ブラダマンテ さん プロフィール

  •  
ブラダマンテさん: BORN IN THE北海道
ハンドル名ブラダマンテ さん
ブログタイトルBORN IN THE北海道
ブログURLhttp://sugarmountain48.blog47.fc2.com/
サイト紹介文北海道で登山・バックカントリー・競馬を楽しみたいすべての人のために
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/06/11 15:41

ブラダマンテ さんのブログ記事

  • 2000mの上と下
  • 十勝連峰めざしてAM6:00に家を出たが、道中見えてきた山々が予想以上に貧相な雪景色だったため、急きょ目的地を旭岳に変更した。右端が富良野岳、左のとんがってるのが十勝岳。写真では見づらいが、稜線に雪が無い。前十勝はカバワラ尾根も雪が無いんじゃない?例年より20日くらい雪解けのペースが早いんじゃァないの?まだ4月なのに5月半ばの景色だよ。                                   靴 [続きを読む]
  • ジグソーパズルブルース
  •                   皐月賞の朝、我が家は雪の中だった。予報通りとはいえ、かなりの雪。週末の夜は仲間との飲んで歌う集会。Oさん曰く『上佐幌ブルーグラスフェスティバル』らしかったが、弾いてたのはほとんどがロックもしくはブルースでした。また是非、集まりましょう。                  [高画質で再生]ジグソーパズルブルース[広告] VPS                    ピーター [続きを読む]
  • 労山熊見山、再び。
  • おそらく今シーズン最後の日勝。トリは双珠別岳で締めたかったが、思った以上の強風でモチベーションが上がらず、前回に続いて再び熊見山止まり。左から日勝ピークと中央が沙流岳。AM!10:30。新得の街から見える山が双珠別なのか労山なのかイマイチよくわからなかったが、やっと山座同定できた。あれが双珠別だったのか、と今更ながらにじっくりと眺め、オダッシュから縦走しても面白いかもな、なんてふと思った。でも片道が日勝か [続きを読む]
  • 労山熊見山
  • 労山熊見山頂下部から熊見山を見下ろす。3/24/AM10:00。日勝周辺の1/25000地図上には熊見山(1175m)という名の山は一つしかなく、その北西にある1327m峰を通称労山熊見山と呼んでいる。午前中時間ができたので、急きょ労山熊見山まで行くことにした。クマがよく見れるから熊見山というのか、二つもかたまって山座してるなんてあまりうれしいことではない。道南では羆が目覚め始めてるとの足跡情報もあり、そろそろ鈴つけなきゃま [続きを読む]
  • 旭岳
  • 我が家を出発して50分。富良野手前で運転中真正面に見える芦別岳。快晴の日の楽しみ。3/21/AM7:00ボーダーなら一度は聞いたことのあるだろうGENTEM(ゲンテン)。GENTEMSTICKと言うのが正式名称なのか?個人的には5年前、ワンシーズンニセコにいた時に初めてその名前を知った。まぁボードに興味がなけりゃ、普通の人は一生知らないで終わるだろうが。乏しい知識から説明するなら、ニセコ山塊の雪質に合ったスノーボード、というの [続きを読む]
  • 日勝ピーク
  • 登り始めて15分。強風で雪が飛ばされガリガリバーンが多い。3/18/AM9:30。日勝峠にある駐車帯は、明るい吹雪、ってかんじで強風が吹いていた。隣に停まってた車から降りてきたジジイ連中が、偶然にも先日狩勝山ですれ違ったジジイ達だったのにはびっくり。「おじさん、俺と狩勝ですれ違ったの覚えてますか?」「ああ、ボーダーと二人だったよね。」覚えててくれたんだ、と思ったまではよかったが、「もっと若い兄ちゃんだと思った [続きを読む]
  • スプリットボード
  • 3/16(金)の夜、スプリットボード(注1)とエアバック(注2)と片桐のキスリング(注3)、アライグマの尻皮(注4)、それとビールに焼酎に新鮮な海鮮を持ってUっちーが泊まりに来た。山行前夜はアルコールをひかえよう。何度同じ間違いを繰り返せばわかるのだろうか。。。3/17(土)、一身上の都合により日勝から狩勝山に予定を変更した我々は、目的をピークハントからスプリットボード歩行試乗会に切り替えてAM8:30、我が家を出発し [続きを読む]
  • 町民スキー場営業終了
