みやもとさとし さん プロフィール

  •  
みやもとさとしさん: みやもとさとし official web site
ハンドル名みやもとさとし さん
ブログタイトルみやもとさとし official web site
ブログURLhttp://miyamoto-satoshi.com/
サイト紹介文幸福実現党石川県本部副代表のみやもとさとしの公式サイトです。
自由文こんにちは!
私の愛する地元石川と、日本をこよなく愛する幸福実現党のみやもとさとしです。
まだできたばかりの新しい政党ですが、本気で第一党を目指し、日本を未来あふれる世界のリーダーとして舵取りをしていく所存です。
このたび、公式サイトを立ち上げさせていただきましたので、ぜひお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/06/02 09:15

みやもとさとし さんのブログ記事

  • 対中国戦略を。−自由・民主・信仰
  • 今朝は白山市徳丸交差点にて辻立ちをいたしました。北朝鮮「無血開城」後は、対中国戦略を。14億人が、監視下に置かれているような全体主義体制ではなく、自由を。一人が全てを取り仕切る独裁制ではなく、一人ひとりがその個性や能力、才能を開花させ、繁栄を実現できる民主制を。人々を弾圧し、迫害し、洗脳し、人権を侵害するような唯物論・無神論ではなく、神仏を認める信仰を。中国が自由・民主・信仰という価値観を受け入れ [続きを読む]
  • 2018年「憲法記念日」街頭演説
  • 本日5月3日、金沢市香林坊にて、「憲法記念日」街頭演説を行ないました。「南北融和で日本がなくなる」という看板を掲げて。この過去最大級の国難に際して、日本の政治家はモリカケ問題や自衛隊の日報問題を延々と1年も続けており、国防強化や憲法改正をまともに議論できない状況です。国家のリーダーたるべき人々が、事の軽重が分からぬほど知性が低くなってしまったのでしょうか?まさしく亡国の危機です。日本国民は「平和路線 [続きを読む]
  • 南北融和で「日本が消える」!?
  • 本日も、昨日に引き続き、南北首脳会談を受けての緊急街宣を行ないました。やはり、「南北融和」にダマされてはいけない、ということです。予想通り、というべきか、世間では「融和ムード」一色で、たまに日本の危機を訴える人が(私たち以外でも)いたとしても、「そんなに平和が嫌いなのか」的な意見が出たりしてます。平和が嫌いなわけはありません。人が死んだり(寿命がきて亡くなるのは仕方ありませんが)、殺されたりするの [続きを読む]
  • 本日、「南北首脳会談」を受けて、緊急街宣を致しました
  • 本日、北朝鮮と韓国の「南北首脳会談」を受けて、緊急街宣をおこないました。街宣時点ではまだ会談の内容が発表されておりませんでしたが、おそらくは「平和ムード」を演出して、マスコミもそれを歓迎し称賛するという流れであろうと思われます。しかし、これが曲者で、下手をすると日本の消滅・植民地化につながるという重大な危機なのです。金正恩は誰が見ても”悪党”と映るでしょうが、文在寅は一見いい人に見えるので、コロッ [続きを読む]
  • 4月の決意
  • 決意、と言ってもそんな大げさな話ではないのですが。春!私は春が好きです。もちろん、夏も、秋も、冬も、それぞれに好きなのですが、長い冬を経て、生きものたちが息を吹き返し、活力に溢れてくる感じが好きです。寒くて寒くて、朝起きるのも顔を洗うのも着替えるのも億劫だった冬が去り、春が来た!なんとも言えないワクワク感が好きです。穏やかで暖かい感じが好きです。そうはいっても花冷えの、寒い日もあるのですが。温かい [続きを読む]
  • 金沢市・香林坊にて街頭演説
  • 先週の2月11日に予定していた「建国記念の日」街頭演説。ご存知のように先週は大雪で、11日は晴れてはいたのですが、金沢市内も半端ない積雪量で、「一斉除雪協力デー」ということで、1週間延期をし、当日は私も終日雪かきを致しておりました。皆さま、連日の雪かき本当にお疲れさまでした。あるときは雪と闘い、あるときは雪と共存する生活の中で、石川県の皆さまの魂は、白い雪のように美しく磨かれ、温かく、粘り強く、従順で [続きを読む]
  • 日本海を「第二の尖閣」になど決してしない!
