ビカビ さん プロフィール

  •  
ビカビさん: もみの木ハウス・かごしまの現場情報
ハンドル名ビカビ さん
ブログタイトルもみの木ハウス・かごしまの現場情報
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sin_genba/
サイト紹介文現場の様子を伝えるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/05/28 16:24

ビカビ さんのブログ記事

  • I・K様邸の様子!!
  • いよいよ完成です。2階の子供部屋は勾配天井にして梁を見せています。敷地が狭く建物の高さを上げると威圧感が出る。そこで高さを低くして威圧感が出ないようにしました。おかげで内部は勾配天井なんですが、それが良かったりするから不思議です。寝室です。ここも勾配天井になっています。平均すると普通の高さなんですが視覚的には広く感じます。キッチンから見たリビングダイニングです。色を抑えて統一感を出す。色が沢山ある [続きを読む]
  • S・H様邸の様子!!
  • いよいよ建て方になりました!!まずは鉄筋コンクリート造の基礎と木造の構造躯体を繋ぐ役目の土台を取り付けていきます。アンカーボルトと言う金物を使い基礎と上部構造を一体化していきます。アンカーボルトは構造的に考えながら配置されていて、力が大きくかかる場所はホールダウン金物を使い地震時に問題の無いようにしておきます。次に柱を建てていきます。柱を建てて桁をのせて梁を掛けていく。建物が立体的になる瞬間です。 [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • いよいよ仕上がるって行く現場です。2階の子供部屋も仕上がっています。勾配天井にはもみの木が張ってあります。梁が表しになっている子供部屋です。寝室も天井と壁の張分けでもみの木が張ってあります。カーテンが付くと雰囲気が変わっていきますから面白いです!!玄関ホールは土佐和紙での貼り分けを行いました。ダイニングの収納と奥にはもみの木の食器棚の骨組みが組み立ててあります。外部足場が外れた現場です。いよいよこ [続きを読む]
  • S・H様邸の様子!!
  • 基礎の最終工程です。基礎の立ち上がりのコンクリートを流し込んでいきます。セメントは水と反応して硬化する。そうなるような配合になっている。また、大量の水では固まりません。しとしと雨ぐらいは大丈夫です。夏はコンクリートを流した後に水をまいて急乾燥を避けたりします。コンクリートを流したら固まるまでじっと待つ。養生と言いますが、気温によりその時間は決まっています。その期間は何もしません。養生期間が終わって [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 完成です!!玄関ホールです。シンプルな空間にしました!!キッチンのサイドパネルもカウンターももみの木です。後ろはオテキ収納です。書斎になります。本棚が沢山あります。本もカビないしインク臭くない。リビングも快適な空間です。外観もシンプル。耐震や断熱を考えたらこうなります。見た目も飽きないと思います。出会いからちょうど一年。あっという間に経ったような気がします。これからもみの木の家の空間で色々な事を体 [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • 木工事が進む現場です。電気配線や換気システムのダクト配管などを終わらせたのちに、天井のプラスターボードを張っていきます。大工さんはオガファーザーの下地を作るまでが仕事になります。天井のプラスターボードが張り上がった状態です。折り上げるところがよく分かります。高い部分にはユングフラウを張っていきます。ユングフラウを張った状態です。壁のプラスターボードも張り上がりオガファーザーの仕上げ前になっています [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 仕上げ工程に入った現場です。寝室のもみの木(ユングフラウ)の貼分けが終り、オガファーザー待ちになっています。天井を折り上げて壁に張り降ろす。寝室パターンです(笑)和室は土佐和紙を貼り、木部は着色しています。古民家風って事になりますが。ここだけが異空間になる事で、楽しんでいただく事になります。シューズクロークはもみの木のフリーボードで作りました。これだけで消臭と調湿は万全です。靴の収納にはもってこい [続きを読む]
  • S・H様邸の様子!!