  •                  2週続けて週末が大荒れの天気となった。十勝に繋がる道路は全て通行止めとなり、列車も運休となった。日勝峠に滑りに行こうと思ってたが、国道274号日勝峠が通行止めになったんではどうもならん。今週来週で、小さなスキー場は今シーズンの営業終了となるところが多い。俺のボードも、スキー場のゲレンデでの技術しかないため、今シーズン終了ということになるのか。              [続きを読む]
  • 続・芝と氷と雪と
  • 3月は春のG1前哨戦が目白押しだ。3/3(土)、チューリップ賞(G2・阪神1600m・3着までが桜花賞への優先出走権)にマウレアが武豊で出走する。3/4(日)、弥生賞(G2・中山2000m・3着まで皐月賞)はダノンプレミアムとワグネリアンの初の横綱対決で伏兵もオブセッション、ジャンダルムとおもしろい。3/11(日)、金鯱賞(G2・中京2000m)にはサトノダイアモンド。3/24(土)の日経賞にはキセキがルメールで出走するし、3/25(日)は高松宮記念G1 [続きを読む]
  • 芝と氷と雪と
  • グリーンチャンネル(競馬専門チャンネル)を見ていたら、「氷の上のレースは夜のニュースでいくらでも見れるので、昼間は芝とダートのレースを見ましょう。」とアナウンサーが言っていた。今年最初のG1、フェブラリーステークス(東京ダート1600m)は6歳セン馬の勝利で終わった。引退後、種馬にも当然繁殖にもなれないセン馬(去勢馬)はレースに勝つしか馬主孝行ができないため、厩舎サイドの本気度を買ってこのノンコノユメを軸 [続きを読む]
  • オリンピック
  • 春のG1前哨戦が始まった。京都記念は4歳馬の1,2,3。絶対かなと思えたダービー馬が3着、皐月賞馬が復活の2着、菊花賞2着馬が優勝と今年の競馬界が俄然面白くなる結果となった。菊花賞馬のキセキも国内レースに専念するとのことなので、今シーズンの4歳馬が楽しみだ。クイーンカップと共同通信杯はともに一番人気が敗れ、3歳馬は混戦模様。それにしてもマウレア鞍上の戸崎はイマイチ頼りにならない。最低でもここで3着馬券圏内に持っ [続きを読む]
  • 私をスキーに連れてって30周年
  • 今月初め、スキー技術選の十勝地区予選が行われた。某スキースクールのスタッフがそのシニアの部に『私をスキーに連れてって公開30周年記念』に敬意を評して、当時のウエアと道具で出場して優勝したらしい。当時、俺も新潟の妙高のとあるスキー場のスクールに所属していて、どっぷりその業界に浸かっていた。今でも当時の道具は持っている。映画でも使っていたロシニョール4Sにサロモンのビンディングとラングのブーツ。板の長さは [続きを読む]
  • 西ヌプカウシヌプリ
  • -15℃。やっと一月らしい朝が来た。予想最高気温も-3℃とのことなので、慌てて早朝から山に行かなくても雪質が悪くなることはないだろう。AM9:30に自宅を出発。途中セブンでコーヒー飲みながら愛知杯GⅢの検討、馬券購入なんてことをしてたらAM10:30になってしまった。いかん、のんびりし過ぎた。西ヌプカウシヌプリにAM11:10入山。誰彼か入ってるはずなのに、人跡未踏の気配が濃厚だ。ホント、人の入らない山だ。         [続きを読む]
  • 初・料理
  • 年末年始の休みに、カレーをルーから作ってみよう、と心に決めていた俺は、12月半ばくらいから図書館や諸々の雑誌等からの情報収集に精を出していた。初めてなのでとにかく簡単なレシピが望ましい。結果、いろんな文献からのいいとこ取りで下記のような材料で作ってみた。材料・・・・玉ねぎ一個みじん切り。         (ソテーオニオン)      ニンニクと生姜をすりおろしたやつ。  (ガーリック・ジンジャー)  [続きを読む]
  • 帯広競馬場
  • 朝から湿った雪が降っていた。井上オークスという競馬ライターがいる。『いま、賭けにゆきます』『馬酔い放浪記』という2冊の本を出してるんだが、実は俺、彼女の静かなそして熱烈なファンでもある。そんな彼女が帯広競馬場に来るという情報を得て、とりあえず走った。AM10:30競馬場着。AM11:15からトークショー・・・がPM13:15の間違いだった。まだ3時間もあるじゃん。とりあえずビールとお好み焼きとザンギ。新年企画で誰でも無 [続きを読む]
  • 1/1/2018
  •                                                    今年もよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 冬の華
