エルビン さん プロフィール

  •  
エルビンさん: スウェーデンの教育って?!
ハンドル名エルビン さん
ブログタイトルスウェーデンの教育って?!
ブログURLhttp://pedagogiskamagasinet.blogspot.se/
サイト紹介文スウェーデンの重度重複障害児を対象とした特別支援学校で働く毎日の中から、思うことを書いています。
自由文福祉の国といわれるスウェーデン、障害児から高齢者まで、「特別な支援」を必要とする人々に様々なサービスがあります。専門は、特別支援教育、教育から福祉までスウェーデンの実際をご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/05/18 03:43

エルビン さんのブログ記事

  • ラッテマッマ×就学前学校の時間=???
  • 「ラッテマッマ」という言葉が、スウェーデンで聞かれるようになったのはだいぶ前ですが、私が聞くラッテマッマは、どちらかというと批判される場合が多いかなと思います。「ラッテマッマ」とは、主に育児休暇中の親が子どもをベビーカーに寝かしながら、カフェで、カフェラッテを飲みながら、お茶をするというもので、子どもの成長に遅れが出る可能性があるとかないとか。。。この言葉がはやったのはだいぶ前なのですが、なんで今 [続きを読む]
  • Note 始めてみました
  •  秋休みの始まったスウェーデン、ストックホルム。今日は、コミューンの教員全部集めてデジタル教育の研修でした。興味深かったです。写真をインスタグラムのほうにあげているので、興味部ある方はそちらを。 関係ないことを書けば、うちのコミューン、数年前に、発達研究担当の人が3名雇われ、どんな人かあんまり知らなくって、確かプロジェクト契約で2年だった記憶があるのだけど、3名とも男性で、そのうち2名が期限が切れ [続きを読む]
  • 秋休みと悲しい知らせ
  •  秋休みになりました。来週は、3日間研修や会議があり、木金はお休みです。スウェーデンは、秋学期に祝日がないので、この秋休みはとても貴重です。この秋休みを利用して、いろんな方に会う予定で、とても楽しみです。 秋休みはうれしいのですが、悲しい知らせが、木曜日にメールで。校長から来たメールの文面は怪しく、「時間があったら電話して」というもの。なんとなく、ああ、だめだったんだなあと思い、木曜日は就労継続支 [続きを読む]
  • インクルーシブ教育がわからない
  •  秋休みもまじかに迫り、秋学期も折り返し地点に近づいてきました。充実した毎日を送っておりますが、金曜日には大失敗を。問題解決したら、笑い話にブログで紹介しようと思います。 今日は、インクルーシブ教育について。最近の日本の文書を読むと、特別教育というようですが、障がい児教育、特別支援教育にかかわってきて、一応専門家として、長くやってきて言うのもなんですが、インクルーシブ教育がわかりません。はっきりと [続きを読む]
  • スウェーデンの特別支援学校の卒後
  •  秋晴れの美しい日が続いている、こちらスウェーデン。昨日は友人とキノコ狩りにでかけ、キノコはあんまり見つからなかったけど、美しい湖でお茶して話して、太陽の日に当たり、満喫です。 今年は、受け持ちの生徒のうち3名が4年生。スウェーデンの特別支援学校の高等部は、4年制なのです。ということで、秋学期も中盤に入り、就労継続支援B型に当たる施設に連絡をとり、これから数週間、見学に行きます。先週も1件。今週も1件、 [続きを読む]
  • シリア人の同僚
  •  今年度、うちの学校には、5人のシリア人の同僚がきました。多分、政府の政策で、(って、こうやって書くと結構わかっていないことに気づく。。。??????)職業訓練とSFIが半分半分になっているそうです。スウェーデンに来て数年の方が中心で、いろんな職場に派遣?されてるようです。私にも一人シリア人の同僚ができました。うれしいです。その方に今日質問をされました。「何年くらいで、すらすらスウェーデン語書けるよう [続きを読む]
  • ハビリテーリングの特別支援専門教員
  •   前回から間が空きましたが、ハビリテーリングの特別支援専門教員の話を少し。ハビリテーリングの仕事は、実は私もいつかついてみたいなあと思っている仕事の一つ。その昔は人気があって、なるのが難しい仕事でした。しかし、ここ数年、教員の給与があがり、同じ専門職でも、学校で働くか、ハビリテーリングで働くかでかなりの給与格差が出るようになり、最近はなり手が少ないという話。このことは、フェイスブックのグループで [続きを読む]
  • コミュニケーション福祉センターでの会議
  •  先日、コミュニケーション福祉機器センターへ会議があって出かけました。受け持っている生徒にアイトラッキング(視覚を利用して、目でコンピューターを動かしたりして会話する)を利用している子がいて、そのパソコンを車いすに固定する器具を付けることになり、会議がありました。2週間前にも同様の内容で会議がありました。今回はその時に決まった車いす3台に固定器具を取り付けるということで、まずは、朝8時に学校で使っ [続きを読む]
  • 人生は取捨選択
