ボーダーコリーレスキューネットワーク さん プロフィール

  •  
ボーダーコリーレスキューネットワークさん: BCRNブログ
ハンドル名ボーダーコリーレスキューネットワーク さん
ブログタイトルBCRNブログ
ブログURLhttp://staffbcrn.blog38.fc2.com/
サイト紹介文幸せなボーダーコリーを1匹でも多く増やすためにできることを・・・
自由文「幸せなボーダーコリーを1匹でも多く増やすためにできることを・・・」を目標に集まった
非営利のネットワークボランティア団体です。
サポーター達のがんばりと、ボーダーコリーレスキューに関わる情報を掲載しています。
全ての犬に幸せが来ますように・・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/06/05 22:11

ボーダーコリーレスキューネットワーク さんのブログ記事

  • 公式ホームページについてのお知らせ
  • いつもありがとうございます。皆様にお詫びとお知らせです。現在 BCRN Webページがサーバー側に起因すると思われる原因によってその一部が正しく閲覧できない状態となっています。運営側と共に対応を行っておりますが、現在までのところ未だ全ての回復までに至っておりません。(※ トップページ「INFORMATION」からのリンクのすべて、グッズ販売 ページへのリンクに一部不具合が残っています。)ご不便をおかけして申し訳ありま [続きを読む]
  • ペット博2018 大阪 行ってきました
  • こんにちわ!先日、ペット博2018に行ってきました。最終日でしたが、たくさんのお客さんでいっぱいでした。もちろんペット同伴大歓迎なので、たくさんのワンコが来場してました。もう目をみはるばかりの犬種の多さ!そしてたくさんの出店。いろんなグッズが売ってました。わんわんマルシェで出店しているお店もあったりで、出店者さんとお話したりと、いろんなところに行ったり、ペット関係のイベントに通い詰めてると少しずつ [続きを読む]
  • ズーノーシスとは?
  • 動物と人との間でうつる病気のことを「人獣共通感染症(ズーノーシス)」と言い、「動物⇒人」だけではなく、「人⇒動物」にうつることもあります。1975年、世界保健機関(WHO)では「脊椎動物と人間の間で通常の状態で伝播しうる疾病(感染症)」と定義付けをしています。この人獣共通感染症(ズーノーシス)から人とどうぶつを守るためには、病気を正しく理解し、予防する知識を持つことが重要です。なお、2006年6月1日に改正さ [続きを読む]
  • 新しい家族募集中(438)ベルラ(中部)
  • 初めに台風21号及び北海道胆振東部地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。ライフラインをはじめ1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。さて今日は新しいご家族を待っている可愛いベルラのご紹介です。(438)ベルラ(中部)2018/01/23 BCRNで保護しました。性別:♀(避妊済) 年齢:8歳(2010年2月生)毛色:ブラック&ホワイト 体重:19kg健康状態:良好 フィラリア(-) 狂犬病・ワクチン接種済み・ [続きを読む]
  • ご支援をお願い致します。
  • あえての再掲です。以下、以前に皆様にお伝えしたものを再度繰り返させていただきます。なかでも述べさせていただいておりますが、お願いばかりを申し上げる事おゆるしください。願わくば 『全てのボーダーコリーが幸せになる』 ために。どうかご理解と共にみなさまのお力をお貸し下さい。よろしくお願い致します。(現在の状況をかんがみ、BCRN ではサポーター達が考えをもちよりながらまず自分たちでできることを思索しています [続きを読む]
  • ワクチンの話  ジステンバー
  • おはようございます!先日、夏の暑い日の午後、汗を流して受けに行ったワンコの資格試験。まだ結果は出てませんが、おそらく、再度頑張りましょう的な結果となるでしょう。その理由はこれ!試験中に思わず迷いが出た。ジステンバーとジフテリア・・・・・・きちんと勉強したはずなのに、ジステンバーとジフテリア、犬に関わるのはどっちだった????で、結局選んだのは、ジフテリア(T_T)その因縁あるジステンバーの話です。ジス [続きを読む]
  • 保護犬との生活
  • 抜け毛が多いとされるボーダーコリー。こまめにブラッシングしないと毛玉ができたり、皮膚病の原因となってしまいます。でも、ブラッシングが嫌いな犬もいますよね。我が家も二匹いるボーダーのうち一匹はブラッシングも爪切りも大嫌いなので固めのおやつを与えて誤魔化しながらやってます。保護犬を迎えいれるときには保護犬日記の<お手入れ>のところを読んでみてください。ちょっとずつなら可能。とか嫌がるので無理。とかいろ [続きを読む]
  • 家族募集中(329)ヘンリー(九州)
  • 今日は新しいご家族を待っているヘンリーのご紹介です。(329)ヘンリー(九州)2014/04/20 BCRNで保護しました。性別:♂(去勢済)年齢:推定10〜12歳(2018.6月現在)体重:17kg健康状態:良好 フィラリア(強陽性) 狂犬病接種済 9種混合ワクチン接種済性格:いつも笑顔の”晴れ男”ヘンリーは、人懐っこい性格で、誰にでもなでてもらうことができます。ひどく怖がるものや、無駄吠えは見られません。お散歩の引きが強く、大 [続きを読む]
  • もう一度お願いします
  • 8月も最終週に入り夏休みも終わりを迎えます。暑い暑い季節もそろそろ、、と書きたいところですが相変わらずきびしい暑さが続いています。ひところ感じられた秋の空気も再び盛り返した夏の力に押されてすっかりその気配もなりをひそめているようです。人とは異なる体感を持っている犬たちにとっても今年の暑さはきついと思っているかもしれません。それでも彼らと一緒に楽しい思い出を作られた方々も多いと思います。よい時間を過 [続きを読む]
  • 413 リヒト ご家族募集
  • さてお盆も過ぎご先祖さまや他界した家族もお空に帰っていただき、またあわただしく日常生活に戻ってきました。お盆はいかがでしたか?我が家では、私が会いたい会いたいと言うので、チワワの長女が帰ってきていたみたいです。家族ってずっと繋がっているんだなと思いました。今回は、そんなご家族の縁をずっと待っているリヒト君のご紹介です。リヒトの日記はこちらからリヒト男前のリヒト君、なかなかご縁に巡り会えません。でも [続きを読む]
  • 水遊びにご注意!
