けやき堂 さん プロフィール

  •  
けやき堂さん: 「発達」が教えてくれること
ハンドル名けやき堂 さん
ブログタイトル「発達」が教えてくれること
ブログURLhttp://keyakidou.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文「発達」の視点を頼りに発達障害等障害児の支援にあたっているの臨床発達心理士のつぶやきノートです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/05/16 23:44

けやき堂 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • すべての命に価値がある
  •  相模原の事件のこと。まだ、1日しかたっていないので立ち尽くしています。語ろうなんて気はおきません。安全管理について議論がはじまっていますが…今日になって犯人のあまりにひどいもの言いに様々なメッセ―ジが発せられています。私も何かをと思います。うちの施設でもこのニュースはテレビから流れています。けれども、こどもたちは何も語りません。何も尋ねては来ません。障害という言葉が彼らの前にどのようにあるのか。 [続きを読む]
  • 名言
  • ある保育園のお散歩でのことです。ちょっと珍しい白花のタンポボをみつけたある子が言いました。「センセイ、一風変わったお花があるよ。」この「一風変わった」をとても先生たちが喜んでいました。というのもこれはとある特性のある子が言った言葉だったからです。いいじゃん!一風変わった!!ひょっとしたらあなたをあらわす素敵ないいまわし。別にいいよねえ、ちょっと変わってるぐらいがねえ。 [続きを読む]
  • 愕然。
  • 最近来た相談に立ち尽くしてしまいました。「服が着れなくなった」小学生のケースです。高機能のおこさんだそうですが、もう1年ぐらい服を着ていない、外に出ていないんだそうです。ブランケットにくるまっているんだそうな。ヒトに会いたい気はあるようで、様々な支援者が訪問しているとのことです。ただ、そろそろ思春期、女性ばかりの訪問じゃいけない、手伝ってほしいとのことでした。色々、考えました。サービスに乗りま [続きを読む]
  • 愕然。
  • 最近来た相談に立ち尽くしてしまいました。「服が着れなくなった」小学生のケースです。高機能のおこさんだそうですが、もう1年ぐらい服を着ていない、外に出ていないんだそうです。ブランケットにくるまっているんだそうな。ヒトに会いたい気はあるようで、様々な支援者が訪問しているとのことです。ただ、そろそろ思春期、女性ばかりの訪問じゃいけない、手伝ってほしいとのことでした。色々、考えました。サービスに乗りま [続きを読む]
  • ユニバーサルデザインと個への支援と
  • 最近、園内研修のお手伝いが続いていて、そこでお話したことです。ユニバーサルデザインに向かう道のりは難しいなあということです。「みんなにとってわかりやすい、暮らしやすい」の語りかたを間違えると、個への支援をしなくていいになってしまうおそれがある。また、園の中でヒトがかわると積み重ねた個への支援のノウハウは希薄になってしまい、それも支援がぶれる原因になりがちだと。なるほど。なるほど。昨日、10年続けて [続きを読む]
  • 「ゴールを見据えて」と「発達を支える」のバランスと葛藤
  •  年の最後ぐらいは何か書こうと思います。最近、我がチームで苦しんでいることです。トップダウンとボトムアップの兼ね合いで苦しんでいます。中学生以降の入所が少なくありません。発達障害で、愛着障害で。施設でできることは多くありません。彼らのいろんな表出、未熟との格闘の日々です。そんな時間の中で、彼らにも生まれてくるものがあります。自己理解や自己対象化が少しできるようになってきました。中学生の男子に愛着が [続きを読む]
  • ちょっとの違いはおおきな違い
  •  9月から書いてなかったんですね、すいません。怠けてただけです。 先週、あるまちの幼児期のコーディネーター向け講座でのことです。プランつくりの実習でした。継時的処理が難しいこどものプランをたてるのです。手順表をつかって朝のしたくをしようということになりました。手だてですね。この支援の目標が「朝の手順をおぼえる」だったのです。どう思います?けっこう立てがちな目標かもしれませんねえ。でも、これだめです [続きを読む]
  • 過去の記事 …