shig−sak さん プロフィール

  •  
shig−sakさん: エヴァンゲリスト・オブ・ロック:洋楽情報館
ハンドル名shig−sak さん
ブログタイトルエヴァンゲリスト・オブ・ロック:洋楽情報館
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rock70s/
サイト紹介文ビートルズ、クイーン、アバなど70年代洋楽ロックを中心に、CDやコンサートの最新情報をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/05/24 17:45

shig−sak さんのブログ記事

  • ポール・マッカートニー 4月に来日決定!
  • 昨日の紅白歌合戦をたまたま見ていたらポールが出てきて「2017年に日本に行くよ」と宣言したのにはビックリしました。そして今朝、詳細が発表されました。4月27、29、30日に東京ドームでやります。チケット販売は以下のとおり。- 1/1〜1/9 最速抽選先行予約 http://w.pia.jp/t/paul/- 1/10〜1/30 ぴあ独占先行- 2/1〜 主催者や他のプレイガイドでの先行- 2/25〜 一般発売私は速攻で抽選先行予約に申し込みました。まだ発表さ [続きを読む]
  • クイーン+ジョージの夢途絶える
  • 今年は多くのミュージシャンが死去しましたが、その中で特に残念に思うのが12月25日に死去したジョージ・マイケルです。「ラスト・クリスマス」が至るところで流れるクリスマスの最中だったので、「ワム!のジョージ・マイケルの死去」ととらえる人が多かったと思いますが、私はジョージには違うイメージを描いていました。それはクイーンのリード・ボーカル候補です。「ポップグループのワム!の片われ」でしかなかったジョージの [続きを読む]
  • ケイト・ブッシュ 感動のライヴ音源
  • ケイト・ブッシュが2014年8〜10月にロンドンで行ったコンサートBefore the Dawnの模様を収録したCDが発売されました。コンサートがビデオ収録されたという話は聞いていたので、遅くとも1年以内にはDVD/Blu-rayが発売されて、エンタメに富んだステージが見れると期待していたのになしのつぶて。「もう出す気がないのか」と諦めた矢先にリリースの話を聞いたものの、CDだけということでガッカリしました。と言うのも、セットリストに [続きを読む]
  • ピンク・フロイド ボックス・セット Echoesの進化
  • ピンク・フロイドのボックス・セット The Early Years 1965-1972の後半の目玉は大作Echoesです。この曲は、レコーディング・セッション中に録音された短い複数の曲をつなぎ合わせてできたものです。断片はNothing part 1から24と呼ばれていて、ブック5のCDにはpart 14が収録されています。かなり期待していたのですが、大ズッコケ。中身は完成版でサイケなパートの後に始まるピーン、ピーン音から後半のボーカル前にあるヘビーなギ [続きを読む]
  • ピンク・フロイド ボックス・セット 原子心母の進化
  • ピンク・フロイドのボックス・セット、The Early Years 1965-1972のブック4の目玉その2がAtom Heart Motherです。CDには3バージョン、DVD/Blu-rayには3バージョン収録されています。Wikipedia英語版をもとにこの曲の歴史をたどってみると…・1970年初頭リハーサルでできた複数のインスト曲を組み合わせ。・1月17日ハル大学でのコンサートで演奏。当時の曲名はThe Amazing Pudding。・3月アビーロードスタジオで録音。とりあえずで [続きを読む]
  • ピンク・フロイド ボックス・セット Embryoの進化
  • ピンク・フロイドのボックス・セット、The Early Years 1965-1972のブック4のCDをようやく聴き終えました。DEVI/ATIONと名付けられたこのブックには1970年の音源が収録されています。CD1の目玉は7月16日に収録されたBBCラジオ放送用のライヴです。何と言ってもEmbryoの演奏が素晴らしいです。私がEmbryoの存在を知ったのは、解説本「ピンク・フロイド全曲解説」を読んだ時。その本によるとこの曲は「ウマグマ」用にレコーディング [続きを読む]
  • クイーン+アダム 2014サマソニ 先行上映
  • 12月20日にクイーン+アダムの2014年のサマーソニックでのライヴを収録したDVD/Blu-rayが発売されます。それを予約した者だけが申し込むことができる先行上映会に参加してきました。場所は新宿の映画館です。2014年にクイーン+アダムが来日してサマソニに出ることと聴いた時、私は完全に無視しました。というのも、2012年のウクライナ公演を見た際、アダムの声に違和感を覚え「これはありえん」と思ったからです。サマソニでのパフ [続きを読む]
  • ピンク・フロイド ボックス・セット 超幻惑世界
  • ピンク・フロイドのボックス・セット、The Early Years 1965-1972の中で私が最重要だと思っていたのがDRAMATIS/ATIONと名付けられたブック3です。CDは2枚入っています。CD1の冒頭を飾るのは映画「モア」のために録音されたもののアルバムには収録されなかった4曲。私は「モア」の幻惑世界が好きなので、けっこう楽しみにしていました。1曲目はHollywoodなる曲。どんな曲かとワクワクして聴いたらズッコケ。中途半端なCymbalineとい [続きを読む]
  • ピンク・フロイド ボックス・セット 幻惑時代
  • ピンク・フロイドのお宝音源&映像満載のThe Early Years 1965-1972。前回書いたようにシド時代のサウンドは中毒性があって2枚のCDの無限ループ状態に陥りそうになりましたが、3回目の再生で脱出できて「デイヴ登場」コーナーに入りました。この頃のデイヴは貫禄がなく、やつれた要潤って感じ。1968年の音源を入れたGERMIN/ATIONはシングル発売された4曲、Point Me at the Sky、It Would Be So Nice、Julia Dream、Careful with Tha [続きを読む]
  • ピンク・フロイド 超豪華ボックス・セット その1
  • 初期のピンク・フロイドのお宝音源&映像を膨大な数収録したボックスセットThe Early Years 1965-1972が我が家にやってきました。日本のアマゾンでは6万円超もするトンデモない商品ですが、イギリスアマゾンなら313ユーロ(36000円くらい)で買えるのを発見したので無事に届くことを天に祈って注文しました。11/11発売の商品が11/14に届いたのでなかなか優秀でした。段ボールを開いて驚いたのが、ボックスとは別にCDが一枚乗っかっ [続きを読む]
  • スティング 新アルバムを聴く
  • スティングの新作「ニューヨーク9番街57丁目」を聴きました。2003年にロック系のアルバム「セイクレッド・ラヴ」が出て以来、古典楽器を使ったアルバムやクラシック風のアルバム、ギター弾き語り主体のミュージカルのアルバムなど、ポリスのデビュー以来リアルタイムでスティングを聴いてきた私にとって聴く気も起こらないおとなしめのアルバムが続いていましたが、今回は久しぶりのロックアルバムということで関心を持ちました。 [続きを読む]
  • クイーン・オン・エアーを聴く
  • ハード・ロック時代のクイーンがBBCラジオ放送のために録音した音源を収録した「クイーン・オン・エアー」が発売されました。CDだけでなく、96kHz/24bitのハイレゾ音源も配信開始されたので、早速、ダウンロードしました。 このアルバムは1973年2月から1977年10月の間の6回分を収録したものです。生放送ではなく、事前に録音されたものを放送するというスタイルです。最初の回は1973年2月5日。ファーストアルバムやシングルが [続きを読む]