名古屋イングリッシュフォーラム さん プロフィール

  •  
名古屋イングリッシュフォーラムさん: NEFブログ
ハンドル名名古屋イングリッシュフォーラム さん
ブログタイトルNEFブログ
ブログURLhttp://nef.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文名古屋で活動する英会話サークルです。 活動内容や、お勧めする英語上達法なども紹介しています。
自由文私たちNagoya English Forumは、英語を通じて、
  1. 思考力を高める、
  2. 様々な分野の人々と意見を交換する、
  3. 国際人としての視野を広める、
ことを目的としています。

私たちの活動は、
 "Native Communication",
 "Enhanced Perspective"
 "Frendship"
のNEFをモットーに、中身のある英語力の向上を
目指しています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/06/06 07:47

名古屋イングリッシュフォーラム さんのブログ記事

  • 2018年11月17日のテーマ
  • 11月17日のテーマは、「米国中間選挙」です。アメリカでは先日11月6日に中間選挙が行われ、下院の全議席と上院の3分の1が改選されました。トランプ政権発足後の2年間を評価するこの選挙において、上院では与党共和党が過半数を維持したものの、下院では野党民主党が過半数の議席を獲得し、ねじれ状態が発生しています。トランプ大統領が就任してからのこの2年で、アメリカ国民の間での共和党・民主党間の党派対立を始め [続きを読む]
  • 2018年11月10日のテーマ(講演会のお知らせ)
  • 来る11月10日の例会は、米国ミシガン州に在住で鈴木マイヤーズ&アソシエーツ(株)代表取締役社長の鈴木いづみさんをお招きし、「Court/Deposition Interpreting(裁判/証言録取と法廷通訳)」 と題して講演をしていただきます。国によって司法の仕組みは様々で、その中で行われる裁判(訴訟)の進め方も国によって異なります。その進め方の違いにより、裁判を取り仕切る裁判所を始め原告・被告など訴訟当事者の役割も微妙に異 [続きを読む]
  • NEF事前勉強会のお知らせ(2018年11月10日)
  • 来る11月10日、例会開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)参加費は500円(直後に開催されるNEF講演会にはそのまま参加可能)です。「英語力をアップしたい」、「英語での発信 [続きを読む]
  • 2018年11月3日のテーマ
  • 11月3日のテーマは、「米中貿易摩擦」です。7月にアメリカのトランプ大統領が中国からの輸入品の一部について追加関税措置を発表して以降、中国も報復関税で応じ、双方で追加関税措置の欧州が続いています。年々拡大を続ける膨大な対中貿易赤字で苦しむアメリカにとっては、この貿易不均衡を解消することは喫緊の課題である一方で、今や第二の経済大国になった中国との貿易戦争はアメリカ経済にとってもダメージは小さくありま [続きを読む]
  • 2018年10月27日のテーマ
  • 10月27日のテーマは、「ノーベル賞各賞の存在意義」です。1901年にアルフレッド・ノーベルの遺言から創設されたノーベル賞は、自然科学における重要な発見や傑出した文学的創作活動、世界平和などに貢献した人物に与えられる賞で、今では世界中の誰もが知っている世界的栄誉です。自然科学分野の賞はその功績を客観的に評価できる一方で、人文科学・社会科学ではその功績評価を客観的に図ることが難しく、また平和活動につ [続きを読む]
  • 2018年10月20日のテーマ
  • 10月20日のテーマは、「事実婚の是非」です。従来、結婚は婚姻届を提出し法的に認められた婚姻関係を是としてきましたが、1980年代以降急速に進む価値観の多様化の中で、婚姻関係のあり方についても価値観が多様化し、事実上の婚姻状態にある「事実婚」を認める声も多くなってきました。一方で、従来の「家」という価値観を重視している部分も多分にある現状の社会制度の中で、この新しい婚姻の考え方に違和感を感じる人も [続きを読む]
  • NEF事前勉強会のお知らせ(2018年10月13日)
  • 来る10月13日、例会開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」と [続きを読む]
  • 2018年10月13日のテーマ
