向かって歩を前に進めることができるように」―作者不詳これまで「赦 [続きを読む]
  • 20年ぶりのミニクラス会
  • 昨日は20年ぶりぐらいで、昔やっていた成人英会話クラスのミニクラス会のようなものに招かれました。その内のおひとり、Kさんが今年の年賀状に、パーキンソン病を患って家の中は杖、外は車椅子の生活で要介護1になった、と書いてこられショックを受けました。なんとかお見舞いにお伺いしたいと思ったのですが、突然私がひとりで行くと先方も当惑されるかもしれないと思い、当時同じクラスで親しくしていらっしゃったお友達のMさん [続きを読む]
  • ストレス この不思議なもの
  • "God will never give you anything you can't handle, so don't stress. "--Kelly Clarkson「神は私たちが負い切れないような重荷は決して与えられない。だから思い悩むな」--ケリー・クラークソン(訳 舟田譲二)先日、ラジオの番組でガーデニングの話を聞いていました。ある種の鉢植えの植物はストレスを与えるほうがいいと、専門家が言っているのを聞いてびっくりしました。一旦芽を出すと水をやらないほうがいいと言います。 [続きを読む]
  • 降ればどしゃ降り
  • 一昨日は塾のイベントで、中1・2生は5時間勉強する "5 Hours"、中3生は10時間の "10 Hours" が催されました。中3生は朝9時から昼食と夕食をはさんで夜9時まで。中1・2生もよく頑張りました。2教室の仕切りを取り払って広い空間で生徒たちは壁やホワイトボードなどに向かってひたすら5教科の問題に取り組み、解き終わると講師のところに答案用紙を持って行って、採点・間違ったところは解説を受け、合格するまで再テストという流れ [続きを読む]
  • 真の赦し
  • "It's not an easy journey, to get to a place where you forgive people. But it is such a powerful place, because it frees
    you."--Tyler Perry, Actor「人を赦すというところに行き着く旅は決して容易くはない。しかし、そ
    こはものすごく心強いところだ。というのは、そこは私たちを自由にしてくれるところだから」-
    -タイラー・ペリー、俳優(訳 舟田譲二)まず「ゆるす」に当たる二つの漢字の違いについて触
    れなければなり [続きを読む]
  • 大谷翔平はベーブ・ルースを超えられるか
  • "Every strike brings me closer to the next home run."--Babe Ruth, 1895-1948, Major League Baseball Player「ストライクを取られるたびに次のホームランが近づいてくる」--ベーブ・ルース、メジャーリーグ選手(訳 舟田譲二)昨日は第100回全国高校野球が甲子園球場で開幕しました。昨夜7時から11時まではテレビで「ファン10万人が投票!! 高校野球総選挙!」という番組で、過去の甲子園を沸かせた名選手、名場面の感動シー [続きを読む]
  • 読書と記憶の量
  • "No amount of reading or memorizing will make you successful in life. It is the understanding and application of wise thought
    which counts."ーーBob Proctor, Author, Speaker「読書や記憶の量で成功するのではない。肝心なのは理
    解と適用だ」--ボブ・プロクター、作家・モチベーショナルスピーカー(訳 舟田譲二)これまで
    大勢の生徒や学生を指導してきて感じるのは、幼い頃からよく本を読んでいる子は概して勉強も
    よくで [続きを読む]
  • 扉が閉ざされたとき
  • "Realize that if a door is closed, it's because what was behind it wasn't meant for you."--Mandy Hale, Author「扉が閉ざされたときには、覚えておきなさい。その扉の向こう側にはあるものは、あなたのものではなかったということを」--マンディ・ヘイル、作家(訳 舟田譲二)「逃(に)がした魚は大きい」ってよく聞きますよね。あるいは、ひょっとして自分でも使ったことがある人もいらっしゃるかもしれません。これはも [続きを読む]
  • ユーレカ!
