つくみ さん プロフィール

  •  
つくみさん: いえづくり現場ノート
ハンドル名つくみ さん
ブログタイトルいえづくり現場ノート
ブログURLhttp://tsukumi293.exblog.jp/
サイト紹介文当設計室では地場の木と漆喰など自然素材を用い、人と地球環境に配慮した住宅の設計をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/05/24 16:55

つくみ さんのブログ記事

  • 愛川の家、基礎底盤コンクリート打ち
  • 愛川の家、基礎コンクリートの打設です。まずは底盤のコンクリートを打ちます。生コン車からシューターでコンクリートを流し込んでいきます。頃合いを見て、仮止めしていた止水板を下げ、コンクリートに埋め込んでいきます。板幅の中間程度まで埋め込みました。上面を鏝で均し、無事終了です。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 南平の家、焼き杉の外壁
  • 南平の家、南側の外壁に焼き杉が張られました!近くで見てみるとこんな風合い。焼きむらの濃淡がむしろ良い感じです。釘の頭が目立たないように黒く塗装してから打ちつけてくれました。細かい配慮に感謝です。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 愛川の家、基礎の止水板
  • 愛川の家、基礎の鉄筋が組みあがりました。基礎のコンクリートは底盤、立ち上がりと2回に別けて打設しますので、打継ぎが生じます。ここは川が近いので万一の浸水を考えて、外周の打継ぎ部に止水板を入れることにしました。上の写真で帯状に入っているのが止水板です。これで床下浸水しても、しばらくは持ちこたえられます。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 南平の家、階段ができました!
  • 南平の家、木工事が後半に入っています。待望の階段ができました!杉の厚板でできたしっかりとした階段です。居間の吹き抜けはこんな感じです。南側の雑木林がよく見えるよう高い位置に大きなFixを設けています。葉っぱが落ちて、だんだんと光が入ってくるようになってきています。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 根切り工事
  • 愛川の家、根切り工事が始まりました。基礎の形状に合わせて地面を掘っていきます。余計に掘ると地盤を緩めてしまうので、注意して進めていきます。ここで、地鎮祭の時に神主さんから預かった鎮め物を埋めてもらいました。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 南平の家、軒天井、ラス下地張り
  • 南平の家、軒天井が張られました。杉板の軒天井には保護塗料が塗られています。こちらも焼き杉と同じく施主さんが塗りました。高い場所で塗ると危険なので、下で塗ったものを大工さんに張ってもらいました。また、外壁で左官仕上げとなるところには、通気胴縁の上にラス下地を張っていきます。これも杉の無垢板になります。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 愛川の家、浄化槽工事
  • 愛川の家、地鎮祭が終わり、着工しました。まずは浄化槽の設置工事です。下水道の整備されていない地域ですので、生活で発生した汚水をきれいにする浄化槽を設けます。ここで浄化された排水は魚が住めるレベルの水質になります。重機での作業がしやすいように建物本体の工事前にやることにしました。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 南平の家、焼き杉づくり
  • 南平の家、外壁に張る板は焼き杉です。表面を焦がして炭化させることで腐りにくくなり、耐久性を上げることができます。そして年月を経て変わっていく風合いも楽しみです。南平の家では、施主自ら焼き杉板をつくりました。まずは監督のお手本。ガストーチの動かし方や焼き具合を見せてもらいました。その後は焼く作業、表面を擦って洗い落とす作業をご夫婦で手分けして進めていきました。なかなか焼き加減が難しい... [続きを読む]
  • ウールの断熱材入れ、天井板張り
  • 南平の家、断熱材を入れる工事をしています。ウールカーペットをつくる行程で発生する端材をリサイクルした羊毛の断熱材です。断熱性だけでなく、湿気を吸放出する機能もあります。そのため、気密フィルムを張らずに施工して積極的にその性質を活かせるようにしています。2階の天井には前回施工した通気層の下に同じ羊毛断熱材を入れ、杉板を張っていきます。屋根の勾配なりの天井なので大工さんは首が痛くなってしま... [続きを読む]
  • 愛川の家、地盤調査
