徹 さん プロフィール

  •  
徹さん: マンガ家の奇妙でワンだふるな日々
ハンドル名徹 さん
ブログタイトルマンガ家の奇妙でワンだふるな日々
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/saiwaimiyuki
サイト紹介文山奥に自作の家を建て、犬や猫たちと暮らすマンガ家の作品紹介と日記
自由文4コママンガやストーリーマンガなど、いままでの作品を紹介しつつ、山奥での生活の中から生まれた新しい作品を模索しながら紹介するブログ。
新刊情報 3月26日 マガジンハウスより発売
「マンガで読む偉人伝1 ダライ・ラマ14世」脚本・画さいわい徹
     http://www.amazon.co.jp/dp/4838719620/



    
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/05/29 15:10

徹 さんのブログ記事

  • 休憩
  • 久しぶりの3分間落書きです。疲れた体をう〜んとのばしながら休憩。今やっているマンガの仕事は20年前にした仕事の続編で、その20年前の原稿があれば便利だと必死で探したのだがみつからなかった。仕方ない。かわりに「まんがホーム」という4コママンガ雑誌が出てきた。平成22年11月2日発行とある。僕は、4コママンガ雑誌での連載をすべて終えてから4コママンガ雑誌を買ったことがないのでなんでこれがあるんだろうと [続きを読む]
  • なんやかやと
  • 2ヶ月半ぐらいで検診を受けている。もう、完全になおっているのだが、薬を処方してもらわなくてはいけないこともあっての検診。で、その薬をもらうのが、もう10年前にマンガの取材をさせていただいた薬局さん。何軒か取材を断られて、この薬局さんにOKをもらった。所長さんが、僕の渡した名刺を見て「ボクはコースケくん」と思い出してくださったのだ。よく読んでくださっていたらしい。コースケに救われたのです。その薬局さ [続きを読む]
  • 描くリズム
  • 海外の絵本を図書館で借りてきた。買わんかい。ごめん、今金欠。またね。なかなか味わい深い絵本だった。4コママンガ雑誌に連載を掛け持ちで何誌もやっていた頃、1日に最低9本の4コママンガを作らないと間に合わなかった。しかもほとんどどれも2色原稿。よくやっていたと思う。いつ寝てたんだろう?でも、いつしか、なにをみても4コママンガに出来るリズムのようなものが体の中にできていて、かってに4コママンガができてい [続きを読む]
  • なんかようか?
  • 我が人形劇団の「三匹の子ブタ」は、演じている女性二人にとっては運動会のような展開の仕方だ。上手から下手へ下手から上手へとはしりまわっておる。誰や、そんな脚本を書いて演出したのは!僕や!たまたま先日の公演は、会場灯りのスイッチのある所の関係で僕は舞台中から観ることになったのだけど、思わず手助けしたくなるほど舞台中はしっちゃかめっちゃか!でも、へたに手助けは出来ない。段取りが狂う。「三匹の子ブタ」のワ [続きを読む]
  • 大きな断捨離
  • パソコンのバージョンの問題でながいことブログにアクセスできませんでした。更新も出来ずですみません。やっとパソコンの状態がよくなってブログにさっそく描き込みます。ただし、メールが受信はできるのですが、送信がまだ出来ません。従って返信もできません。しばらくメールに関してはご迷惑をおかけします。さて、わが田舎暮らし日記、デッキの話題から再開とします。よろしく〜!!二階のデッキを支える三本の柱の中で2本は [続きを読む]
  • 台風と綱引き
  • 6日の夕方まで停電していました。パソコンからのブログなので受信も送信も出来ず。停電になったと同時に長期戦になると判断し、冷蔵庫のものをダメにしてはならずと、停電になっていない地域のコンビニへ氷を買いに走りました。おかげで冷凍室のものも含めて大丈夫でした。台風の一番きつい時に、二階のデッキに出るドアが強風にあおられ突然全開!あわててドアノブをつかみに外へ!ものすごい風にとばされそうになりながら、しか [続きを読む]
  • 蜂に刺されて
  • ナナとの散歩中、蜂に刺されてしまった!腕が腫れてしまい、どうにもうまく動かなくなって、急遽皮フ科に行ってきました。はじめての先生なのですが、なんかとてもユニークな先生。「昨夜、アルコールをのみましたか?」「ビールを少々」「あかんあかん、珈琲は?」「毎日飲んでます」「あかんあかん、お昼の食事は?」「カレーでした」「あかんあかん、食べ物も飲み物も刺激的なものはしばらくやめといて」「運動は?」「ちょっと [続きを読む]
  • 絵本の文章とは?
