yumeusagijyuku さん プロフィール

  •  
yumeusagijyukuさん: 夢うさぎ塾
ハンドル名yumeusagijyuku さん
ブログタイトル夢うさぎ塾
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yumeusagijyuku
サイト紹介文喜多方物語
自由文天鬼熱との出会いを描いた自分史漫画原稿
中国第三革命パプチャップ遠征
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2009/06/13 23:15

yumeusagijyuku さんのブログ記事

  • 月光の猫パンチ
  • 帰ってきた月光は、「月光〜」と呼ぶと、「ニャー」と可愛い声で甘えます。種違いの弟妹は、餌を奪おうとして月光に猫パンチされたり、唸られたり、それでも、しつこく寄ってきます。 [続きを読む]
  • 第17回県展の謎
  • 少し雨模様の月曜日。アトリエに保存されていた美術展の資料のうち年度が解らないもの数点を調べようと思いました。佐藤辰治絵画研究所に通っていた1960年前後は、一年半も闘病生活をしていて、一学年落ちたので、その前後の記憶はあいまいですが、どうやら自由民権喜多方事件の碑がある喜多方市厚生会館と隣の喜多方第一小学校を会場に、福島県の県展が開催されたらしいのです。もしかしたら、全日本学生油絵コンクールに大量 [続きを読む]
  • 「美術の町喜多方」
  • 喜多方市美術館主催の風景画教室が終りました。アトリエも、静かな秋を迎えています…でもないけど、ここで、喜多方絵画研究所の門下生から、毎日新聞主催の全日本学生油絵コンクールに多くの入賞入選者を出し、1958年から優秀指導者奨励賞を受賞された佐藤辰治先生の遺稿を、載せたいと思います。●1959年、喜多方市の六人展に寄せた「美術の町喜多方」より。●喜多方市と言えば、子供美術で一躍中央にも有名になり、一流 [続きを読む]
  • 東山魁夷・安井曾太郎
  • 武蔵野美大校友会の宮城県支部の集まりでは、河北展に何人入選したか…といった事が話題になります。●仙台鉄道管理局(JR東日本)に勤務し、会津若松駅助役で退職した亡父は、佐藤辰治先生や研究所の門下生と共に、河北展に出品した事があったらしいです。昭和34、35年の河北展目録と手紙などが出てきました。東京の展覧会と違って、広告に仙台の商工会が並んでいるので、すぐに解ります。●河北賞に佐藤辰治先生の「観音」、 [続きを読む]
  • 「新しい世代の絵を」
  • 喜多方市美術館主催の風景画教室が始まりました。講師の後藤学館長は、喜多方高校から芸大、今アップ中の独立美術の佐藤辰治絵画研究所の門下生より少し年下です。佐藤辰治先生と西田藤次郎先生が、会津美術協会、喜多方市公民館の後援で開催されました「独立四人展・渋谷健・高橋礼夫・結城俊弥・渡部憲司」に寄せた言葉を引用しました。この後開かれた、喜多方美術展には、遺作、佐藤辰治となっていて、私もジュニア部で二点出品 [続きを読む]
  • 「学展」メモ
  • 「学展」HPinfo.@gakutenjapan.com学生油絵会●1950年西田信一創立初代会長、安井曾太郎二代会長、須田国太郎三代会長、寺内萬治郎四代会長、富永総一郎五代会長、西田信一●1960年サンフランシスコイサムノグチ、フェルナン・ロジェ●1980年33回展創立30年、池田満寿夫の入賞作品と版画を特別展示●審査員土方明司 平塚市美術館長ヒロ杉山岩渕直義 美術手帖編集長須山秀一千原徹也れもんらいふアートディレクター [続きを読む]
