片桐豊文 さん プロフィール

  •  
片桐豊文さん: Find it, Fix it and Leave it alone.
ハンドル名片桐豊文 さん
ブログタイトルFind it, Fix it and Leave it alone.
ブログURLhttps://ameblo.jp/naturopath/
サイト紹介文日本人でただ一人のオーストラリア政府認定オステオパス 片桐豊文のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/05/16 12:50

片桐豊文 さんのブログ記事

  • 読谷村に引っ越しました!
  • ハイサーイ! 今月中旬に沖縄中部の読谷村に引っ越しました。 子供たちも沖縄クリスチャンスクール・インターナショナルに無事通い始めホッと一安心。 海を見下ろせる素晴らしい立地で、何より家から5分というのが送り迎えをする親にとっては助かります。 前に住んでいたところは整備されててすごく綺麗なんだけどちょっと人工的過ぎて、、 でもここ読谷村は手付かずの自然が豊富で、オーストラリアが大好きな自分にとって最高 [続きを読む]
  • 静電気デトックス
  • ハイサーイ! 帯電障害って聞いたことありますか? これは札幌の「響きの杜クリニック」の院長先生で、日本統合医療学会北海道支部長も務められている西谷先生の造語で、PCや家電などの影響で体内に静電気が溜まることによって体に不調をきたした状態を言います。 主な症状としては、原因不明の怠さ、頑固な冷え、肩こり、ドライアイ、不眠などが上げられます。 著書の「血流は静電気デトックスでよみがえる」の中でも、この帯電に [続きを読む]
  • 拝啓。みなさまお元気ですか?
  • ハイサーイ! このブログ2009年5月からスタートしてるんですが、久しぶりに最初から読み返してました。 なんかテンションや言葉遣いも今と違うし自分じゃないみたいな錯覚に陥りました。 そして気づいたことは、色々チャレンジするんだけどそのほとんどが三日坊主、、 早起きやら英語の勉強法やらランニングやら、ま〜長続きしない。 結論は「好きじゃないことは絶対続かない」ですw じゃぁ何が続いてるんだろうって思い返す [続きを読む]
  • 11回目の引っ越し
  • ハイサーイ! 前回のブログでも書いた通り、読谷村長浜に土地を購入した。 そこに今年オステオパシークリニックを建設する予定なのだけど、現在住んでいる豊見城市豊崎からは車で1時間ほどかかる。 ここ豊崎はアウトレットやショッピングセンターが充実しており、将来ちゅらさんビーチの目の前にホテルとショッピングモールができるためさらに賑やかになる。 おそらく本土からの移住者やアジア圏から来た方には人気があるエリア [続きを読む]
  • 人生初の買い物
  • ハイサーイ! 色々な思いとタイミングが重なってたどり着いた地、沖縄。 昨年の11月に移住し、当初はオーストラリアのビジネスビザが降りればまた自分だけでもオーストラリアに戻る予定だったのが、今年の2月16日に正式にビザが却下された。 でもこの却下は今思えば家族にとって良かったな〜って心から思えるし、思い残すことなく前に進めるという意味ではむしろ自分自身が一番ホッとしている。 そして何を隠そう実は沖縄がす [続きを読む]
  • ブランド志向
  • オーストラリアのとある方のブログでこんなことが書いてあった。 日本から来た学生に「ご出身は?」と聞いたら。 「東大です!」と、、、 またある方のブログでは 弁護士になるわけでもないのに東大法学部に入った学生の話が書いてあった。 これって日本人のブランド志向を象徴してるなって思う。 小さな頃から大学に入ることを目標に勉強ばかりさせられて来た弊害なのだろう。 また、その過程で人よりも上にという志向が強く他人 [続きを読む]
  • 日本の受験って、、
  • もうかれこれ30年以上、日本の受験に関して?と思うことがある。 なぜ将来なりたいことも決まってないのに大学は決められるのだろうか?>みんなそうしてるから? なぜ学部を目指さずに、大学の名前を目指すのだろうか?>学部より大学名に価値を感じてるから? なぜ日本の大学を卒業しても圧倒的に一企業の総合職という選択肢しかないのにそこに向かうのだろうか?>みんなそうしてるから? 同じ職業でも海外であれば給料も多く [続きを読む]
  • オーストラリアビザ申請却下
  • ハイサーイ! 実は2016年10月からオーストラリアのビジネスビザ申請の準備を始めてかれこれ一年半。 2017年にビザのルールが変更になり年齢的にもこれが最後のチャンスと思ってチャレンジしていました。 そして昨日やっと結果が出ました。 、、、却下。 オーストラリアへの想いは人一倍強いと自負していただけにとても残念です。 ただ、やるべきことは全てやり切ったのでむしろ清々しい気持ちです。 まずは、自分のわが [続きを読む]
