ビカビ さん プロフィール

  •  
ビカビさん: ビカビの家を建てました!!
ハンドル名ビカビ さん
ブログタイトルビカビの家を建てました!!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bikabi/
サイト紹介文建てようと思っていなかった家を建てました。「設計者と夫」と言う二つの立場。周りを巻き込む大事業!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2009/05/28 16:09

ビカビ さんのブログ記事

  • もみの木の価値が理解できない人達??
  • もみの木の家は頭で考えるものではありません。感覚で感じ取るものでしょう。なので感覚の鈍い人には分からない代物です。ただ、たまに変な嗅覚で寄ってくる人がいます。これが実に厄介なんですね(汗)まず、もみの木を分かったように振舞います。でも、実際には理解していないというか感じ取っていませんから、少しだけ変な波長のシグナルが出ている。そのシグナルをキャッチしている自分には警戒警報が鳴り響きます。「もみの木 [続きを読む]
  • お客様の要望で??
  • たまに見る機会がある他の会社の家。そこで少しおかしな場所を発見したりします。そこで、なんでこんな風になったんだろう??って事で質問をします。「ここはなんでこうなったんですか??」すると、ほとんどの答は、「そこはお客さんの要望でそうなりました」です。つまり、おかしいと感じる場所はほとんどが要望が出た場所の確率が高いという事になります。素人の言う事を聞くからおかしいわけですが、なんでそれを言って止めさ [続きを読む]
  • 第一印象!!
  • 観た瞬間で分る。色々な人もそうですが、第一印象が全てだと思います。その時の判断が後からになると正しかったことが分かる事になる。そんな事が多いですね!!しゃべり始めるとそこに色々な情報があり、それを頭で考え始めるから騙される。つまり、変な印象を持った人でも、「それさえ補正してしまえばどうにかなるかな??」なんて「欲」が芽生えるわけです。補正出来ていないから変な印象を持ったのにです。よく考えればわかる [続きを読む]
  • ありえない事!!
  • 「弊社の家は頑丈で地震にも強いんです!!」って営業マンが言った場合のその展示場が激しく凸凹したデザインとかだったら止めたほうが良いでしょう。計算上は強くても倒れる可能性がある。図面を見た時に平面図がL型とかだったら凹んだ部分が割れる可能性があります。耐震性を言うのであれば形も大事です。また、吹き抜けなどになっていて南面が全て窓とかも危険です。偏心率(重心と剛心のずれ)が大きく、窓の方に崩れ落ちる可 [続きを読む]
  • 家相!!
  • 「私は家相を気にします」なんて言われたらおしまいです。家の設計とかやってられません。先生とか付いていたらどうにもならないからですね(汗)過去に数件ありましたが動線とかの概念はありません。家の相で住まう人の運勢が変わるってやつですから恐ろしい!!鬼門線とか裏鬼門線とか言いますが方向的には北東の方向です。日本列島を突き抜けて行く(笑)日本列島は鬼門線にあるわけです。家相の先生も相談料をいくら払うのかは [続きを読む]
  • もみの木の家は他の人と話しが噛み合わない??
  • もみの木の家に住んでいると周りと話が噛み合わなくなる??お客様からそんな話を聞きました!!今の時期だと「今朝寒かったね〜!!」って会話に入れなくなるらしい。どうにか合わせるけど心の中では、「うちは寒くなかったけどな〜??」ってなるらしい。まあ、どの部屋も同じ温度だから家の中で寒さは感じないからそんな事になるわけです。同じ時期に建てても考え方が違えば居心地も変わる。金額はそう変わらないはずですけど? [続きを読む]
  • もみの木の家は直感で!!
  • もみの木の家は考えて建てる家ではありません。どちらかと言えば「感じる」方が良い。というか、感じなければやめたほうが良いでしょう。直感で気が付かないと難しいとも言えます。なぜそうなのか??そこは良く分かりません(笑)経験上、見学会に来て1時間ぐらいで決める人は決めるからですね!!営業の会話などあまりしませんけど、決める人は決める。直感以外の何物でもない。考えてもダメという事は営業をかけてもダメだと言 [続きを読む]
  • もみの木の家でなかったら??