  • 「ユーレカ!」(ギリシャ語 ε?ρηκα [ヘウレーカ] 英語表記 Eureka [ユーリーカ])とは、日本語で「わかった!」「そうだったんだ!」「これだ!」「やったー!」のような意味です。何か新しいことを発見したり、今までわからなかったことが急に閃いて解決できた時などに使い、英語の “Aha!” (アッハー!)に当たります。(太字の部分を強く発音します)昨日の記事を書いた直後にふとこの言葉が頭に浮かんできました。一 [続きを読む]
  • 決意を新たに
  • "Believe you can and you are halfway there."--Theodore Roosevelt, 26th President of the US「できると信じなさい。そうすれば半ば成功したようなものです」--セオドア・ルーズベルト、第26代合衆国大統領昨日は久しぶりに、と言っても4日ぶりなのですが記事「弱り目に祟り目」を書いて、ここ数日お休みをしていたわけを皆さんにお知らせしました。お休みしている間に、また昨日の記事をご覧になって、大勢の方々が心配して励 [続きを読む]
  • 弱り目に祟り目
  • 「弱り目に祟り目」困っているときに、さらに災難が重なること。不運が重なることのたとえ。 泣き面(つら)に蜂。踏んだり蹴ったり。ダブルパンチ。一難去ってまた一難。<例文>「会社をクビになった日に財布を落とし、帰宅したら家が全焼していた。これが弱り目に祟り目ということか」 (故事ことわざ辞典より)去る16日、「迷惑なものもらいました」に書きましたが、その前日ものもらいになりました。5日ほどでほぼ良くなり、 [続きを読む]
  • 自分らしく
  • 「笑うことが苦手でもいいうまく褒められなくてもいい料理が下手でもきちんとしなくてもいい完璧になろうとするほど苦しくなるだけ誰にでも苦手なことはあるやるべきかよりもやりたいか女らしさよりも自分らしさ誰にも縛られずに生きていれば人生はもっと楽しめる」―田口久人、ヤングキャリアコンサルタント田口久人さんは「いかにその人の魅力を引き出すか」を追求し続け、若者に寄り添う本を多く書いておられ(「そのままでいい [続きを読む]
  • よそ見をしないで
  • "You've got to walk right into what you want and not look at what you don't want. Stay focused on the goal."--Calvin LeHew, Author「自分が望んでいることに向かってまっしぐらに進んでいきなさい。よそ見をしてはいけません。目標をつねに見つめているのです」--キャルヴァン・ラヒュー、作家(訳 舟田譲二)キャルヴァン・ラヒューは子どものときに両親をガンで亡くし、貧しさのどん底を味わいました。でも、そのような [続きを読む]
  • 何か重大な決断をするとき
  • "Nothing great has ever been achieved except by those who dared to believe that something inside them was superior to circums
    tances."--Bruce Barton -1886-1967, Author, Advertising Executive and Politician「状況に勝る何かが自分の内にあ
    ると信じた人以外によって、偉業が成されたためしはない」--ブルース・バートン、作家・政治家
    ・広告業重役(訳 舟田譲二)当たり前のことですが、私たちは何かしようとするとき [続きを読む]
  • 人は見違えるほど変わる
  • "The simple act of paying positive attention to people has a great deal to do with productivity."--Thomas J. Peters, Writer「ただ好意的な接し方をするだけで、人は見違えるほど変わる」--トマス・J・ピーターズ、作家(訳 舟田譲二)原文の"The simple act of paying positive attention to people has a great deal to do with productivity."はそのまま訳すと、「人々にポジティブな注意を払う単純な行為は、生産性と [続きを読む]
  • 目で見たり、手で触れることのできない美
  • "The best and most beautiful things in the world cannot be seen or even touched - they must be felt with the heart."ーーHelen Keller「世界で最上、最高に美しいものとは、目で見たり、手で触れたりできるものではありません。心で感じなければならないものです」--ヘレン・ケラー(訳 舟田譲二)ヘレン・ケラーと言えばもちろん名作『奇跡の人』。ほとんどの人がご覧になったのではないでしょうか。家庭教師のアン・サリ [続きを読む]