  • オーストラリアビザ申請却下
  • ハイサーイ! 実は2016年10月からオーストラリアのビジネスビザ申請の準備を始めてかれこれ一年半。 2017年にビザのルールが変更になり年齢的にもこれが最後のチャンスと思ってチャレンジしていました。 そして昨日やっと結果が出ました。 、、、却下。 オーストラリアへの想いは人一倍強いと自負していただけにとても残念です。 ただ、やるべきことは全てやり切ったのでむしろ清々しい気持ちです。 まずは、自分のわが [続きを読む]
  • はじめてのランニング
  • ハイサーイ! 前回のブログでコミットメントした通り、ランニング始めました。 サーフィン以外でアドレナリンが出ることが全くなかったのですが、何となくハマりそうな予感!? まずは格好からということでランニングシューズも新調。 今後5年のラッキーカラーは赤ということで思い切ってコレにしました。めっちゃ早そうw で、いきなり家の周りを走って見ました。 、、3キロで膝がガクブル((((;゚Д゚))))))) 次の日は膝が痛す [続きを読む]
  • 波乗り。ターニングポイント
  • No surfing, no life. というくらい波乗りを中心にこの十数年生きてきたのですが、ここ沖縄は海底は鋭いコーラルリーフのため満潮以外はサーフィンはほぼ不可能。 なのでオーストラリアにいた時のように、まず波乗りしてから1日が始まるという生活は難しい。 波があり、かつ潮回りがピッタリと合って波乗りできるタイミングが合わないと必然的に海から足が遠のいてしまう。 そのため、ここ数ヶ月で明らかに運動不足に陥ってしまっ [続きを読む]
  • 自分流のクラニアルオステオパシー
  • 以前ブログに書いた「クラニアルオステオパシーに対する認識の変化」をきっかけに、実際の施術にクラニアルオステオパシーを試験的に取り入れるようになりました。 個人差はあるものの、明らかに効果があると実感することができ、改めて頭蓋仙骨アプローチの重要性を思い知らされました。 しかし、このテクニックに関して考えれば考えるほど、そして実際に使ってみればみるほど「本当にクラニアルオステオパシーの理論は正しいのだ [続きを読む]
  • 自分流のクラニアルオステオパシー
  • 以前ブログに書いた「クラニアルオステオパシーに対する認識の変化」をきっかけに、実際の施術にクラニアルオステオパシーを試験的に取り入れるようになりました。 個人差はあるものの、明らかに効果があると実感することができ、改めて頭蓋仙骨アプローチの重要性を思い知らされました。 しかし、このテクニックに関して考えれば考えるほど、そして実際に使ってみればみるほど「本当にクラニアルオステオパシーの理論は正しいのだ [続きを読む]
  • 初台湾!
  • 行って来ました初台湾! 沖縄から片道約5000円からと本州に行くよりも安く、しかも1時間と近い。 今回は台北のみの3日間でしたが、ツアーには入らずに自由気ままに食べ歩きしながらちょこっと観光といいとこ取りで最高でした〜。 まずは街中を散歩。 大都会なんですが、新しさと古さが融合したノスタルジックな雰囲気にどこか懐かしさを感じる街並み。 行天宮というお寺に行ってみた。 熱心にお祈りする姿から台湾の人たち [続きを読む]
  • クラニアルオステオパシーに対する認識の変化
  • 以前、クラニアルオステオパシー(頭蓋仙骨テクニック)について という記事で、このテクニックについては懐疑的だという内容を書きました。 しかし、先日この考え方を変える出来事が起こりました。 ちょっと長くなりますが、ありのままをお伝えしたいのでよろしければお付き合いください。 そもそもこのクラニアルオステオパシーとは、脳や脊髄の周りを流れる脳脊髄液(CSF)の流れが滞ることによって、脳神経や自律神経に影響し [続きを読む]
  • 水を得た魚
  • 沖縄に引っ越してきて3週間が経ちました。 荷解きも全て完了し、インターネットも繋がって、やっと生活のリズムが出来てきました。 それにしても沖縄は暖かい! 北海道は雪が降り始めているのに、ここ沖縄はいまだにTシャツに短パン。 同じ日本とは思えないこの気候差にただただ驚くばかりです。 驚いたといえば、日本に帰って来ていきなり発症しあれだけ悩まされた喘息と鼻炎も、沖縄についたその夜から嘘のようになくなってしま [続きを読む]
  • 妻の愛
  • とある番組で介護がいかに大変かという話しを見てて、死に際の話になった。「もしオレがわけわからんくなったら、そのまま麻酔して殺して骨にしてその骨をバイロンに海に流してくれ」って話ししてたらカミさんが「麻酔して殺さずにサーフボードに乗せて海に流す」と言われた。愛されてるな〜w [続きを読む]
  • もう待つのはイヤ!
