shig−sak さん プロフィール

  •  
shig−sakさん: エヴァンゲリスト・オブ・ロック:洋楽情報館
ハンドル名shig−sak さん
ブログタイトルエヴァンゲリスト・オブ・ロック:洋楽情報館
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rock70s/
サイト紹介文ビートルズ、クイーン、アバなど70年代洋楽ロックを中心に、CDやコンサートの最新情報をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/05/24 17:45

shig−sak さんのブログ記事

  • クイーン・オン・エアーを聴く
  • ハード・ロック時代のクイーンがBBCラジオ放送のために録音した音源を収録した「クイーン・オン・エアー」が発売されました。CDだけでなく、96kHz/24bitのハイレゾ音源も配信開始されたので、早速、ダウンロードしました。 このアルバムは1973年2月から1977年10月の間の6回分を収録したものです。生放送ではなく、事前に録音されたものを放送するというスタイルです。最初の回は1973年2月5日。ファーストアルバムやシングルが [続きを読む]
  • ドリーム・アカデミー 夢のコンサート
  • ドリーム・アカデミーの大阪公演に行ってきました。ファンサービスたっぷりの、まさに夢を実現させてくれたコンサートでした。ドリーム・アカデミーは1985年にデビューしたイギリスの3人組のバンドで、幻想感のあるアコースティックなサウンドが魅力です。私が彼らに出会ったのは1987年。営業のために乗っていた車のラジオでIndian Summerを聴いたのが始まりです。 一発で気に入ったので、グループ名と曲名をメモしてその週末にCD [続きを読む]
  • イエス 海洋地形学 Blu-rayオーディオを聴く
  • あのスティーヴン・ウィルソンがリミックスを手がけたイエスの「海洋地形学の物語」のBlu-rayオーディオを聴きました。いつものように5.1chのレビューと行きたいところですが、転勤のために引っ越して、今はサラウンド再生環境がないのでステレオ音源のレビューになります。Blu-rayオーディオには96kHz/24bitでオリジナルミックスとウィルソンさんミックスが収録されています。まずはウィルソン版を聴きました。The Revealing Scie [続きを読む]
  • クイーン ライヴ映像&音源 一気に放出
  • 先月のクイーン+アダムのコンサートの興奮が冷めやらない中、クイーンのライヴ映像と音源が怒涛のごとく発売されます。【ハイレゾ音源】ハイレゾ音源配信サイトのe-onkyoで一気に6作品の配信が始まりました。レインボー、ハマースミス、モントリオール、オン・ファイアー、ウェンブリー、ハンガリーです。つまり、DVDかBlu-rayが発売されている作品ばかり。いずれも96kHz/24bitです。クイーンのスタジオ・アルバムのハイレゾ音源の [続きを読む]
  • エクストリーム 初めて尽くしの大阪公演
  • エクストリームの大阪公演に行ってきました。会場は尼崎駅のそばのアルカイックホール。過去2回の公演がオールスタンディング会場だったので、久しぶりに座って開演を待つことができました。しかし、開演予定の1900を過ぎてもなかなか始まらない。10分を過ぎ、20分を過ぎ、30分も過ぎ・・・。これまでにエクストリームのコンサートには1995年以来毎回欠かさず行っていますが、こんな待ったのは初めてだと思います。座って待てたか [続きを読む]
  • ビートルズ映画Eight Days A Weekを見る
  • ビートルズのコンサート時代を描いた映画「Eight Days A Week the Touring Years」を見てきました。 コンサート映像を楽しむだけでなく、いろいろと考えさせられる内容でした。映画はリバプールやハンブルグでのどさ回り時代からスタートし、ビートルズの歴史を追う感じで流れていきます。途中で最近のポールとリンゴのインタビュー映像やジョージの生前のインタビューが挿入されます。ドキュメンタリーがメインでライブ映像 [続きを読む]
  • クイーン+アダム・ランバート 大満足の日本公演
  • アダム、すごかったです。カッコよかったです。お茶目でかわいらしさもありました。こんなに凄いパフォーマーだとは思いませんでした。今回のクイーン+アダムの来日公演が決まった時に、最初は「アダムがボーカルなのに、16000円も払う価値はなし」と思ってパスするつもりでした。このユニットができた時にYouTubeで流れた2012年のウクライナのコンサートを見て、アダムの声に凄い違和感を感じてコンサートを最後まで見れなかった [続きを読む]