  • 愛川の家、地盤調査を行いました。スウェーデン式サウンディングの調査ロッドを地中にねじり入れていくと、2m程度の深さでチリチリとした音がして固い地層にあたりました。ロッドを抜いて観察すると、粒の大きい砂利層のようです。近くに中津川が流れているため、昔の川底なのかもしれません。敷地の周りが田んぼですので軟弱地盤の心配をしておりましたが、浅い層も自沈がなく安定した地盤であることが確認で... [続きを読む]
  • 南平の家、木工事
  • 南平の家、下地関係の工事に入っています。完成すると見えなくなってしまう部分ですが、家を長持ちさせるための大切な工事です。床下地の荒床張り。仕上げの床の前に杉の無垢板を張っていきます。2階の天井は屋根裏の換気経路をとる為の通気スペーサーを垂木の間に入れていきます。外壁は透湿防水シートを張り、その外側に通気経路をとる為、縦胴縁を入れていきます。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 竣工クリーニング、床の塗装
  • 鵠沼の家、養生が外され、クリーニングと床の塗装が行われました。普段は内部の床は施主さん自身で自然塗料を塗ることが多いですが、今回は塗装屋さんに蜜蝋系のワックスを塗ってもらいました。階段の手すりやカウンターなど汚れや水濡れが心配な所も、入居前にあらかじめ塗っておいた方が良いです。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 構造接合部、耐力壁の工事
  • 南平の家、柱や梁の接合部や筋違い端部に接合金物が取り付けられました。地震の時に各部にかかる力に応じて、適切な接合としています。また、屋根にはルーフィングが張られました。これで雨が降っても安心です。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 鵠沼の家、器具取付け
  • 鵠沼の家、内装工事が終わりました。新しい空間の中に古材梁が効いています。続いて、建具の吊り込みです。階段の入口にはペットが2階に上がらないように柵を設けました。杉で軽く作り、脱着も簡単な仕掛けにしています。照明器具やスイッチ、コンセントなども取り付けられていきます。スイッチは懐かしいタンブラースイッチ。パナソニックの現行品ですが、松下電工の頃から変わらないロングセラーです。自然... [続きを読む]
  • 南平の家、棟上げ!
  • 南平の家、棟上げです!青空とはなりませんでしたが、大工さん達には涼しくて丁度良かったみたいです。立派な大黒柱、屋根の棟木が無事に据えつけられ、垂木までかかったろことで早めに雨養生をして、上棟式をおこないました。だんだんと日が短くなっているのを感じます。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 鵠沼の家、内装工事
  • 鵠沼の家、内装工事中です。土佐和紙を貼るため石こうボードの継ぎ目やビス穴をパテで平滑にしていきます。サンルームの床にはタイルが貼られました。コーナー窓からの景色が気持ち良いです。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 鵠沼の家、左官工事
  • 鵠沼の家、左官工事に入りました。内部のしっくいには酸化黄という顔料を混ぜ、優しく落ち着いた色合いにしました。塗った後、乾いていく間の色変化も見ていて飽きません。全体が仕上がるのがとても楽しみです!自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 鵠沼の家、シラスの外壁塗り
  • 鵠沼の家、外壁の左官工事が終わりました。九州のシラスを原料にした、土らしい素朴な表情の外壁になりました。内部にはキッチンと食器棚も設置されました。どちらもこの家に合わせて、造り付けています。養生を剥がして中をみたいけれど我慢。。。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 南平の家、基礎工事
  • 南平の家、基礎工事が始りました。根切りでは泥岩がたくさん出てきました。日野ではよく遭遇する堅い地質です。鉄筋を配筋する工事が終わり、いよいよコンクリート打設となります。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 鵠沼の家、木工事終盤
  • 鵠沼の家、木工事も終盤です。2階は杉の天井、壁の石こうボードを張り終えました。1階はペットへの対応で腰壁を張っています。まだ上半分は羊毛断熱材が見えています。床板は桧が張られているのですが、傷や汚れ防止に養生してありますので見えません。できてからのお楽しみにしておきます。今後は左官の塗り壁や和紙貼り等の仕上げ工事に入っていきます。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]