  • ・・・最近、ネットなどで頻繁に見聞きするようになった『水中毒』(正式には【低ナトリウム血症】)一度に大量の水を摂取することにより、血中のナトリウム濃度の低下を発症し、脳神経などにダメージを及ぼすことがあります。(ちなみに、人間でも起こりうる症状だそうです)症状としては・・・歩行困難、異常な量のよだれ、嘔吐、瞳孔の拡散、呼吸困難・・・重症になると、意識の混濁、痙攣を起こし意識障害から昏睡症状へ・・・ [続きを読む]
  • 家族募集中(420)フェスタ(中部)
  • お盆休みも過ぎ、皆様楽しい夏休みを過ごされましたか?BCRNブログ班も1週間お休みいただき有難うございました。まずはこの先予定されているBCRNが参加させて頂くイベントの紹介です。8月26日(日)【関西】ふれあい譲渡会9月15日(土)【関東】第12回アニマルチャリティコンサート詳しくはイベントインフォーメーションにてご覧いただけます。では 保護犬№420のフェスタ(中部)の家族募集のご案内です。420)フェスタ(中部)2017/ [続きを読む]
  • よい夏でありますように
  • 今年の夏は各地に災害などの傷あとが残るなか、記録的にも異常なまでのものとなっています。連日そうした状況を伝え、注意をうながす報道が続いています。それでもまとまったお休みがとれるのはこの時期ですから、いろいろと楽しい予定が入っていることと思います。さて当BCRN ブログは8/13(月)、8/15(水)、8/17(金)をお休みさせていただきます。帰省や行楽、ご旅行などへは愛犬と一緒にお出かけの方々もいら [続きを読む]
  • 熱中症に再度のご注意
  • 暑いですね。うちでは最近暑いので散歩はお預けになってます。そのかわり冷房の効いたおうちで大暴れしてますが。よく犬のためにクーラーを切ることがないと犬友さんは言ってますが、うちも例外なくクーラーを2台はつけてます。ガンガンに冷やして。その中でわが子たちに囲まれてると幸せですよね〜?夏休みも中盤を迎えましたが、もうお休みのお出かけはきまりましたか?8月26日お昼から関西チームで譲渡会を開催します。夏は [続きを読む]
  • テレビの影響?
