稲城(イナギ) さん プロフィール

  •  
稲城(イナギ)さん: 未来への遺言
ハンドル名稲城(イナギ) さん
ブログタイトル未来への遺言
ブログURLhttp://chrysaoraxpacifica.seesaa.net/
サイト紹介文自閉とFtMと、やっと本気で僕と向き合ってくれるようになった毒両親。オリジナル小説も書いています。
自由文しばらく休止していましたが、某SNSに疲れたので復帰します。ジャンルも変更します。元「20歳の哲学者」。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/05/16 15:34

稲城(イナギ) さんのブログ記事

  • 毎日何かに追われている
  • 書きたいことは、たくさんあるのですが、イベントに向けての原稿や、家事やら最近また弾き始めたピアノやら、他に優先すべきことが多く。私の発達障害、というテーマで、エッセー的なものを書こうと思っているのですが、いつになるか分かりません。イベントの原稿が一段落してからでしょうか…それまでは週一ペースが続くと思います。臨時に浮上することがあるかもしれませんが。あ、そういや最近、ラジオにハマっていまして。「my [続きを読む]
  • 模様替えをしてみる
  • 「大量の同人誌をどうにかしろー!」ということで、大きな棚を買ってもらいました。同人活動に理解のある親でよかったです。(そこは感謝しています)夕食が終わったら詰め込みます。百冊近くの同人誌は果たして入るのか……以下、小説サイト更新情報です。『ペーパークラフト』(シリアス恋愛小説)第2章11−12 更新。あれから一ヶ月。二人は同棲していた。主人公・裕樹がヒロイン・睦の芸術論について考える。http://nanos [続きを読む]
  • どんだけ書くのかい、君は……
  • おとといは三時間、昨日は二時間ほど、ずっとポメラに向かって小説を書いていました。よく書けるなあ、と皆に言われますが、正直に言って、一番その理由が分かっていないのは本人です。脳科学者に調べて頂きたい。死んだら献体しようかな?さて、今週の更新は…(先週は旅行に行っていたのでしておりません)『ペーパークラフト』(シリアス恋愛小説)第2章8−10睦に勧められるままに、ある動物の紙工作を作り上げる裕樹。そし [続きを読む]
  • コロリアージュをしてみる
  • 子供の頃から、絵を描くのは大嫌いでしたが、塗り絵は大好きでした。大人の塗り絵本がたくさん出回っていますが、それを見ているうちに、自分もやりたくなり。何かに縛られることが嫌いな自分なので、手本がなく、自由に塗れる塗り絵「コロリアージュ」をしています。あえて技巧はあまり用いず、心の赴くままに。やっていると、不思議と「ここにこの色を塗りたい」が見えてくるのです。写真はダイソーの「花の国」という塗り絵の一 [続きを読む]
  • 生きたいのか死にたいのか
  • 分からないんです。正直に言って。生きてもっとお話を書きたいと思う時もあれば、突然精神不安定になって、彼女に「首を絞めてくれ」と言うこともある。昨日の夜もそうだった、布団に入った途端に、突然虚無感に襲われて涙が溢れてきた。創作世界をこの世界で完成させたいという自分と、あの世(僕にとっては=イマジナリーフレンドの待つ世界)に行って、堂々とニートしながら書きたいという自分が同居する。なんで生きるのが難し [続きを読む]
  • 即興小説『ピンキーリング』
  • せっかく小説ブログランキングに参加しているのに、ブログでの小説関連の記事は、サイトの更新情報ばかり、というのも味気ないので。久しぶりに、こちらで即興小説でも書いてみます。『ピンキーリング』高校の後輩が、俺と同じ大学に入学してきた。ただの後輩ではない。文化系の部活動でお互いに一目惚れし、「付き合う」というお互いの合意もしないまま、自然と手を繋いで、キスもしていた間柄だ。それらの行為に名前を敢えてつけ [続きを読む]
  • 伊豆に行ってきました
  • 3月31日、1泊2日で伊豆の某温泉地へ両親と一緒に行っていました。相変わらず母の自己主張が強くて、母の言いなりにならなければならない場面もありましたが、悪い旅にはなりませんでした。景色と魚が良かったので良しとしますか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 発達障害の検査結果…その4
  • 実際に本格的な検査を受けてみての感想です。今回、前回と大きく違っていたのは、やはり両親が検査に協力し、結果も聞いたことです。自閉スペクトラム自体が覆されるとは思っていなかったので、予想通りの結果が正式に下りたことに安堵してはいますが、それよりも、両親が僕に本気で向き合ってくれたこと、僕にとってはそれ以上の救いというか、幸せはありません。まあ、母がまだ治る障害だと思っていて、「薬は処方されないの?」 [続きを読む]