  • 実はこの一年と数ヶ月、ただひたすらビジネスビザが下りるのを待つという状態でした。 昨年の6月に日本に帰国せざるを得ず、もう結構頑張ったよねと自分で自分を説得し帰国を決めたものの、、 成田空港に降り立った瞬間から「ここじゃない」と思ってしまった。 今まで人生に後悔なんてしたことないけれど、この帰国の決断だけは今でも後悔している。 それ以来、オーストラリアに帰るためにはどうしたらいいかだけを考えてきました [続きを読む]
  • さっぽろ緑と花のフォトコンテスト
  • 完全に自慢話ですw 前に公園で撮った何気ない写真をfacebookに乗せたところ、ある方から「いい写真だからフォトコンテストに出して見たら?」とコメントをもらいました。 で、その気になって「第29回さっぽろ緑と花のフォトコンテスト」なるものに応募してみた。 そして、コンテストに応募したことも忘れていたある日、差出人が札幌市からの封筒が届いた。 何だこれ?と思って開けてみると、、 「時下、ますますのご清栄のことと [続きを読む]
  • ホームパーティー検定
  • ホームパーティーが日本で流行っているらしい。 ビックリしたのが、ホームパーティー検定なるものが存在すること。 いやはや日本って、、 テレビでもこれについて特集されていて、その中で「ホームパーティーを台無しにする人」という題目で議論されていた。 みんなが準備してるのに何もしないヤツはダメ! 後片付けをしないで帰るヤツもダメ! インスタ用の写真撮りはほどほどに! こんな言動には気をつけよう!などなど、、 なん [続きを読む]
  • ホームパーティー検定
  • ホームパーティーが日本で流行っているらしい。 ビックリしたのが、ホームパーティー検定なるものが存在すること。 いやはや日本って、、 テレビでもこれについて特集されていて、その中で「ホームパーティーを台無しにする人」という題目で議論されていた。 みんなが準備してるのに何もしないヤツはダメ! 後片付けをしないで帰るヤツもダメ! インスタ用の写真撮りはほどほどに! こんな言動には気をつけよう!などなど、、 なん [続きを読む]
  • こだわりとOCDは紙一重
  • オーストラリアで大学生だった頃、教室を掃除していた時のこと。 もともとが綺麗好きということもあり、机に残っているクラッカーのカスや地面に落ちてる小さな紙くずなどを拾っていると、、 Toyo!あまりやりすぎるなよ!OCDになるぞ!って言われたんです。 それも結構な真顔で。 「やっぱり日本人は綺麗好きだね」って褒められることはあっても、掃除しすぎるなよって注意されるとは思ってもみなかったのでとても印象に残ってい [続きを読む]
  • クラニアルオステオパシー(頭蓋仙骨テクニック)について
  • 日本ではオステオパシーは国家資格ではないので、国によって認定されたカリキュラムに則った教育機関はありません。 ですので、日本のオステオパスは民間の専門学校か独学によって習得された方がほとんどです。 中にはアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの大学、大学院でしっかりとメディカルトレーニングを受けられたオステオパスも数人おりますが、非常に稀です。 実際、日本でオステオパシーを看板に掲げる治療院に何度か [続きを読む]
  • 帰国子女として生きる その2
  • 前回「帰国子女として生きる その1」のつづき。 行くとなったらその数時間後にはチケットを取ってる、、この決断力の速さこそが私の武器である。 いわゆる「日本の常識」では、これを無謀と言うw しかも、その日は非常に強い台風18号が石垣島に直撃予定のため、すでに欠航が決まっている。 まぁ運試しみたいなもので、もしこれで那覇も欠航であればそれはそれで運命に従うのみ。 結果、家族全員(犬を含む)は那覇空港に降り立 [続きを読む]
  • 帰国子女として生きる その1
  • 海外で子育てをして、やむを得ない事情で日本に帰国せざるを得なくなった訳だが、よく言われることがある。 「子供は親の勝手の犠牲者、親の都合に付き合わされてかわいそう」 これがオーストラリアだったら、「こんな素晴らしい経験ができて、あなたの子供たちはラッキーね!」でしょう。 実際、当の本人たちが気にしてないというか、英語をマスターさせてくれて本当によかった、これでいつでも世界中に出ていけるって喜んでるの [続きを読む]