コニー さん プロフィール

  •  
コニーさん: 線路脇の小道
ハンドル名コニー さん
ブログタイトル線路脇の小道
ブログURLhttp://trackway.exblog.jp/
サイト紹介文線路を望みながら列車を待つ至福の時間とつぶやき
自由文1枚の鉄道写真とエッセーで綴る、至って気ままなブログです。紹介するエピソードは、日付順不同、時間順不同、カテゴリーもばらばら、気が向くままに、写真の整理が出来上がるままにアップします。管理人のスローライフにのんびりとお付き合いください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2009/06/17 18:00

コニー さんのブログ記事

  • <長良川鉄道>  大汗をかきながら
  •  折り返しの観光列車をどこで狙おうかとうろうろ。国道以外の道路はジョリ雪が残ったままだし、農道は30cmほどの積雪がある。ラッセルしながら覚えのある農道を進む。大汗をかきながらなんとかポイントまで到着。夏場に訪れていて良かった。様子もわからない雪原に1人で踏み込む勇気は出なかったはずだ。2018/1/27 長良川鉄道Canon EOS-5D4 , Sigma S 120-300mm F2.8にほんブログ村 [続きを読む]
  • <長良川鉄道>  この場所しか
  •  昼前になって観光列車の登場。バックの里山のトーンが気に入って三脚を設置。線路手前に枯れススキが数本、邪魔だが抜きに行くこともできず、ポジションを変えてみたがどうやっても別の枯れススキに当ってしまってうまくない。バックの建物を列車で隠すことを考えるとこの場所しか見つからなかった。2018/1/27 長良川鉄道Canon EOS-5D4 , EF 70-200mm F4L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <長良川鉄道>  白い雪に助けられて
  •  ここも斜面と川の隙間に鉄道と国道が並走する。こちら側から見ると斜面側の道路は目立たないがガードレールがしっかり写る。白い雪に助けられて気になることはないので河原を取り込んでフレームを創る。運よく並走する国道に車やトラックの姿なし。それにしても風が冷たい。2018/1/27 長良川鉄道Canon EOS-5D4 , EF 70-200mm F4L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <長良川鉄道>  思い切った画
  •  長良川鉄道の沿線は国道と並走する区間が長い。そのほとんどが寄り添うように並走するために軌道を縦に狙うとガードレールや道路標識が入ってしまう。S字だ、インカーブだと、これはと思えるポイントが見つかってもなかなか良いアングルが創れない。ただ積雪があると普段邪魔なものが埋もれてしまうので思い切った画が出来ておもしろい。2018/1/27 長良川鉄道Canon EOS-5D4 , Sigma S 120-300mm F2.8にほんブログ村 [続きを読む]
  • <長良川鉄道>  雪は解ける気配もない
  •  空の調子は絶好調。時々雲が流れて影が出来るがほとんどの時間は日差しがあって眩しい。気温も朝に比べれば上ってきたが、0℃前後で低いまま。雪は溶ける気配もない。足元もザクザクと凍ったままなので実によく冷える。2018/1/27 長良川鉄道Canon EOS-5D4 , EF 24-105mm F4L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <長良川鉄道>  十分な積雪
  •  年度末に向けて本業が忙しくなってきたので平日に時間が創れない。やっと先週の長良川出撃の編集が終了できた。たっぷりの雪を求めて早朝に出発したが美濃辺りには雪の姿はなし。長良川に沿って谷の奥へ奥へと進むと郡上辺りからやっと思わしき風景になって来た。日差しもあってなかなかの雪晴れ、前夜の降雪は大したことはなかったようだが十分な積雪でモチベーションも絶好調。2018/1/27 長良川鉄道Canon EOS-5D4 , EF 70-300 [続きを読む]
  • <京都丹後鉄道>  折り返し
  •  どんよりとした雪雲に空が覆われてしまうと光が乏しくなってしまった。特急車両の折り返しを待つが増感してもS/Sが稼げない。ならばブレてもらうことに。登り勾配なのでさすがにさほど飛ばしては来なかったがこれならば良しか?2018/1/13 京都丹後鉄道Canon EOS-5D4 , EF 24-105mm F4L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <京都丹後鉄道>  雪雲が折り重なって
  •  ガンガンと日差しが射すかと思うと数分のうちに激変。見通しも悪くなるほどの降雪になったりする。筋のようになった雪雲が折り重なって風に流されているので、雲の下は雪、割れ目は晴れと変化が激しいのかもしれない。またも雪だるまになりそうになりながら踏切を望む。2018/1/13 京都丹後鉄道Canon EOS-5D4 , EF 70-300mm F4-5.6L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <京都丹後鉄道>  まさか4両編成
  •  リニューアルした海坊主の登場。天橋立まで特急、そのまま快速で豊岡まで走る。優等生らしく勢いよく通過。まさか4両編成とは、迂闊に縦アンだったので姿を確認して焦ってしまったがなんとか収まった。2018/1/13 京都丹後鉄道Canon EOS-5D4 , EF 70-300mm F4-5.6L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <京都丹後鉄道>  そろりそろりと
  •  峰山、網野、久美浜と進むと積雪もたっぷり。幹線道路は除雪されているが脇道に入ると路面にも積雪あり。凍結している場所もあり、そろりそろりとロケハン。小雪が舞う中、里の踏切脇から1枚狙うことに。2018/1/13 京都丹後鉄道Canon EOS-5D4 , EF 70-300mm F4-5.6L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <京都丹後鉄道>  海を渡っているような