  • 我が家のここ最近の朝の気温は-10℃前後だ。この時期のこの気温が寒いのか暖かいのかはよくわからない。早朝の正確な温度計の気温より、毎朝6時頃の犬の散歩時の体感の方に重きを置いてるので俺が「今日はいつもより寒いなぁ。。。」と思ったら寒い、ということだ。                  今朝はキリッと寒かった。樹々から舞った粉雪が朝日に反射して、華、を見せる。簡単に言えば、ダイヤモンドダスト、ってやつだ [続きを読む]
  • 1150m
  • 本日の最高到達点1150mあたりでの一枚。12/24/AM8:30。日勝峠山域には、地図上での『熊見山』と1327mのピークを通称『労山熊見山』と呼ぶ二つの熊見山がある。バックカントリー愛好者が「熊見山」と言ったら、8割方が「労山熊見山」だと思って間違いないだろう。ちなみに労山ってのは、おそらく帯広勤労者山岳会のことだろう、と思うが定かではない。日勝ピークへの登りは北斜面であるのに対し、熊見山は南斜面から取り付くため、 [続きを読む]
  • 初滑り
  • 遅ればせながら、ようやく今シーズンの初滑り。バックカントリーじゃなくスキー場だけど。。。単独じゃなく若い娘とだけど。。。ここ20年の間で一番遅い初滑りだったかもしれない。まともにリフト券を買ってスキー場で滑るということが、これほど経済的負担になるのか、とスキー場勤務から離れた今、身にしみ込むように痛感する。                                   『どこでもグリーンチャン [続きを読む]
  • 一人酔い
  •                  北海道だけなのかどうかはわからないが、クロスカントリースタイルの細い板と運動靴もどきの短靴で平地の起伏を歩くことを、歩くスキー、と言っている。一般的には、クロカン、で通用すると思うが、歩くスキーという呼称は何かこうグッとハードルを下げた、誰でも出来ますよ、的な空気があって俺は嫌いじゃァない。この週末、滑りたくて滑りたくてしょうがなかった。でもまだ、部分的にしかオー [続きを読む]
  • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
  •                                    月と氷柱。12/07/AM6:00/-10℃。北海道は早くも一日中マイナス℃の氷の世界が続いている。朝の犬の散歩も、風のない-5℃なら暖かい方と言えるんじゃないか。厳寒の夜明け前に強風の中をただ歩くなんて、犬好きじゃなきゃ金貰ってもできないだろうな。ライ・クーダーというギタリストがいる。ジャンルを問わないいろんなところに出没する超一流なんだが、い [続きを読む]
  • 湯治
  • 毎年この時期に、遠い同盟国から日本に帰ってくる友人が決まって自炊連泊する秘湯。耳のまったく聴こえない女将が一人でやってるため、予約するのも前もって現地まで行ってこなくてはならない。運が良けりゃ、ボランティアで手伝ってる女将の知り合いが電話に出る可能性もあるが、そもそも携帯は圏外だ。後継者はいないんだろうなぁ。。。。                                   NYのあいつが干 [続きを読む]
  • 日勝峠
  • この週末は完全にあきらめてた日勝での雪遊び。だが、前日の予想外の雪が俺をその気にさせてしまった。11/25AM9:00、偵察がてら、完全装備で日勝峠に行ってみる。壊滅的な台風被害からわずか14ヶ月で通行再開という奇跡の復活劇は、関係者にただただ感謝しかありません。本当にご苦労様でした。国道274、日勝峠てっぺんまでは凍っているがそれほど走りにくさは感じなかった。南斜面の方が雪が溜まってると思い、峠を通過して日高側 [続きを読む]
  • Smoke on the フライパン
  • つかえない雨が降っている。週末のための大事な雪が無くなってしまうわ。でも竹原ピストルの『RAIN』はカッコいい曲だな。『LIVE IN 和歌山』もいいね。 暇な休日だ。娘から2通のメールが来た。                 「シルバーステート引退!」                 間髪を入れず                 「ディーマジェスティもだって。」他に用はないのかよ。せっかくの休日なのに、雨で [続きを読む]
  • 外は白い雪の夜
  •                  その昔、運転しながらこの『外は白い雪の夜』を聴いてて、                  『女はいつでも二通りさ。                   男を縛る強い女と、男にすがる弱虫と。                   君は両方だったよね。』という歌詞が流れた時、「二通りじゃないじゃん。三通りじゃん。」と助手席で吠えてた女がいたっけ。北海道は二日前から真冬で [続きを読む]