野球狂。 さん プロフィール

  •  
野球狂。さん: *** june typhoon tokyo ***
ハンドル名野球狂。 さん
ブログタイトル*** june typhoon tokyo ***
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/jt_tokyo
サイト紹介文ライヴやCD評、野球やサッカー(FC東京中心)観戦記、日々に感じたことなどをつらつらと書いています。
自由文ブラック・ミュージック系のライヴレポやCDレビュー、FC東京や野球のスポーツ観戦記を中心に、ガラ悪スキンヘッドのミドルエイジャーが適当に書くブログ。HNは野球狂。ですが、FC東京観戦記が多かったりします。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2009/06/05 03:59

野球狂。 さんのブログ記事

  • Nao Yoshioka with Eric Roberson@ミューザ川崎
  •  熱いパッションがほとばしった、ネオソウルの雄と日本のフィメール・ソウル・シンガーの邂逅。 世代をつなぎ、ジャンルを超え、地域に橋を架ける都市型音楽フェス〈かわさきジャズ2017〉のラインナップに、Nao Yoshiokaが登場。しかも、今回はジル・スコットやミュージック・ソウルチャイルド、ヴィヴィアン・グリーン、ケイスらへの楽曲提供やジャジー・ジェフ作品への参加などでも知られる米・ニュージャージー出身のシンガー [続きを読む]
  • 鳥栖×FC東京【J1リーグ】
  •  平川怜がJ1初出場。それ以外光明を見い出すのが難しい敗戦を喫し、未勝利も6試合を重ねる。 代表ウィークでの中断が明け、J1リーグも残り3節。マッシモ・フィッカデンティ監督はじめ、権田、河野とFC東京にも馴染み深い人たちが所属する鳥栖での一戦は、鳥栖の「クラブ創設20周年記念試合」という特別な試合にこちらからも華を添えてしまう結果となった。  シュート数で見れば、鳥栖の6本に対してFC東京が11本を示すように、 [続きを読む]
  • MILLI MILLI BAR@代官山WEEKEND GARAGE TOKYO
  •  新鮮とサウダージな薫りで包まれた、視界良好の初ライヴ。  情報が溢れ、玉石混交が飽和する現代。コンビニエンスなものについ食指が動くことが多いなかで、一過性に終わらない音に出逢うことがなかなか容易ではないのも事実。その判断にすら戸惑いを感じたりすることも少なくないかもしれない。そんな今において、ライフスタイルや心を豊かにさせるかもしれないグッド・ミュージック足り得るバンドが登場してきた。 “座って [続きを読む]
  • 日本体育大×東洋大@神宮【明治神宮野球大会】
  •  日体大の松本が東洋大を4安打完封。決勝は日体大と星槎道都大に。 明治神宮野球大会の第5日、大学の部の準決勝第2試合は、関東五連盟(千葉県大学、関甲新学生、東京新大学、首都大学、神奈川大学)第1代表の日本体育大(首都)が東都大学野球連盟代表の東洋大を完封で降して決勝進出を決めた。 日体大は先発の松本(明石商)がストレートとツーシームを決め球に東洋大打線を4安打に抑える好投。攻撃では長打は谷津(4・向上) [続きを読む]
  • 名城大×九州共立大@神宮【明治神宮野球大会】
  •  両軍合わせて26安打の乱打戦は、九州共立大に軍配。 明治神宮野球大会の第2日、大学の部1回戦第2試合は九州三連盟(九州六大学、福岡六大学、九州地区大学)代表の九州共立大が、北陸・東海三連盟(愛知大学、東海地区大学、北陸大学)代表の名城大を接戦の末、サヨナラ勝ちで降して準々決勝に進出。 九州共立大はパナソニック入りが決定している110kgの巨漢、4番・片山(4・門司学園)が初回3ラン、5回2ランの2本に加え、1点 [続きを読む]
