ビカビ さん プロフィール

  •  
ビカビさん: ビカビの家を建てました!!
ハンドル名ビカビ さん
ブログタイトルビカビの家を建てました!!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bikabi/
サイト紹介文建てようと思っていなかった家を建てました。「設計者と夫」と言う二つの立場。周りを巻き込む大事業!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2009/05/28 16:09

ビカビ さんのブログ記事

  • 自分のポジション
  • さて、自分のポジションをどこに置くのか??自分は経営しているのであまりそんな事を考えたことは無いです。だって自分がどのポジションに居るのか??って考えている事態が、人との比較になるからです。自分の人生は人との競争ではない。よって自分は自分の世界をどう生きるか??それしかない。そう考えている。でも多くの人はそうではないようです。ここからは普通の人のお話しです。自分の会社に入ってきた人が取る行動ですが [続きを読む]
  • やってみないと分からない!!
  • 良い話を聞いたらやってみないと良いのか悪いのかは分かりません。よくある話が良い話を聞いた後も、その話の周りをぐるぐると回り続けるって事でしょう。そんな話を聞かされてもこっちもどうしようもありませんからね!!やらないのならやらない方が良いでしょう。だって、時間の無駄だからです。成功している人は良い話を聞いた後にはすぐに実行している。それから判断していると言って良いでしょう。だからあまり考え込まない。 [続きを読む]
  • 俺は客だよ??
  • 「俺の要望が聞けないの??俺、客だよ??」なんて人がたまにいます。でも、自分の中の「お客様」とは、仕事をしてお金をいただいた後の人の事でして、客になる前の人を客とは考えません。だから当然ですが、要望が通らない事でガタガタいう人は客じゃないから引き取って頂くしかない。平たく言うとお断りすると言事です。だってそうでしょう。こっちもプロとしての仕事をする以上、責任を取る訳で、それを素人がああしろこうしろ [続きを読む]
  • 誰かが亡くなる??
  • 大きな仏壇が有る家でのお話です。見るからにやばそうな仏壇が有る家を解体して家を建てる話が来たのは今から10年ほど前の事です。現場を見に行って凄く嫌な予感がしてきて、「ここはやめた方が良い」って感じになった。自分自身では何がどうなっているのかは分からないので分かる人に聞いてみたらその仏壇には浮かばれない人が数名いるらしい。それを供養をしてから先に進むことが大事だと言われた。厄介ですがやるしかない。他 [続きを読む]
  • 10万円まけて??
  • 昔はお客様の家に集金に行ったりしていました。振り込んでもらう方がありがたいんですが、手数料がもったいないって事で集金になる。すると現地で札束を数える事になる。これがなかなか面倒でした。新築の集金に行く事になって、領収証とかを持って出かけます。金額が分からないので現地で記入する事になる。いつもの如くでお茶を飲みながら世間話をしていると、厄介な話を持ち掛けられました。「請求金額から10万円負けてくれ。 [続きを読む]
  • お墓参りに行きましょう!!
  • 「お墓参りに行きましょう。お互いの家のお墓に行って来てください!!」うちの会社の打ち合わせの初期段階の様子です。お墓に行って家づくりを始める報告をしてもらう。そこから始めないと色々な不具合が起きる事が有る。行ったら行ったですんなりと事が運ぶ事になる。以前、両親からの援助を受けての家づくりとなる家族がいました。でも、援助を受けるにかかわらずご主人は挨拶にも行っていない様子です。逆に当たり前だ見たいに [続きを読む]
  • リフォームと修理
  • たまに昔建てた家の近くを通ったら外壁が綺麗になっていた!!なんて事はよくある事です。他の塗装屋さんに依頼を掛けたという事でしょう。まあ、こちらが積極的に営業とかしていないからしょうがないと言えばそれまでです。ところが、そんな家の人から電話が来たりします。「玄関のドアがちゃんと閉まらないんですけど」 「調整が必要だと思います。費用が掛かりますがよろしいでしょうか??」「最初からだったんですけど、お金 [続きを読む]
  • サッシが5センチ高い??
