スミシゲ さん プロフィール

  •  
スミシゲさん: 大二病患者が言ってみただけ
ハンドル名スミシゲ さん
ブログタイトル大二病患者が言ってみただけ
ブログURLhttp://sumishige.blog49.fc2.com/
サイト紹介文自称大二病患者が思いついたことを書き綴っていく、あるいはやった記録や演劇のことを綴るブログ。
自由文自称大二病患者が思いついたことを書き綴っていく、あるいはやった記録や演劇のことを綴るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/05/31 22:47

スミシゲ さんのブログ記事

  • 嘉穂劇場と筑豊の高校演劇について考える(7)
  • 1回 導入・全国でも珍しい民間劇場での大会2回 福岡県の地区構成3回 会場の変遷4回 筑豊の高校演劇の歴史と林黒土氏5回 嘉穂劇場について6回 現地調査ここで日本の劇場近代化の流れ簡単に確認してみたい。明治の西洋化の影響を受けた倶楽部建築のような集会施設、あるいは大正から昭和初期まで続く芝居小屋の建設ブームなど民間によって建設が進んでいた。公的な設置者が中心になるのは公会堂である。1918年に中之島公 [続きを読む]
  • 「ハイスクール短編演劇祭2」開催と参加校募集のお知らせ
  • 開催概要? 開催日 2019年4月29日(リハ及びゲネ)、30日(上演)? 会場 ナンジャーレ ( http://nanjare.com/ )名古屋市中村区亀島2丁目26-5 キジビル4F ※名古屋駅から徒歩10分? 舞台? 横幅最大 約6.5m? 奥行最大 約5.5m? 天井高  約3.2m (梁下約2.7m)? 音響照明機材は劇場備え付けのものを利用照明効果、音響効果について主催者側は最小限の対応になります。照明操作、音響操作 [続きを読む]
  • 2018年 演劇活動記録
  • 高校演劇データブック 別ブログでは高校演劇の大会データを編集・公開しておりますので、興味があればご覧ください。(企画)愛知の新しい高校演劇「ハイスクール短編演劇祭」開催日:2018年1月21日(日)会場:PICO2 当ブログ記事(協力)「集まれ!〇〇短編劇!」(「この短編劇がすごい!」関連イベント)[日時]2018年9月24日(月祝) [会場]PICO2(出演)ハラプロジェクト「藪の中」(芥川龍之介作)6月2日(土) [続きを読む]
  • ハラプロジェクト×TURTLE ISLAND パンク歌舞伎「地獄極楽」
  • 鉦・太鼓・念仏×パンクロック×歌舞伎2年の沈黙を破って能楽堂がアチチアチチと地獄の猛火に燃え狂う。地獄極楽はあの世じゃねえ。この世の話だ。作るのはオレ達だ!切腹ピストルズ大挙襲来 踊れ!阿呆になって 泣け!鬼になってハラプロジェクト×TURTLE ISLANDパンク歌舞伎「地獄極楽」演出 原智彦原作 近松門左衛門「平家女護ヶ島」脚本 岩田信市名古屋能楽堂2018年12月21日(金)〜24日(月祝)全6回公演 [続きを読む]
  • 鹿児島まで来たので南北に乗りつぶす(5)
  • 鹿児島市内を見て回る時間が割とありました。南洲神社市の観光巡回バス。平日なのに大河ドラマ放映中だし、外国人含めて結構な乗客。篤姫の生誕地。そのままバスで仙厳園まで。よく見かける構図ですね。焼酎入りのソフトクリーム。世界遺産バスで市の中心部へ戻りました。山形屋百貨店の食堂、デパートマニアには人気があるとのこと。看板メニューのやきそば。前回、食べ損ねたしろくまの本物を食べる。俊寛と喜界島。あ、平家女護 [続きを読む]
  • 鹿児島まで来たので南北に乗りつぶす(4)
  • 指宿駅です。ここから鹿児島まで錦江湾沿いに北上。pic.twitter.com/yfuRWTQ3mR— マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年11月22日なのはな仕様谷山周辺は前に来たときは高架工事中だったのに、完成していました。ぼーっとしていたら指宿のたまて箱が通過していきました。市電と並走する区間。鹿児島中央に到着。特急などを撮影してみる。実際にはもう一駅、正式な鹿児島本線の終点・鹿児島駅まで行きました。駅舎取り壊し中 [続きを読む]
  • 鹿児島まで来たので南北に乗りつぶす(2)
  • 鹿児島から枕崎までバスで移動します。時間に余裕があったので、特急バスではなく路線バスです。15:30に山形屋前を出発。国道225号を進むことになるのですが、鹿児島市内を抜けるのにえらい峠を越えていきます。のわりに乗客は結構いる。1時間に1本とはいえ、それなりの移動があるルートではあるようです(通しで乗っている人はかなり少数でしたが)南九州市川辺。高校生の下校時間と重なりここから枕崎までかなりの混雑 [続きを読む]
  • 鹿児島まで来たので南北に乗りつぶす(1)