  • 基礎工事が進む現場です。鉄筋を組み立てて行きます。毎回書いていますが、うちの家の基礎は邸別で構造計算を行っています。よって家毎で鉄筋の太さや並びが変わります。家の形が変わるから当然でしょう。どこも同じに設計している会社もありますが、それで地震時に大丈夫なのか??って誰も分からないと思います。配筋検査を受けた後にコンクリートを流し込んでいきます。コンクリートはアルカリ性で錆に弱い鉄筋を保護する役目も [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • 木工事が進む現場です!!構造金物が取り付けられた状態です。この時には図面と照合して、金物のチェックを行います。その後、瑕疵保険の検査を受けて、住林のチェックも受けます。定期点検住宅だからですね!!制震ダンパーが装着されました。黒板は耐震となっていますが制震の間違えです(汗)設備配管はヘッダー配管になります。ポリブテン管を使いますのでクリーンな水の供給が可能になりますし、設備の入れ替えなども簡単にな [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 木工事が進む現場です。金物を取り付けて、コンセント確認を行ってから断熱工事を行います。断熱は発泡ウレタンを吹きます。フォームライトSLと言います。断熱と気密を同時に取れるという事になります。屋根面で断熱します。家の外側ですっぽりと包み込む。だからエアコンは一台で快適になるんですね!!天井のもみの木が貼られています。ここは寝室です。寝室の天井はユングフラウとオガファーザーとの貼分けになります。仕上が [続きを読む]
  • S・H様邸の様子!!
  • 新しい現場が動き始めました!!まずは「地鎮祭」です。土地の神様に地域の神様に降りてきていただき、そこで工事の着工の挨拶と、工事の無事な完成をお願いします。意味がないような事ですが、これで気持ちが切り替えられる。遣り方という座標を建物周囲の木枠に出して、そこに糸を張り基礎の正確な位置を出して工事を進めていきます。木枠には高さの情報も出してあるので、糸の高さで基礎の高さを確認できます。高さを確認しなが [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • いよいよ上棟式です。天候にも恵まれて、餅まきも普通にできる状況でした。鹿児島市内の餅まきに人は集まるのか??立て看板とネットのみの告知でしたから少々不安でした。たっくんにヘルメットを装着します。高所に上がるからヘルメットは必須ですね!!足場の上も怖くない様子で一安心でした。お祭りを終えての餅まきになります。親子で餅まきは一生の思い出になる事でしょう。餅まき自体は厄払いの意味もあります。家づくりは大 [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 大工工事が進む現場です。構造金物の取り付けを行いますが、これらも構造計算で使う金物と場所が図面で支持されています。これはスリムベビーと言う金物です。使う方向で、取り付けビスの長さが違います。これを間違えると設計上の強度は出ませんから要注意。サッシの取り付け前には下枠の場所に水切シートを施工します。何らかの原因で侵入してきた水を外に吐き出すためのシートになります。中に侵入した場合は木材とかが腐れたり [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • 建て方が始まりました!!まずは、鉄筋コンクリートの基礎と木造の躯体を繋ぐ土台を組み立てっていきます。鉄筋コンクリートの基礎からはアンカーボルトと言う金具が伸びていて、それに土台を緊結していきます。アンカーボルトは構造的にここという場所にセットされていて、地震時などに構造が一体化する様に考えてあります。建て方はクレーン車を使い行われます。昔は人力で行っていましたから、多くの人が携わっていました。労災 [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 上棟式の日が来ました!!天気も良くて餅まきには絶好です!!今回は屋根の上でお祭りを行います。本来はここでお神酒をいただく訳ですが、昨今の交通事情を配慮して降臨された神様だけ、いただいてもらいます。ここで上棟式の意味などをお話しさせていただきます。12いよいよ餅まきです。多くの人が集まってくれました。短い時間の出来事ですが、一生忘れない出来事でもあります。毎回同じことの繰り返しですが、お客様は初めての [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • 基礎が出来あがりました!!養生期間を過ごし、しっかりと強度が出た後に型枠を解体します。その後に墨出を行い、基礎の寸法をチェックします。対角線の長さをチェックして基礎が直角に出来ているかを確認します。対角は二方向有りますから両方をチェックします。ここで寸法がおかしかったら大変な事になりますが、今までそんな事はありません。作業の前に入念なチェックをするからです。