穂kun さん プロフィール

  •  
穂kunさん: ドランクガーデニングパパ♪
ハンドル名穂kun さん
ブログタイトルドランクガーデニングパパ♪
ブログURLhttps://ameblo.jp/gardeningpapa/
サイト紹介文男のガサツなガーデニング日記!!
自由文お酒を嗜み、音楽を聴きながら
海を見ながら、子供と遊び
男のガーデニングしてます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/05/22 12:33

穂kun さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ficoのパタパタ窓の壁。
  • 気が付けば9月も下旬。走り抜けた夏からも遠ざかりつつあります。 暑さはどうあれ、この季節獰猛な蚊に悩まされております。。。 少し前になりますが、吉良のcafe fico の内装工事をさせて頂きました。 今回の依頼は、『客席同士あまり気にせずお客さんが、過ごしやすい空間にしたい』とのことで、仕切り壁とパーテーションなどを作らせて頂くことに。 回転率より心地よさを取ったオーナーさん〇パタパタ窓の壁。 施工前は、材料 [続きを読む]
  • なかよし夫婦のパン屋さんの改装。
  • 近所にある幸田駅前銀座のパン屋さんモモチャミブレッドの改装をさせて頂きました。本当になかよし夫婦だなーと工事の一週間ずっと感じさせられてほのぼのした気分でした。 改装前。 当初お店を始めるときに作りつけられたままの状態です。倉庫的な建物なので大きく空間がありガランとした印象でした。 行ったことある方はお分かりですが駅前銀座の建物は、各建物ごとにテーマカラー的なのがありモモチャミさんは、赤白…といっ [続きを読む]
  • ノスタルジー洋裁店
  • cotton2mama エプロン展の設営をさせて頂きました。 6畳ほどの部屋ですがうまく空間を使うために今回押入れを改造することに。。 わくわく、奥行きと何があるのかを期待させるにはやはり仕切ることかと。 古いガラスなどを使ってパッチワークのドアを制作6種類のガラス。 それぞれのガラスの光の屈折が… なんてことない押入れ。 なるべくあるもんだけで造りました。 地元の木材の端材や残材ドイツのパレット板などで板壁や天 [続きを読む]
  • 立夏までのあれこれあちこち。
  • 季節の候も、穀雨を過ぎ立夏となりました。今日は、世間ではGWの最終日でしょうか。。 日曜ですが、営業日ということでぼちぼちやっていましたら眠たくなったので昼寝したら夕方の4時になっていたのでびっくりしました(笑) 朝は、エトセ工房の磯貝さん夫婦がフラリと寄ってくれました。 夕方にもお話ししたかった方がふらりと来てくれました。瓦そば食べにいかなきゃ! お裾分けした甘夏をマーマレ [続きを読む]
  • 魔女の家のピザパーティ。
  • 晴れ渡ったり、雨に打たれたりと三寒四温の日々が続いてます。 まわりの山も山桜が咲き誇っておりいい季節頃です〇 昨晩は、満月とともに東の空にものすごい閃光とともに流星のようなものを見ました。一瞬のことでとてもキレイだったのですがはたして…?衛星が落ちたのかな 先日、山の魔女の家にピザパーティへ。with 道法家! えーちゃん、まこちゃん、ムウと4人で。 いつも何時から始まるのか [続きを読む]
  • メガネとネジリとチンチン電車
  • 最近は、整体へ行ったり人間ドックへ行ったり自分をなるべく大切にするように心がけています。 なるべく後悔のないように…美味しいもの食べて、見たい景色をみる。とても大切なことだと思います〇 携帯なんかに時間盗まれてちゃもったいないですよ。 金属造形 Hope metalcraft の望くんのお誘いで「いなべツアーズ」に行ってきました! 出迎えてくれたこの西藤原駅。 今までなんと [続きを読む]
  • 果樹と藍のはたけの中央プロムナード。
  • 菜の花の美味しい季節がやってきました。 ぼちぼちと作業している果樹と藍のはたけ。 冬は、準備の季節。。。うかうかしていられない! この地の開拓で出た石たち。 これを使って畑の土留めを兼ねた真ん中の通路の区切りを。余すところなく、できる限りあるもんでやる。 石積みなんてうまく、きれいには出来ないがなんとなく理屈はわかっている…つもり。 しかしながらせっかち [続きを読む]
  • そうだ、京都に行こう!