  • 発達障害の検査結果…その3
  • これで結果報告記事は最後です。こんなにたくさんの検査を受けなければいけないのか、と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、WAIS-ⅢとPARS-TR以外は、質問紙に自分で記入していく方式で、それほど時間がかかるものではありません。また、受診するクリニックによっては、これらの検査を全て実施しないかもしれません。僕の受診しているクリニックは、役所が信用するほどの場所です。検査を重ねて慎重に診断している [続きを読む]
  • 発達障害の検査結果…その2
  • 昨日の続きです。少しでも、同じ悩みを抱える人、あるいはあなたのためになれば。昨日のWAIS-Ⅲの所見から。言葉や知識の獲得、応用が得意なのは、数値の通りです。一方で、一点だけに集中して、マクロ的な見方ができない、一度に一つのことしかできない、というのが弱点として挙げられていました。これは自分自身で分かっていたことですが、親の理解がなく、説明しても耳を傾けてもらえなかったところです。今回、親も一緒に結果 [続きを読む]
  • 発達障害の検査結果…その1
  • 今日、精神科に、WAIS-Ⅲをはじめとした、諸々の発達障害の検査の結果を聞きに行きました。様々な検査を受けましたが、診断としてはやはり「自閉スペクトラム障害」となるそうです。参考までに、僕の検査結果を差し支えない範囲で公開します。・WAIS-Ⅲ言語性IQ 130動作性IQ 95全検査IQ 1163年前に同じ検査をしましたが、上記3つは全て前回よりもスコアが10上がっていました。そこは少し成長したのかもしれません。しかし、相変 [続きを読む]
  • 形だけの門出
  • 先日、大学を卒業しました。卒業証書と学位だけではなく、卒業論文の方でも、優秀賞をいただきました。(評価は厳しいぞ、と僕のゼミの教授が言っていたのですが、その教授が一番よい評価をしていたのを卒業発表の時点で見た時から、そうだろうなとは思っていましたが)久しぶりに会った友人に、就職先のことを聞かれました。就職先の調査があったからです。友人は、僕が公務員試験を受験することを話していたため、「某地方公務員 [続きを読む]
  • 何のための診断なのか
  • 今週は病院がお休みなので、発達障害の診断結果は来週聞くことになります。それでどうするのか…仕事をさせるために、親が受けさせたというのが本音です。働くなら、僕はxxxした方がましと思っている人間です。働いたら負けだ、と。僕は、生身の人間が本当に嫌いで、嫌いで、嫌いで。お金も嫌いです。お金持ちのぼんぼんに生まれたかったなあ、本当に。一生引きこもって、小説書いて、芸術やって、遊んで暮らしたい。以下、小説の [続きを読む]
  • 新しいパソコンがほしい
  • Windows7のサポート終了予告が出ましたね(今更)このパソコンは、7以上には対応していないので、パソコンを買い替える必要があります。今度はノートパソコンがいいな…デスクトップパソコンだと、移動できないし、母親と共用の寝室にあるので、母が昼寝をしてしまうと、母の機嫌次第で使えないこともあるのです。今週の小説の更新です。『ペーパークラフト』(現代風シリアス恋愛小説)第2章1〜3http://nanos.jp/subaruxiyru/ [続きを読む]
  • 書こうと思ったら一気に書いてしまうのにな
  • ごめんなさい、またさぼっていました。パソコンでないと書きにくいもので…(スマホアプリじゃ不便でなあ…)近況は三つ…その1、大学卒業が決まりました。卒業してもしばらくは無職なわけですが、その辺はまたのんびり。その2、あれから発達障害の検査の一環として、WAIS−Ⅲを受けてきました。前回のクリニックでは、駆け足でやった印象があるので、今回はどうだろうと思っていましたが、急かすことなく、落ち着いて検査を受け [続きを読む]
  • イベント参加のお知らせ
  • 「京王ライナー」走り始めましたね…自分は現地に行かなかったので、ツイッターで情報を色々と集めたのですが、かっこいいです。しんどいです。ほめてます。いや本当に。それはさておき。前にもちらっと言いましたが、この度、同人イベントに参加することになりました。京王線と南武線の擬人化中心の小説を出します。お暇な方はどうぞ。イベント終了後、通販も受け付けます。『擬人化王国16』(2018/02/25)場所:東京ビッグサイト [続きを読む]
  • 身内をストレスのはけ口にする母
