つくみ さん プロフィール

  •  
つくみさん: いえづくり現場ノート
ハンドル名つくみ さん
ブログタイトルいえづくり現場ノート
ブログURLhttps://tsukumi293.exblog.jp/
サイト紹介文当設計室では地場の木と漆喰など自然素材を用い、人と地球環境に配慮した住宅の設計をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/05/24 16:55

つくみ さんのブログ記事

  • 中野坂上の家、床板張り
  • 中野坂上の家、床板張りに入っています。杉の節あり材です。これくらい節がある方が野趣があって個人的には好みです。幹の中心に近いところから挽いた板は赤色の材、外側は白色の材になります。中間は赤白混ざりの材となり、源平材と呼んでいます。赤または白と、色を指定して張る場合もありますが、材料を選別する手間で高額になってしまいます。数年もすれば日焼けで色が揃ってきますので、自然に混ぜて張るこ... [続きを読む]
  • 愛川の家、完成見学会が終了しました。
  • 報告が遅くなりましたが、愛川の家の完成見学会が終了しました。貴重な連休の中、たくさんの方に来ていただきました。家だけでなく、愛川の田園風景も楽しんでいただけたかと思います。ありがとうございました!今後は住み心地見学会や薪ストーブ体験などのイベントもやっていきたいと考えています。これからもよろしくお願いいたします。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 基礎が完成しました。
  • 相模大野の家、基礎工事が完了しました。雨の中ですが設備屋さんが外回りの排水管の工事をしています。棟上げ前に屋根やサッシの色決めなど、事前の打ち合わせで検討しておきます。まだ気が早いですが、施主さんが素敵な洗面鏡を探してきました。洗面所に掛けた時のイメージをふくらませていきます。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 愛川の家、足場が取れました!
  • 愛川の家、ついに足場が取れました!ウッドデッキなど、まだいくつか仕事が残っていますが、完成が近づいてきました。愛川の家、9月22日、23日、24日に完成見学会を予定しています。詳しくは、愛川の家完成見学会のお知らせをご覧ください。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 天井の野縁組み
  • 中野坂上の家、天井の野縁組みをしています。天井を張るための下地を野縁と言います。1階の天井は上の2階の床を歩いたときの影響が出ないよう、野縁の取り付け方に配慮してもらっています。パッと見ではわからない部分なのですが、細かな気遣いのできる大工さんです。愛川の家、9月22日、23日、24日に完成見学会を予定しています。詳しくは、愛川の家完成見学会のお知らせをご覧ください。... [続きを読む]
  • 愛川の家、しっくい塗り(仕上げ)
  • 愛川の家、しっくいの仕上げ工程です。しっくいに少量の顔料と砂、刻んだ藁を入れて、優しい表情の壁に仕上げてもらいました。配合の微調整が難しいのですが、乾くともう少し白くなる予定です。愛川の家、9月22日、23日、24日に完成見学会を予定しています。詳しくは、愛川の家完成見学会のお知らせをご覧ください。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 相模大野の家、基礎工事
  • 相模大野の家、着工しました!自然素材の二世帯住宅で、親世帯、子世帯とで異なったテイストの空間になります。現在基礎工事中です。耐圧コンクリートの打設まで進みました。愛川の家、9月22日、23日、24日に完成見学会を予定しています。詳しくは、愛川の家完成見学会のお知らせをご覧ください。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 中野坂上の家、ラス下地張り
  • 中野坂上の家、外壁にラス下地を貼っています。外壁に左官仕上げをするための下地になります。杉板をすのこ状に隙間を空けて張っていきます。屋根には羊毛の断熱材が入りました。これだけで幾分暑さが和らぎます。また、給排水管の配管も進んでいます。2階リビングのプランですので、一階の天井裏に2階の配管スペースがきます。スムーズな排水のためには、適切な経路と勾配が取れるように、設計段階から検討しておくこと... [続きを読む]
  • 愛川の家、仕上げ工事
  • 愛川の家、仕上げ工事に入りました。内部の壁のしっくい塗りやキッチンのタイル貼りをしています。ようやく完成が近づいてきました。愛川の家、9月22日、23日、24日に完成見学会を予定しています。詳しくは、愛川の家完成見学会のお知らせをご覧ください。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 大磯の家、竣工写真
  • 大磯の家、竣工しました。神奈川県産材の杉と桧をふんだんに使った、開放感たっぷりの住まいです。外壁はシラスそとん壁、屋根はガルバリウム鋼板葺き。木部はウッドロングエコ塗装です。窓を全部引き込むと、リビングと濡れ縁、庭まで一体になります。その先の神社の森も借景に取り込んでいます。床と壁は杉、壁はタナクリーム塗り吹き抜けに設置した薪ストーブはカナダのオルダリーT5。国内では珍しい機種です... [続きを読む]
  • 愛川の家、キッチンが入りました。
  • 愛川の家、階段ができ、キッチンも入りました。階段はまだ手摺がなく、キッチンも器具がついていませんが大分家らしくなってきています。リビングの一角から上がる階段。ステンレスカウンターに桧と杉の造作キッチンです。愛川の家、9月22日、23日、24日に完成見学会を予定しています。詳しくは、愛川の家完成見学会のお知らせをご覧ください。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 大磯の家、棟上げ!
