野球狂。 さん プロフィール

  •  
野球狂。さん: *** june typhoon tokyo ***
ハンドル名野球狂。 さん
ブログタイトル*** june typhoon tokyo ***
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/jt_tokyo
サイト紹介文ライヴやCD評、野球やサッカー(FC東京中心)観戦記、日々に感じたことなどをつらつらと書いています。
自由文ブラック・ミュージック系のライヴレポやCDレビュー、FC東京や野球のスポーツ観戦記を中心に、ガラ悪スキンヘッドのミドルエイジャーが適当に書くブログ。HNは野球狂。ですが、FC東京観戦記が多かったりします。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/06/05 03:59

野球狂。 さんのブログ記事

  • FC東京×横浜FM @味スタ【ルヴァンカップ】
  •  前後半で主導権が入れ替わり、2点リードを守り切れずにドロー。 先発メンバーを大幅に変更した両チーム。FC東京は富樫敬真を除く10人がスタメンに名を連ね、横浜もバブンスキーと伊藤を除く9人がフレッシュな顔ぶれとなった。 その中でもグループステージを勝ち抜くため勝利が欲しいFC東京は、試合開始直後、山田が後方から送ったロングボールに横浜FMのDF西山とGK杉本が処理を誤り交錯。そのこぼれ球を富樫が無人のゴールへ流 [続きを読む]
  • Lalah Hathaway@BLUENOTE TOKYO
  •  華やかで上質な音世界に包まれた、至高のステージ。 泰然自若。魅惑のヴォーカルワーク。そして、お茶目でチャーミング。2014年から4年連続グラミーウィナー(5冠)とキャリアハイを更新し続けるレイラ・ハサウェイが、1年4ヵ月ぶりに再び東京へカムバック。昨年にリリースした7作目のスタジオ・アルバム『オネストリー』を携えての来日公演は、彼女の日本でのホームになりつつあるブルーノート東京で。新作を交えたステージに [続きを読む]
  • C大阪×FC東京【J1リーグ】
  •  内容では上回るも、一瞬のミスで勝ち点3を献上。 リーグ戦3連勝で4位のC大阪と4連勝で3位のFC東京。ジリジリと痺れるような展開は、試合を優勢に進めていたFC東京の一瞬のミスを見逃さなかったホームのC大阪が虎の子の1点を守り、上位対決を制した。 問題の場面は74分。C大阪のGKキム・ジンヒョンからのボールをヤン・ドンヒョンが競った後、ボールが前へ弾むと、FC東京のDFチャン・ヒョンスが一度はクリアの体勢に入りながら [続きを読む]
  • THE BRAND NEW HEAVIES@BLUENOTE TOKYO
  •  脳密度を増した“愛すべきマンネリ”が生み出す、ヘヴィーズ愛の深化。 2016年よりヴォーカリストにスリーン・フレミングを迎えたザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ。オリジナルメンバーのドラマー、ヤン・キンケイドがバンドを離れた前回同様、ドラム、パーカッション、ホーン・セクション、キーボードといったサポートメンバーを加えてのアシッド・ジャズ然としたバンド編成。前回公演での記事(→ 2017/02/10「THE BRAND NEW H [続きを読む]
  • FC東京×鹿島@味スタ【J1リーグ】
  •  ハードワークで鹿島の出足を封じ、室屋の逆転弾で4連勝。 FC東京が中2日で迎えた相手は、昨年こそ1勝1分けだったが、近年苦手とする鹿島。前節の快勝の勢いをもってJの常勝チームにどう向かっていくかが注目の的だった。FC東京は足首を痛めた森重を大事をとって休ませ、丸山が今季初スタメン。チャン・ヒョンスとCB陣を形成。ベンチには久保、太田、吉本が名を連ねた。 FC東京は前線からプレスをかけ、鹿島は左右にパスを繋ぎ [続きを読む]
