とんこつ醤太郎 さん プロフィール

  •  
とんこつ醤太郎さん: サンキュー。。。だけで生きてます
ハンドル名とんこつ醤太郎 さん
ブログタイトルサンキュー。。。だけで生きてます
ブログURLhttps://ameblo.jp/mineman/
サイト紹介文日本各地を出張して歩いてます。各地のB級グルメだけが僕の味方です。働くお父さん頑張ります!
自由文部署が変わり、出張に明け暮れて早1年。
日本の良さが分かりました。
日本人の強さが分かりました。
日本食の旨さが分かりました。

日本サイコーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2009/06/04 14:48

とんこつ醤太郎 さんのブログ記事

  • 『松阪牛@眞一館 東京都八王子市』について
  • 眞一館の松阪牛(東京都八王子市)店員の感じの良し悪しは、その店の味を間違いなく左右させる。上下じゃないとこがミソ。右、左にその店の味をグラつかせる。どんなに美味い店でも、忙しさからと客を拒んだり、笑顔が無い店には二度と行かないようにしている。なぜなら、そういう店で出される料理はどんなに美味くても口にすると運が悪くなる気がするから。笑う門には福来る。笑顔がない店に福が来ることはない。家族でいつも行っ [続きを読む]
  • 『広島名物味覚重@かなわ 広島県広島市』について
  • かなわの広島名物味覚重(広島県広島市)子供の頃、大の巨人ファンだった。父がファンだったからってこともあるが、藤田、王監督時代の巨人は生え抜き、ベテランが活躍する今のカープのような良いチームだった。原辰徳が悲愴感満点で打席に立つ。どんなにヤジを飛ばされてもそこに立ち続けるイケメンは素敵だった。そして、とにかく明るい中畑、クロマティがファンを盛り上げる。後楽園のライトスタンドでこの二人とともに万歳をし [続きを読む]
  • 『トンテキ@かつ泉 神奈川県相模原市』について
  • かつ泉のトンテキ(神奈川県相模原市)10月7日12時40分相模原。車の社外気温表示が38℃になってるけど、これホント?日差しが痛い。平成最後の夏のしぶとさは尋常じゃないね。こんな日のランチはスタミナがつくものを。そうだ、かつ泉に行こう。トンテキを喰らいに。相模原、ルート16沿いのとんかつ屋さん。とんかつも美味いけど、私はこちらのグローブみたいなビフテキならぬトンテキが大好き。ジュワ〜っと蒸気機関車ばりの湯気 [続きを読む]
  • 『ナポリタン@キッチンチェック 東京都豊島区』について
  • キッチンチェックのナポリタン(東京都豊島区)先日のこと。セガレのお供で池袋へ出掛けた。親子で電車にガタゴトと揺られながら今日の昼飯は何を喰らおうかと思案する。うちのセガレは昼何食べたい?と聞くと、ほぼ100%の確率でオムライスと答える。なのであえて聞かず、池袋駅近くの洋食屋を食べログで検索する。駅から目的地への道すがらに美味しそうな洋食屋さんを発見。セガレが好きそうないい意味で素朴なオムライスもある。 [続きを読む]
  • 『駅弁@東京駅』について
  • 東京駅の駅弁(東京駅)低糖質ダイエットをしていると、案外困るのが乗り物で移動する時のランチ。食べなきゃいいじゃん!とも思うが、それはそれでなんか味気なくて寂しくなる。なので。東京から青森に向かう新幹線でこの二つの惣菜を喰らうことにした。国技館のやきとりに崎陽軒のシウマイ。ある意味贅沢な組み合わせ。どちらも大好物。案外速いはやぶさの車窓から、溶けるような北関東の景色を眺めがらやきとりを摘む。冷めても [続きを読む]
  • 『ホンビノス貝@番屋ながさわ 岩手県盛岡市』について
