日だまりの老犬 さん プロフィール

  •  
日だまりの老犬さん: 神戸の路地から
ハンドル名日だまりの老犬 さん
ブログタイトル神戸の路地から
ブログURLhttp://kobebackstreet.blog.fc2.com/
サイト紹介文神戸の下町の路地から、政治についてぼやいたり叫んだりするブログ
自由文神戸の下町でちっちゃな塾を営んでいる、初期高齢おじさん。
どんな子でも、自立して社会に出れば、そこそこの幸せな生活ができる、そんな世の中にしたくて、ガサゴソと動く今日この頃。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/06/11 10:43

日だまりの老犬 さんのブログ記事

  • ほんとに、次もあの安倍晋三首相でいいのですか。
  • 華々しくデビューした「希望の党」。それから2週間あまりで、選挙情勢はジェットコースターのように急激に変化しました。この方の暴言で「希望の党」の嵐が急に収まったかと思うと、マスコミから自民党の優勢が伝わってきました。「希望の党」騒ぎはいったい何だったのか。皆さんの腹立たしい気持ちはよく分かります。強大な安倍自公政権に対して、十分な野党共闘を組み立てられなかった。本当に悔しくて残念です。誰かやどこかに [続きを読む]
  • 「希望の党」に毒づかず、「立憲民主党」に夢を預けず、
  • 自分の思う通りに事が運ばない場合、人はイライラしてつい感情的になってしまいます。思い描いた野党共闘の姿が歪められてしまった今、人々は「希望の党」を怒りの矛先に定め、「立憲民主党」に唯一の救いを求めています。でも、それって本当に私たちにとって最良の選択なのでしょうか。政治活動は時々、抑えきれない自分の怒りを治める為や、頑張って活動して自己満足を得る為のものになります。よい結果を得る事よりも、活動その [続きを読む]
  • 政界再編の片隅で
  • 新しい局面になったとき、感情を捨て冷静にこれから何をすべきか考えるべし。とは思うのですが、今回は再出発の前にチョットはぼやかずにいられない。よって、これは関西に住む初期高齢者の個人的なボヤキでありまして、決して組織の見解ではござりませぬ。■■■突然のモリカケ隠し解散。民進党・自由党・社民党の合流不調和。希望の党参入。民進党分裂。ほんの一週間あまりでめまぐるしく政情が変わってしまいました。してやった [続きを読む]
  • 続 : 民進党にリーダーは いない
  • 昨日ブログを上げたら、http://kobebackstreet.blog.fc2.com/blog-entry-202.htmlこんな路地裏のブログにも、いくつかの反応を寄せていただきました。2人並んだ右側の方に関する情報です。その内の1つの情報源はディープで信頼のおける所でした。前原さんは野党共闘に本気で取り組むつもりだということです。そして夜には、産経新聞というのがナンダカですが、小沢一郎代表のこんな記事もネットに出ました。http://www.sankei.co [続きを読む]
  • 悪いけど、民進党にリーダーは いない
  • 訳あって民進党のサポーターです。往復葉書が来ました。「前原さんと枝野さん、どっちにする?」という投票用紙です。「小沢さんと山本さん、どっちにする?」なら、今のところは小沢さん。「安倍さんと石破さん、どっちにする?」なら、激しい消去法で石破さん。「犬か猫、どっちが好き?」なら、今は猫と暮らしているので猫。「ピザとお好み焼き、どっち食べる?」なら、自分で焼いたお好み焼き。でも、 「前原さんか枝野さん」 [続きを読む]
  • NHK渾身の敗戦記念特集。しかし、それでも描けない肝心な事が、
  • NHKを少し見直しました。報道部は腐っていても、制作部は意地を見せました。NHKスペシャルの歴史・紀行編の以下の4編で、臆することなく、制作スタッフは戦争の真実を描こうとしました。「731部隊の真実−エリート医学者と人体実験」「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」 「戦慄の記録 インパール」 「本土空襲 全記録 」http://www6.nhk.or.jp/special/program/index.html彼らの頑張りを讃えたいと思っています。特に「インパー [続きを読む]
