オータ さん プロフィール

  •  
オータさん: 北海道 オロフレ発
ハンドル名オータ さん
ブログタイトル北海道 オロフレ発
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/orofure2001
サイト紹介文北海道オロフレ山の麓より、高山植物他の自然保護を。近くの洞爺湖・有珠山も紹介。他に趣味もいろいろ。
自由文昭和新山・有珠山・洞爺湖・登別温泉に囲まれた屈指の観光地の真ん中に、高山植物が咲き誇るオロフレ山が有ります。この地で自然保護を目的に、様々な活動中。また有珠山のガイドもしているので、火山についても紹介します。その他、鉄道、旅、歴史、戦記、クラシック音楽、映画、野球、応援団など好きなもの、興味の有るものもランダムに書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供641回 / 365日(平均12.3回/週) - 参加 2009/06/12 09:28

オータ さんのブログ記事

  • 雨…  2017.11.22
  • 寒い冬型の天気が続き、雪も積もっていましたが…昨日の午後から 南風、雲も南側から来るようになり 雨になっています… 気温は一桁です。撮影  2017.11.22 17:00頃  壮瞥町弁景 自宅前  にて [続きを読む]
  • 伊達市、登別市(幌別)の様子  2017.11.21
  • わが壮瞥は 上のようら 雪景色になってしまいましたが…伊達市まで 降りてくると… ほとんど雪はありません。特に道路。こちらは 現場の近く、登別の幌別郊外… 市民会館のあたり 日陰には雪がありますが。撮影  2017.11.21 朝、 北海道壮瞥町立香(一枚目)  伊達市松ヶ枝町、登別市富士町  にて [続きを読む]
  • 朝は 今季 最低気温 -6.5℃!! そして 朝焼けの空…
  • 寒気が入って 雪が降っていなければ 冷え込むのは当然のことでして…きました… この冬の 最低気温のはじまり。一気に寒くなって -6.5℃です。地面は いかにも冷たそうで、空も 青いとはいえ 冷え冷えとした感じに見えます…出勤途中で 目だったのが 朝焼けの空でした…このところ あんまり見てなかったです…撮影  2017.11.20 6:50AM 壮瞥町弁景、立香、伊達市志門気町  にて [続きを読む]
  • 道道2号。洞爺湖登別線 通行止め中!! 2017.11.18,19
  • まだ 終日通れるはずでしたが…上の 白老大滝線よりも 標高が高い所を通るので、積雪で 通行止めが 続いています。これが 今晩の 自宅前の様子… 3cmくらい積もっています。明日も 解除されないかもしれませんね。撮影  2017.11.18,19夜  壮瞥町久保内、弁景  にて11/24夜から、 夜間通行止め (17:00〜翌9:00 壮瞥町弁景〜登別市カルルス温泉) の予定です [続きを読む]
  • 「萌ゆる想い」 さとう宗幸
  • ♪「萌ゆる想い」さとう宗幸親しくさせていただいている 宮城県は仙台市在住の はるかサマのブログに コメントして、ひょんなことからさとう宗幸さんのことを 思い出しました。今も 仙台では 大活躍中とのことです。「青葉城恋歌」という 大ヒット曲がありますが、宗さん(彼の愛称)のベストな曲なら 私は この「萌ゆる想い」だと思っています。主役を演じた ドラマ二年B組仙八先生の主題歌でもありまして、この曲を聴く [続きを読む]
  • 僭越ながら… 道知事より 感謝状をいただきました 2017.11.14
  • 11年間、北海道自然保護監視員を拝命し勤めてきました。壮瞥町内 オロフレ峠、洞爺湖畔、四十三山、紫明苑が 担当地域です。表彰式は仕事で出られず、代理の嫁サンに受け取ってもらいました。託した メッセージの一部が 記事に掲載されて 嬉しく思いますそもそもは 所属するNPOの登山会の世話などするうち、オロフレ山に魅せられて… 山に近い麓の住民として、委嘱を受けました。本来は このように宣伝するものではないと [続きを読む]
  • 久々の オロフレ行路 その2  2017.11.15
  • 昨夜の続きです… 峠分岐点から 登別方面へ向うと 下り坂になり、トンネル手前にも 展望台があります。山に登らない 観光客が、もっとも 近づいて オロフレ山を眺められる場所です…この展望台を出て 奥に見える トンネルをくぐると 登別市に入ります…トンネルを出たところで振り返ると… 今は 車では行けれなくなった オロフレ峠展望台が 見られます!!岩場が多いのは 200万年くらい前の火山だからです。他に 第 [続きを読む]
  • 久々の オロフレ行路  2017.11.15