  • 番屋ながさわのホンビノス貝(岩手県盛岡市)じぶじぶと音を立てて囲炉裏で焼ける貝。ホンビノスとつぶ。どちらもさらっと燗した酒をふりかけて。またしても盛岡ナイツ。番屋ながさわ。くりくりと長いようじを使っていい具合に焼けたつぶ貝の身を穿り出す。スポッとね。肝まで綺麗に抜けると何だか良いことが起こるような気がする。ハフハフ言いながら噛み締めると磯の香りが口一杯にこれでもかと広がる。ホンビノスは知らなきゃ蛤 [続きを読む]
  • 『香茸@松もと 岩手県盛岡市』について
  • 松もとの香茸(岩手県盛岡市)井の中の蛙大海を知らず。美味いものを日本中で喰らいまくって来ましたが、いまだ、まだまだ未知の味があるわけで。そんな味に出会う度に調子に乗った鼻っ柱をへし折られ、井の中の蛙ならぬおやじであることを痛感する。何度も出かけてる盛岡でもそんな思いをすることがある。松もと。 恐らく元々はスナックだっただろう味わい深い店の作りにまず驚く。そして想像と違う気さくなご主人がにこやかに迎 [続きを読む]
  • 『お弁当@運動会』について
  • 運動会のお弁当(東京都自宅)運動会の日に喰らうお弁当ほど美味いものはない。カメラを片手に子供を一番可愛いく撮れる場所を探し回り、駆け回る。一生懸命踊ったり、走ったりする我が子をファインダー越しに眺め、その成長に感謝し、思わずウルウルしたりする。身体も心も心地良い疲労感に包まれたところでお待ちかねのお弁当タイムに。よく頑張ったと我が子を褒めつつ、カミさんが朝4時に起きて、これまた頑張って作ったお弁当 [続きを読む]
  • 『すき焼き@千陽 青森県八戸市』について
  • 千陽のすき焼き(青森県八戸市)自分的に日本一と思う割烹が八戸にある。千陽。女将さんと息子さんの二人だけで営む小さなお店。しかも、会話しながら歩いたりしてるとうっかり通り過ぎてしまうくらいひっそりと佇んでいるお店。この控えめなお店で次から次へと紡ぎ出される料理には、誰をも唸らせる力と優しさがある。まず口開けはキリンのクラフトビールを飲みながらボタンエビの唐揚げを。頭からガリガリ喰らわないと分からない [続きを読む]
  • 『はらこ飯@田園 宮城県亘理郡』について
  • 田園のはらこ飯(宮城県亘理郡)山本‘KID’徳郁選手が41歳の若さで逝った。向かう所敵なし、まさに神の子のような強さを誇った格闘の天才も病には勝てなかった。もし自分の人生が41年と分かっていたら神の子はどんか生き方をしたのだろう?他人の私には想像もできないが、きっと、少し違う人生を歩んでいたのではないだろうか。今まで日本中で美味いものを喰らって来たが、その中でも群を抜いて美味かったものの中にはらこ飯があ [続きを読む]
  • 『ステーキ@いきなりステーキ 長野県松本市』に付いて
  • いきなりステーキのステーキ(長野県松本市)最近また低糖質ダイエットを開始。先週のこと。知り合いに勧められ、今まであまり行くことが無かったいきなりステーキで3日連続でステーキを喰らう。立ち食いだと思ってたらちゃんと椅子がある。一人で来る客が多いからか、テーブルも四人掛けで真ん中に仕切りがあり、相席でも気兼ね無く肉を喰らうことができる。ランチタイムはワイルドステーキ1,130円(200g)にライス、スープ、サラ [続きを読む]
  • 『松茸ごはん』について
  • 自宅の松茸ごはん(東京都自宅)嘘も方便。ある日、シイタケが苦手だった私に母が嘘をついた。遊び疲れて家に帰ると、自宅の換気扇から何とも言えない香りが…聞くと松茸をバターで焼いているとのこと。マツタケ!それが高級なキノコということだけは子供ながらに知っていた。まだ松茸を食べたことがなかった少年は、香りが良いシイタケのバターソテーを松茸と思い込んだ。焦がしたバターに少し垂らした醤油、これ以上無いくらい食 [続きを読む]
  • 『麻婆麺@宝宝 岡山県岡山市』について
  • 宝宝の麻婆麺(岡山県岡山市)人は産まれながらにして善であり、成長とともに悪を学ぶ、が性善説。人は産まれながらにして悪であり、成長とともに善を学ぶ、が性悪説。だけど。人は産まれながらにして弱であり、成長とともに強になる、が正しいと思う。性弱説。弱いから悪さもするし、人に優しくもなれるんだよね、きっと。辛いものが好きな人には少し物足りないかもしれない。でも、痺れるのが好きな人には堪らないと思う。四川の [続きを読む]