  • 【551 政党版】 民進党があるとき・・民進党がないとき・・
  • 関西名物のCMではないけれど、この際考えてみました。【民進党があるとき・・】自民党は安心です。民進党が最大野党なら恐れることなどありません。おまけに今の執行部とは太いパイプでつながれている野田。連合とって、民進党は政治への窓口として必要な下請け機関です。連合には、1人で選挙を戦えないひ弱で信念のない政治家達が必要です。独立心があって骨太の政治家は、連合ではコントロールできないからです。野党共闘にと [続きを読む]
  • モンスターはトドメを刺さなきゃ滅びない
  • 日本昔話か何かでたびたび見たように思います。人間の持つ負の感情、劣等感、嫉妬、怨念、邪悪な欲望、復讐心、激しい怒りなど、劣情に支配されて人間の心を失ってしまったときに、ヒトは、物の怪、妖怪、化け物、今で言うモンスターになると言います。モンスターになってしまったら、ヒトには戻れない。モンスターになってしまったら、人間の言葉は通じない。モンスターになってしまったら、悪業を止めることはできない。気がつけ [続きを読む]
  • この男極めて卑劣につき、即刻捕らえて大衆の前にさらすべし。
  • 見苦しい画像を出しますが、ご容赦ください。毎日のように出てきては、意味不明の安倍様擁護をしていたこの方、このところ全くお目にかかれなくなりました。まあ、この人を見たいと思う人はいないので、それはそれでいいのですが、何か変だと思いませんか、皆さん。人間は愚かなものです。特に一部の(多くの?)男性は性的本能に振り回される、哀れな生き物です。魅力的な女性を見ると、男性はあらぬ妄想を持つものです。男の性( [続きを読む]
  • ウソつきはアカンやろ!平気でウソをつく奴らを許すな!
  • いっつもウソばっかりつく子は、親が厳しく叱って教育し直すやろ。いっつもウソをついて子供をごまかす親は、子供に見捨てられてしまうやろ。いつも友達にウソつく奴は、最後に1人ぼっちになってしまうやろ。ウソの報告をする部下に、大事な仕事は任されへんやろ。商品にウソの表示をする店では、誰も買い物をせんやろ。ウソをついて他人からお金をせしめた者は、犯罪者として捕まるやろ。これらは極々当たり前のことです。普通私 [続きを読む]
  • 景気のことは心配するな。まず、こいつらを引きずり降ろせ。
  • 世の中には、現状に不満がいっぱいあっても、なんとか現状だけでも保ちたいと思う人がたくさんいます。政権が変わると、景気や日々の生活がどうなるか心配で、変化を好まない人がたくさんいます。そして、選挙の時どこに投票するかを決める要因は、共謀罪ではなく原発でもなく、森友・加計どもなく、景気の問題だという人が、実は多いのだとか。しかし、今は経済や景気の問題を越えて、日本の政治はとんでもなく危険な状態になって [続きを読む]
  • もう北朝鮮のことは、放っておいてもらえませんか
  • 私は北朝鮮のミサイルです。そう、世界で最も嫌われているミサイルです。私は自分がどこにいて、どっちを向いて立っているか、先っぽに何がくっついているか、何も知りません。私はただ、将軍様の命令で誰かがボタンを押すと、知らないどこかの国に向かって飛ばされる運命です。私は自分がどんな能力を持っているのか知りません。ポンコツの張りぼてなのか、最新で優秀なのか知りません。でも、私がどこかへ飛ばされると、人の命を [続きを読む]
  • では、安倍昭恵さん付のT.S子さんは可哀想なのか
  • お役人が資料を捨てたと言い張るもんで、政府がそれに乗っかって隠し通すもんで、思い切って本筋に突っ込めない「森友学園疑獄」。話題の中心があちこち散らばる中、今は安倍昭恵さん付のT.S子さんに世間の目が集中しております。安倍昭恵さんに献身的に付き添ってきたT.S子さんに、安倍夫妻は全ての責任を負わせようという魂胆です。私的存在・公的存在?政府は何をアホなことを言っているのでしょう。誰が好き好んであんな面倒く [続きを読む]