  • 最近乗ったのに、また乗ってる pic.twitter.com/4bBWw4aba4— マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年11月5日先日に引き続きFDAで小牧から福岡へ。冬ダイヤになっていましたが、諸々勘案してちょうどいい時間で飛んでいるので九州にいくのに都合がいいのです。今日は新幹線でもう少し南下 pic.twitter.com/YJzNbq176w— マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年11月5日全国大会前乗りしました pic.twitter.com/IX9G3ZBY [続きを読む]
  • 福岡に来たので……(6)
  • 出雲市まで来ました。JRはここまで、一畑電鉄に乗り換え。そう、10月(神無月ではない)に5年ぶりに来た出雲。今度こそ、高校以来の出雲大社へ行くことに。知らない新車が導入されている。5年前の様子はこちら。松江から朝の北松江線を乗車しました。http://sumishige.blog49.fc2.com/blog-entry-810.html神無月の巫女ではない川跡。3方向の列車がそろうと壮観である。出雲大社前駅大社を参拝。あの頃の自分は何を願ったんだっけ、 [続きを読む]
  • 福岡に来たので……(5)
  • 温泉津駅で下車しました。JAの事務所との合築で、改札業務も代行。山陰の小さな港町にある、落ち着いた雰囲気の温泉街ですね。公衆浴場・薬師湯に入る。炭酸泉で浴槽と床が年を経て融合している。2,3階から街並みがよく見える。洋館の公衆浴場という趣。隣の飲食店で食事。奉行飯。鶏飯みたいなやつ。こちらも同じく洋館。もう一つの公衆浴場。元湯。ひとっぷろ浴びたところで、快速アクラライナーでもう少し東へ。 [続きを読む]
  • 福岡に来たので……(4)
  • 福岡まで来て、そのまま帰るのももったいないからって、翌日も休みを取って、山陰線にひたすら乗っていました。安岡駅の始発で出発。小串滝部長門市。始発列車だったので益田まで通し運転だったが、運行系統的にはここで別れる感じ。仙崎方面への分岐。萩、東萩。ここから先は接続が難しい(この列車の次が昼間になる)日本海沿いをひた走る。益田。ここでは完全に別系統。駅前に少し立た後、山口線からのおきに乗車。3両だけに込 [続きを読む]
  • 福岡に来たので……(3)
  • 田川後藤寺から平成筑豊鉄道・糸田線に乗車。朝に、筑豊電鉄との共通一日フリー切符で乗車。金田駅に到着。写真が少ないのは短いのもあるけど、お祭りがあって車内が地元の子供でいっぱいだったため。遠目に山笠が見えました。伊田線で直方へ。前線複線なのに面食らう。朝ぶりの直方。折尾駅で乗り換え。学生時代は鹿児島本線も高架前で、ホームの立ち食いラーメンを食べた思い出がある。ここから若松線へ。蓄電池電車が走る。洞海 [続きを読む]
  • 高校演劇2018 鹿児島県大会1日目
  • 鹿児島県は今年度の連盟加盟校が25校(演劇創造138号より)、2017年度の大会参加校が22校(信州総文プログラムより)そして、今年度の大会は18校が参加していたようです。県内を6地区に分けて大会が行われています。ただ学校数の関係で鹿児島地区が中心に運営されているようです。残りの5地区は近年では地区大会は1日開催の規模になっているようです。冬の公演や全県合同公演などもあるようですが。大会の記録だけ見 [続きを読む]
  • 高校演劇2018 鹿児島県熊毛大島地区大会
  • 鹿児島 熊毛大島地区大会と言っても体育館の平場で、公開ゲネみたいな様子 pic.twitter.com/MlrN7nf6Rt— マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年11月6日平場で客席がパイプ椅子一列役者の方が多いそして終演後に全員一言話しました— マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年11月6日いろいろな大会、上演の形があるものです— マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年11月6日(手元の2010年以降高演協の報告書な [続きを読む]
  • 嘉穂劇場と筑豊の高校演劇について考える(6)
  • 着いた(着いた)予告通りの筑豊地区大会の嘉穂劇場 pic.twitter.com/3MPsr6q750— マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年10月20日実際に筑豊地区大会に行きましたので、簡単に劇場や大会全体の感想を書いておこうと思います(大会作品の感想はまた別に)劇場の舞台設備はさすがに商業でも使われるだけあって、他の文化会館と同レベルの効果は出せるようです(持ち込んでいる分もあるだろうけど)地区大会なら地方だともっ [続きを読む]
  • 福岡に来たので……(2)
  • 直方市内をJRの駅目指して歩く。商店街にタートル永山愛樹ライブ告知が張ってありました(前日にあったもの)JRの駅前はローソン併設のバスターミナル。福岡はバス王国のイメージ。福北ゆたか線に乗る。分岐駅だった勝野飯塚駅にて下車。国鉄らしさの残る駅舎。バスターミナル市の中心部を流れる遠賀川新飯塚駅。ということで、ここから筑豊の短めのローカル線巡り。後藤寺線へ初乗車。車両は日田彦山線と同じ。漆生線の分岐だった [続きを読む]
  • 福岡に来たので……(1)
