いやはや さん プロフィール

  •  
いやはやさん: いやはやなんともな日記
ハンドル名いやはや さん
ブログタイトルいやはやなんともな日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/autostrike/
サイト紹介文日々の出来事を思いつくまま書いた 私的コラムです。
自由文とりあえず、身近に予定のある 富士登山のことなどから書き始めています。
慣れてきたら、もっといろいろなテーマも書きたいと考えています。
どうぞよろしく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2009/06/22 22:38

いやはや さんのブログ記事

  • 2017 夏のぶらり旅3 ぶらりしないぶらり旅だよ
  • 今回は北へ向かう旅である。 え? 松本ブックオフのリベンジかって? 違う違う、ま、それはそのうちやってやるつもりだが・・・。 ではついに飯田線完乗にチャレンジかって? ・・・いやそんな無茶する気はないって。 今日は夏の第一回目に引き続き列車乗車が目的の旅となる。 この夏、正確には7月1日。 JR東日本である観光列車が運行を開始した。 ・・・いやだから「四季島」じゃないって! あんなバカ [続きを読む]
  • 2017 夏のぶらり旅2 マジにノープラン・・・いいのか?2
  • 北行きはまたの機会にゆずり予定変更しよう。 ここで頭に浮かんだのはいつぞやの「東海道沿線ブックオフはしご旅」である。 本来、ぶらり旅とは関係のない事であるが、ここのところ時間がなくて思うように仕入に出かけられない日が続いていたので、ここらで仕入れにも行きたいという気持ちもある。 なんだかんだ言っても、ぶらり旅で訪れた地でブックオフを巡るのはけっこう楽しかったりする。 それにはしご旅となれ [続きを読む]
  • 2017 夏のぶらり旅2 マジにノープラン・・・いいのか?
  • 明けて2日連続決行の二日目、であるが。 今日はホントの本当にノープランだったりする。 とりあえずいつもの古河行きに乗り込んだが、なんとなく習慣(?)でそうしただけで、東京方面に行こうと考えていたわけでもなかったりする。 当然、どこで降りるかなどまるで決まってない。 ・・・まあ、一眠りしてから考えよう。 昨夜二日目にそなえ体力を温存すべくおとなしく早めの帰宅したわけなのだが、帰宅した後、ついama [続きを読む]
  • 2017 夏のぶらり旅1 18きっぷで小田急線? 5
  • ここ東中野駅前にある その名も「大盛軒」。 以前からチェックしていたのだがなかなか訪れる機会がなかったボリューム自慢の店である。 さっそく入店。 すでに13時半をまわった時間なので空いているはずと思っていたが、それでも席は半分以上埋まっていた。 なかなかに人気店のようだ。 こちらの一押しメニューは「鉄板麺」! 簡単にいえば鉄板焼きの定食にラーメンがセットになっている、ボリューム自慢のメニューで [続きを読む]
  • 2017 夏のぶらり旅1 18きっぷで小田急線? 4
  • はこね号はどこにいった?  まさか・・・運休?  それはないぞ! 焦る気持ちを抑えつつちょうど近くにいた駅員さんに聞いてみる。 どうやらトラブルで遅れが出ているらしい。定刻に小田原に到着出来ない為、順番を変えて後発の快速急行が先に出発するという事のようだ。 運休ではないとわかりひと安心ではあるが、なんかVSEに避けられているんでないか? オレ? 結局20分近く遅れてはこね号はやってきた。 今度こ [続きを読む]
  • 2017 夏のぶらり旅1 18きっぷで小田急線? 3
  • 小田原までやってきた。 三島行きをキャンセルしたおかげで、朝食を摂る時間は十分にある。 ここ小田原での朝食はもう決めてある。 改札口のすぐわきにあるトレタッテというカフェである。 当初時間の余裕がないと予想されるなかで移動時間のロスを極力減らそうというだけの理由でチョイスした店であるが、なかなかどうしてこの店は当たりであった。 落ち着いた雰囲気の静かな店でモーニングメニューも数種類から選ぶ [続きを読む]
