イムニー さん プロフィール

  •  
イムニーさん: マカロニちぃちゃん
ハンドル名イムニー さん
ブログタイトルマカロニちぃちゃん
ブログURLhttp://makaroni.sblo.jp/
サイト紹介文最重度の知的障害ある娘との生活と、大阪の「共に学び、共に生きる教育」を通じて感じたことのご紹介、他
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/06/20 23:07

イムニー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ディズニーランドで泣きそうになったこと
  • 数年前から差別解消法ができ、『合理的配慮』なんて言葉ができました。それについて思うことを少し。合理的配慮を行うことを『義務』とか『努力義務』とか言うことに、なんだかなぁ〜と思ってしまいます。でも、法律でキチンと決まりを作ってくれたことでまあ一歩も二歩も前進したってことなんでしょう。ちぃが小さい頃に、よくディズニーランドへ行きました。初めて行ったのはお兄ちゃんが3歳になった頃、ちぃは、1歳8ヶ月の頃 [続きを読む]
  • 久しぶりに…
  • お久しぶりです。ご無沙汰していて、ごめんなさい。晩は遅くまで起きていることが多いんだけど、母がPCに向かうと、ちぃが怒り出してしまうのでちぃのいる時、PCに向かえません。かといって、ちぃが昼間にいない時間はしたいことが沢山あるのでブログを更新する余裕がなくなっています(^_^;)で、ちぃと一緒の夜が長いので母は、毎日眠くて仕方ありません。その為、ショートスティの利用が出来たらなぁ〜と思うのですが、うちの [続きを読む]
  • 7月21日で終了となります。
  • ちぃも家族も生きてます(#^^#)さて、Crescendo Time Loverから以下のお知らせが届きました。まだお聞きになっていない方は、聴いてみてください。とてもいい曲です(^^)現在配信している 「Crescendo Time Lover」の 「マカロニ」の... 配信期間が2017年7月21日で終了となります。CD物販も終了しておりますので まだ手元にない方は iTunes、レコチョク、 など音楽配信サービスにて ダウンロードよろしくお願い致します。【レコチ [続きを読む]
  • 障害が重度といわれる子どもこそ、普通学級へ通うのがいい理由
  • 障害のあるお子さんの就学に関して、その親御さんはとても悩まれると思います。重度の障害といわれる子こそ支援学校の方がいいと思い込んでいませんか?大半の専門家も同じようにおっしゃるでしょう。でもそんな大人たちも、実際に重度の障害があるお友達と同じ教室で学んできた経験はほとんどないのではないでしょうか。今こそ既存の価値観を疑い、視点を変えて考えてみませんか?私が、コノビーさんで書かせていただいた記事です [続きを読む]
  • 今年の夏の思い出♪
  • すっかり放置していて、すみません。家族みんな、生きてますよ!(^_^;)ようやく涼しくなったか、と思えば、また暑さがぶり返し…。その繰り返しが何度あったことでしょう?さすがに、このまま寒くなっていくのでしょうね。さて。今年の夏は、初めて湘南へ行ってきました。自分用の記録を兼ねて、写真貼り付けておきます。世界一長い?木造歩道橋、大井川にかかる蓬萊橋へは翌日に。その後、止まったのは、もりのコテージというキャ [続きを読む]
  • 同窓会がありました!
  • 10年前、小学校を卒業する前に、ちぃのクラスでは、10年後の自分宛にお手紙を書いたそうです。そして、その時、担任の先生が『10年後の3月第四日曜日に小学校前の○○公園集合!』と卒業文集に記してくださっていたのです。今年は、その10年後の年でした。先生から皆にハガキを送ってくださり、私とも頻繁に連絡を取ってくださいました。最初は、 「ちぃちゃん迎えに行っても久しぶり過ぎて、ビックリするでしょうか?」 [続きを読む]
  • 最重度の知的障害があっても、高校卒業できます!
  • お久しぶりです。昨日、ちぃは、夜間高校を卒業しました。テスト期間が終わってしばらくしてから、一昨日、久しぶりに登校すると、久しぶりのトイレも寒いからかちょっと怒ってしまうちぃでしたが、この4年間は、やっぱり学校に通うのは楽しかったみたいです。ちぃも毎日よく頑張ったなぁ〜と思います。それもこれも、周りの先生達や生徒の人たちがちぃにあったかく接してくださったお陰ですね。でも、障害のある子だって、みんな [続きを読む]
  • 新年を迎え…
  • あけましておめでとうございます。こちら、ほぼ放置状態で、すみません。ちぃも、毎日、元気に過ごしています。元気すぎて、困っています。朝まで起きていること多々あります(^_^;)そして、定時制高校は、今、四年生で、あと少しで卒業となります。先生方が優しくて、昼間に通う事業所の方々もちぃの「言葉」に耳傾けてくださり、随分と自傷も減りました。母の方は、フェイスブックを通じて昔の同級生たちと再会し、新しい出会いも [続きを読む]
  • 過去の記事 …