maggie-toto さん プロフィール

  •  
maggie-totoさん: 英語と遊ぼ@猫耳と口ぱっきん
ハンドル名maggie-toto さん
ブログタイトル英語と遊ぼ@猫耳と口ぱっきん
ブログURLhttps://ameblo.jp/maggie-toto/
サイト紹介文単語が読める仕組みから30頭の猫日記まで 単語のイメージを膨らませ、楽しめる英語へと展開中です。
自由文簡単な英単語が読めない、という中学生から大人のかたまで、よかったら「ふぉにっくす」の記事を読んで見て下さい。シリーズは完結済みです。
ペット総数46匹と、超アニマルアロマな生活をしながら、毎日、英語にどっぷり浸かっている魔女と一緒に、英語を少しずつ、楽しんでみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/06/04 08:53

maggie-toto さんのブログ記事

  • I'd like to walk on.
  • I'd like to walk on. もっと、歩いていたいわ。彼女はそう言いながら、ふと漂い薫る先に目を向けると懐かしい、でも残酷な風景が走馬灯のように見えてしまう。ラベンダーの紫の穂が風に身を委ねてただひたすらに揺れているだけなのに。 きっとそれは、彼女の中の罪の意識だ。背負わなくていいはずの罪の意識だ。罪、と彼女は思う。 やがて、シンデンに辿りつくと..... 干からびた甘い香りのする果物のタペストリーやカラスの好む [続きを読む]
  • すいみん
  • 睡眠:すいみんこの文字を音にすると、『目には見えない身体の異常を、元の正常な状態に戻す』と言うような意味を持つ、だろうと思われる。 わたしの眠りはもともと浅く、ちぃさな音や振動でも瞬時に目覚めてしまう、と言うほどの過敏さを持っていた。持っていた、とは即ち、少し前までの状態であり、過去形である。 かれこれ7、8年前のことだったろうか。深い事情が重なり、わたしは睡眠導入剤を毎日毎日、服用しなくてはならない [続きを読む]
  • 痩身の一撃
  • ドラクエのゲームだったか、否か。『痩身の一撃』なるものが、ありましたなぁ。(??????) To believe or not. 信じてもらえようと、もらえまいと...... わたしのこの指先や手のひらからは、ある種のエネルギーが放出されていて見える人には、手、指先から靄がゆらゆらと立ち上るのが目視されます。 そして、この指一本で、人の脂肪を溶かすことができます。これこそ、痩身の指先による一撃!あわわ。(⌒-⌒; ) 肩甲骨あたり [続きを読む]
  • 手当手と、施術
  • これは、手当手(てあて)。 リーフの尿道結石に対して、手のひらや指先からテラヘルツの電流を流して、エネルギーを与えているところ。患者、患畜が痛む箇所に手を当てると、その痛みが伝わってピリピリしたり、痛みが走ります。 これは、施術。病症からくる筋肉の緊張をほぐしているところ。 尿が溜まって膀胱がかなり膨らんでいるのを触診で確認しているところ。 リーフは、自ら体位を変えて、施術して欲しい箇所を訴えてき [続きを読む]
  • 猫尿結石症
  • 猫尿結石症:尿路結石症とは腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石ができる病気で、結石が膀胱の粘膜を傷つけて膀胱炎となることもある。結石が尿道や尿管につまることで排尿が出来なくなり、尿毒症を引き起こす恐れがある。猫にとって、まる一日、尿が出ないことは、尿毒症を引き起こし命に関わることにもなりかねない。 うちのオス猫リーフ:7歳2ヶ月は、5年前にこの尿道結石症で獣医にお世話なった。今回、おしっこが出ていな [続きを読む]
  • 視力回復
  • 小学生の頃、わたしの視力は既に 両眼共に、0・4になっていた。 平成27年11月18日。再び、原因不明で命を落としかけ、入院することになった。その時の視力、両眼で0・01。血糖値830。1日違えば、命はなかったと、医師に言われる。 食べ物には気をつけていたが、その血糖値に至った原因が定かではなかった。過剰ストレスだったのかどうかもわからない。ただ、自分の中での 修行と称するものが 災いか幸いかしていずれかの結果だった [続きを読む]
  • 猫背と、膝骨折
  • 五月十日。祖母の命日。 この日は94歳のおばぁちゃんと、その娘さんの施術をさせていただきました。 おばぁちゃんは、7年前に、庭を歩いていて転んでしまい膝を骨折して、手術の際にお皿の部分に金属を入れました。最近になってその金属を除去する手術をするかどうかの打診が医師から来たそうですが、年齢が高いこともあり受けないことにしたそうです。 そのおばぁちゃんの施術前の写真がこれです。まずは、猫背。 これが途中 [続きを読む]
  • 異多身(痛み)と手当手(てあて):文字 (指事)
  • はじめに言葉ありき...... 普段、当たり前のように使っている、書いている文字。その二文字の間には何があるか....... それは、森羅万象、生きとし生けるものの『生』と『死』の循環が含まれている。 文字(金文文字) 文(上):死者の胸にまじないの飾り『×』をし、死者の霊が出て行くのを防ぎ、  死者の復活を願う事。字(下):外枠のタレは御霊屋(みたまや)の屋根を表している。  その中に描かれているのは子どもみた [続きを読む]
  • なんで、なく.....?