  • 「先日、石川県の能登に行きました。小木漁港という漁港では、大和堆と言われる好漁場で毎日、操業していたわけですけれども、ここで集魚灯を焚くと、北朝鮮の船も一緒に集まってきて、イカをどんどん脇から獲っていくということでした。(中略)そちらの皆様の話を聴きましたところ、この大和堆が、このままだと第二の尖閣になると非常に危機感を持っておられました。石垣市で「尖閣諸島開拓の日」式典 幸福実現党の釈党首が来賓と [続きを読む]
  • 2018年・明けましておめでとうございます
  • 2018年が明けました。元旦は過ぎ、もう2日になった深夜にこれを書いています。旧年中は多くの皆さまに大変お世話になりました。4度目の国政選、衆院選としては2度目の挑戦となる選挙も出させていただき、痛烈に努力不足、徳力のなさを感じた年でありました。また、多くの皆さまのご厚情も深く味わわせていただきました。感謝を学んだ一年でありました。これまでも様々なことがありました。これからも様々なことがあるでしょう。間 [続きを読む]
  • 大和堆から日本海沿岸部へ、「サラミソーセージ」のごとく…
  • こんな無法が許されてよいのか。北朝鮮の木造漁船は、漁協関係者によると五百隻どころか千隻も来てるのではないかと見られる。漁師さんたちとそのご家族には生活がかかっている。地元住民にも大きな影響を与えている。日本のEEZに勝手に入って来て、しかも違法な網で根こそぎイカを獲っていく。そんな悪を犯させてはいけないのです。正義が立たない。放水したって一時的にその場を去るが、イカがいればまた戻ってくるだけ。無法な [続きを読む]
  • 与える愛への目覚め―革命には愛が必要
  • 私もかつては利己主義的に生きておりました。決して自分さえよければいいとは思っておりませんでしたが、それでもしかし自分のことがかなり優先しておりました。今振り返ってみれば、両親は非常に献身的な人たちでした。高校時代、一晩で数十センチから1メートルも雪が降ることもざらにあるような山の村におりましたので、週末に実家に帰って下宿に戻る月曜日の早朝、6時半発の一番バスに乗らなければならない私がまだ起きてこない [続きを読む]
  • 世の人は
  • 革命家、改革者、預言者と言われる人々は、時代の先を見ているので、同時代人にはなかなか理解されないことが多いのです。それどころか、あまりにも、この世の「常識」とかけ離れたことを言うので、危険人物とかテロリストとかカルトだとか見なされ、批判されたり、非難されたり、迫害されたり、弾圧されることもあります。実際、危険な人(テロリスト)だったり、カルトだったりすることもあるので、その判別は実に難しいところが [続きを読む]
  • かくすれば かくなるものと知りながら
  • 最近ビデオで「インビクタス」を観た。ネルソン・マンデラはやはり偉大だった。27年の獄中生活を経て、憎しみではなく許しの境地を得た。釈放されてからも、白人たちは「テロリストが解放された」と恐れていた。ともすれば対立しがちになる黒人と白人の心を一つにし、「虹の国」を作ろうとした。また最近、チェ・ゲバラに興味を持っている。カストロとともに、キューバ革命を成し遂げた男。「共産主義革命」というその方向性自体は [続きを読む]
  • 衆院選の結果を受けて
  • 結果の出た22日夜には、台風が近づく中、たくさんの方々にお集まりいただき本当にありがとうございました。そしてこの12日間の選挙戦をお支えいただきました皆様に、心から感謝申し上げます。この8年間、そして昨年の参院選終了後から地道な活動を再開致したわけですが、多くの支援者の皆さまの献身的なお支え、支持者の皆さまの暖かいお励ましの声に、ただただ感謝しかありません。ご期待に応えることができなかったことは、 [続きを読む]
  • 10月10日出陣式、13日釈党首街宣
  • 選挙戦もあっという間に後半戦に入りました。ご報告遅れましたが、去る10月10日、公示日に出陣式を執り行いました。みやもとさとしの第一声です。8年間、ブレずに訴え続けてまいりました。「貫く」って、大事なことですね。 そして、10月13日にはJR小松駅前にて、釈量子党首と一緒に街頭演説。国防強化、北朝鮮に絶対に核を撃たせない。景気回復、消費税5%への減税。国民の生命・安全・財産を守り抜き、未曾有の繁栄へとこの国 [続きを読む]
  • 10月6日、事務所開き
  • 今はもう間も無く衆院選の公示日を迎えようとしている9日の深夜ですが、遅ればせながら6日に事務所開きをさせていただきました。急遽決まった6日の午前中、という時間帯にもかかわらず約60名の方々が駆けつけてくださいました。嘘やごまかし、まやかしが横行する現代の政治界ですが、いつまでもそのような状態が続くことを神仏が良しとされるわけがございません。神仏の目から見て、清らかで勇断できる政治が求められます。こ [続きを読む]
  • 10月1日の決起集会!
