想い さん プロフィール

  •  
想いさん: Atelier(アトリエ)想い
ハンドル名想い さん
ブログタイトルAtelier(アトリエ)想い
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/qfwmk309
サイト紹介文染色の持つ既成概念から脱却して染を楽しくジャンルフリーで創作していきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/06/21 12:48

想い さんのブログ記事

  • 面白いことが続いています。
  • 奈良に軽井沢という地名があるのを最近知りました。奈良県生駒市軽井沢町に長年住まわれている彼女は 中学時代の同窓生です。地名につられてアトリエ訪問と      しゃれました。急な坂が続いた先が広大な敷地に点在している      立派な母屋と彼女達の居宅、そして真っ赤なドアーが印象的な        アトリエ、上を見ると妹さんご家族のお家、彼女のご両親の母屋は     まるで駒場にある日本民芸館の様式 [続きを読む]
  • 東京旅行  上野美術館、原宿、渋谷編
  •  東京旅行3日目は楽しみにしていたフエルメール展に行ってきました。 上野の森美術館で日本美術史上最大の「フエルメール展」ということで  凄い人気でした。予約チケットを事前に購入し時間制限のある中、多くの    鑑賞者と共に「光の魔術師」と称される彼のわずか35点の現存作品のうち       国内で最大8点の展示しており有名な「牛乳を注ぐ女」等お馴染みの作品の他     国内で初めて公開の1960年初 [続きを読む]
  • 唐古、鍵遺跡史跡公園で「わらアート」
  • 広大な唐古、鍵遺跡史跡公園で弥生時代の住居を模した「わらアート」作品が公開されています。藁の持つ特性と原始時代の住居が想像でき、とても暖かみを感じる面白い企画でした。入賞された作品が知り合いのグループでしたので、余計身近で親しみを感じました。ホームページもご覧くださいませ。 http://atelier-omoi.jimdo.com [続きを読む]
  • 久しぶりの東京旅行、浅草寺、神宮外苑編
  • 二泊三日のバス旅行、初めての長距離バス旅行です。駆け足でしたが知人との再会と外苑の銀杏並木、美術鑑賞が主目的でした。12年前青山で個展を開いたとき、一方ならぬお世話になった方との再会は  とても嬉しく尽きない想い出話に時間の経つのを忘れました。12年という歳月を経た今、お互いに色々ありましたがこうして旧交を暖められたことに主人ともども感謝しております。  それにしても銀杏並木の美しかったこと!そこ [続きを読む]
  • 次世代を担う子供たちに幸あれ!
  • 今日も二上山ふるさと公園にある456段の石段に上ってきました.。自然の中にいると季節の移ろいを肌で感じます。頂上で休憩していると精悍な顔つきの少年少女たちが次々と息を切らして上ってきました。良い表情をしている彼らに了解を得て思わずカメラを向けました。 ホームページもご覧ください。  http://atelier-omoi.jimdo.com [続きを読む]
  • 日本伝統工芸展,大阪展
  •  本日11月11日日曜日、高島屋7階催会場で開催されている日本伝統工芸展に行ってきました。知人がかって陶芸を習われていて、その先生がこの度当展で日本工芸会会長賞を受賞されたのでお祝いに同行しました。先生のお名前は森田由利子さんと言います。同行した理由の一つは先生の受賞祝いに知人が私の制作した染織品を会場でプレゼントしたいと仰ったからです。それで本日         特別企画として「受賞作家が自作を [続きを読む]
  • 「Atelier想い」からの発信作品
  • 上部のマジックボタンを外すと開口部が大きく開きます上部のマジックボタンを開いたところ開口部が広くなります。    素敵なヨーロッパのオーガンジー素材を見つけました。 店の人に尋ねますと しっかりとした厚地なのでバッグに適してると言われたのですが、どんな     フォルムにしたらこの絵画風の素材を生かせるのか悩ましいところです。  職人さんの意見とこちらの想いを反映した作品が昨日完成しました。    [続きを読む]
  • まるでドラマのワンシーン
  •     T字路から車道に出た瞬間、ハンドルを早く切りすぎ縁石にタイヤが当たってしまいました。    一瞬「アッ!」と思いましたが別に違和感も感じ無かったのでそのまま走行しました。    信号待ちの時、後続車の女性が走って此方に来られて窓を開けてという仕草をされたので    慌てて開けると 『後ろのタイヤがパンクしてますよ』と教えて下さいました。直ぐに脇道に    停車し点検すると無残にもペチャンコ [続きを読む]
  • 待望のアンドシュ・プローデル展スタート!
  • アンドシュ・プローデル氏(左)と奥様、九鬼恵似子さんご夫妻     国際的に活躍されてるフランス人陶芸家アンドシュ・プローデル展が大阪「ギャルリプチボア」を皮切りにスタートしました。 2018年10月16日(火)―24日(水) 11:00―18:30まで  〜時の流れとともにすべてが蘇る〜ギャルリプチボアでの個展も17回目となる今回、日常のオブジェについて考えてみた。特別なものではない器たちはいつも私達 [続きを読む]
  • 「太陽の塔」内部公開
  • 撚 1970年、大阪千里丘陵でアジア初の万国博覧会が開催され万博史上最多の6421万人を集め戦後日本における最大のイベントといわれています。万博閉幕後ほぼすべての      パビリオンが撤去される中、1975年(太陽の塔〉の永久保存が決まりました。 先日太陽の塔の  場内部公開見学に行ってきました。 太陽の塔は高さ70m、基底部の直径20メートル、   腕の長さ25mその異様な風貌は西洋の美的基準からも日本美 [続きを読む]
  • 女性の方お試しあれ