  • 降り落ちる雪の、一粒一粒に宿る魂なんで、なく.....?涙歌を忘れた金糸雀に再びの歌がおとづれた。どの景色を彷徨って飛んでいても必ずやその羽を休めるための『す』に戻っていける。なら......なんで、なく.....?涙で結われた長い髪も涙で象られたその顔も冷たい雪の中の、魂の在りどころに似てひとの温かみに触れてほどけてゆるされて天に還ろうとするこの刹那に涙する。哀しいんじゃ、ないよ。ありがとう。詠み人:あわ [続きを読む]
  • むくろ(無垢露)
  • 雨は、二日前の夜には降るはずだった。いつもの慣わしが、そうならなかった理由は何だろうか......? この世の中で唯一変化しないものがある。その答えを知ってから、随分と心が惑わしを控え始めた。怒りを覚えることにも執着することなくやり過ごせてきた。それでも、二月二十六日ななわんこが早朝にさよならを言ったので午前中に桃源郷に向かい穏やかに埋葬を終えるはずだったのにそうはならない現実が目の前に姿を現した。靜( [続きを読む]
  • よっぱらって
  • 酔っ払って世っ払ってこの世の道徳や決まりごとを取っ払ってきみと刹那をつないで微笑みつなぐ互いの時がずれていようと呼音波(ことば)がそれを正して音叉のごとく共鳴し合っている"The Fool" と、カミはわたしに言ったそのメッセージの意味をあまりに吟味しすぎて臆病者に成り下がろうとしていたこの『今』という刹那をつなぎながら百八つの煩悩は、目の前から消え去ってゆくカミはわたしに何をさせようとしているのか今はわか [続きを読む]
  • Here
  • 心の琴線に触れるとはまるで美徳なことだろうか.....utukusi 魂に近づいて己の手を伸ばすことで自らもutukusi 魂に近づいたり同化できると錯覚するその錯覚の果ては元の黙阿弥何も学びは存在しないここにあるものは昨日からあったものや未来にあるだろう、という期待のないものだそんな間暮露志(まぼろし)に翻弄されずこころ奪われずひたすらの今を紡いで夜から朝に朝から夕べそして夕べから夜に手を結びながらうつらうつらと眠 [続きを読む]
  • りんご
  • 大きなりんごを二等分する。蜜入り部分の飴色が、甘い芳香とともに現れる。さらに 二等分にしてそれを中大型わんこ、オズとスパイクに。それから残りの半分を三等分する。それは中型わんこ、なな とリュックと、わたしに。そうして、仲良く、美味しく食べるりんご。ここまでは、ほのぼのしたファミリーストーリーだろうね。でも......送られてきたりんごは、放射能を浴びた地域産。遠い親戚は、愛情込めて送ってくれたんだけどわた [続きを読む]
  • あわ語録ことはじめ
  • あわ語録 (すごろく:凄録)頭の中で、そこはかとなく移りゆく言の葉のざわめきを口にして消えゆく前に、書き留めたもの。I hope that it's not too late to tell you.か行 と ま行かまかみかむかめかもきまきみきむきめきもくまくみくめくもか行には、距離の意味合いが含まれて居る。彼方(かなた)にある、いる。ま行には、パワーの意味合いが含まれて居る。魔力、魔法。神(かみ)か:彼方(かなた)。最初の音なので、あの母 [続きを読む]
  • あわ
  • 今年の4月18日 12:49に、『胃』の記事を上げたまま当分は、また記事を書くことからは離れていようと思いました。でも、慣れ親しんだ言葉遊びをそうそう手放せないでいて、何度も、心に浮かぶ事柄について記事にするかどうか犬たちの散歩の道すがら、考えたものでした。↑どんだけ、複雑な心境かね?まぎぃさん!私の頭の中では、毎日のように、まぎぃ造語がひしめき合って、文字に成りたがってるかのようでした。でも、少しばかり [続きを読む]
  • しごと(指事):胃
  • 身体を労る事。普段は気がつかない、内臓や身体の部位の存在。胃。ご飯を食べ過ぎたりお酒を飲み過ぎたりいにそぐわないことの連続ストレスの溜め過ぎ胃が唸ってる!怒ってる!身悶えするほどの痛みで......うっぅうううわからないなら胃ガンにでもなってやる!!!ほれがん細胞の誕生だ! [続きを読む]
  • あわ歌