  • はるか昔の事です。あまり良い記憶ではありませんが、こんなこともあったという事で書いておきます。有るお客様の家を建てていました。最初からギクシャクする感じの人達で何かあるんじゃないかと予感はしていました。まあ、今で言うとクレーマーでしょう。初対面でなんとなくそんな気がしていましたから打ち合わせは慎重に進めていきました。事あるごとに確認の電話やメールが届く人だったから、要注意でした。が、事件が起こりま [続きを読む]
  • 敷地調査
  • 家のプランニングをするする場合、敷地の調査をする必要があります。敷地の状況や隣地の関係や法的な事を調べる。それ以外であればその土地に何か問題はないかどうかを敷地に入り感じとる。まあ、そこで嫌な感じがした場合は作業は止める。それ以上に進めると何かが起きる可能性が高いからです。敷地調査以前に敷地の検討しているときに感じとれたら感じとった方が良い。今まで色々と見てきましたが、ひどいところはひどいですから [続きを読む]
  • 工法は何が良い??
  • さて、家を建てるのに工法は何が良いのだろうか??なんて事から始まる人も多いのではないか??圧倒的な特徴が無い場合は些細な事から比較する必要があるって事でしょう。自分が採用しているのは木造の軸組み工法と言う物で日本古来の工法です。雨の多い日本の国では雨が降っても大丈夫なように屋根を急いで掛ける工法になって行ったという事です。気候風土を考えての工法ですが、量産メーカーが色々な工法を採用した時に古い日本 [続きを読む]
  • 自分の都合
  • 自分の家を建てる場合、自分の都合で決める事が大事でしょう。でも、多くの会社では会社の都合で物や事が進んでいきます。でも、そうではないという事を見せつけるために、「お客様の家ですから、そちらでお決めください!!」みたいなことを言われて全てを自分たちで決めないといけないようにされる。でも、それもおかしな話です。プロの仕事はどうなっているのか??住宅会社の多くはそのパターンが多いでしょう。住宅のプロが決 [続きを読む]
  • 会話
  • 会話が続かない。なんて事がある。これは凄く居心地が悪い。無理に会話を続けようと努力はするけど、するだけ会話がかみ合わなくなる。なんてことありますよね。気の合う人とはどんどん会話していけるのに。なぜか会話がかみ合わない人がいる。自分も昔、それが不思議でなりませんでした。よくあるのが飲み会での会話です。初対面とかですと話題を探したり、相手の反応を見たりして会話をしていきます。自分の場合は基本的に相手に [続きを読む]
  • サイン
  • 全く関係のない人達から同じような話を3回も聞いたら、それはご先祖様からのサインです。自分はそう考えているので3回聞いてやれる事だったらやります。記憶の中では「高千穂の峰にに登る」と言う話を全く違う人達から3回聞いた時は登りました。どんな意味があったかは知りませんけどね??あと「雄川の滝」です。これもなぜかバラバラに行った話を聞かされた。それで行く事にしました。これもなにを意味していたのかは分かりま [続きを読む]
  • 家と健康
  • 家と健康はイメージにより結び付けられています。「健康住宅」が良いですね!!その言葉でなぜ反応するのかは分かりません。が、「健康」と言う言葉で良い印象を植え付けるって感じでしょうか??健康=自然素材と言う流れが有りますが、それがどういった事なのかは誰も知りません。新建材は化学物質で不健康。よって自然素材が体に良いって事なんでしょう。健康住宅ってそんな程度で言われている事です。本当の健康住宅とはどんな [続きを読む]
  • 家と車
  • 独身の時はスポーツカーで結婚したらファミリーカー。一家で移動を考えてミニバンにして、子供が独立したからコンパクトカーに換えた。車の世界では家族構成で乗り換えていくのが普通ですね!!理輔は色々ありますが買い換えの大きな理由は車の耐久性でしょう。大体は6年。長くて10年でしょう。中にはそれ以上乗り続ける人も居ます。が、稀な事でしょう。では家はどうか??買い換えなどしません。一度建てたら死ぬまで同じもの [続きを読む]
  • 家と魚
  • 今朝、水揚げされた旬の鯛が手に入った。これは当然刺身でしょう!!って事でさばいて店に出す準備をする。ところが、客に鯛がある事を話すると、「塩焼きが良いな。焼いてくれる」って注文が入る。「せっかくの生きの良い鯛が手に入って刺身を提供しようと思っていたのに!!でもお客様は神様って事で焼くか!!」なんて塩焼きにして出した。作る方は面白くないのだが、食べた方は美味しいって言っていたから良かったのか??果た [続きを読む]
  • 家とラーメン