  • 長崎×FC東京@トラスタ【J1リーグ】
  •  ホームでまだ無敗の昇格組・長崎に、ディエゴのハット含む5発でJ1の洗礼。 今季から長崎へ移籍した徳永悠平、中村北斗、幸野志有人の元FC東京組を擁する長崎のホーム、トランスコスモススタジアム長崎でのJ1リーグ第6節は、ディエゴ・オリヴェイラのハットトリックを含む5得点を挙げたFC東京が、J1の“先輩”の意地をみせた。 FC東京は前節とほぼ同メンバーで、右SBに室屋が復帰。サブGKには古巣対戦となる大久保択生、久しぶ [続きを読む]
  • 仙台×FC東京【ルヴァンカップ】
  •  FC東京、アウェイ仙台で3失点の大敗を喫す。 ルヴァンカップ第3節は、アウェイのユアスタでの仙台戦。ターンオーヴァーを兼ねたフレッシュな陣容で共に臨んだ一戦は、仙台が蜂須賀の2ゴール、ジャーメイン良のJリーグ初ゴールで東京を一蹴。Jリーグの好調を選手を入れ替えたルヴァンカップでも持続した形だ。 28分、仙台の中野がミドルを放つとGK林がセーヴ、そのこぼれ球を古巣対戦となる阿部がシュートするもこれも林が弾く [続きを読む]
  • FC東京×G大阪@味スタ【J1リーグ】
  •  味スタで相性のいいG大阪に競り勝ち、リーグ連勝を飾る。 前節でようやくリーグ初勝利を挙げたFC東京が、リーグ最下位のG大阪を迎えた。前年度までG大阪を率いてきた長谷川監督や大森にとっては古巣との対戦となる。日本代表の試合による中断期間開けで、W杯まで連戦が続くそのスタートダッシュを成功させるには是が非でも勝ち点3を奪いたい試合だったが、久しぶりの複数得点を決めたFC東京がG大阪の追撃を振り切り、リーグでの [続きを読む]
  • Nao Yoshioka@渋谷WWW
  •  渡米前のラスト・ライヴは、万感迫るなかでの圧巻の140分。 単身ニューヨークでの修業を経て帰国後は日本のソウル・シンガーとして3枚のアルバムをリリースするほか、ブライアン・オーウェンズやシャーマ・ローズ、さらにはエリック・ロバーソンと共演するなどワールドワイドな姿勢でソウル・ミュージックに接してきた大阪出身のNao Yoshiokaが、2018年4月よりアメリカを拠点として本格的な活動を行なうことを発表。それに際し [続きを読む]
  • FC東京U-23×富山@西が丘【J3リーグ】
  •  前田2ゴール、久保1ゴール、ヴェテラン&若手競演で今季J3初勝利。 開幕から3連敗と躓いた形のFC東京U-23だったが、代表ウィークでJ1が休みなのとFC東京U-18が3月23日〜30日までドイツ遠征ということもあって、GKの大久保択生をはじめ、フィールドプレイヤーに前田、富樫、米本とオーヴァーエイジ枠を計4人起用。キャプテンは鈴木喜丈が務め、木村ほか若手とヴェテラン勢が融合したメンバーで臨んだ一戦は、前田の2発のヘディン [続きを読む]
  • 脇田もなり@下北沢BASEMENTBar
  •  シンガーとしてのさらなる貪欲も芽生えた、成長を得るためのチャレンジ期へ突入。 シンガー・脇田もなりがバンド・スタイルで展開する企画ライヴ〈Up and Coming〉に、Especia時代から交流のあるシンガー・ソングライターのUKOをゲストに招いて開催。この1月28日の誕生日記念ライヴ〈Up and Coming 脇田もなりBirthday Live〉(その時の記事はこちら→「脇田もなり@下北沢BASEMENTBAR」)と同様、会場となった下北沢BASEMENTBa [続きを読む]