  • とある夜・・・高校生の娘と一緒にワンコの散歩に行ってた時。私が「犬を思いっきりブラッシングしたい!」と言ったらムスメも「私も!」となり、何で同時に?と考えたところ・・・どうやら、お散歩の直前に見てたテレビの影響だということに。某アイドルの方が、何年も手入れされてないワンコのトリミングをするとういう・・・熊のような中型犬を何度もシャンプーし、サマーカットまでしてこの時期ならではの企画で、見ていてすっ [続きを読む]
  • 終生保護犬(61)チップ(北陸)
  • BCRNでは、保護犬として、あたらいい家族を見つけ、幸せになる犬もいますが、その一方で、サポーターで手はつくしましたが「譲渡不可」となり「終生保護犬(最後までBCRNの保護犬)」になる犬もおります。そんな保護犬について今回ご紹介させていただきます。☆☆終生保護犬(61)チップ(北陸)☆☆2008/07/30 BCRNで保護しました。 年齢:11歳(2007年生まれ) 性別:♂健康:フィラリア(-) 体重19kg☆☆預かりさんの日記より [続きを読む]
  • ご支援 お礼申し上げます。
  • BCRN 保護犬たちへのご支援、ありがとうございます。皆様からお寄せいただいたお気持ちをかてに引き続き活動を行ってまいります。以下ご報告とお礼です。○ 保護犬たち へ (株)スマック 様 より頂戴致しました。スープでプラスシリーズ保護犬へのお気持ち感謝いたします。○ No.438 ベルラ へ boda助中部 様 より頂戴致しました。フード おやつご支援ありがとうございました。○ No.420 フェスタ へ boda助中部 様 より頂戴致 [続きを読む]
  • ワクチンの話  ブルセラ症
  • 先日ニュースになりましたが、長野県で「ブルセラ症」が発生し人が4人も感染しました。詳しいことはわかりませんが、新種のブルセラ症らしい。人から人へと感染したという。ニュースでは詳しい感染源とか感染者の生活状況(動物を飼っているのか動物に関係のある仕事をしているのか)を出してくれないので新種のブルセラって気になりますよね。今回はワクチンがない種類ではありますが、罹患したくない感染症についてです。ブルセ [続きを読む]
  • お散歩の時、気をつけて。
  • 毎日暑い日が続いてます。少しでも涼しい時間帯でお散歩に行かないと愛犬も飼い主さんも熱中症になりそうですね。先日、我が家のおばあちゃん犬を散歩させていたところ曲がり角から急に小型犬が走りよってきました。小型犬が好きな我が家の犬は尻尾を振って喜んでいましたが、私の頭の中は迷子?脱走?と色んなことが浮かびました。小型犬に遅れること5分、年配の男性がゆっくりと登場。特に心配する様子でもなく、どうやらお散歩 [続きを読む]
  • 家族募集中(444)ルゥ(関西)
  • 今日は去勢手術も無事終わって、新しい家族募集中に切り替わった「ルゥ」のご紹介です。2018/6/10 BCRNで保護しました。性別:♂(去勢済) 年齢:1歳(2016年10月9日生) 毛色:ブラック&ホワイト 体重:17.8kg(太りぎみ) 健康状態:フィラリア(-) 8種混合ワクチン接種済性格:わがまま放題に育ってしまった僕ちゃんです。咬んじゃうことがあります。まだまだお子ちゃまなところもありますが今がしつけ時です。しっかり愛 [続きを読む]
  • 水中毒にご用心
  • この言葉、皆さんも見聞きされていると思います。『水中毒』(正式には【低ナトリウム血症】といわれます。)水中毒とは抗利尿ホルモンの分泌過剰などのため、体内に水が過剰に停滞し、体液が薄められて浸透圧が低下した状態。一度に大量の水を摂取することにより、血中のナトリウム濃度の低下を発症し、脳神経などにダメージを及ぼすこともあります。(ちなみに、人間でも起こりうる症状だそうです)ナトリウム値が低下している状 [続きを読む]
  • ワクチンの話 感染症とは
  • 暑いです!熱中症は大丈夫ですか?筆者は日曜日に軽く熱中症になりました。塩分を摂らず、利尿作用のあるコーヒーばかり飲んで水分補給している気でいました(笑)水分もなんでもいいわけではないですね。ワンコも水飲ましてたらいいか、とかではなく熱中症かな?と思ったらワンコ用の電解水とかがあるので、そちらを使用してみてください。また、首などを冷やしてあげるのもいいみたいです。外出時にはそういうグッズを装備しておく [続きを読む]
  • 万が一のために、マイクロチップを。
  • マイクロチップを装着していますか?突然の迷子、災害、盗難、事故……ペットは住所も名前もいえません。そんなとき、マイクロチップは確実な身元証明になります。動物愛護管理法では、犬やねこなどの動物の所有者は、自分の所有であることを明らかにするために、マイクロチップの装着等を行うべき旨が定められています。 マイクロチップは、直径2?、長さ約8〜12?の円筒形の電子標識器具で、内部はIC、コンデンサ、電極コイ [続きを読む]
  • 個人賠償責任補償特約について
  • 気になる記事を見つけたので参考のために。リードを離したばかりに昔ながらの一軒家が立ち並ぶ住宅街。騒動の原因となったダックスフントの飼い主の女性宅を訪ねると、初老の夫が疲れをにじませた表情で姿を現した。「あの判決が出てからずっと、妻はふさぎ込んでいます。賠償の内容や今後の対応もふくめて、裁判についてはすべて保険会社に一任しているので、こちらでお答えできることは何もありません」3月23日、大阪地裁で、全 [続きを読む]
  • 終生飼育
  • 巷でよく耳にするようになった言葉・・・『ペット大国日本』・・・ちょっぴり?皮肉がこもっているんですよね。。。諸外国の方から見ると、まだまだ母親の側で過ごすぺき足元もおぼつかないようなワンニャンが、狭い「入れ物」のなかで沢山の人々の目にさらされながら販売されているのは『異様』な風景と観られているようです。(諸外国の多くはブリーダーから直接お迎え、もしくは、保護施設等からのお迎えが多いそうです)正直、 [続きを読む]