  • キング・クリムゾン ラジカル・アクションを聴く
  • キング・クリムゾンの最新ライヴを収録した作品ラジカル・アクション。今回は3CDのレビューです。Blu-rayはコンサートでの演奏順(ほぼ)に収録していますが、CDでは3つのテーマに沿って曲が組み替えられて収録されています。また、観客の声は一切収録されていないヴァーチャル・スタジオ・アルバムというスタイルになっています。1枚目のテーマは「Mainly Metal」で収録曲は以下のとおり。Larks pt1Radical Action 1MeltdownRadic [続きを読む]
  • プログレ・アワード受賞作品を聴く
  • 雑誌Progが主催するProgressive Music Awards 2016の結果が発表されました。これはProg側がノミネートしたバンドやアルバムに対するインターネットでのプログレファンの投票で決定されるものです。私も投票しました。(ファン投票の対象じゃなかった賞もあるかな・・・。どれがあったか覚えてないです)結果は以下のとおり。Limelight ? The Anchoress Anthem ? Riverside: Towards the Blue Horizon Live Event ? Big B [続きを読む]
  • ピンク・フロイド ニュースいろいろ
  • この1週間でピンク・フロイド関連のニュースがいくつか出てきました。【Grantchester Meadowsの動画】11月の超豪華ボックスセットの発売のプロモーションとして、ウマグマの収録曲Granchester Meadowsのビデオが公式公開されました。 amassによると、「映像は1970年にサンフランシスコの放送局KQEDにて撮影されたもので、オーディオは1969年5月12日にBBC Radioでレコーディングした未発表音源が使われています」とのこと。演奏シ [続きを読む]
  • チープ・トリック ヘビロテ中
  • 現在、チープ・トリックを聴きまくっています。彼らに出会ったのは、1978年か1979年。ラジオで当時ヒットしていたI Want You to Want MeやSurrenderを聴いたのが最初だと思います。イケメン2名とお笑い2名というバンド構成が面白さを感じ、そして、1979年に最新作の「ドリーム・ポリス」のLPを買って聴きまくりました。しかし、同年に発売されたピンク・フロイドの「ザ・ウォール」を聴いてプログレ道に入ってからはチープ・トリッ [続きを読む]
  • フロスト*の新作に圧倒される
  • 2006年に彗星のごとくプログレ界に降臨し、名作「ミリオンタウン」でプログレファンを驚愕させたフロスト*の新作「Falling Satellites」を聴きました。フロスト*は、キーボーディストのジェム・ゴッドフリーと現イット・バイツのギタリストのジョン・ミッチェルが中核となって結成されたプロジェクト形のバンドです。アルバムによってメンバーが異なり、現メンバーはジェム、ジョンの他、イット・バイツのベースでお馴染みのネイサ [続きを読む]
  • ピンク・フロイド 超豪華ボックスセット発売
  • ピンク・フロイドのデビューから「雲の影」までのお宝音源&映像を収録したボックスセット「The Early Years 1965-1972」が11月11日に発売されます。なんとCD10枚、DVD9枚、Blu-ray8枚です。なななんと8/11現在アマゾンで60,040円です。かなりの出費になりますが、買わないわけにはいかないので、注文しました。写真から推察するに1965年から1972年を6つの時代に分けて、それぞれを小箱に入れているようです。【第1巻 1965〜1967年 [続きを読む]
  • キング・クリムゾン ライヴCD&Blu-ray全容
  • キング・クリムゾンの2015年の高松公演の映像を収録した作品の全容が明らかになりました。タイトルは「Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind」。3CD+Blu-ray、3CD+Blu-ray+2DVD(日本では3CD+2DVD)の2種類が発売されます。収録曲はCD、Blu-rayともに以下の通り。Threshold SoundscapeLarks' Tongues in Aspic Part One Pictures of a CityPeace Radical Action (to Unseat The Hold of Monkey Mind) MeltdownRadical [続きを読む]