  • おでかけします pic.twitter.com/1BTIFAKUoO― マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年10月20日福岡へ行きますでも泊まりは北九州(去年末の中国大会と同じ) pic.twitter.com/ZMWOOf84sN― マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年10月20日土曜夜に移動開始。名古屋空港からJALコードシェアのFDA便で福岡空港へひょいと。博多駅のホームでラーメン食べてました pic.twitter.com/ZP9h4LwIkK― マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 20 [続きを読む]
  • 嘉穂劇場と筑豊の高校演劇について考える(5)
  • 林黒土先生以外にも筑豊地区から活躍した先生はいます。高校演劇叢書でも個人脚本集がまとめられている小出和典先生などもおみえですね。https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN04384045歴史についてまとめとして、筑豊地区は高校演劇の黎明期から個人による所は大きいものの、他の地域と比べても活発な活動が行われた地域と見てよいのでしょう。歴史の話の最後として、筑豊地区の先進性を示す記録をもう一つだけ挙げてみましょう。記録とい [続きを読む]
  • 嘉穂劇場と筑豊の高校演劇について考える(4)
  • 前回に続き過去の福岡筑豊地区を探ってみましょう。前回も紹介した「福岡県の高校演劇 : 25年のあしあと」から簡単に福岡県の高校演劇史を起こしてみました。福岡県の高校演劇 : 25年のあしあと※私が神奈川県青少年センターの「演劇資料室」の開架で読んでメモしたものが基になります。特に筑豊地区にフォーカスしたものなので、正確ではない部分もあると思います。昭和24年頃 県内のいくつかの高校に演劇部が結成される。昭和25 [続きを読む]
  • 嘉穂劇場と筑豊の高校演劇について考える(3)
  • 福岡県、筑豊地区の高校演劇を記録をたどってみることにしましょう。①各年の活動報告書より全国大会でプログラムと共に配布されている活動報告書には各都道府県の前年度の大会や発表会、講習会などが掲載されています。そこから福岡県の県大会の会場を数年分、さかのぼってみます。2016 北九州地区 北九州芸術劇場中劇場2015 福岡地区 ももちパレス2014 筑後地区 サザンクス筑後2013 筑豊地区 イイヅカコスモコモン [続きを読む]
  • 嘉穂劇場と筑豊の高校演劇について考える(2)
  • 筑豊地区の特徴を考える前に、どのような構成になっているか確認しておきましょう。福岡県は4区分で分けられることが多い。すなわち、福岡・北九州・筑後・筑豊の4つである。教育行政、こと高校についても同様な取り扱いがされている。福岡県は公立普通科高校に関して学区制を導入しており、その区分は以下のとおりです。福岡県立高等学校の通学区域に関する規則http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/tsugakukuiki00a.html全 [続きを読む]
  • 戯曲賞と高校演劇
  • 今期も大会が各地で開催されている高校演劇界隈ですが、いつもにないニュースが飛び込んできたので、ちょっと取り上げてみたいと思います。「第18回AAF戯曲賞」一次審査通過作品決定!応募総数109作品の中から、14作品が一次審査を通過いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました!https://t.co/ONTdhlfmGP― 愛知県芸術劇場 (@APAT_info) 2018年10月8日【愛知】第18回 AAF戯曲賞にて、南山高校女子部演劇部・渡辺さん [続きを読む]
  • 高校演劇2018 東京都中央地区B日程2日目(一部)
  • 午前中だけ東京中央地区観に来ています pic.twitter.com/YXZq4iek3U— マユズミ ヨシズミ (@blackgrasp) 2018年10月8日獨協「君たちはどう生きないか」大野暁春 ○中身は男子校のくだらなさであふれていて楽しかったです。ただ、くだらないことをやるために、話の筋はきちんと通してあって、見やすかったです。自殺を引き留める系の話にみせかけて、(セリフでもふれられた)銀河鉄道の夜形式の話でした。私はこの形式で自分 [続きを読む]
  • 嘉穂劇場と筑豊の高校演劇について考える(1)
  • 9月は人様の公演のお手伝いをしたり、パンク歌舞伎の稽古と制作作業の追い込みもあって、ブログの更新していませんでした(高校演劇と旅行はしてないからね。「ゲロ子ちゃん」とか観に行ったんですけどね)10月は早めに予定を調整して、福岡・筑豊地区大会に行こうと思っています。珍しく予告しているのは、すでに8月に話題にしているからです。ハイタンにも参加してもらった新座柳瀬高校の稲葉先生とキャスをやりまして、その [続きを読む]