  • 「学展」メモ
  • 「学展」HPinfo.@gakutenjapan.com学生油絵会●1950年西田信一創立初代会長、安井曾太郎二代会長、須田国太郎三代会長、寺内萬治郎四代会長、富永総一郎五代会長、西田信一●1960年サンフランシスコイサムノグチ、フェルナン・ロジェ●1980年33回展創立30年、池田満寿夫の入賞作品と版画を特別展示●審査員土方明司 平塚市美術館長ヒロ杉山岩渕直義 美術手帖編集長須山秀一千原徹也れもんらいふアートディレクター [続きを読む]
  • 「学展」と福島放送など
  • 今日は、今週末が会津まつりなので、久しぶりに、会津若松市内をめぐりました。まず、「稲忠」さんから佐瀬デザイン事務所と、七日町界隈と思ったのですが、学生油絵の「学展」ホームページを見てる時、福島放送の記者さんと会い話をしましたら、彼が、名取市増田の生まれで仙台一高の卒業生という事で、途中から、あぁなって、こうなって、小学校時代は、学生油絵の入選で名前が並び、娘さをの東北大学入学で、あれやこれやだった [続きを読む]
  • 芸術の秋
  • 二年間に、作品がたっぷりと揃いました今月末の喜多方市美術館主催の絵画教室が終わると、恒例の「あーとぶらり」に合わせて、アトリエをオープンしようと予定してます。写メ●去年の百合、●今年の百合、●石榴のタブロー、●百合の提供者の隣の京子さんが、毎日新聞主催、上野の都美術館で開催されていた、全日本学生油絵コンクールの目録で、同じ佐藤辰治絵画研究所(喜多方市役所向かいにありました)に通い、入選してた事が解り [続きを読む]
  • 芸術の秋
  • 二年間に、作品がたっぷりと揃いました今月末の喜多方市美術館主催の絵画教室が終わると、恒例の「あーとぶらり」に合わせて、アトリエをオープンしようと予定してます。写メ●去年の百合、●今年の百合、●石榴のタブロー、●百合の提供者の隣の京子さんが、毎日新聞主催、上野の都美術館で開催されていた、全日本学生油絵コンクールの目録で、同じ絵画研究所に通い、入選してた事が解りました。京子さん小学5年、まゆみさんも小 [続きを読む]
  • 帰ってきた月光
  • 来週の喜多方市美術館主催の風景画教室まで、夏の疲れをとって、芸術の秋へ…と思うのですが、のんびり朝寝坊できる様な状況でなく、夜明けと共に、風呂を沸かして、洗濯して、朝シャンして、タロコに餌を与え、コロコロかけて、布団を干し、鍋や食器を磨き、朝食を作って食べると、ワクワクしながら、帰ってきた月光に会いに行きました。鳴き声、餌を片手で採る仕草、「月光」と声をかけると、「私ですよ」と、日光東照宮眠り猫模 [続きを読む]
  • 院展独立展全展河北展等
  • 学生油絵展から人の流れを見ると、まずは若くして亡くなられた佐藤辰治先生の独立美術と武蔵野美術大学、●岡倉天心が明治三十一年に東京美術学校(芸大)校長退任後創立した日本美術院の「院展」横山大観(酒井)、奥村土牛、小倉亀遊、平前田青とん、平山郁夫など、戦前の美術人。●独立展は、昭和六年第一回開催、林武。1957年第25回独立賞に佐藤辰治、第26回独立賞に針生一郎、佐藤辰治独立賞受賞記念展、会津若松中央会館 [続きを読む]
  • 全日本学生油絵展
  • 1958年第8回の全日本学生油絵コンクールは、主催・毎日新聞社、日本学生油絵会、後援 文部省で、上野公園の東京都美術館で開催された。目録には、三越、ホルベイン画材、船岡キャンバス、文房堂、武蔵野美術学校(奥村土牛、棟方志功、横地康国、土屋幸夫)などの広告。これから、三回連続優秀指導者奨励賞を受賞する佐藤辰治先生の、はじめての受賞年、●佐藤辰治絵画研究所から、小学部入賞に鈴木ツネ子 熱塩小、冨樫京子 喜 [続きを読む]