  • 10月13日のトピックは、「プラスチックゴミの削減」です。安価で加工しやすいプラスチックは、ストローやポリ袋など生活の様々なところで活用されています。しかし、プラスチックは自然の中で分解されないため、プラスチックゴミが堆積することによる自然環境悪化や野生生物による誤飲など、環境への大きな負荷が世界各国で深刻化しています。この環境負荷を減らすため、大手コーヒーチェーンがプラスチック製ストローを紙製の [続きを読む]
  • 2018年10月6日のテーマ
  • 10月6日のテーマは、「日本はIWC(国際捕鯨委員会)を脱退すべきか否か」です。先日ブラジルで行われた国際捕鯨委員会(IWC)の中で、商業捕鯨の再開を求めた日本の提案は反対多数で否決されました。日本政府としてはIWCの脱退を含めてあらゆる選択肢を検討する構えで、反捕鯨が主流となっている国際社会とは大きな隔たりがあります。日本国内でも捕鯨について賛否両論がある中で、日本政府はどのように国際社会と協調していく [続きを読む]
  • 2018年9月29日のテーマ
  • 9月29日のテーマは、「リーマンショックから私達が学んだこと」です。2008年9月15日、アメリカを代表する証券会社のリーマン・ブラザーズが経営破綻し、その衝撃が金融危機となって世界を駆け巡りました。日本円にして64兆円を超える負債総額を抱えての倒産が当時の世界経済に与えるインパクトは大きく、その後しばらく世界経済はこの「リーマンショック」から立ち直れずに低迷を続けました。あれから10年が経ち世界 [続きを読む]
  • 2018年9月22日のテーマ
  • 9月22日のテーマは、「スポーツの国代表と国籍」です。先日の全米オープンでは日本人選手が初の栄冠に輝くなど、日本のスポーツ選手が様々な競技で活躍しています。そんな世界で活躍する日本選手の中には、日本以外にもルーツを持つ選手が増えてきています。また、ラグビーのように日本国籍を持たなくても日本代表の選手になれるスポーツ競技もあります。国際化の波がスポーツ界にも浸透しつつある今、「国を代表する選手」とい [続きを読む]
  • 2018年9月15日のテーマ
  • 9月15日のテーマは、「自民党総裁選挙」です。政権与党の自民党は、次期総裁を決める総裁選挙を告示し、現首相の安倍晋三氏と衆議院議員の石破茂氏が名乗りを上げています。安倍首相は2012年12月以降6年にわたる安定的な政権運営の実績を買われて党内の多くの支持を集める一方で、政権の長期化による綻びが目立ち始める中で与党内の刷新を求める声が石破氏への支持を後押ししています。米中関係が微妙になる中での難しい [続きを読む]
  • 2018年9月8日のテーマ
  • 9月8日のテーマは、「AI(人工知能)は人間生活に幸福をもたらすか」です。多岐にわたるIT技術の進化に伴い、人工知能に関する技術が進化・普及し、様々な分野で応用されるようになってきました。家庭の中でアシスタントのような役割を担ってくれるAIスピーカをはじめ、医療分野では高度な専門家でないと難しいような診断をAIに担われる試みが始まっています。このようにAIは人間の生活に役に立ってくれる一方で、その便利さや手 [続きを読む]
  • 2018年9月1日のテーマ
  • 9月1日のテーマは、「新学期と子供の自殺」です。長い夏休みが終了し、ほとんどの学校では9月1日から新学期が始まります。長い休みから開けるこの日は、18歳以下の子供が自らの命を絶つという悲劇が多い日でもあります。2015年に行われた内閣府の調査では、18歳以下の統計で9月1日の自殺者が他の日よりも突出して多くなっていることが判明しました。いじめなどに苦しむ子供にとって学校の再開は苦痛の再開と映り、そ [続きを読む]
  • 2018年8月25日のテーマ
  • 8月25日のテーマは、「お墓は必要か?」です。先祖代々の亡くなった人を祀るためのお墓。日本人はこのお墓を大きな家族で守りながら、自分たちの先祖を供養してきました。しかし、高度成長期以降の半世紀で急激に進んだ核家族化は、このお墓のあり方に一石を投じています。「家」という単位が小さくなる中で、このお墓を守っていくことがなかなか難しくなり、お墓を作らないという選択肢も増えてきています。また、人生観の多様 [続きを読む]
  • 2018年8月18日のテーマ
  • 8月18日のテーマは、「地球外生命体は存在するか」です。ちょうど今15年ぶりに地球に大接近している火星は、古代から「火星人」など地球外生命体の神秘の的になってきました。現代の科学で「火星人」の存在は否定されていますが、この宇宙で無数にある恒星の中には地球と同じような惑星を持つ星も多数あり、生命体の住む可能性が十分にあります。NEFでは、この広い宇宙に想像を膨らませ、地球外生命体の有無について自由な観 [続きを読む]
  • 2018年8月11日のテーマ