  • 許せクロベーよ!応募用写真絵本「チャイのさんぽ」では、おまえは悪者になっている。先日は、久しぶりに母に会いに行った。弟たちに会うのもひさしぶり。みんなに応募絵本2作を見てもらう。締め切りは9月中旬。可能なかぎりの修正を行う。87歳の母は元気だ!「チャイのさんぽ」を見て「チャイみたいやなあ」と連発しておった。弟に「チャイやがな」と言われて、「やっぱり!」とうれしそうに笑っていた。「きれいなネコやった [続きを読む]
  • 向き合うと言うこと
  • 老犬ナナは、薬がよく効いてくれているので、元気でいてくれている。何よりの救いだ。病気にもっと早くきづいてやれなかったことからくる自分の中の欺瞞性というか偽善者としての自分との向き合いが苦しかった。ほのぼのとした作品を描くことの奧にあるそうしたものとの闘いを忘れてはいけないのだと思う。「幸福は閉塞だ」中村文則さんの小説にそんなセリフがよく出てくる。閉塞によって得られる幸福の中にいることへの批判。4コ [続きを読む]
  • 老犬ナナ
  • 昨日、ナナを動物病院へ連れて行ったら、同じく犬を連れてきていた男性にその犬かなり歳やろと言われた。笑っておいたが、その言い方が小馬鹿にした言い方だったので、心の中でつぶやく。人間も動物もみんな歳をとるんや!ほんで、あなたも僕もみんないつか死ぬんや。それにしても、ナナは何歳なのだろう。ナナが我が家にひょっこり現れて9年がたつが、そのとき何歳だったのかが分からない。だから実際に何歳なのかがわからない。 [続きを読む]
  • 暑いですが
  • 暑いが、絵を描き続けている。フラ〜ッとしたら休んで水分をとる。我が家は、朝の9時半ごろから夕方の4時半ごろまでエアコンが必要な暑さなのだが、それ以外は涼しい!エアコンをつけて寝たら寒くて風邪をひくぞ!応募用絵本がだいたい完成してきた。これで、写真絵本「チャイのさんぽ」とあほなマンガチィック絵本「わっ えらいこっちゃ!」の2本が応募作品となる。もう1本描きたいのだが、本業のマンガの依頼仕事に集中しな [続きを読む]
  • 入院中のこと
  • 去年の?月からの4度の入院と二度の手術。6月に新たな手術をしたのが最後だが、この文章は三度目の入院のことを書いたもの。退院してきたその日にエッセイの公募に応募するために書いた。エッセイが何かわかっていないこの文章は落選したが、とにかく長期にわたって文章を書かないのはあかんと、無理やり書いたのは、よかったと思う。へんな文章表現もあるが、そのままアップ。写真は、当時撮ったもの。今は、元気だ!もうほとん [続きを読む]
  • マンガと人形劇
  • 人形劇団クラルテの創立70周年記念公演のチラシ。イラストを描いたのは西村キヌさん。カプコンでキャラクターイラストなどを描いておられたが、今はフリーのイラストレーターとして活躍されている。クラルテの女優西村和子先輩の姪っ子さんだ。僕は20代の4年間を西村和子先輩と共に人形劇の公演活動をしていた。そして、息子が、その姪っ子である西村キヌさんを尊敬する先輩として、彼女が独立されるまでの期間、カプコンで直 [続きを読む]
  • 子供をゲタゲタと笑わせたい夢
  • 赤塚不二夫先生をモデルにしたドラマを観る。なんだかドラマに入り込めない。赤塚先生をドラマ化するのは、こんなにも難しいのかと、予想されてはいたがそのことを再確認。子供の頃、赤塚先生の「おそ松くん」を読んでゲタゲタと笑ったことを思い出した。笑いが止まらず涙まででていたように思う。そして、子供心にも、僕もいつかこんな風に子供を笑わすマンガを描きたいとその時思った。そして、マンガの仕事で連載に追われていた [続きを読む]
  • 地震!
