ぶんぶんむし さん プロフィール

  •  
ぶんぶんむしさん: ぶんぶんむしの気持ちイイツーリング
ハンドル名ぶんぶんむし さん
ブログタイトルぶんぶんむしの気持ちイイツーリング
ブログURLhttp://newmoonrider.blog5.fc2.com/
サイト紹介文カブのお兄さんレブルに跨り、千葉県を中心に、甲信越方面は走りたい願望の日帰りツーリング記事です。
自由文リターンライダーです。ヘルメットの影響か、3年前、髪が一気に減りました^^;
まだ、完全では無いですが、メキメキ甦ってきています。カムバック20代の頃の自分!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/06/06 22:25

ぶんぶんむし さんのブログ記事

  • ごちガスト(4回目の挑戦で・・・編)
  • 最近、京成八幡のガストへ行く事が多くなったファミレスをはじめとする飲食店への都独自の条例が、縁を創ってくれたゆっくり食事を楽しんだ後、おまけにゲームをさせてくれるその名もごちガストひばり ひばり ぷりんひばり ひばり ぷりんひばり ひばり ぷりんひばり ひばり ひばり4回目にして当たってしまいました・・・京成八幡ガスト店さん ごちそうさまでした [続きを読む]
  • 鈴木砂羽と佐藤仁美の区別がつかないアホだよ(ポンコツの独り言編)
  • 今、見ていた日本テレビの宮川大輔のうまぁ〜い♪・・・でぶんぶんむし:「佐藤仁美って痩せたなぁ〜」ぶんぶんむし:「相棒の杉下さんの部下の恋人役の人だよね」ミサト:「そう、相棒に出てた人だよね、この人」ぶんぶんむし:「そう、なんか、若くなったように見えるよね」ぶんぶんむし:「痩せたからかなぁ〜」ミサト:「痩せたんじゃない?」テロップで鈴木砂羽と判明・・・ミサトさんは今回に限っては何も間違っていなかった [続きを読む]
  • 寝苦しい夜は、プラっと西(京葉〜靖国〜青梅で涼へ編)
  • ぶわっと目を覚まし、時計を見るとAM2:30頭皮の汗もそのままに、バンダナを被り、レブルに跨る熱を帯びた空気を切り裂き、ひたすら西へ向かうAM3:30を過ぎた頃には、23区であっても以前であれば、空気感が変わって来たのに今年は違う新宿を抜け、トラックにプレッシャーを掛けられている間も、熱風との格闘腕から滲む汗も、気化していかない小平を過ぎたあたりで、やっと空気感が変わって来たトラックのプレッシャーか [続きを読む]
  • ポンコツにはポンコツなバイクが丁度いい(自虐で生きられる訳編)
  • いろんなシーンで使えて、重宝しているこの年齢に達したから使えるフレーズポンコツもともと、自虐系で会話を楽しんできたが、このポンコツは兎に角場が和む自虐ネタで会話を展開できる人って、自分に自信が無ければ、なかなか上手くいかないですよね根拠が無かった自信から、この年齢になって人として自信を持ったそこで使うポンコツ深くて趣を感じてくれるんだと思いますホントはただの薄っぺらなだけなのに・・・フフフぼちぼち [続きを読む]
  • レブルパッキング考1(色々揃える編)
  • ハードケースを今回は使わないで、こんなものを利用して、急な豪雨にも対応・・・きっと風除けやタープ代わりにもなってくれそうリアシート脇に携えるスタイルで、こんなものを使って、バックを使わないで、武骨にロープ、ゴム縄で括りつける綿布で荷物を覆うって方法へのこだわりは、荷物を運ぶための入れ物という荷物を持ちたくないからなんですよねキャンプサイトで使うもので包みたい・・・上手くできるか自信がないので、徐々 [続きを読む]
  • レブルパッキング考0(全天候対応型は捨てた編)
  • ソロキャンプツーリング用に買って、ずーっと放置されている小川キャンパル ステイシーST今迄、ハードケースをシーシーバーの後ろに付けて、その上に乗せて運んでいたんですが重心が高くなりすぎて大不満な出来でしたやっぱり、リアシート脇の両側にサイドバックを作って、そこに収納するのがベストかなぁ〜と帆布か幌用のシートで作ろうと思っていますいつ完成するか解らないけど、今シーズンに使えるようにしたいですねでは [続きを読む]
  • 子供の悪戯と大人の犯罪(コンプライアンスの罠編)
  • 以前の投稿で、生きている事をまざまざと実感しているというような事を記事にしました→四輪車に乗らない理由まぁ、負け惜しみみたいな記事でしたが、要は「辛い思いをした方が、楽な時、気持ちいい時の喜びを大きく感じられるねっ」って言う事なんです振れ幅が大きい方がダイナミックに生きている感じしますものね今回は、スリルを味わって、生きている実感をまざまざと感じる感覚についてちょっと書こうと思います子供は悪戯をし [続きを読む]
  • プレゼントの魔法(やっぱり商品を作らないとなぁ〜編)
  • 人生を賭けた買い物・・・まぁ、一般市民の場合ですがやっぱり自分の住処を購入する時ですかね未だに、ローンを払い続けて、ポンコツなりに遣り繰りしているんですけど・・・もう少しで、その縛りから解放される長い年月一生懸命物件探しをしてくれた業者さんを覚えています女の子のいる店で、色んなモノを貢ぐ可愛い貴兄自分の生活を切り詰めてまで、その娘にプレゼントし続けて・・・貴兄はどんどんその娘を好きになっていきます [続きを読む]
  • よくコメントを頂けるBBYさんへ(国鉄時代の、駅改札前掲示板の如く編)
  • JRになってからも、もしかしたら、今もあるかもしれませんが・・・今でも稀に都営地下鉄、東京メトロは利用しますが、JR線には縁が無くなってしまったぶんぶんむしであります国鉄時代には、高校の通学で小岩→亀戸を毎日利用していた頃恋文を国鉄の掲示板に残すという、淡いキュンとくる記憶を、急に思い出してしまいましたそんなイメージはそのままに、同性であるBBYさんに今どきのツールで送ります「18日の月曜日、日中 [続きを読む]
  • 四輪車を所有しない理由(情けない週末の言い訳編)
  • この年ながら、何故炎天下に晒され朦朧とする?この年ながら、何故土砂降りの雨に晒され震える?この年ながら、何故明日が見えない暮らしぶりで怯える?私も答えを知っているそれが、生きると云う事だから生きている実感をまざまざと感じる事が出来るからストイックなんて言葉は似あわない生きている喜びだから豊かさがそれを奪うのであれば、敢えて豊かさを否定して生きようそう決めた事は無いが、そう生きているそして、今幸せだ [続きを読む]