  • 10月1日(日)、幸福の科学金沢南支部にて、幸福の科学グループ創始者 兼 総裁 大川隆法総裁(幸福実現党総裁でもある)の御法話「危機のリーダーシップ−『自分の国は自分で守れ』講義②−」(衛星中継)の後、金沢南後援会決起集会を行ないました。かつて真宗王国を築いたこの石川2区の地において、新たな宗教立国の原型を築いてまいりたいと思います。 [続きを読む]
  • 衆院選出馬表明記者会見。
  • 27日、石川県庁にて、この度の衆院選出馬の記者会見を行ないました。石川2区から立候補予定です。8年間、一貫して訴えて来た国防強化、とりわけ北朝鮮の核暴走阻止を全力で訴えてまいります。北朝鮮の核ミサイルをいかに抑止するかを争点としない総選挙はありえない。疑惑隠し、争点ぼかしの自己都合解散、解散権の私物化。自らの野望を実現するためだけの国政の私物化。信念なくただただ自らの政治家という地位を守るためだけ [続きを読む]
  • 許しません、撃たせません、北朝鮮。
  • 9月3日の北朝鮮の6回目の核実験を受けて、9月5日を皮切りに、「北朝鮮のミサイルに備えた避難訓練等の実施を求める要望書」を県知事、県議会議長、及び県内各市町長に提出する活動をしております。日本海に何度もミサイルを落とされ、かつEEZには北朝鮮の木造船が何百隻と押し寄せて来るのを目の当たりにしている石川県の首長様方は、みな危機管理意識が高いと信じたいところです。「そんな避難訓練は、却って住民の不安を煽 [続きを読む]
  • 北朝鮮の6回目の核実験を受けて
  • 9月3日、北朝鮮が6回目の核実験を強行しました。8月29日には弾道ミサイルが襟裳岬東方の太平洋に落下したばかりです。4日と5日には、金沢市内と白山市内で緊急街宣、5日には県知事と金沢市長に「北朝鮮のミサイルに備えた避難訓練等の実施を求める」要望書、県議会議長に同陳情書を提出いたしました。幸福実現党立党8年、ひたすらに国防の大切さ、国防の強化を訴えてまいりましたが、残念ながら私たちが怖れた通りの“国 [続きを読む]
  • 宗教立国の真意
  • 日本は古来より八百万の神々が在します「神国」、神の国でありました。聖徳太子の時代、仏教を導入し、神道と融合し、世界に類を見ない素晴らしい文明を築いて来ました。「宗教的寛容の精神」−これこそが、世界に誇るべき日本の素晴らしい精神性です。戦後72年、経済的には繁栄して来た日本ですが、反面、失われた美点も数多くあります。その一つが、神仏を敬う心、信仰心です。現代日本において、「宗教」とか「信仰」とかいう [続きを読む]
  • 天に恥ずることなし。
  • 日本人よ、日本人としての誇りを持とう。心の底に罪悪感を持ち、「自分は悪人だ」「悪人の子だ」と思っている人が幸福になるとは思えない。自虐的で「自分なんか大したことない」と思っている人が成功するとは思えない。謙虚さは大切な徳目だが、自己憐憫という袋小路に迷い込むと道が開けることはない。戦後、日本には「自虐史観」が広く深く蔓延しているが、しかし、日本人よ、少しも恥じることはない。天に対しても人に対しても [続きを読む]
  • 宗教の可能性。
  • 現今、宗教の置かれている立場は、極めてネガティヴです。特に、新興宗教においては。キリスト教文明とイスラム教文明の激突、イスラム国の問題、頻発するテロ、こうした世界を見る限り、宗教などない方が良いという考えが出てきても不思議ではありません。しかし、だからと言って、宗教がこの地上からなくなったらどうなるのでしょうか?唯物論に基づく人造国家がどのような悲惨な末路を辿るか。旧ソ連、中華人民共和国、朝鮮民主 [続きを読む]