yaguruma さん プロフィール

  •  
yagurumaさん: ブログ・発見の「発見」
ハンドル名yaguruma さん
ブログタイトルブログ・発見の「発見」
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/quarta/
サイト紹介文日英米の新聞社サイト科学欄の記事から気になる記事を取り上げ、科学と言葉に関わる問題を考えます。
自由文他にもホームページと幾つかのブログサイトを綴っています。その中から、このブログに近い内容の『「意味」の周辺』:http://imimemo.blogspot.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/05/30 23:51

yaguruma さんのブログ記事

  • 鏡像の意味論・番外編その1&2
  • ブログ『意味の周辺』に掲載した記事2本を合わせてこちらに再録します。今回の2つの記事を「鏡像の意味論・番外編」としたわけは、ひとつは「虚像」、もう一つは「上下・前後・左右の概念」という単に鏡像の問題であることを超えた問題を抽出した形で扱っているからですが、鏡像問題からこのような重要で多様な個別問題が浮上してきたという点で鏡像問題が実に意義の深い問題であったことが明らかになってきたように思います。 [続きを読む]
  • 鏡像の意味論その23
  • ブログ『意味の周辺』に、昨日、更新した記事をそのまま転載します。結果的に一応、これまでの鏡像問題記事すべての簡単なまとめ、あるいは簡単な結論のような形になったようです。 [続きを読む]
  • 鏡像の意味論その23 ― 擬人化と「固有座標系」との深い関係
  • ブログ「意味の周辺」に掲載済みの鏡像問題関連記事に追加、一部変更、訂正、その他、多少編集して再録します。 【今回の要点】 鏡像を擬人化することで語りうる事柄は、鏡像の問題に固有の問題ではない。 知覚心理学で使われている「固有座標系」などの概念は物体や空間の擬人化に由来する。 固有座標系の概念に関連する問題は鏡像の問題、+特に鏡映反転の問題に特有の、あるいはあらゆる鏡映反転に共通する問題ではない。 基 [続きを読む]
  • 鏡像の意味論その17〜19
  • ブログ『意味の周辺』に4月18日から今月7日にかけて掲載済みの「鏡像の意味論その17」から「その19」までを多少編集、変更を加えて一括して掲載します。多少長くなりますが、作成順になりますので読みやすくなっていると思います。なお「その19」に多少重要な修正があり、太字にしています。 [続きを読む]
  • 2017-03-29
  • 前回記事「鏡像の意味論その15」では「今回でひとまず一段落となりそうです」と書いてしまいましたが、ブログ『意味の周辺』と同様、「その16」を公開します。内容は27日の『意味の周辺』記事に多少の編集と追記を行ったものです。 [続きを読む]
  • 鏡像の意味論その16 ― 像、光、および物体の三者を区別すべきこと
  • 前回記事では「Haig説、Morris説、および高野説を併せて批判する」という副題を掲げていましたが、Morris説についてはTakano(1998)中の引用との関連で言及した限りで批判したまでで、そこで全体としてのMorris説について批判にはなっていませんでした。ただこれまで読込んだ限りで感じることは、既存の諸説についてOptical explanateion、Explanation based on symmetry、Physical rotation、Mental rotation、などと命名 ... [続きを読む]
  • 2017-03-18
  • 昨日に引き続き、3月15日にブログ『意味の周辺』で公開した「鏡像の意味論その15」を転載します。なお、今回の記事と関係がありますが、昨日公開済みの「その13」の一部を訂正して更新しています。 鏡像の意味論シリーズは今回でひとまず一段落となりそうです。これまでのこのシリーズは従来の考え方を要素的に分析あるいは掘り下げるといった内容でした。すでにお知らせしていますが、日本認知科学会に提出済みの2つのテクニカ [続きを読む]
  • 2017-03-17
  • 前回、先にブログ『意味の周辺』に掲載した「鏡像の意味論その12」を多少編集して掲載しましたが、その後同じ「その12」として2つの記事と捕捉を追加していますので、今回また多少編集した上で「その13」および「その14」として併せてこちらに転載します。またその後「その15」も公開していますので、引き続き「その15」もこちらに転載する予定です。 [続きを読む]