  • 今回の地震、みなさん大丈夫でしたか。我が家は、なにも影響はなかったです。親族すべてなにもなし!朝ドラは当然のことながら放送変更でしたね。今回の朝ドラにでてくるマンガ家のアシスタントのデビューというお話しは、よく出来ています。僕はアシスタントの経験はまったくありませんが、新人賞というのは、マンガ家のアシスタントの方々には受賞が約束されたかのような場所であることは確かです。そこへ、何のつてもない僕が突 [続きを読む]
  • 写真絵本「チャイのさんぽ」
  • 写真絵本「チャイのさんぽ」作成完了。素人写真のこんなものが絵本になるかどうかはわかりませんが、一応応募作のひとつにいれておきます。全部で見開き15枚で30ページ。家からでかけて帰り着き爆睡するまでの1日。途中クロベーに追いかけられるシーンもあります。部分のみ、まびきながらちょっと抜粋してアップ。応募作品は、これを含めて3作品を予定。あと2本は、絵を描く絵本です(笑)ブログ村ランキング     ↓ht [続きを読む]
  • コースケくん
  • 人形劇の公演先の保育所の先生のお子さんがコースケに似ているので単行本を送りたいと妻が言うので、絶版になっているこの単行本の中ですこし余分にあった第2巻目を渡す。改めて読み返した妻が言う。「これって、やっぱりおもしろい。まだまだ今の4コママンガとして通用するで。どこかで再発行してくれたらええのになあ」僕もそう思う。自分でいうのもなんだが、子供達への愛くるしさがあふれてもいる。最近子供達への哀しすぎる [続きを読む]
  • 我が町の広報に
  • 我が町の広報に先日の我が人形劇団の公演のことが紹介されていました。ふだんは、幼稚園や保育所での公演活動が主なので、一般の人にはなかなか観て貰えないのですが、この日の公演は、一般の人にも観て貰える公演でした。ただし、我が町に住んでおられる人のみ。写真は僕の脚本・演出・美術による「子ブタのトンちゃん」の上演風景。今、人形劇の公演が次々に決まって来ています。もちろん、そのすべてに僕が同行するわけにはいき [続きを読む]
  • 久しぶりの大阪
  • マンガの仕事の打ち合わせで先日は大阪へ。ひさしぶりに大阪に行くと眩暈がした。自分だけが止まってみえた。いかんいかんとつぶやきながら、道に迷い続けた。方向オンチの僕は、必死に自分の中の羅針盤をさがしていた。それにしても、大阪のこの変わり様!!仕事の打ち合わせ以外での大阪行きは、まだしばらく保留。まだ遠出は、しんどい。無理はしないでおこう。もう一つの僕の仕事である人形劇の公演がたくさんはいってきている [続きを読む]
  • ホタル
  • 昨日は、我が区の用水路の掃除でした。朝から夕方まで、疲れました。なんとか体調は、もってくれましたが、翌日が、ガタガタでごわす。もうすぐ田植えが始まるんですねえ。梅林では梅摘みがはじまります。そして、川にはホタルが。我が家の近くを流れる切目川では、もうホタルが飛び始めているようです。乱舞するのにはまだまだ早いのですが…。毎日新聞に連載させていただいた「山小屋のタオ」という作品の後半に、このホタルの乱 [続きを読む]
  • 増刷
  • マンガ小冊子『平和をねがい続けた画家加納莞蕾』(脚本・画さいわい徹)がおかげさまで増刷になりました。ベストコンディションで描いた作品ではなかっただけに、ホッとしましたし、すごく嬉しいです!しかも、ありがたいことに増刷分の稿料が僕の所に振り込まれます。よかった、よかった!戦争と平和というテーマ。描きがいのある作品でした。僕に依頼してくださったことに感謝!今後の予定されている意義ある展開が楽しみです。 [続きを読む]
  • チャイの散歩
  • 「チャイの散歩」 我が家のネコ・犬の写真集その1チャイは、和歌山のこちらに移住してくるまでは、家猫で外へ出たことがありませんでした。でも、いつの頃からか僕と散歩をするようになりました。写真は散歩に同行しながら撮ったもの。捨て猫だったミニが、距離をおきながらついて行っているのが愉しいですねえ。この二匹のコンビが、もうみられなくなったのが寂しいです。2015年1月8日 朝10時20分   チャイ永眠19歳ブログ [続きを読む]
  • こどもの日に
  • 子どもの日に思うこと。ネコや犬を捨てるな。ネコや犬を虐待するな。ネコや犬を殺すな。子供達を捨てるな。子供達を虐待するな。子供達を殺すな。女性を虐待するな。女性を殺すな。老人を虐待するな。老人を殺すな。戦争をやめよう。核をなくそう。原発をなくそう。誇れる大人の姿をみせよう。今日は、子供の日だ。アップしたのは福島の人とで進めている物語の好きな一場面。ただし、別バージョンです。ブログ村ランキング     [続きを読む]
  • 「春のおはなし会」のなかでの公演
  • 28日は、「春のおはなし会」というイベントの中で人形劇の公演をしてきました。主催は印南町教育委員会。たくさんのボランティアの方々も参加されてのイベントで、子供達にもっと本に親しんでもらおう、町の図書室の本をもっと読んでもらおうという目的を持ったイベントです。あたたかい、いいイベントでした。おすすめの絵本コーナーには、SNS仲間の塚本やすしさんの絵本が2冊ありました!!塚本さんのめちゃくちゃなおもし [続きを読む]
  • クロベ〜
  • ひさしぶりに放浪ネコのクロベーがやってきたら、赤い首輪をつけていた。オス猫なので妙に似合わん。鈴までついている。誰かに可愛がられてつけられたのかと思っていたら、つぎに来た時は、バカ太い首輪をつけていた。おいおい、それはないだろう、うごきにくいし、ごはんも喰いにくい。と思っていたら、次にきたときは、首輪はなかった。う〜ん、誰がどういう目的で首輪をしたりしているんだろう。とにかく、他でエサにありつけな [続きを読む]