  • FC東京U-23×藤枝@夢の島【J3リーグ】
  •  平川のプロ初ゴールも飛び出し、無失点で勝利。 藤枝MYFCをFC東京U-23のホーム、夢の島競技場に迎えた第31節。プロ契約となった久保、平川がスタメンに名を連ねた試合は、序盤に小川のFKを山田が頭で合わせて幸先よく先制したFC東京U-23が、藤枝に長めにボールを持たれながらも粘り強くディフェンスし、後半の平川のプロ初ゴールも加えて、2対0での快勝。FC東京U-23はここ3試合2分け1敗と勝利がなかったが、8位と上位の藤枝を下 [続きを読む]
  • 明治神宮野球大会 組み合わせ
  •  選抜を占う前哨戦&大学日本一を争う熱戦のカウントダウン。 11月10日から15日にかけて明治神宮野球場にて行なわれる第48回明治神宮野球大会の出場校が、高校の部、大学の部ともに出揃い、組み合わせが決定した。 高校の部は全国10地区の秋季大会優勝校が出場。来春の第90回記念選抜高校野球大会への重要な選考材料となり、優勝校の所属地区には同大会での「神宮大会枠」が与えられる。 大学の部は全国にある11連盟の代表が、 [続きを読む]
  • 森絵莉加(本人欠席)生誕祭@渋谷
  •  Especiaの集大成の観賞&とめどない愛情に満ちた生誕祭へ列席。 ディスコ/ブギー、ファンク、AOR、シティポップ、ヴェイパーウェイヴなどの要素を採り入れたサウンドと80年代を意識したファッションなどを軸としながら、単なる焼き直しではない先進性に溢れるサウンドとの融合で独創的な存在感を発揮していたガールズ・グループ“Especia”。2017年3月末に惜しまれながら解散したが、10月31日に突然オフィシャルのSNSから告知 [続きを読む]
  • FC東京×清水@味スタ【J1リーグ】
  •  水たまりにも苦しんだ嵐の中の試合は、痛み分けのスコアレスドロー。 台風の影響により大雨が降り、風が強く吹くという悪天候。ピッチにはところどころに水溜まりが出来て、ボールコントロールがままならず、難しい試合となった。FC東京は当初は細かくパスを繋ぐスタイルを貫こうとしたものの、ところどころでボールが止まるような状況では厳しく、後半からは特に中盤を省略した形で前線へボールを送り込む戦術に変更。サイドの [続きを読む]
  • The Steve McQueens@Motion Blue YOKOHAMA
  •  シンガポールのソウル/ジャズ・バンド、ザ・スティーヴ・マクィーンズのジャパン・ツアーが10月18日(水)の東京・南青山の月見ル君想フを皮切りに、名古屋、大阪と開催。その3公演は2015年に〈サマーソニック〉で来日した時に共演した日本のバンド、ZA FEEDOとのジョイントツアーだったが、ツアーラストは横浜・モーション・ブルー・ヨコハマでの単独公演〈The Steve McQueens Japan tour Final One Man Show〉。月曜の夜に横 [続きを読む]
  • CUBERS『マゼンタ』
  •  “青と赤”が引き寄せた必然のコラボレーション。 FC東京のファン・サポーターにとっては“FC東京U-23応援隊”としての活動や、TOKYO MXの応援番組『F.C.TOKYO 魂!』のエンディング・テーマ「TOKYO HERO」を歌っていることで知られるボーイズ・グループ、CUBERS(キューバ―ズ)。10月4日にリリースされた2nd EP『マゼンタ』には、会場および通販限定ながらFC東京とのコラボ盤が登場。ということで、コンサドーレ札幌戦があっ [続きを読む]
  • FC東京×札幌@味スタ【J1リーグ】