  •  私の職場で、今一番ホットな話題は、ズバリ職員の配置です。この話題に、私は辟易しております。このことを考えると、もしも転職するならば、同僚が休んでも、あまり仕事に支障がない仕事に就きたいと思うくらいです。少し詳しく書くと、スウェーデンでは、子どもの病気看護休暇や病気休暇が一般的で、同僚が時折休む。学校という場所は、子どもは毎日登校してくるので、同僚が休むと、代わりの職員を準備するか何かしないと回ら [続きを読む]
  • 連絡してから来てくれと言われた件
  •  すごく久しぶりにブログのレイアウト変えてみました。教育と本棚は、何かあうかなといういかにも単純な考えです。 先週の日曜日にスウェーデンに視察に来ていたグループの方に、スウェーデンの教育と特別支援教育というテーマで講演をさせていただくという、とてもうれしい機会を頂きました。準備をしたり、調べなおしたりと、とても勉強にもなりました。こういう機会は、いろいろと総括的に現状を見直す勉強になりますし、日本 [続きを読む]
  • 濃密な2018年の夏
  •  夏季休暇限定でブログを書くつもりだったのですが、最後の更新は7月19日で、しかも内容は日本で起きた事件。私のやる気はどこにいったのだろうか。最後の更新をしたころは、楽しい夏休みで、南スウェーデン、スコーネ地方を旅行していました。旅行から帰ってきて、待っていたのは、思いもよらない出来事でした。私も主人も今年の夏を忘れることは絶対にないだろうと誓えるくらいの内容で、いまだにその事件は解決しておらず。 [続きを読む]
  • 熱中症で亡くなった小学1年生
  •  日本で、校外学習の後に小学1年生の男の子が熱中症で亡くなりました。妹からラインで教えてもらって、驚き、また、大変心が痛みました。なぜ、こんなことになったのだろうかと思い、甥っ子姪っ子の姿と重なり、朝送り出した子どもが元気な姿で帰ってこないことは、どれほど、ご家族を悲しませただろうかと思うと、言葉になりません。教員として、自分だったらどうしただろうかといろいろと考えます。ネットで読めるニュースの情 [続きを読む]
  • もう一つのサッカーW杯 in Sweden
  •  サッカーワールドカップも、いよいよ終盤に入りました。サッカーは、あまり見ない私でも、友人たちにつられて、試合を見たくらい、日本もスウェーデンも盛り上がりました。でも、ワールドカップ、まだ終わりじゃないのです。と、教えてくれた友人に感謝です。ツイッター、フェイスブックでも書かせていただいたのですが、ブログでも、もちろん書きます。 8月にスウェーデンで開催される「もう一つのW杯」とは、知的障がいがあ [続きを読む]
  • スウェーデンの登校できない自閉症・アスペルガーの子どもたち
  •  スウェーデンの自閉症・アスペルガー症候群協会の最新のアンケートによれば、実に52%の保護者が学校の環境に問題があることにより、登校を拒否していると回答しています。2016年に比べると6%増えたとあり、発達障害系の障がいがある生徒は、より厳しい学校生活を送っているといえます。少しずつ改善されてるとすれば、多少状況が良くなってもいいものですが、悪化しているというのは心が痛みます。「問題のある欠席の多 [続きを読む]
  • 特別支援学校の教員免許義務付け延期
  •  2011年に教員免許が導入されたスウェーデン。小中学校や高等学校では、2013年から免許を持っていない教員は、期限付きでの採用しかされない、成績をつけることができなくなりました。特別支援学校でも2018年秋から適用される予定でしたが、2021年まで延期されることになりました。有資格者が、ガクッと減る特別支援学校教員免許を持っていても特別支援の免許まで持っている教員は少ない特別支援学校。うちの学校でも [続きを読む]
  • 行き詰まり感
  •  行き詰まり感という言葉は聞いたことがあるような、ないような。。。キャリアというほど、キャリアを意識したことはないのですが、スウェーデンで働きだして、すでに10年以上たち、教員から第一教諭になって4年たち、行き詰まり感を感じた年度末でした。うちの組織は、ごちゃごちゃとしていて、校長もここ4年で(第一教諭になってから)5人目??????。第一教諭といえば、聞こえはいいが、この校長がころころ変わったこ [続きを読む]
  • 学校教育におけるレイシズムの難しさ
  •  Rasismはスウェーデン語では、「ラシスム」と発音され、英語や日本語では「レイシズム」ですよね。現代のスウェーデンでは、レイシズムの明確な定義をするのは難しく、単に人種差別を正当化する考え方というものではなく、その定義は複雑化していると思います。今日はこのレイシズムに関する本から少し、思うところを。Örebro universitetの Emma Arneback & Jan Jämte によって出版された「Att motverka rasism i förskolan [続きを読む]
  • スウェーデンの学童保育について
  •   夏の間だけでも書こうと思ったブログですが、やっぱり間が空いてしまいました。日本語の勉強にもなるし、頑張って書こうと思います。日本は大雨のようで、姉妹校のある東広島市も被害が出ているようで心配です。地元、岐阜県も大雨で、心配です。雨が降り続け、被害が拡大している日本とは対照的に、こちらスウェーデンは水不足が叫ばれています。なかなかうまくいかないものです。 今日は、スウェーデンの学童保育の紹介を少 [続きを読む]
  • 作業所勤務でも、勤続25年で表彰!