  • 第8回学生油絵展
  • 1958年第8回の全日本学生油絵コンクールは、主催・毎日新聞社、日本学生油絵会、後援 文部省で、上野公園の東京都美術館で開催された。目録には、三越、ホルベイン画材、船岡キャンバス、文房堂、武蔵野美術学校(奥村土牛、棟方志功、横地康国、土屋幸夫)などの広告。これから、三回連続優秀指導者奨励賞を受賞する佐藤辰治先生の、はじめての受賞年、●佐藤辰治絵画研究所から、小学部入賞に鈴木ツネ子 熱塩小、冨樫京子 喜 [続きを読む]
  • 仙鉄管理局・のぞみ会誌
  • 新聞休刊日なので、時間に余裕ができ、再び、全日本油絵コンクール関連の資料を見てると、父が、仙台市内で開いた個展の案内状に、渡辺波光さんの祝辞がありました。●国鉄の文芸雑誌など、膨大な量の遺品から、仙台鉄道管理局審査課の「のぞみ会」雑誌をみつけました。秋の日差しの中で、タロコに餌をたべさせるのも忘れ、昭和16年発行のガリ版すりの同誌を読みはじめました。●九月二十八日、宮城野原陸軍分院の傷病兵士の演芸 [続きを読む]
  • 白鵬か朝青龍か?
  • 隣のヤングママさんに塀越しで、「うちの三番目の孫、4072グラムで生まれて、今日で三ヶ月で、白鵬みたいなんです…」と言ったら、「うちも三番目が大きくて、お父さんが朝青龍みたいだと言ったんですよ。」と。秋場所、白鵬関休場だって。ベイビー世奈、指しゃぶっている場合じゃありませんよ〜。なんちゃって。 [続きを読む]
  • アルチンボルト展から
  • 春のフェルメール展から始まったアトリエ。北向の部屋を改造してアグリッパのデッサン、美術館主催の人物デッサン教室、そして、全日本学生油絵コンクールと、佐藤辰治絵画研究所の門下生、棟方志功、斉藤清の来訪、あれやこれやと飾りつつ、画家の映画を見たり、図録を見たり、今年の秋は、アルチンボルド展から始まります。残暑酷しい。上野の山から、高速バスで帰ったら、喜多方は、久しぶりの夏日です。 [続きを読む]
  • バスを待つ間に♪
  • 上野の西洋美術館に、一泊泊まりで、アンチンボルト展を見に行った長女から、早朝六時にメールが来ました、一睡も出来なかったと。山手線駒込駅から不忍通りに抜ける辺りは、以前、次女が住んでいた所で、そのアパートで、一日五時間もパソコンで遊び、ブログを開き、ランダムで交流ブロガーを増やし、ウキペデア、ピキシブと、歩きまわり、打ちまくり、オフでは、南北線で東大構内、国会図書館に通った場所で、下町情緒たっぷりの [続きを読む]
  • 高速バスで上野へ
  • 娘は、会津バス喜多方営業所を出た高速バスを、王子駅前で降りて、アルチンボルト展開催中の、西洋美術館につきました。ご存じの通り、西洋美術館の建物は、ル・コルビジェの作品です。美術館ハシゴで東京都美術館もまわる予定です。●私が初めて上野の都美術館に行ったのは、全日本学生油絵コンクールの授賞式に出席するためで、佐藤辰治先生や父や姉、結城先生などと一緒でした。私は、喜多方第一小学校の5年生で、15号の油絵 [続きを読む]
  • 王子駅から上野に
  • 娘は、会津バス喜多方営業所を出た高速バスを、王子駅前で降りて、アルチンボルト展開催中の、西洋美術館につきました。ご存じの通り、西洋美術館の建物は、ル・コルビジェの作品です。美術館ハシゴで東京都美術館もまわる予定です。●私が初めて上野の美術館に行ったのは、全日本学生油絵コンクールの授賞式に出席するために、佐藤辰治先生や父や姉、結城先生などとです。私は、まだ、喜多方第一小学校の5年生で、15号の油絵で [続きを読む]