  • …と、いうことでもありませんが3/4 京都亀岡のSEEDさんの初イベント春のちいさなSEEDマーケットに出店させて頂きました。 寝坊しちゃいけないなと、前日の夜に出発して近くの桂川PAで車で仮眠…が!!! 体勢も悪くほぼ寝れず。。。それでも、寝たという自己暗示をかけて気持ちよく朝から現地に出発! ちいさな川が流れて縦貫道ICからすぐの場所なのにとても静かで落ち着いた場所。 家並 [続きを読む]
  • 和室の改装とガラス。
  • 半年前位に西尾市吉良にあるカフェ fico さんの物置になっていた和室の改装をお手伝いさせて頂きました。 少し間が空きましたが、ようやく写真も撮れたので… 和室は、和室でいいと思うんですがね。ゴローンと出来るし、香るい草の匂い。 いろいろと先の夢や展望もありお手伝いさせて頂くことになりました。 せっかくやるなら、糧にしてほしいので道具や資材は調達させて頂きそんなべらぼうに難しいこ [続きを読む]
  • かまどベース
  • なんの役にも立つことも出来ず、ただただ…立ちすくんでいただけのこのやぐら。 さぁ、ようやくこの時がきた〇 やはり何も使わない場所はただ通り過ぎることだけに過ぎなく春から夏にかけては、草の海と化すだけだ。 果樹の実りと あいの畑育てる藍や他にも草木など煮炊きしたりするかまどシステムへ。 いろいろと循環する仕組みにしたいが、まずは。。このほぶりっくの仕事場は水道もきてないのでなるべく [続きを読む]
  • 雪と改装とハチさん。
  • 先日のことですが、雪のない街に雪が降りました。 年に1.2回あるかないかなのですが…昔は、それでもはしゃげたのですが最近特に体や足の冷えがつらくてつらくて… 2駆のハイエースもちょっと坂道でツルンツルン。スタッドレスもないので5分の仕事場に行くのも恐々とそろそろと… この日は、土曜で周りも静か。冬は嫌いじゃないです。雪と寒さで張り詰めた シン… とした空気感。 こんな天気だし、お [続きを読む]
  • 畑と土づくり
  • あえて?ほったらかしの畑。 素人ながらボチボチと畑もやっていますが自分で楽しんで食べられるくらいには… 小さな畑といえどもすぐにうっかりして種を撒き忘れたり、収穫し損ねたり。はたけも自分と似たようになって貰わねばと半放置で 『作る畑 ・ 生える畑』にしようと半ば言い訳の実験途中。 ターツァイや紫小松菜もこぼれだねで生えてきたり ニンジン・ゴボウ・ダイコンも勝手に… なんとも発 [続きを読む]
  • 開拓 〜使う場所へ
  • 今年を皮切りに…と言うわけはないが思い立って年末から開拓を始めました。 やはり使えないと、手が及ばないな…と考えるようになりまた、今まで過ごしてきていろいろと理想や妄想を膨らませていたもののなかなか行動できずにいました。 言うは易く、行うは難し。 いや、やらねば何も変わらないし次の景色が見えてこない。 まずは、木だけ残してリセット。 構想としては、食べられる果樹園 [続きを読む]
  • ちょうど一年前…
  • 人生は誘い誘われ千曲川 ちょうど一年前のこの日に軽井沢へと小屋を搬入した日でした。 それは、いつも突然にくる連絡…「いくか」 やらなきゃいけないことたくさんでしたが過ぎてしまえば、一日。 新清水経由 ひた走り5時間 ちょうど午前様で軽井沢に到着。 先発部隊にサプライズ…だなんて言ってましたが、みな就寝(笑) おなかもすいてたが知らなかった事実。軽井沢の条例でコンビ [続きを読む]
  • 軽井沢のおもひで 〜Days 軽井沢店〜
  • 去年の秋に搬入した小屋のお庭作りをしにいざ、軽井沢へ。今回もDays ひだまりさんにお世話になって至れり尽くせり、修学旅行・合宿気分でした!!今回の最強メンバーは・craftsman ともキング・共和園   石川さん・庭杉    スギさん・根っこやsun nukata 初代ワカさん・まる木 ユッキーそして、急遽突然ユッキーの弟悩める18歳の・マナくん18のマルチ7人態勢!ほぶりっくの仕事も手伝ってもらったり遊んだり、冒険し [続きを読む]
  • 近所で人生の修学旅行
  • ユッキーと大人のご近所修学旅行へ。昨年、仕事場の横で車の脱輪していたのがご縁となり季節の良い頃にお庭を見にきてくださいとご招待があり伺わせていただきました。話では、いろいろと面白そうなことを聞いていたのでこりゃユッキーを誘うしかないなと…連れていきました。仕事場から3分くらいの場所。昔ながらの立派な建物。応接間の洋風建築がサツキとメイの家のような…「陶器で本や物語を作っている…」と聞いていたので [続きを読む]
  • はたけのこと
  • 何かをしても 何かをしなくてどんどんとスーッと時間が過ぎていってしまうもの。 なにかと後回しにしてしまいがちだけど、言い訳せずに土に触れているとたのしい。 いきものに触れているからだ。  随分荒れ気味の畑だけど アブラナ科のミズナやコマツナなどの花大根の花、ジャガイモの花どこから飛んできたやら、オルラヤ、エリゲロンの花ニワゼキショウやリナリアの花 いろいろあって、いろいろ [続きを読む]
  • 糸cafe
  • 蒲郡市の形原温泉の奥の奥のお山の中の旧ロープウェイ乗り場の参道脇 旧お土産売り場に糸cafeさんを作らさせて頂きました。かつては、有数の繁華街。年間220万人訪れていたという形原温泉界隈。戦争時に三河地震が起き、そして温泉が出てまた高度経済成長と共に発展してきたこの地。街道沿いではないので歴史はさほど深くはないが40〜50年前、まだまだ娯楽の少ない時代。この糸cafeから参道下の切符売り場まで週末ともなれば、行 [続きを読む]
  • 冬の入り口と【acoustic book cafebar by】
  • あっと言う間に一年過ぎていくもんです。先日は、豊橋のgarageさんにて「from17 vol.3」に参加させて頂きました。相変わらずの心地よい空間で…そして、来て頂いた方々。garageのスタッフみなさん。ありがとうございました。季節も冬の入り口。blogもかなりサボっていましたので少しずつ遡りながら綴っていけたらと…少し前に近くのcafeのお庭の施工をさせて頂きました。今回のお気に入りは、小さな畑への入り口のこの門扉。【ac [続きを読む]
  • 過去の記事 …