  • マヤ暦6月26日/1月7日黄色い共振の種キーワード:調律。チャネルする。呼び起こす。開花。目指す。気づき。リーディング: 意識が変化したがっている。いままでのローラーコースターの刺激もいいけど、目指すものに焦点が定まったなら、安定したリズムで地に足をつけて、しっかりと踏み出そう。少ずつ少しずつ、調整が始まっているよ。ローラーコースターの高い位置から視えていた、あの向こうにあったものを手に入れよう。それ [続きを読む]
  • あはるてけ
  • マヤ暦6月25日/1月6日青い律動の夜キーワード:同等。組織する。釣り合わせる。豊かさ。夢見る。直感。リーディング: 固定観念を打ち破ることから、新たな示唆を得る時期が来ています。これから取り組むべき事柄があるなら、是非、これまでの思い込みを取り払って下さい。そうすると、新しいリズムで心と身体がステップを踏み始めるでしょう。その新しいステップが、新しい友の存在に追いつきます。そして新しい友が出来たなら、そ [続きを読む]
  • あんぱんこっこ
  • ありがたしゃ有難謝真美無メモ:昨年暮れ前。踏切で電車が行き過ぎるのを五台後方で待機していた時の事。アンパン列車が行き過ぎる! ヾ(@°▽°@)ノ わぁ〜い。と、その夜にわたしの指は、このあんぱんこっこを描きました、とさ。でも、今年が酉年なんてそのときは思いもしてなくって。(・_・;)こうして、あの時の落書きが、またまた役に立ったのでした。ありがたしゃ!昨年同様に、また旧正月に『おめでとぅ!』の挨拶をする [続きを読む]
  • 花として....風として.....
  • 花として......風として.......Sun, January 31, 2010 10:00:00 記憶まだ、咲ききれずにいた花の蕾(つぼみ)が、いた花はすごくはにかんでしかも、いまにも泣きそうな声で花になりきれない怖さを語った側にいた、大輪の花の美しさに負けてすっかりこころを閉ざしてしまったその花に風が耳打ちしたもし、お前が花として咲ききって己の姿を恥じて無くなりたければこのわたしの一吹きでお前の命を散らせてやろう花は花として生きて [続きを読む]
  • しごと(指事):産
  • 産:さん。うむ。うまれる。うぶ。頭の輪郭と交差したバッテンは入れ墨を表す。生まれた子供の顔の額に入れ墨をする儀礼を意味する。(白川 静氏による)わたしの画は、それらの位置が、少し異なったように描いています。産 ここまで 2016-12-03 21:31:13 記録真美無メモ(Maggie's note):このブログで以前二回程、書き記した事ですが、英語のオトと、日本語のオトにはどこかしこ、ありとあらゆる箇所に同じ意味、もしくは同音 [続きを読む]
  • しごと(指事):陽
  • 陽:よう。ひ。あたたかい。いつわる。左のこざと偏は、神の梯子をあらわしている。右は台の上に玉が置かれている様子で、その光が放射するカタチが、三本の線で表現されている。(白川 静 氏による)陽老犬エンジェルわんこを伴って、ゆるりゆるりと歩く散歩道から、山肌に堕ちる陽光をみた。それはエンジェル・ラダーと呼ばれる光で、西から東へと流れる雲間からまるで走馬灯のように山肌を縫って行き過ぎていった。真美無メモ: [続きを読む]
  • しごと(指事):遠
  • 遠くに在るもの、を求めて旅をするヒト目の前の道なき道を確実に歩んでその後ろにこそ出来上がる迪(みち)まわりの景色を楽しみ乍ら余計な苦労も、さしたる計画もたてることなくゆるゆると蝸牛のさまで進んでいこう生きているうちは失うものがおおいからほんとはまるはだかのまんま生きて行かれたらよかったでも、もぅそんなことは過去の話しだ必死で生き急いできたけれど心労が絶える事がないなら遠くに、或るものを求めてやって [続きを読む]
  • しごと(視事):transform 5
  • 向日葵(ひまわり)タオルケット真美無メモ(Maggie's note): 写真とは関係ない話し。マヤ暦を読み解き乍ら、日々暮らしてみて半年がすぎた。リーディングしたものを共に読んでくれてる知人、友人の数も徐々に増えつつある。もし読み解きしても、自分の為だけで、だったら半年は続かなかったかもしれない。誰かがそれを読んで、参考にと日々の暮らしのなかに取り入れてくれてるとおもうから、きっとここまで続けてこられた。イン [続きを読む]