  •  雪の予報があったが、ほぼ快晴。風は強いが天気は抜群。場所を変えて長い鉄橋が長く写るポイントで三脚設置。ぎりぎりにアングルを調整すると海上から撮ったような・・・海を渡っているような仕上りになった。2018/1/13 京都丹後鉄道Canon EOS-5D4 , Sigma S 120-300mm F2.8にほんブログ村 [続きを読む]
  • <京都丹後鉄道>  その姿なし
  •  中国山中のローカル線はどこも冬眠に入ったようだ。木次線も今年からはラッセルの運用がなくなったようでとても残念。三江、木次は共に雪解けまで走らないかもしれない。ということでまだまだ雪の少ない京都丹後鉄道へ出撃となった。雪の予報はあったものの現地にその姿はなし。有名地からスタート。2018/1/13 京都丹後鉄道Canon EOS-5D4 , Sigma S 120-300mm F2.8にほんブログ村 [続きを読む]
  • <越美北線>  大野城
  •  午後になると列車は来なくなる。本数が少ないので結局、日が傾き始めた。大野城をバックにポイントを探したが線路と並行して送電線が走っているのでどうしても被ってしまう。しかもまずいことに城の高さに送電線がくる。目線の高さを変えようと高い場所を探し回ったが、時間切れでこれがベスト。次回の宿題になった。2018/1/7 越美北線Canon EOS-5D4 , Sigma S 120-300mm F2.8にほんブログ村 [続きを読む]
  • <越美北線>  眩しくてしかたない
  •  スッキリと晴れて抜群の天気になった。白い雪が眩しくてしかたない。里の駅を望むとなんとも長閑な光景。こんもりと雪の載った構内となだらかにつながる里山の斜面が見事。サイドからの光線で列車には日が当たらないが照り返しのレフ板効果もあってタラコが良く目立つ。2018/1/7 越美北線Canon EOS-5D4 , EF 24-105mm F4L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <越美北線>  音に我に返る
  •  積雪があるとこんなに楽しいものかと思うくらいに光線が良くなってきた。ときどき大きな雲が流れては来るものの、時間帯によっては遮るものがなにもなくなる。雪の載った高い山は少し青く光り、雪原は眩しくて凝視できない。農道に立っていると遠くを走る車の走行音が小さく聞こえる程度で周辺は静かでのんびりとした時間が流れている。大きくなってくる音に我に返ると列車が迫っていた。2017/1/7 越美北線Canon EOS-5D4 , Sigm [続きを読む]
  • <越美北線>  撮るしかないでしょ
  •  日差しが出る時間帯が多くなってくると雪も解け始めた。沿線で有名な鉄橋まで来るとバックの山並みに積雪はほぼない。アングルを変えればなんとか雪の姿はあるもののちょっと中途半端な感じ。それでも抜群の順光光線に撮るしかないでしょ。2018/1/7 越美北線Canon EOS-5D4 , EF 24-105mm F4L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <越美北線>  条件は厳しい
  •  強い風に流される雲で日差しは遮られ、露出の変化が激しい。谷には霧も流れているので順光サイドは日差しがなくなるとどんよりと暗くなる。ただ条件は厳しいが里の雰囲気は抜群。冷たい空気が心地良いくらいだ。鉄橋を望んで待っていると運よく薄日のタイミングで通過してくれた。2018/1/7 越美北線Canon EOS-5D4 , EF 70-300mm F4-5.6L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <越美北線>  逆光に輝き始めた
  •  沿線を走ると霧が流れたり、漂ったりしている場所がいたる所にある。日差しも出てきたので、霧が晴れるとハッとするほど美しい。積雪があるのも構わずに農道脇に突っ込んで三脚を据える。雲も流れているので刻一刻と光景は変化するが、運に任せて列車を待つ。霧が退いて逆光に輝き始めたところで列車接近。2018/1/7 越美北線Canon EOS-5D4 , EF 70-300mm F4-5.6L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <越美北線>  浮き立って
  •  日は昇ったはずだが谷間にはなかなか日差しが射し込まない。薄暗いままだが里に漂う朝霧が逆光に浮き立って美しい。ここも普段ならば障害物が多いうえにガードレールがうるさいので二の足を踏むポイントだが、まだ暗いうちならばなんとかなるかと三脚を据える。霧が手前に流れてきそうでヤキモキさせられたがなんとかまとまった。2018/1/7 越美北線Canon EOS-5D4 , EF 70-300mm F4-5.6L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <越美北線>  退いて挑戦
  •  雪の便りが届く季節になって来た。夜半に出発して北陸方面に。雪なのか曇りなのか、運良く晴れなのか微妙な天気予報に悩みながらも出撃することに。早朝に現地に着くと路面に雪はなし。暗くて良く判らないが畑にも積雪はなさそうだ。空が白み始めると里山の上の方は白いようだ。冷たい風に吹かれながら待っていると日の出直前に列車がやって来た。いつもならば鉄橋アップの場所なので退いた画では写したくないものがたっぷりと入 [続きを読む]
  • <三江線>  お寺の屋根
  •  大きなお寺の屋根が気に入って望遠を飛ばしてみる。夕方近くになったと言うのに朝の雪が解けずに少し残っている。日差しがなかったせいなのか、山中の街中のせいなのか、気温が低いことに間違いはない。2017/12/9 三江線Canon EOS-5D4 , EF 70-300mm F4-5.6L ISにほんブログ村 [続きを読む]
  • <三江線>  支流が合流
  •  江の川の流れには支流が合流する箇所が多い。流れに沿って走る軌道はそのたびに鉄橋で跨ぐことになる。小さな谷川の流れも入れると本流を渡る回数よりも多いかもしれない。どこも個性があって楽しめる。2017/12/9 三江線Canon EOS-5D4 , EF 24-105mm F4L ISにほんブログ村 [続きを読む]