  • 女性は、人と話をするとき、「自分の話に耳を傾けてほしい」というスタンスで話をするといいます。母はとてもおしゃべりな人ですが、イライラしている時の発散手段もひたすら喋ることです。その話す内容や雰囲気が、楽しかったり、穏やかなものであるのなら、話す相手である、例えば僕や父は別に気分を害すようなことはありませんが、母は愚痴をこれでもかというほどにぶつけてきます。愚痴ってすっきりしたい気持ちは分かります。 [続きを読む]
  • SNSがたまるという恐怖
  • 僕はSNSを3つやっていますが、先日、通知の合計が100を超えてぞっとしました。これらを全部確認するのは億劫なので、最近は読み流しています。既読機能がついているものは、最低限既読をつけないと怖いです。どうしてそれだけ、特に相手の反応がダイレクトに見えるようなSNSが平気なのか、不思議でたまりません。一番ましなのはツイッターですが、ツイッターも最近、少し疲れています。ツイッターで議論するなら、掲示板に行ってほ [続きを読む]
  • 夢と現実、どっちがましか
  • 僕は夢を覚えていない日がありません。物心ついた頃から、発達障害のせいか眠りが浅く、夢を必ず目覚めた時に覚えています。僕は夢の中で、夢を夢と認識することができません。それが「現実」だと思ってしまうのです。実際、子供の頃の記憶では、夢か現実か分からない記憶もあります。「夢を夢と認識できれば、明晰夢を見ることができる、夢を思い通りにできる」とは言いますが、僕にはできません。夢があまりにも現実に近いからで [続きを読む]
  • 生活のマンネリ化
  • 最近は、毎日がルーティーン化している気がします。あるいは、マンネリ化とも。それが平和な証拠だとも言いますが、僕は色々なことがしたいので、あまり生活がルーティン化するのを好みません。(ここはアスペルガーらしからぬところです)しかし、今は家事と創作活動以外に特に何もやっていないので、こうならざるを得ない、とも。「書きたがる脳」という本では、小説を書くには、毎日決まった時に、決まったことをするのがよいと [続きを読む]
  • 「当たり前」という外野
  • 実は僕、同人イベントに参加することになりました。そのための準備を、少しずつ、やっています。(詳しくはこちら)今日は、ツイッターを見ながら作業していたのですが、僕がどうしても気になってしまうワードがあります。「バイト」です。僕はアルバイトをしていません、というよりできません。それはもちろん、発達やLGBT、その他のメンタルヘルスの問題があるためです。そのため、同年代の人がアルバイトの話をしていると、どうも [続きを読む]
  • 大丈夫、生きています
  • お久しぶりです。卒論だったり、メンタルヘルスの方面でも色々と動きがあったので、しばらくブログの方は休業していました。今日からまた、少しずつ、いなかった間のことを書きたいと思います。手始めに、家出について。これについては、一旦白紙に戻すことにしました。というのも、前の記事で両親が僕の話に耳を傾け始めたと書きましたが、区役所の障害者関係の人に話を聞きに行ったらしく、そこで今の僕の状態について、やっと本 [続きを読む]
  • 6分の1の前進、それだけでもいいじゃないかと
  • 卒論優先なので、しばらくは毎日書けません。母が何を思ったか、突然僕の自閉スペクトラム(アスペルガー)について詳しく聞いてきました。他の人から聞いたか、就職しない原因と見たか。諦めもあったでしょう。以前話した時は、左耳から入って右耳から出ていっていたのかと思っていましたが。それなら、何であの時、もう少しましな反応してくれなかったのかと。しかし、理解しようという姿勢を見せてくれたのは、大きな前進です。そ [続きを読む]
  • 見た目を嗤って楽しいですか
  • 同居人の話です。彼はテレビに出ている人やモノを指さして嗤うことが頻繁にあります。かなり痩せている人を見て、「痩せすぎwwwガイコツみたいwww」と人差し指で差して言ったり。いや、その人、ちゃんと生きていますけど。骸骨だなんて、それは侮辱ではないかと。例えば新商品を見て、その商品のことを何も知らないにも関わらず、見た瞬間に「ばーかwwこんなの絶対売れないよwww」と。とても不快な気持ちになりました。 [続きを読む]
  • 依存という自己救済
  • 何かに依存している人は不健康だ。そんなことを言う人がいますが、依存していることで問題が収まっており、かつ、周りに迷惑を掛けたり、自分の健康を害していないのであれば、別に依存体質でもいいと思うのです。つまり、アルコールや違法薬物、度を越えた共依存など以外で、それで自分や身の回りの人の生活が健全に回っているのであれば、別に咎める必要なんてないのです。何かに依存しないと生きていけないから、自分はダメだ。 [続きを読む]