  •  アウェイで勝利なしの札幌に敗れ、ダブルを喰らう体たらく。 FC東京と札幌は同じフォーメーションのミラーゲーム。ゆえに勝利を手繰り寄せるのは、個々の能力、連係、決定力、そして何よりも勝利への執念によって差がつくという解かりやすい試合でもあったが、FC東京が優ったのは個々の能力のみ。それも、札幌のストロングポイントであるジェイ、都倉の高さと福森の精度の高いキックと事前から対応策が解かりきっているところで [続きを読む]
  • Buttering Trio@WWW
  •  テルアヴィヴ・ヤフォからの新しい風。 金曜の夜、渋谷・スペイン坂のライヴスペース「WWW」へ足を運んだのは、2週間前のノーネーム公演以来。ノーネーム公演の時に見たバターリング・トリオのフライヤーで来日を知った。元々その存在は頭の片隅には薄っすらと残ってはいたものの、メディアが煽る“イスラエルのハイエイタス・カイヨーテ”“スヌープ・ドッグやジャイルス・ピーターソン、ピーナッツ・バター・ウルフから絶賛” [続きを読む]
  • FC東京U-23×鳥取@味スタ【J3リーグ】
  •  味スタ開催でFC東京U-23が3連勝を決める。 〈Happy Monday Match〉として通常より安価なチケット代で行なわれた、FC東京U-23としては今季唯一となった味スタ開催でのJ3リーグ鳥取戦。月曜の夜というだけでなく、雨が降り、冬並みの気温(試合開始直前の調布は11〜12℃)という観戦には悪条件が重なったが、両チームの熱心なファン・サポーターが駆けつけ、声援を送った。 FC東京U-23は米本、梶山をオーヴァーエイジ枠で先発に [続きを読む]
  • 甲府×FC東京【J1リーグ】
  •  先制され退場者出す苦しい展開も、何とかドローで終える。 残留争いに苦しみながらも近2試合で横浜F・マリノス、柏の上位陣を破り好調の甲府との対戦。甲府にとっては未だホームでFC東京に勝利したことがなく、東京にとっては相性の良い相手。大久保嘉人が練習での負傷でベンチ外となり、ピーター・ウタカを1トップ、ユ・インスとGK大久保択生をスタメン起用した布陣で臨んだ。だが、試合は前半から思わぬ展開に。東京は前半に [続きを読む]
  • 千葉×松本@フクアリ【J2リーグ】
  •  今季ホームで強い千葉が、上位の松本を粉砕。 点差こそ5対1と開いたが、実力的にはそれほど差はなかった。どちらもトップに当ててシャドーや2列目が飛び出して攻勢を掛けたいところだったが、ラリベイが制空権を握り上手くいった千葉に対し、なかなか高崎に収まらなかった松本。それでも、序盤は松本が攻勢。開始直後の高崎のシュート、エリア内からの間接FKなどゴールのチャンスを生み出していたものの決め切れないでいると、6 [続きを読む]
  • SOUL CAMP 2017
  •  R&Bとヒップホップへの“LOVE”を再確認した1日。 “真っ昼間から いいキモチ。あの時の最高の音楽と最高の空気、ソウルフルな開放地区”をキャッチフレーズに行なわれるR&B/ヒップホップを中心とした都市型フェス〈MTV presents SOUL CAMP 2017〉が東京・豊洲PIT+MIFA Football Parkにて10月7日・8日の二日間にわたって開催。第3回となる今回は、7日にエリカ・バドゥ、8日にデ・ラ・ソウルをヘッドライナーに迎えたが、2 [続きを読む]
  • Noname@WWW X
  •  シカゴのラップ・リリシストが振り撒いたマジカルな45分。 東京・渋谷スペイン坂にあるライヴスペース「WWW」のオープン7周年と上階の2号店「WWW X」のオープン1周年を記念した特別企画〈WWW & WWW X Anniversaries〉に米・シカゴ出身のフィメール・ラッパー、ノーネームが登場するとのことで、ようやく秋を実感する風と街並みを後ろへ追いやりながら、夜の渋谷へ。アルバム・デビュー前からシーンでなかなか評判が立っていたが [続きを読む]
  • FC東京U-23×盛岡@西が丘【J3リーグ】