  • FC東京×湘南@味スタ【J1リーグ】
  •  ディエゴ・オリヴェイラのスーパーゴールで、FC東京がリーグ戦初勝利。 長崎に勝利した後、川崎、名古屋とドローでここまで負けなしの湘南をホーム・味の素スタジアムに迎えての一戦。前線から積極的にプレスをかけ、中盤の高い位置でボールを奪いに奔走したFC東京が、走る“湘南スタイル”に引けを取らない気迫で攻撃を続けた結果、ディエゴ・オリヴェイラのスーパーゴールで挙げた1点で今季J1リーグの初勝利を飾った。 ミッ [続きを読む]
  • FC東京×新潟@味スタ【ルヴァンカップ】
  •  FC東京、公式戦初勝利を久保建英のゴールで手繰り寄せる。 仕事の切り上げが遅れて後半から。シュート数ではFC東京が15本で、新潟は5本と圧倒的。たしかに、FC東京が押し込む時間帯が長かったのは事実だが、シュートが枠内に飛ばない。おそらく枠内はゴールを決めた久保の1本くらいか。 新潟はまずはJ1昇格という大命題があるゆえ、J2として参加するルヴァンカップはリーグ戦とは異なった若手中心のフレッシュなメンバー。自陣 [続きを読む]
  • 東京V×松本@味スタ【J2リーグ】
  •  味スタでの緑ダービーは、久しぶりにヴェルディが松本から勝利をゲット。 諸事情があって、後半からの観戦(3ゴールすべて前半だったので、ゴールシーンは観られず……)。 松本山雅はセルジーニョをスタメンに起用。試合開始早々に永井が先制弾を決めるが、ヴェルディも5分後にドウグラス・ヴィエイラが同点弾。松本はその後も攻勢を続けるが、前半終了間際にヴェルディのアラン・ピニェイロが見事なバイシクルシュートを決め [続きを読む]
  • 磐田×FC東京【J1リーグ】
  •  公式戦未勝利同士の対決は、ホームの磐田に軍配。 連敗の磐田が1分1敗のFC東京をホームに迎えたJ1リーグ第3節は、アダイウトンとムサエフの両外国人のゴールで磐田が勝利。FC東京の勝利はまたもお預けとなった。 前半は互いに守備を意識してか、アタッキングサードからのボックスへの侵入があまり見られず。サイドのスペースから進出する磐田がややボールを支配するが、FC東京もディエゴ・オリヴェイラ、前田にボールを預けな [続きを読む]
  • 横浜FM×FC東京@ニッパツ【ルヴァンカップ】
  •  先発10人を入れ替えたフレッシュな布陣で臨むも、最後までゴール奪えず。 かなり寒さが堪えるなかでのミッドウィークのナイトゲーム。ともに今季の公式戦初勝利を賭けた、横浜F・マリノスのホームで行なわれたルヴァンカップ・グループリーグの初戦は、互いにアップダウンの激しい展開を繰り広げるなか、試合開始早々の先制点で逃げ切った横浜F・マリノスが勝利。寒空の夜に勢いよくトリコロールの傘が舞った。 FC東京は、GK林 [続きを読む]
  • JOE@Billboard Live TOKYO
  •  R&Bのグッドヴァイブスの継承し続ける、信念に満ちたジェントルなステージ。 甘美で色香漂うステージでファンを虜にするR&Bシンガー、ジョー・ルイス・トーマスことジョーの恒例のビルボードライブ公演。ステージ向かって左からジャスモン・チャマール・ジョイナー(key)、ヒロノブ “カッパ”タナベ(g)、中央にウィリー・パーカー・ジュニア(ds)、アンソニー・タート・ネンハード(b)、右端にデイヴィッド・S・ブラウ [続きを読む]
  • FC東京×仙台@味スタ【J1リーグ】
  •  相性の良い仙台にホームで痛い敗戦。平山相太の引退セレモニーを勝利で飾れず。 前節・浦和戦は勝点1を奪ったものの攻撃をなかなか築けなかったFC東京だったが、高萩をトップ下にしてダイヤモンド型の中盤を形成すると、高い位置でボールを捌き、FC東京の攻撃面を活性化。攻撃への変化の一端は垣間見られた。ディエゴ・オリヴェイラ、東、大森らとの好連係からシュート場面も多くなり、得点の匂いも感じたが、決め切ることが出 [続きを読む]