  • 大磯の家、棟上げです!予定日が雨の為、延期になりましたが、青空の中棟木が屋根の頂部に据えつけられました。そして杉の野地板を張り、シンプルな切妻の屋根型があらわれました。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 愛川の家、木部造作工事
  • 愛川の家、床や天井などの板張りが終わりました。間仕切り壁もできて徐々に家らしくなってきています。また、収納棚やカウンターなど細かい造り付け家具もできてきています。下は居間の一角に設けたワークペース。パソコンやミシン、家事全般に活用するL型のコーナーです。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 中野坂上の家、筋交いや接合部の工事
  • 中野坂上の家、構造の工事が続いています。耐力壁となる壁には筋交いが入り、柱や梁などの継手や仕口には補強金物が取り付けられていきます。そしてこの家の特徴の一つ、越屋根。大屋根の棟よりも高い位置に窓を設けています。都心の住宅密集地でも光と風通しを得る為の工夫です。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 濡れ縁の完成、クリーニング
  • 大磯の家、濡れ縁が完成しました。ウッドデッキというよりも、ちょこんと腰掛けるイメージです。そして上の庇が、この猛暑でも日陰をつくってくれています。桧のすのこ板も雨ざらしと比べて長持ちするはず。室内は床の養生が外され、クリーニングに入っています。一つ一つ丁寧に拭き掃除していきます。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 中野坂上の家、棟上げ
  • 中野坂上の家、棟上げです!梅雨時で雨が心配でしたが、無事に棟上げできました。棟まで届く長さの大黒柱。ここに四方から梁が入ります。この日の作業で一番大変な仕事です。そして棟木が掛かった瞬間です!暗くなる前になんとか小屋組まで進めることができました。皆さまお疲れ様でした!自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 玄関戸に柿渋を塗る
  • 愛川の家、水田が緑の草原のようになっております。杉の玄関戸が出来あがってきましたので、塗装をすることにしました。はじめに柿渋を塗り、蜜蝋ワックスで仕上げます。柿渋は渋柿を発酵させたもので、タンニンの成分に防腐効果があります。また、赤茶色に発色しますので、塗り重ね回数で好みの色合いにできます。今回は元々の杉が赤身でしたので2回塗りで充分な色になりました。本来の柿渋は乾くまでは強烈... [続きを読む]
  • 大磯の家、足場が取れました。
  • 大磯の家、ついに足場が取れました!居間の前の縁側ができれば外回りはほぼ完成です。ガルバリウムの切妻屋根にシラス壁、ウッドロングエコ塗装の杉板で落ち着いた風合いになりました。内部では建具屋さんが框戸や襖の吊り込みをしています。はめ込むだけで終わりではなく、繊細な調整をしてスムーズに動くようにしていきます。その他、洗面器や便器などの衛生機器も取り付けられていきます。自然素材の家 い... [続きを読む]
  • 中野坂上の家、基礎の完成と外まわりの検討
  • 中野坂上の家、基礎が完成しました。外まわりでは、排水管の埋設工事をしています。そして、この後はいよいよ棟上げです。その前に、施主さんと屋根やサッシの色、外壁の仕上げなどを検討しておきます。棟上げ後の構造体をできるだけ雨に濡らさないように、屋根とサッシは早めに発注しておきます。古いものを大切に使っている施主さんなので、家の外観も時を経たような懐しいイメージにしてみました。自然... [続きを読む]
  • 床と天井の板張り
  • 愛川の家、天井と床板を張っています。無垢の杉板を一枚一枚。。。時間がかかります。こちらは二階の床板張り。見えてくる柱には溝を突いて、床板を差し込んでいます。柱も床も湿度で伸び縮みしますので、そんな時に隙間が空かないように。下の写真は丸太の大黒柱と床板のアップです。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 大磯の家、器具付け
  • 大磯の家、内外の左官工事が終わりました。外壁はシラスの火山灰が原料のそとん壁の掻き落とし仕上げです。室内はタナクリーム塗り。次ぎは器具付けです。照明器具やテレビアンテナなどを取り付けていきます。足場が取れるのが楽しみです。自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室 [続きを読む]
  • 中野坂上の家、立ち上がりコンクリート打設
  • 中野坂上の家、基礎の立ち上がり部分のコンクリートを打設しました。底盤コンクリートの上にセットされた鋼製型枠の中にコンクリートを流して込んでいきます。ポンプ車からパイプでコンクリートを圧送して敷地の奥の方から施工していきます。かなりの重労働です。その時にコンクリートが隅々まで行き渡るように、バイブレーターで振動を加えます。その後、直ちに上面を鏝で均し、?べリング材で正確な高さと水平面を... [続きを読む]
  • 大磯の家、しっくい塗り
  • 大磯の家、室内のしっくい塗りに入りました。石こうボードの継ぎ目に割れ止めのファイバーメッシュ、その上から下塗りをして下地をつくります。柱や梁、床や天井際は、はみ出ないようにマスキングをします。地味な仕事ですが最後の仕上がりが確実に違ってきます。大磯の家は施主さん家族、ご両親も参加しての賑やかな作業です。吹き抜けやリビングなどの難しい場所はプロに任せ、楽しみながらできる範囲を自分たち... [続きを読む]