  • もみの木の家を建てた人が、もし他で建てていたらどうなっていたのか??これは空想の世界なので本当かどうかは分かりません。自分の頭の中で考えた世界です。もし、もみの木の家に出会わなかった場合(笑)現実的なお話ですがたぶん、家が完成するまでに「疲弊」したはずです。毎週末が打合せですからね??そこからが大違いになってきます。家が完成して引き渡しの時が一番のピークで後はどんどん気分は下がる一方でしょう。たぶ [続きを読む]
  • うそ。
  • 自分は人が言う「うそ」をすぐに察知できる能力を持っている。なのですぐに人の付いたうそが分ります。だから、基本的に友達は少ないです(笑)仕事の付き合いもそれなりになりますし、お客様との付き合い方も恐ろしくはっきりとしていると思います。基本的に0か1しかないって事になる。正直かうそつきかですね。自分は正直な人としか付き合いません。さて、うちには「ハウスメーカーとかでも検討したんですが、ピンと来なくって [続きを読む]
  • 好きなのか??
  • 「好きこそ物の上手なれ」って言います。好きな事は熱心に努力するので、上達が早いという事ですね!!なので好きな事を見つけるのが人生をどう過ごすかが変わるとも言えます。仕事が好きなのかどうか??今で嫌々仕事している人だったら、その仕事には向いていないのかもしれません。自分に合った仕事を探す方が良いのかもしれません。「何が好きなのかが分からない」という人も居るでしょう。色々な事を経験された方が良いかも知 [続きを読む]
  • 今度、チャンスが有ったら・・・・
  • 「良い話を聞かせていただきました。今度、チャンスが有ったらやってみたいと思います」なんて言う人は多いです。そして、その人にはチャンスは来ることは無いでしょう。だからしません。出来ません。「今度チャンスが・・・・」って言葉には「しません」という宣言が隠されている。本当にする場合は具体的な話を聞いてくるはずです。「どうすれば良いのでしょうか??」的な。実際に実行するとなると先の話を聞いた方が話が早いは [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(最終話、反省会!!)
  • 飛行機で飲んでいたら着いた!!東京は夕方です。翌日に鹿児島には帰るので、今日は蒲田に泊まりです。ホテルにチェックインして夕食に出かける。居酒屋に入り日本食です。うま味がある料理です。久々の日本食を堪能してビールを頂きます。ドイツの疲れか寝てる人も。よく考えるとハードな日々でしたからね(笑)青汁ハイはまずかった!!二次会は「フクロウ」に行きます。最近毎年行っているお店。ドライマティーニを頂きました! [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(イトシュタインの散策)
  • 散策しますが、街がきれいです。おとぎ話に出て来そうな街ですね。長い年月が過ぎているのに建て替える事はしていないようです。そこが日本との大きな差なんでしょうね??3年前に工事中だった家がまだ工事していました??この街は「外構」的な考えのない街づくりみたいです。昔の行政がしっかりと区割りして考えていたって事でしょう。街=建物で、それに道がある。空間的な考えではなく「面」的な考え方かもしれません。もみの [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(最終日、イトシュタインへ!!)
  • 本日はドイツ最後の日です。あっという間に過ぎていきました!!今日は「イトシュタイン」へ向かいます。最後の街を楽しみます!!この街も3年前に来ています。木組みの家が色鮮やかで、面白いのはまっすぐではない事です。曲面とか曲線で構成された街並みが不思議でした。クリスマスマーケットの準備が忙しそうな感じですね!!で、今度はこれに登ります。なんでも「魔女の塔」とか言うらしい??恐るべし!!中は真っ暗で何も見 [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(ヴェルツブルクへ)
  • ローテンブルクからヴェルツブルクへ移動します。この街は路面電車が走っていて、よく引かれそうになる街(汗)いきなり来るから恐ろしいです。酔っぱらうと怖いですね!!マイン川に架かるアルテマイン橋まで行って記念撮影です。毎回ここで写真を撮っていますね。今日はここも人が少なかったです。その後は夕食までクリスマスマーケットに行く事に。で、喉が渇いた自分と山田さんは街の飲めそうな店を探す(笑)簡単に食事が出来 [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(ローテンブルクへ)
  • 今日はバスでローテンブルクに向かいます。観光バスがたくさん駐車場に居る。観光客が多い場所でもあります。3年前は週末に重なり凄い人だったと記憶しています。でも、今日は少ない感じですね!!写真は有名な「プレーンライン」という場所みたいです。この街を紹介する写真には必ず出てきます。天気が良くなかったので、鮮やかではありませんが、綺麗な街です。で、塔に上がる事にします。これが登山並みの急勾配!!ここで一回 [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(ニュルンベルグの朝散歩!!)