  • 書き出し早々尾籠な話でごめんなさい。でも体験から出た情報ですので参考になれば      幸せです。長年,腸の動きが悪く、膨満感があり二日間が限度でいつも市販薬を常習      していました。案の定段々効かなくなりつい量が増え自然なお通じからほど遠い状態に。      人にはそれぞれ排便のリズムがあるので毎日の人、二日おき、三日おき四日おき・・何日                  かか [続きを読む]
  • 登り詰めれば良いことがありそう
  •           二上山ふるさと公園にあります456段の石段を登って来ました          所要時間20分、結構ハードな坂道でした。見上げれば天まで届きそう・・。やるっきゃないわ!(8月24日16時50分)276段目、半分超えたんだ〜350段上って、下を見降したのが下の画像です あと100段しんど〜い!見上げれば、あと数段,汗が噴き出ちゃう眼下に見える風景、大和三山も望めます。(手前には通過中の電車も) [続きを読む]
  • 麗しのキャンデイーポーチ
  • やっとイメージ通りの素材を見つけました。アート作品も小物制作も総てに    拘りがあるので妥協はできません。たかがキャンデイーポーチといってもフォルム,   素材、質感三拍子そろった先がこれになりました.表地と同系色の裏地を仕様して       います。私は縫えませんので熟練した方と細部まで打合せして制作してもらっています.     出来上がった小物たちは、まるで人格が吹き込まれたような生き生きとし [続きを読む]
  • 良い気持ちでいます。
  •       此処数日,奈良も急に秋めき日中はともかく朝夕はヒンヤリとした涼風が頬を撫でます         最近,日本列島はめまぐるしく変わる天候に振り回されてる感じです。長く日照りが続い          ていたので数日前からの結構な量の雨は清浄な空気を運んでくれ樹々の木立も青      みが深くなっています。  午前中頻りに鳴いていた蝉しぐれも今はピタッと静まり窓      から見える青空にはぽ [続きを読む]
  • 染色アート(蝋けつ染め)
  •  「亀裂」 size38x46   亀裂という文字からくるイメージはひび割れとか割れ目とかあまり良い意味に    使われないですが、それをアーティスティックに表現すると、趣のあるデザインに・・。ホームページもご覧くださいませ。 .http://atelier-omoi.jimdo.com [続きを読む]
  • 印香を焚きました。
  • この可愛いお香は印香と言いお姫様の遊び道具のような小さくて可愛らしい印香を重ね箱に納められています。1段1段変わる香りが楽しいです。まるで金平糖か和三盆の干菓子のようで食べたく      なりますが勿論食べられません。   炭を香炉の灰に浅くうずめ     、 灰を薄くかぶせ 熱くなった灰の上に印香を直接のせて炊きます。最後の市松模様のようなショールは絹紗を植物染めにしました。ホームページもご覧く [続きを読む]
  • 生きる
  •              平成最悪の豪雨被害が連日報道されています。時間の経過と共に被害は       益々拡大して想像を絶する甚大な被害に成す術も無い状態です       災害に遭われた方々に 微力ながら今私が出来ることをやっていきます。              「神はこんな過酷な試練を私たちに与えて何を教えようとしているのか」 ホームページもご覧くださいませ。 http://atelier-omo [続きを読む]
  • 又逢えますように・・
  •             逢おうと思えばいつでも逢える距離にいながら中々タイミングが合わず            やっと今日逢って来ました。その気になれば笑っちゃうほどスムーズに            逢えるものを・・。 久し振りの彼女は少し痩せていましたがおしゃべりが            始まった途端いつもの饒舌で芯の強い頑張り屋さんに戻っていました。            今度は逢うことに一生 [続きを読む]
  • 私も真似して
  • 紫陽花の季節到来。そこかしこに咲き乱れています。何処にでも咲いている  見慣れた花ですが知り合いの写真家の素敵な紫陽花のブログで拝見しましたら 私も急に撮りたくなって思わず外に飛び出しました。 ピンボケでごめんなさい。ホームページもご覧くださいませ  http://atelier-omoi.jimdo.com [続きを読む]
  • ツタの絡まるレトロなビル
  •       何時頃からかしら、レトロな洋館に興味を持つようになったのは。  初めて訪れたのは神戸、北野町の異人館でした。当時は、異人館ブームで、何度も足を運んだ記憶があります。急な石畳を登っていく途中に、外人のお住まいがあり      その家からシャープな母親らしき人の罵声が聞こえてきました。       声の調子から子供を叱ってる感じでした。 急にロマンチックな       心地から生活感溢れる [続きを読む]
  •  「超老力」  
  •           近くの図書館 をよく利用しています。特に趣味性の高いものや専門性の高いものを          見つけたい時とても重宝しています。先日もいつものように何かビビンとくる          記事を探しに訪ね、借りたい図書が見つから無いまま足は玄関の方へ、そんな時          飛び込んできたのが芸術新潮発行の特集記事「超老力 大先輩にまなぶ、アートと          生きるゴ [続きを読む]
  • 雨に濡れた皐月
  • 数日前は未だまばらでしたのに、今朝庭に出ると庭が急に明るく艶やかに。      これで6分咲きぐらいかしら・・。雨に濡れた花木は情感がありいつまでも眺めていたい。ホームページもご覧くださいませ。 http://atelier-omoi.jimdo.com [続きを読む]