  • 休暇も2週間に入り、すっかり休暇体制に入りました。いろいろあって、水曜日にちらっと校長と話をしてきましたが、それ以外は、毎日朝早く目が覚めることもなくなり、のんびり暮らしています。こんな生活ができるのは、スウェーデンで教員をしている特権であると思い、感謝しています。今日は、この間スウェーデン、ストックホルムのお隣、ウプサラコミューンが発表した「作業所に勤続25年したら表彰する」というもの。こういう [続きを読む]
  • スウェーデンの特別支援学校で働きたい方へ
  •  ブログを閉じていた間に、複数の方からメールをいただいた内容で一番多かったのが、「スウェーデンの特別支援学校で働きたいのですが。。。」というものでした。この質問は今までも何度も受けてきたので、ブログにノートのページを付けました。ブログのタイトルの下に、「ホーム」というフリークと「スウェーデンの特別支援学校で働きたい方へ」というフリークがありますので、そこからご覧ください。 http://ping.blogmura.com [続きを読む]
  • 「野外で算数」日本語版完成!
  • 写真は山本様撮影「野外で算数」日本語版完成のお知らせと、こんな風に書くと私が関わったようですが、私はかかわってなくて、数年前から「日本語に訳をしているんだよ」と近くの自然学校(自然学校についてはまた改めて書こうと思います)の職員などから話を聞いていました。この自然学校には日本からの見学訪問も来ているし、職員も日本を訪れるなど、日本との交流が深い自然学校です。本が、ついに完成したということをフェイス [続きを読む]
  • デジタル教育のプロジェクト
  • コミュニケーションとデジタル教育昨日の投稿、「カリキュラム変更!デジタル化とプログラミング」の続きで、今日は、うちの学校で春学期に行ったコミュニケーションとデジタル教育のプロジェクトのご紹介。うちの学校には、ICTの先生がいて、コミュニケーションとIT関係の担当をしています。その先生とうちの高等部の先生3人と一緒に考えたのが、子どもの歌に簡単な手話をつけたものを映像化することによって、手話を学ぶという [続きを読む]
  • カリキュラム変更!デジタル化とプログラミング
  •  今年のスウェーデンは、本当にいい天気が続いており、毎日快晴。雨が降ったのは数えるほどです。こんな年は、雨も恵みの雨で、降っても文句は出ないほどです。今日は夜夕立が来たので、花に水をやる必要がなくなりました。こんなに毎日外で過ごす夏も珍しいです。 とりあえず、今日はスウェーデンの学校業界っていうものがあるとしたら、そこで、今年最も話題になった話から。それは、カリキュラムの変更デジタル化に対応できる [続きを読む]
  • 夏休暇限定でブログ復活
  •  みなさん、お久しぶりです。昨日が最後の出勤日で今日から夏の休暇に入りました。そこで、夏休暇限定でブログを復活!!ブログを休止してからも、時々メールをくださる方がいらっしゃり、時間ができたら、スウェーデンの教育情報を発信しようかと思っていました。夏限定なので、8月の中旬まで、何回更新できるかわかりませんが、スウェーデンの教育情報を載せていきたいと思います。コメントを通じて、日本の状況など、意見交換 [続きを読む]