  • ニュルンベルグでは朝散歩をしました。まだ暗い中を皆で散歩に行きます。暗いので写真には厳しい条件ですが、何とかします(笑)石の建物が何とも言えない雰囲気を出しています。だんだん明るくなってきて、空が青く写るようになってきます。肉眼ではそうは見えないのですがレンズを通すと青い。とってもきれいです。今年のドイツは去年ほど寒くはないです。なので朝散歩も手袋なしで大丈夫なくらいでした!!石を敷き詰めた道は濡 [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(ニュルンベルグの夜)
  • アウトバーンで見かけた変な雲。一つは渦巻になっていて、一つは下に向かって降りてきていました。日本ではあまり見かけない現象です。自分は初めてでした!!ニュルンベルクに着いたら食事です。今回もソーセージを食べました。美味い!!ビールとの組み合わせは最高です!!タンの塩ゆでも美味い!!ワイワイガヤガヤと食べます。その後はクリスマスマーケットです。ニュルンベルクのマーケットは大きいです。なので迷子になりそ [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(シュタイフ博物館)
  • ホテルで朝食を取り、ウルムの街の見学をします。そこには世界一傾いたホテルが有りました。こんなに傾いたまま存在するとは驚きです。水路の上に木組みで建っていました!!ドイツはレベルを取らないのか??道路の勾配なりに建物が建っていたりしています。ウルムの街の建築物です。デザインがカチッ!!としています。個人的には好きなデザインで、すっきりとした感じが好みですね!!この辺りは無意識に出てくるものでしょう。 [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6(もみの木の伐採は悪天候でキャンセルに)
  • ハスラッハ・イム・キンツィクタールのホテルで朝食です。ドイツの朝らしい朝ご飯ですね!!本日はもみの木の伐採を見る予定でしたが、天候不良にてキャンセルでした。足元が悪い雨の状況では無理はしないほうが良いとの判断です。で、ガラスの博物館に行く事に!!木造の工場が再現されていました。ガラスよりそっちが気になる(笑)サンタがイビキを掻きながら寝ていました。クリスマス前の充電でしょうか??クリスマス用の飾り [続きを読む]
  • ドイツ旅行記−6
  • 今年もドイツに行ってきました!!シュバルツバルトにもみの木の伐採を視察に行く旅です。全国から14名が集まりドイツに行く。内装材の伐採を見にです。常識ではあり得ない事です。常識という縛りが無い頭を持っている人が行ける旅だって言う事でしょう。楽しい仲間と楽しい時間を過ごしていきたいです。さて、初日は東京まで行きます。ここでの食事が最後の食事。日本の出汁のある料理です。羽田の国際線で待ち合わせで、全員が [続きを読む]
  • しばらくブログをお休みいたします!!
  • いつもこのブログを読んでいただきましてありがとうございます!!また、ドイツ研修旅行に行く事になりました。よって、しばらくの間、ブログが更新できません。帰ってきましたら「ドイツ旅行記」という事で記事をアップしていきたいと考えています。リアルタイムの動向はインスタグラムかフェイスブックの方でご確認ください。それでは、しばらくのお別れです(笑)blogランキングに参加しています一日1回プチッとよろしくお願い [続きを読む]
  • ご来場プレゼント!!
  • 最近は見学会をしても人がなかなか集まりません。なので各社、来場者数を増やすために色々な事をしています。来場者に配られるプレゼントや、今では食事が出来たり、クオカードが配られたり。それを目当てに来た人たちに営業を掛けて、家を建てるという会社があるという事です。つまり、その程度の家であるという事ですね。家に特徴が無いので人が来ない。そこで人を寄せる何かをしないといけないという事です。特徴が無い分、人を [続きを読む]