対角の後は各寸法のチェックを行います。図 [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 建て方が始まりました!!まずは土台敷込みです。鉄筋コンクリートの基礎に木造の土台を固定していきます。固定にはアンカーボルトを使います。アンカーボルトは構造を考えて配置されています。土台には柱が建ちます。その上に桁を上げて、その間に梁を掛けていきます。その上に屋根を組み立てる。建て方作業にはクレーンを使います。昔は人力で行っていましたから、クレーン作業になり安全かつスピーディーに進める事ができるよう [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • 基礎が進む現場です!!立ち上がりようの型枠を組み立てた後にアンカーボルトのセットを行います。構造部分の金物に干渉しないようにかなりの制度でセットしていくのですが、それは構造計算で使う金物がしっかりと決まっているからです。適当にやっている会社はそこまで神経質にはならないでしょう。柱を引き抜く力が大きい場所は、構造計算で計算すると特定できます。そこにはホールダウン金物が入ってきます。この金物も基礎の中 [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 基礎が完成した現場です。養生期間を過ごした基礎は、型枠を外します。その後、墨出を行いますが、同時寸法のチェックも行います。基礎の歪みがないかどうかを対角線を計りチェックします。ここで使うのが「ピタゴラスの定理」ですね!!学校の勉強が役に立つ瞬間です。まあ、電卓でたたくとすぐに答えは出ます。対角線が計算通りでない場合、基礎の直角が狂っているという事になります。今まで狂わせたことは無いですけどね!!基 [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • 基礎工事の進む現場です。砂利を敷き詰めたら今度は捨てコンクリートを流し込みます。捨てコンクリートとは捨てるコンクリートです。強度的には関係ないものですが、作業には必要なものになります。墨出や鉄筋の作業の足場が良いから行う工程になります。また、ベースコンクリートの厚さを均一するためにも一役買っています。鉄筋は構造計算ではじき出されていますから、家ごとに違います。よって図面をしっかり読まないと間違える [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 基礎も大詰めです。基礎のベースのコンクリートが打ち上がりました。これからしばらく固まるのを待ちます。養生期間と言うやつです。養生が終ったら型枠を組みます。基礎も自社でやるので大変ではありますが、上部を組み立てる事が分かっているのでちぐはぐな事にはなりません。アンカーボルトもしっかりとセットしていきます。上部構造金物などとの干渉を避けるために細かな寸法で位置を出していきます。金物セットが終ったらコン [続きを読む]
  • I・K様邸の様子!!
  • 鹿児島市内の現場が始まりました!!まずは地鎮祭です。土地の神様に産土の神様に降りてきていただき、工事の着工の報告と無事の完成をお願いします。このお祭りには対になる竣工祭が有ります。地鎮祭が終ったら設計GLの確認などを行い、工事の準備を始めます。事務手続きや各方面に連絡をして工事が止まらないように手配をするのも仕事ですね!!遣り方を出して建物座標を正確に出した後、鋤取りに入ります。基礎の一番底の部分 [続きを読む]
  • H・M様邸の様子!!
  • いよいよ完成です。外構工事はお知り合いにお願いするという事になりました。外観に合わせていただけたらと考えています。オリジナル収納の「オテキ収納」がこの家にも搭載されています。これを見た人はすぐに欲しがる収納です。圧倒的な容積ですからね!!リビングは猫が遊ぶスペースが造ってあります。我が家にも猫が居るのでこんな空間は猫にとっては良い遊び場になるでしょう。キャットタワーで上がれるようになっています。高 [続きを読む]
  • O・N様邸の様子!!
  • いよいよ完成です!!庭も完成しました。緑が入ると家が引き立ちます。玄関のラインをフラットにして屋根のラインに重ねています。シンプルな感じにしてみました。木のスリットが良い感じに見せてくれます。リビングはもみの木をふんだんに使いました。リビングは滞在時間が長いので空気の事を考えての事ですね!!ダイニングから見たキッチンです。もみの木の量が圧倒的ですが、オガファーザーとの貼分けで雰囲気をやわらげでいま [続きを読む]
  • N・N様邸の様子!!
  • 鉄筋工事に進んでいきます。もみの木ハウスの家は構造計算を行っています。よって基礎も邸別に構造設計を行います。だから鉄筋の大きさや並びは家ごとに違う事になります。それが当たり前と言えば当たり前の事ですが、会社によっては一律どこも同じという会社もあります。過剰に設計しているか不足しているかは誰も分かりません。鉄筋の組み立て完了しました。配筋検査後にコンクリートを流し込みます。この現場には地中梁が設計さ [続きを読む]