  • 女王アッキーと魔法のランプ
  • アラビアの「千夜一夜物語」の中に、「アラジンと魔法のランプ」というお話があります。アラジンが魔法のランプをなでると、中から”ランプの魔神”が現れて願いを叶えてくれます。アラジンは”ランプの魔神”のお陰で大金持ちとなって皇帝の娘と結婚することになり、魔法使いとの戦いなどの様々な冒険を経て、人民に慕われる皇帝となります。めでたしめでたしのお話です。現代の日本にも”魔法のランプ”がありました。しかし、こ [続きを読む]
  • 「日本会議」の策動は、先の戦争で亡くなった人々の逆鱗に触れた
  • 一強他弱で盤石の安倍独裁政権は、やりたい放題です。国会・内閣・裁判所の三権分立など何のその。日銀の独立権など完全無視。全ては人事権を使って、安倍・菅コンビの官邸の掌の中です。まして、野党や国民の声など、うるさい雑音としか思っていません。そこに、この事件が起きてきました。これはまた、私たちに別の日本の歪んだ姿を見せつけてくれました。木村 真 豊中市議の地道な努力によって掘り出された、この疑獄事件は、菅 [続きを読む]
  • 凄いな!籠池理事長封じ込め作戦
  • 国民をなめきってる奴らのやり方は、凄いな!正義だとか恥だとか体裁だとか、そんなものを屁とも思わない奴らのやり方は、やっぱり凄いな!3/10籠池理事長がテレビに向かって極右独演会の真っ最中、突然「南スーダンPKO撤収」の速報が入って、安倍首相のぶら下がり会見。ニュースの焦点散らし寿司大作戦です。自衛隊は安倍様の都合で派兵と撤退が決まるのです。おまけに、東北大震災の追悼行事も「アッキード事件」を薄める [続きを読む]
  • 「安倍晋三記念小学校」問題は、日本の腐敗の見本市
  • なんか今は、日本の内外で問題が起こりまくっています。ニュースネタ満載で、皆さんおしゃべりの話題に事欠きません。金正男さんらしき男暗殺事件の真相を探る、素人推理大会。小池百合姐さんといっしょに、みんなで石原慎太郎をやっつけよう祭り。清水富美加を巡って、芸能プロと幸福の科学のどっちがブラックか競争。そして、その騒ぎの中でひっそりと隠れて潜んでいる悪魔の「共謀罪」。沖縄の辺野古や高江で起きている理不尽も [続きを読む]
  • 安倍昭恵名誉校長と森友学園は、教育勅語を読み直すべし
  • 安倍昭恵氏が名誉校長を務める小学校が、びっくりするような値段で財務省の近畿財務局から土地を手にいれたとか。場所は大阪府豊中市、通常は14億円の土地が1億数千万円になったそうです。学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割かで、この小学校を運営する森友学園は幼稚園も経営しています。なんでも、この幼稚園では「教育勅語」を復唱している事で有名になっています。「教育勅語」っていうのは、日本の軍国主 [続きを読む]
  • 君死にたまふことなかれ   
  • 自衛隊のみなさん、死なないで下さい。自衛隊のみなさん、殺さないで下さい。■■君死にたまふことなかれ、旅順の城はほろぶとも、ほろびずとても、何事ぞ■■これは有名な「君死にたまふことなかれ」という詩の一節です。日露戦争が始まって7ヵ月後の1904年9月、中国の満州にある旅順口でロシア軍との戦いにあった弟を歎いて、与謝野晶子が詠んだ詩です。明治維新の後、西洋列国に並ばんと日本がひたすら軍事国家の道を進む [続きを読む]
  • 溺れる者は、トランプをもつかめ
  • マスコミではトランプ大統領の記事で毎日大賑わいです。さすが、世界一の超大国の大統領。選手が交代すると、周りにも大きな影響があります。トランプ大統領の出方に、世界の国々は戦々恐々です。ロシアのプーチン氏はどう対抗するか。中国の習近平氏はどう受け容れるか。ドイツのメルケル氏はどんな態度を取るか。イギリスは、メキシコは、カナダは、イスラエルは、イランは、・・・それぞれ、対トランプ作戦を真剣に協議・検討中 [続きを読む]