  • ある事情がありまして、この初夏から オロフレへ行くのを止めていました… 今朝は 現場へ行くために通りました弁景のゲートを過ぎて 不動滝のあたりで、路面は真っ白に!!   下は 黄渓展望台 にて陰気な 北側斜面を通って オロフレ峠分岐点へ。展望台への道路は すでに 冬季通行止めです。分岐点から 眺める オロフレ山(1230.8m) すでに 冬の世界に…さらに 遠望すると 羊蹄山は見えず 尻別岳の姿が…  下は [続きを読む]
  • 間に合わなかった 四季島   2017.11.14
  • 珍しく なまら早く仕事が終り、15:30頃 黄金跨線橋に差し掛かると 二人も三脚構えていました… たぶん!!黄金駅を過ぎて 祈るような気持ちで どこかに止まろうと思っていたら… 来ちゃいました!! 間に合わなかった!! カメラを持ちながら、セブンイレブンの駐車場へ入って 急停車。 結局、こんなのしか撮れず… リベンジだぁ!!撮影  2017.11.14 15:40頃  JR北海道室蘭本線 黄金〜崎守間(伊達市黄金町)  にて   [続きを読む]
  • 今季 一番冷え込んだ朝   2017.11.13
  • 奥の 伊達市大滝区で -3.8℃、我が家の温度計で -2℃(6:30AM)と 冷え込みました…建物から 湧き上がるのは 薪ストーブの煙!! これだけ 真っ青な空は なかなか見れません…山腹を雲が横切っている 羊蹄山、真っ白な山頂部が覗いています…撮影  2017.11.13 7:00AM 北海道壮瞥町立香  にて [続きを読む]
  • 室蘭市街の 朝と夜、大荒れの中で…   2017.11.11
  • 嵐になった一日、朝と夜の景色を…国道沿いにて 左から右へ 順々に カメラを振って 撮影… バカでかい雲は 冬型、強い風が吹いてました。夜になっても 風はおさまらず… ものすごい強風の中で ボヤけてしまいました!!沖合いには 多くの艦船が 停泊していました…  手前、暗い中に 押し寄せる白波が見えています。撮影  2017.11.11 7:15AM 北海道室蘭市幌萌町 R37 にて             18:00頃  [続きを読む]
  • 今朝は 初積雪!! 雪景色がやって来た…
  • 嵐が去って 高気圧が来る前の北海道… 冷え込んだ朝には!!当然のごとく 雪景色となりました… 7:00AM 気温は 0℃でした。車のフロントガラスにも 白い雪が着きました…橋の周りは シャーベット状の雪の跡が…朝 8時を過ぎると 晴れ間が出て、雪は 溶け始めました… 気温は低いながらも、一日 イイ天気でしたヨ!!撮影  2017.11.12 7:00 & 8:30AM 壮瞥町弁景 自宅前  にて [続きを読む]
  • 私にとっての 「展覧会の絵」
  • Mussorgsky Pictures at an Exhibition Celibidache London Symphony Orchestraこの動画は NHKで放映された 1980年の ロンドン交響楽団来日公演の模様です。曲目は ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」(ラベル編曲版) 指揮は セルジュ・チェリピダッケ。 私がこの動画を見たのは、 NHKkEテレで放映されていた 20世紀の名演奏という番組の中の 抜粋版でした。それまで 良く知らなかった チェリピダッケという風変わりな [続きを読む]
  • 悪天なのに ハッキリ見えた 渡島駒ケ岳  2017.11.10
  • 室蘭からの帰り道は、噴火湾沿いを走るのが 定番の私です…決して イイ天気ではありませんでしたが、この夕方は なぜか 海の向こうの 駒ケ岳が ハッキリと…海も わりと 穏やか… ただ、すでに 高波を警戒して 沖合いに 船舶の姿が ありました。室蘭市街の様子も 撮影してみました… まだ 夕方四時前なのですが。撮影  2017.11.10 15:50頃  北海道室蘭市崎守町 臨港線沿い  にて [続きを読む]
  • 崎守のヤードから  183系がやって来た! その21  2017.11.3
  • さらに続きです…車列の中ほどまで来ると… 183系は終わり、去年七月から逗留している DD51が 見えます!!この地で 二度目の 秋から冬を迎えようとしている彼ら…栄光の 北斗星マークは、もはや 涙も枯れ尽きたか!?間もなく 厳しい冬がやってきます… 頑張って 耐えてほしい!!撮影  2017.11.3 室蘭市崎守町 (株)室蘭開発ヤード にて            旧JR北海道所属 183系特急型気動車、DD51ディーゼル機関 [続きを読む]
  • その24  続・母校での同窓会へ   2017.5.6
  • 東京農業大学の構内で OB・OGによる同窓会が開かれました… すでに 解散したサークルの仲間が集まっ。本学創設者 横井時敬先生の 胸像…なつかしの山小屋や 動物たち… 先輩・後輩たちが 会の活動を回想。第二部の 懇親会… しかし、今後は何もしない、つまり 最後のお別れ会でした。さらば 素晴らしき仲間たち!! [続きを読む]