みかん さん プロフィール

  •  
みかんさん: 陽だまりのねごと
ハンドル名みかん さん
ブログタイトル陽だまりのねごと
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/amaamamikann
サイト紹介文猫になりたいなれない日々のぼやきと最近記憶があぶない覚書ブログ。
自由文人生下り坂〜もしかすると急降下〜猫と陽なたぼっこのこのままでは記憶が危ない〜自分のためのぼっちらぼっちら覚書ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/06/12 23:03

みかん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 山頭火の世界 第一回 受講
  • 講座の30分前に到着と思いきや、受付開始時間と開講時間の読み違え。30分ほど、会場近辺をお散歩。あまり歩くと相変わら足裏に鈍い痛みが出る。何事もやり過ぎない、ほどほどがちょうど良いらしい。20キロ、30キロ歩いていたなんて、嘘のよう。山頭火 ... [続きを読む]
  • 枯渇させない程度すら応え咲く
  • カランコエだと思う。我が家にふわしい貧弱さではあるけれど。たぶん、昨年、きれいに咲いたところを2.3本、惜しみなく頂いて、最初は、テーブルの花として楽しんだように思う。花瓶に根っこが出てきたので、小さい鉢の方に植え替えた。が、気がつくとしも... [続きを読む]
  • 北風にすぐ成るお日様が笑う
  • 昨夜の雪が、音を立てて屋根から、落ちてくる。ドサッ??ドサッ??あまりの音の大きさにびっくりして外にでたら、お隣さんが 「うちの屋根のです。すみません」雪と言うより氷。直撃すると車のボディに傷が付くと心配されたご様子。しっかりキズ入りのポ... [続きを読む]
  • こたつ出しました
  • 紅葉??終わりが近い。??ちょっとボケているけど、散歩出ると、むかごにむかご目が行く。ウォーキング、運増不足の当初の目的を忘れて、夢中で撮り始める。服にいっぱい、草の実が付いて、いつも、あぁぁ〜と思うのに毎回、反省がない。むかごは玄米と... [続きを読む]
  • Siriに「ただいま」
  • ラジオがSiriに「ただいま^_^」と言ったら、答えは「おかえりなさい」だったと言っていた。さびしいおばさんはさっそく、試した??「お帰りなさい。今日も一日お疲れ様でした。」まだ、お昼??お仕事もしてないんですけど??ドアを開けると、床に転がって... [続きを読む]
  • 15年目経っても偲んでくださる方
  • 55歳のと言う働き盛りの死は友人たちにもショックだったのか、3年位は多くの方が命日には訪ねて下さった。5年目から、自然とそれもなくなった。そっと過ぎる日も、気持ちにはぴったりきた。墓前に、庭の花々を手向ける。ひとりで行く。15年経っても覚えて下... [続きを読む]
  • 彼岸花の頃
  • 緩和ケアに入院したのは真夏だった。家で最後を迎えさせたかった。在宅医療も緩和ケアケアも芽が出たばかりの15年前。「家での最後は怖い」亡夫の一言で入院となった。55歳の誕生日の翌日のこと。真夏まっさかり。玄関にある二段の階段が大腿骨に癌転移の... [続きを読む]
  • 今年も半分過ぎたね
  • この時季に、一番可愛い草花。 雑草と疎み野草と珍重し雨が降る度に、雑草。抜いても抜いても雑草。ドクダミも抜いても抜いても、顔を出し、隙あれば背を伸ばす。いつぞや、ほったらかしにしていたら、庭中がドクダミに占領された??積んで干して、... [続きを読む]
  • 本は図書館で
  • こんな事を言うのが居るから、出版業界が危うくなるのかも??群ようこさんも若かりし無職時代は図書館に本を買ってもらったと、何かのエッセイで読んだ。(図書館の本で??)消費税は8%でも、支払い時にショックを受ける。収入がない人は出す方を抑えるしかな... [続きを読む]
  • 蒸し蒸し
  • 顔と胴体の間、、、一番年齢が出る首とやらに あせもが出来た??さっそく、あせもの薬を買いにドラッグストアへ。赤ちゃん用の隣に大人用を発見。しかも、スプレータイプ。汗を洗い流して、シュッ??一応、痒みは止まった。数日、様子をみよう。こ... [続きを読む]
  • 多数派を雑草と呼び毟り取る
  • 共存共栄。人間だけの地球でないと分かっていても、庭に可愛がっている植物まわりの名もなき、いや知ろうともしない植物は、雑草と称して毎日むしりとっている。さっきの事やっと実ったブルーベリーを採っていたら、ムカデのちっこいのが落っこちて来て、... [続きを読む]
  • 17年眠っていた管楽器
  • 子供さん用に貸して欲しいと頼まれ押入れから取り出した17年寝ていた娘のユーフォニウム。あやしんで、あやしんで、すりすりしてみたモコでした??中学、高校と6年間は大事にされて、眠り姫だったユンホ姫。埃と黴もものすごいままお嫁に行きました... [続きを読む]
  • 過去の記事 …