  • ラーメンは好きな方です。で、食べるお店もだいたい決まっている。新規のお店に入るときはよっぽどの覚悟をしていきます。ネットの情報はあまり信用しない。今まで散々騙されましたからね!!てな事で家をラーメンで語る回です。食堂のメニューにあるラーメンは、あまり美味しくはない。お店自体が「ラーメンもあるよ!!」的なスタンスだと言って良いでしょう。スープもインスタントかもしれません。業務用だとありそうですからね [続きを読む]
  • 家とファミレス
  • 家をファミレスに例えるお話しです。ファミリーレストランって一家総出での食事には便利です。おじいちゃんおばあちゃんのメニューから子供のメニューまでそろっている。よって都合が良いから家族で利用する。味はそこまで美味しくない。でも、家族に不満はない。おじいちゃんもおばあちゃんも孫と一緒だから不満も出ない。子供達は最後におもちゃをもらえる事で大満足。そしてまた次も行きたいと言い出す。そう言わすシステムが出 [続きを読む]
  • 家づくりの考え方(神様)
  • 日本は元々が神の国です。家づくりにも神様がかかわってきます。ですから、神様との付き合いが大切になる。まあ、神様を信じるかどうかの問題もありますが、ここは神様が存在していることを前提に進めさせていただきます。日本は不思議な国だと言われています。色々な文化を寛大に受け入れるところが他国には理解できないのでしょう。家づくりも最初に地鎮祭なる神事を行う事から始まります。土地の神様に地域の神様などに工事の始 [続きを読む]
  • 家づくりの考え方(妬み)
  • さて、家づくりで一番注意が必要なのは周りの思いでしょう。良い感情で見ていてくれたら問題はありません。が、逆の感情が入っていると厄介です。色々な事に影響が出てくる場合があります。それを避けるためにはどうするかを考えておく方が良いでしょう。それには目立たない事です。土地なども東南の角地とかは避けて、北面道路の土地をあえて選ぶって事で避ける。まあ、欲望で突っ込んで行けばありえない話になりますが、よく理解 [続きを読む]
  • 家づくりの考え方(周りの事)
  • 家づくりで気になるのは周りの事でしょう。「〇〇さんちは太陽光を10キロも載せたらしいよ!!」とか「〇〇さんちのキッチンは凄いらしい!!」とかが気になる。最後にはそれと勝負を始めるなんて事になってしまったりする。それは家づくりに一番余計な考え方になります。家づくりは勝負ではありません。よって人と比べるものでもない。自分がどうなりたいかって事です。それだけを考えていたら良いはずです。が、なかなかそれが [続きを読む]
  • 家づくりでの考え方(味方)
  • 家づくりで一番大変なのが身内の反対でしょう。せっかくの家造りの足を引っ張っていきます。ですから、その辺りの根回しは重要だと言える。そこを上手くやっておくと事がスムーズに進むって事です。意外な事でしょうが近い身内ほどっ邪魔をしてきますからね(汗)あっさり書けば「親」ですね!!ここを味方につけておくことが大事だと言えます。が、親も複数いますから、なかなか大変です。日頃からの調整が大事です。最終的には自 [続きを読む]
  • 家づくりでの考え方(土地)
  • 家を建てる場合、土地が必要になります。さて、土地をどうするのか??ここが意外にも大変だったりします。どの地域に建てるのか??ですね。この問題は家族と言うか一族の問題に発展するから厄介です。ご主人側なのか奥さん側なのかって感じでもめる。ここでもめたら先には進みません。解決策はあるのか??この場合は子供を優先させることが良いでしょう。既に住んでいる土地を優先させると間違えません。子供が転校とかする場合 [続きを読む]
  • デザインする(パーツではなくって全体像)
  • さて、最終回です。デザインとは色々な事を考えながら設計する事だと思います。何もないところから家を考えていく。各性能を設定して、その条件下で色々な物や事を決めていきます。当然ですが価格の設定も同時に行います。これは原価を管理する事になる。そんな全体を考えていき、その結果が一軒の家となるわけです。それを紙に出力したものが図面というものです。図面化されたときには事細かな物事まで決定されています。それがデ [続きを読む]
  • デザインする(色)
  • 材料の大きさや納まりの仕方で家おの印象は変わる話をしました。今日は「色」のお話しです。色が沢山ありすぎるとごちゃごちゃに見える事は分かるでしょう。家の外観も2〜3色ぐらいが落ち着きます。たくさんの色があると落ち着きません。って事で、新建材のメーカーはここに商機を見出して仕掛けてきている。つまりは色の統一という事で勉強会を行い、全ての材料を統一させようという魂胆なんですね。床が決まればドアが決まり、 [続きを読む]