  • 『ぼうずごろし@寿司みなと 鳥取県米子市』について
  • 寿司みなとのぼうずごろし(鳥取県米子市)風が吹けば桶屋が儲かる。このこじつけとも取れる想像力豊かなことわざが昔から好き。風が吹くと土ぼこりがたって目に入り盲人が増える。 盲人は三味線を弾いて生計を立てようとするから、三味線の胴を張る猫の皮の需要が増える。 猫が減るとねずみが増え、ねずみが桶をかじるから桶屋がもうかって喜ぶということ。 なので、大風が吹けば桶屋が喜ぶ。鳥取は米子で美味い寿司を摘んだ。鯛 [続きを読む]
  • 『フライドポテト@マクドナルド 東京都町田市』について
  • マクドナルドのフライドポテト(東京都町田市)立て続けの異物混入問題、期限切れ鶏肉使用問題。一気に客離れが進み、窮地に追い込まれ、いよいよダメかと思ったらたった数年で奇跡のV字回復を達成したマクドナルド。日曜日の昼下がり、家族でフライドポテトを齧りながら、つくづく人の噂も75日だなと思う。『怖くて子供に食べさせられない!』目の前で金の月見バーガーを美味そうに頬張るカミさんは、確かこう言ってプチ不買運動 [続きを読む]
  • 『スタバ』について
  • アイスのソイラテ。トール。スタバでコーヒー以外唯一注文できる飲み物。サイズは?と、聞かれ、中くらいで。って言ったら、トールですね?と、聞かれたので、はい。と、知ったかぶった。今度娘と一緒に行って色々教わろうと思ふ。サンキュー。。。 [続きを読む]
  • 『上ハラミ@南大門 神奈川県相模原市』について
  • 南大門の上ハラミ(神奈川県相模原市)良い仕事をした後輩には、ご褒美に美味いものをご馳走すると決めている。若かりし頃、営業マンとして初めて成果を上げた日に上司が焼肉に連れて行ってくれた。普段は鬼のように厳しい上司がにこやかにビールをグラスに注いでくれた。そしてよくやったなと褒めてくれた。街のどこにでもある焼肉屋だった。それでも今だにあの時の焼肉、ビールの味が忘れられない。そして、すごく嬉しかったこと [続きを読む]
  • 『味の明太子@ふくや 福岡県福岡市』について
  • ふくやの味の明太子(福岡県福岡市)昭和24年1月10日、博多は中洲の小さな食料品店で明太子は生まれたそうだ。その店の名は『ふくや』という。創業者の川原俊夫さんが試行錯誤の末に開発した明太子。この川原さん、明太子を開発したこともすごいが、もっとすごいのはこの命懸けで創った明太子の製造法をこれから明太子を作ろうという人たちに惜しげも無く公開したこと。つまり博多駅、福岡空港に山とある明太子屋さんの原点はこの [続きを読む]
  • 『全国制覇@制県レベル』について
  • 全都道府県宿泊以上達成。最後の地、佐賀県にとうとう宿泊しました。生まれて初めて有明海のむつごろうを齧り。佐賀ラーメンも堪能。今の会社に入社して16年。全都道府県を一つの商材のみ抱え、まるっと廻れたことはある意味奇跡かもしれない。何百、何千の人と出会い、時にはケンカし、時には励まし合いここまで辿り着けたと実感。一期一会。人との出会いは点だけど、付き合いは間違いなく線になる。いかにデカい点を打つかで線の [続きを読む]
  • 『納豆黒カレーうどん@五右衛門 香川県高松市』について
  • 五右衛門の黒カレーうどん(香川県高松市)うどんという食べ物はつくづく女性のようだと思う。秋田の稲庭、群馬の水沢、香川の讃岐が日本三大うどんと言われているが、日本三大美女と言っても良いのではないか。稲庭はまさに秋田美人。透き通るように白く繊細、小股が切れ上がったイイ女、綺麗な女優さんのよう。水沢は一口手繰るとそのもちもちな歯ごたえ、小麦の香りがふわっと心地いい。素朴で可愛らしい癒し系アイドルのよう。 [続きを読む]