  • 一十三十一@billboard Live TOKYO
  •  ハプニングもサプライズへと変化した、アーバン・メロウな15周年記念のステージ。 2002年3月21日にシングル「煙色の恋人達」でデビューした一十三十一。そのデビュー15周年を記念したアニヴァーサリー・ライヴ〈15th Anniversary Special〉が恒例となったビルボードライブにて開催。バンドマスターの奥田健介をはじめ、同じノーナ・リーヴスから小松シゲル、デビュー以前から共演していたという南條レオ、そして、冨田謙にヤマ [続きを読む]
  • 横浜FC×松本山雅@ニッパツ【J2リーグ】
  •  昨季と同じカードとなった開幕戦は、互いに決め手を欠いてのドロー。 横浜FCのホーム、ニッパツで行なわれたJ2開幕戦は、奇しくも昨季と同じ松本が相手。昨年は足立梨花、今年は佐藤美希と2年連続でJリーグ名誉マネージャーが来場しての注目カードとなった。 両チームとも積極的に攻め合い、激しい攻防が続く。横浜FCは抜群のキープ力と突破力、高さを擁して、J2では“反則”気味のパフォーマンスを繰り出すイバを中心に、野村 [続きを読む]
  • FC東京×浦和@味スタ【J1リーグ】
  •  難敵浦和との2018年Jリーグ開幕戦は、両者決着つかずのドロー。 ビジター側を真っ赤に染めた浦和サポーターを迎えての2018年Jリーグ開幕戦は、FC東京が先制するも、直後に浦和が追いつくという展開。そこからどちらとも勝ち抜けるまでには行けず、引き分けに終わった。 ボール支配は浦和。攻撃の形は左サイドの武藤、宇賀神からが多かったが、アクセントをつけていたのは右ウイングに入ったマルティノスがいる右サイド。ただ、 [続きを読む]
  • FC東京×横浜FM@味スタ【PSM】
  •  課題を多く抱えるも勝ち癖をつけ、開幕戦へ向かう。 2月24日のJリーグ開幕戦を1週前に控えたFC東京は、17日に味の素スタジアムでプレシーズンマッチを実施。長谷川健太新体制のもと、アンジェ・ポステコグルー監督率いる若いメンバーを揃えた新生横浜F・マリノスと対戦し、前半5分で前田遼一が挙げたゴールを守り切り、勝利を飾った。 しかしながら、内容的には横浜F・マリノスが上回ったか。昨年までとはガラッと変わったスタ [続きを読む]
  • CICADA@WWW
  •  ライヴバンドとして多彩な進化を得た5人が、ようやく掴んだ心身一体。 ヒップホップやR&B、トリップホップやエレクトロニカといった要素を有機的に融合させた新たなJ-POPのスタイルを提示して好事家の耳を離さない東京発の5人組バンド、CICADA(シケイダ)。2016年11月にユニバーサルからアルバム『formula』でメジャーへ進出。2017年4月より現編成となり、代官山UNITでのワンマンを成功させたCICADAは、確かにネクストステッ [続きを読む]
  • Maylee Todd@Billboard Live TOKYO
  •  エキセントリックとポップネスを自在に操る、色彩豊かな独創的ステージ。 カナダ・トロントを拠点とするマルチな才女、メイリー・トッドが『エスカポロジー』以来となるアルバム『アクツ・オブ・ラヴ』を完成させ、再び来日公演を開催。前回、2013年の来日(その時の記事はこちら→Maylee Todd@Billboard Live TOKYO)では、ギター、ベース含む5人体制で、イヴリン“シャンペン”キング「ラヴ・カム・ダウン」のカヴァーなどの [続きを読む]