  • 8月11日のテーマは、「来年の消費税増税について」です。安倍内閣は一昨年、当時の経済状況を考慮に入れて消費税増税を2019年10月へ延期しました。この消費税増税のタイミングまで残り1年余となりましたが、混迷を深める国際経済の中で、増税負担に耐え得る国内経済環境は整ってきたのでしょうか。NEFでは、前回8%へ増税した2014年に経験したインパクトや、国内外の経済環境の現状を考慮に入れながら、来年に予定 [続きを読む]
  • NEF事前勉強会のお知らせ(2018年8月11日)
  • 来る8月11日、例会開催前の13時から15時でNEF事前勉強会を開催します。自由なテーマについて各自3分間のスピーチおよび他メンバーとの質疑応答を英語で行います。これら活動を通して、英語を使ったコミュニケーション力のアップを目指しています。(初めての方はオブザーバー参加も可能です。)参加費は500円(NEFの例会にはそのまま参加可能)です。「英語力をアップしたい」、「英語での発信力を高めたい」とお [続きを読む]
  • 2018年8月4日のテーマ
  • 8月4日のテーマは、「週休3日制の導入」です。ここ数年、日本国内では様々な業界で週休3日制を導入する企業が徐々に増えてきています。特に、宅配業界や小売業界、介護サービス業界など、むしろ人手不足が深刻な業界で週休3日制の導入に積極的な企業が増えてきています。企業側にとっては、1人当たりの労働時間の減少に直結することで人手不足の深刻化を懸念する声がある一方で、担い手の増加や職場の活性化につなげることを [続きを読む]
  • 2018年7月28日のテーマ
  • 7月28日のテーマは、「今年の夏休みにやりたいこと、行きたいところ」です。夏の楽しみといえば「夏休み」。 この夏の自由時間に、やりたいことや行きたいところなど夢は広がります。あなたは、今年の夏休みにやりたいことは何ですか? 行きたい所はどこですか?NEFでは、いつもとは少し趣を変えて、今年の夏休みのプランについて自由に意見交換します。----------The topics of weekly gathering on July 28th is “Summer V [続きを読む]
  • 2018年7月21日のテーマ
  • 7月21日のテーマは、「水道事業の民営化について」です。日本では規制緩和により2001年に水道事業の民間委託が解禁となり、いくつかの地域で民営化への取り組みがなされていますが、まだまだ規模は小さいのが現状です。民間の活力を生かして、地域インフラの効率的運営に繋げていくことに賛成の声がある一方で、地域の水利用を支え社会の公器ともいえる施設を完全に民間の手に委ねてしまうことへの抵抗感を示す声も少なくあり [続きを読む]
  • 2018年7月14日のテーマ
  • 7月14日のテーマは、「自由貿易がもたらしたもの」です。第二次大戦以降、世界は貿易の規模が拡大し、特に90年代以降は各国間での関税障壁の撤廃などにより自由貿易の流れが加速しました。自由な貿易は、数多くの国に豊かさをもたらし、個々のレベルでも国際交流が身近になるなど様々なメリットをもたらしています。一方で、自由貿易がもたらす世界レベルでの自由な競争は、世界中の様々な場所で経済的な過酷な生存競争を生み [続きを読む]
  • 2018年7月7日のテーマ
  • 7月7日のテーマは、「シェアリングエコノミー」です。民泊やカーシェアなど、シェアリングサービスが様々な分野で広がりを見せています。これら「共有」を前提としたサービスは、本来所有しなければ使えなかったものが安価に使えるようになり、逆に所有している人にとってはその所有資産を休眠させることなく有益に使うことにつながり、色々な方面から期待されています。また、シェアリングサービスは、住宅や車などのモノに留ま [続きを読む]
  • 2018年6月30日のテーマ
  • 6月30日のテーマは、「我々はどこから来てどこへ行くのか(ホモ・サピエンス全史)」です。我々人類は自然界の種としては元々あまり身体能力が高くありませんが、厳しい自然界を生き延び、さらにはその自然界をコントロールするまでの能力を持つに至りました。我々の先祖はどうやって自然界の生存競争を勝ち抜き、今にその子孫をつなぐことができたのでしょうか。また、我々の先祖が様々な生存競争に直面してきたのと同様に、現 [続きを読む]
  • 2018年6月23日のテーマ
  • 6月23日のテーマは、「外国人労働者受入の可否」です。日本では団塊世代が定年退職を迎える年齢になり、労働力の急激な低下が懸念されています。そんな中、日本政府は先日、これまで専門職に限られていた外国人の就労について、農業や建設業などいくつかの業界において門戸開放することを決定しました。既に人手不足が深刻化している業界もある中で、採用側企業には外国人にその労働力としての一翼を担ってもらうことを期待する [続きを読む]