  •  後半で連続してゴールを挙げたFC東京U-23が勝利。 盛岡を迎えてのホーム戦となるFC東京U-23は、前日の磐田戦にベンチ入りした大久保択生、吉本、米本、橋本をオーヴァーエイジ枠で起用。盛岡は勝ち点21で下位に低迷しているものの、前節はFC東京U-23が1-6、0-5と惨敗した沼津に2-1で競り勝つなど、決して侮れない相手だ。 前半は盛岡の時間帯がやや多かった。12分の差波のミドルシュートは大久保が弾き出し、38分にはセンター [続きを読む]
  • 早稲田大×東京大@神宮【東京六大学】
  •  柳澤が1失点完投、東大に連勝し、早稲田がようやく勝ち点を挙げる。 2017年の東京六大学秋季リーグは明治の快進撃が続き、早稲田にとっては苦しいシーズンとなった。開幕週の明治戦で1勝2敗(0-3、13-8、2-3)の接戦で落とすと、第3週の立教戦でも3-4、4-6と惜敗。現在優勝争いをしている明治、立教に僅かの差で敗れたことで優勝戦線から脱落してしまった。 気を取り直しての東大戦。ただ、今季の東大は、第2週において5-2、1- [続きを読む]
  • FC東京×磐田@味スタ【J1リーグ】
  •  室屋の復帰とドロンパの誕生日以外は魅力に乏しいドロー。 現在6位とACL圏内を狙うにギリギリ踏み止まる好調・磐田を、前節アウェイの柏戦で4失点と再び大敗を喫した11位FC東京がホームに迎えた一戦は、両者ともにシュートは6本のみ、ゴールに迫る場面もそれほど多くない攻撃的な内容に乏しい痛み分けとなった。 FC東京はダブルボランチの一角に東を据えて、右のウイングバックには室屋が復帰。1トップ永井の下、2シャドーの位 [続きを読む]
  • LUMINOUS@代官山LOOP
  •  ポップ・シーンを彩る女性ヴォーカリストたちの饗宴。 多くの好イヴェントを企画している代官山LOOPが、幅広いアプローチでさまざまなアーティストをフィーチャーするライヴ企画〈LUMINOUS〉を開催。脇田もなり、YANAKIKU、西恵利香の女性アーティスト3組によるスリーマン・イヴェントに足を運んだ。ウィークデーでの開催とこの日の夜は雨も降り、集客には好条件ではなかったが、それでもグッド・ミュージックを愛するファンた [続きを読む]
  • J1残留のカギを握るのはFC東京
  •  8月19日のJ1リーグ浦和戦から公式戦5連敗を喫し、篠田体制から安間体制へ暫定的に交代したFC東京。安間新体制となって初の公式戦となった仙台戦は1対0で勝利したものの、前節アウェイ柏戦では再び1対4の惨敗。監督交代という劇薬の効果があったかどうか分からないまま、J1リーグも7節を残すのみとなってしまった。 当初目標に掲げていたACL圏内3位への到達はもちろん叶いそうになく、一方で降格圏の最上位の甲府から勝ち点12の [続きを読む]
  • Moonchild@COTTON CLUB
  •   カマシ・ワシントンやジ・インターネットの米ツアーをサポートしたほか、スティーヴィー・ワンダーやロバート・グラスパーあたりからも称賛されている米・ロサンゼルス発のネオソウル・バンド、ムーンチャイルド。2016年の初来日公演も好評だった彼らが、新作『ヴォイジャー』を携えてのツアーを観賞。会場は東京・丸の内のコットンクラブ。 予約開始当初は席にそこそこ余裕があったものの、出演予定だった〈ブルーノート・ジ [続きを読む]
  • 柏×FC東京@日立台【J1リーグ】
  •  負のスパイラルは消えず。迷走を続けるFC東京。 3位で首位・鹿島を追う柏はミッドウィークの天皇杯から中二日と厳しい日程だったが、トップ下の武富ほかフレッシュな3人を起用して対応。前節の安間新体制初戦を白星で飾ったFC東京を攻守で圧倒し、その差をまざまざと見せつけた。 ボールポゼッションを強めて主導権を握りたい両者だが、その違いは歴然。素早い展開で前へボールを送る柏に対し、FC東京は常に重心が後ろで前への [続きを読む]