  • 2017 夏のぶらり旅1 18きっぷで小田急線? 2
  • 新宿に着いたらあとはぶらり旅だ。 さて乗ると決めた以上狙うは展望席、それも前面展望最前列だ。 とにかく指定席の確保が最重要事項である。 決行日は平日だが、夏休み真っ盛りの8月であるし、普段から展望席は競争率が高いと聞く。 ここは念入りな準備が必要だろう。 静岡県から予約するとなればネットしかないわけだが、小田急のHPをみると二通りの予約窓口が設置されている。 ひとつは一般向け、もう一つは会員制 [続きを読む]
  • 2017 夏のぶらり旅1 18きっぷで小田急線?
  • さて、夏のぶらり旅、第一回目のメインテーマは目的地ではなく移動手段である。 18きっぷありきのぶらり旅としては反則技といえるかもしれないが、JRではなく私鉄を利用して東京に行く旅である。 もったいぶっても仕方ないのでさっさと書いてしまうが、小田原から新宿まで小田急線を利用する、そしてそれこそが今回の最大唯一の目的となる。 ・・・そう、言わずと知れたロマンスカーである。 なにゆえ今時ロマンス [続きを読む]
  • ぶらり旅顛末記 更新再開  夏のぶらり旅はどうした?
  • えらい久しぶりの更新となってしまった。 既に秋も深まりつつあるきょうこの頃。夏のぶらり旅はどうなったんだ? 行ってないのか? という声が聞こえてくるような気がする。 ご安心めされい。 夏のぶらり旅にはしっかりと行ってきた。 ぶらり旅史上初、5回分完全消費!  ばかりか勢いあまって18きっぷを使わない旅をも決行し、今年の夏はぶらり旅三昧だったと言ってもよいくらいである。  え? だったらなんで更新 [続きを読む]
  • ガス抜きだよ 春のプチぶらり旅 3
  • ちょっとした事件はあったが、バスは予定時刻に発車、15分ほどで目的地についた。 まずはいい加減お腹がすいていたのでお昼ごはんからだ。 到着するまでは、魂心屋か来来亭でラーメンにするか、ステーキ宮でランチにするかなんて考えていたのだが、敷地内にある松屋の看板をみたらなぜか無性に牛丼が食べたくなってそのまま松屋に入ってしまった。(まあ、松屋は牛丼ではなく牛めしだが、ってどうでみいいか・・・。) 特盛 [続きを読む]
  • ガス抜きだよ 春のプチぶらり旅 2
  • さしたる確証もなく、テキトーに決めた海岸までの道であったが・・・。 予想したとおり駅から一直線に歩いて海岸に出られた。 まあ、思ってたより距離はあったが・・・。 駅から海岸にでるまで、ただの一人も人と会わなかったが、さすがに防潮堤の上や砂浜には何人かいる。 絶賛休憩中の営業車、散歩とおぼしき親子連れ。 まったくの無人でないことになんとなく安心する。 大賑わいも嫌だが、見渡す限り自分ひとりという [続きを読む]
  • ガス抜きだよ 春のプチぶらり旅
  • 夏の18きっぷ  シーズンイン! もはや待ったなしの気分の今日この頃である。 とはいえ、人並みに家族を持ち、会社勤めしている身の上。 シーズンに入ったからといって、早速今度の休みは第一回決行! といかないのがツライところである。 残念ながら7月はスケジュールの都合がつかず、8月まではお預け状態が続く。 なわけで、今回はぶらり旅行きたいプレッシャーのガス抜きに出かけた春のプチぶらり旅をレポートさせて [続きを読む]
  • 2017 春のぶらり旅 ラストは東京でまったり・・・か? 4
  • 上野駅到着。 せっかくなので少し遠回りして、上野公園のなかを通ってブックオフに向かう。(正直に言います。単に出る改札口を間違えただけです・・・。) と、公園の入り口あたりだけやけに人混みができている。  なんだろう? 見ると、入口広場の中央に一本のしだれ桜が植えられているが、これが見事に満開なのであった。 この日、まだ東京では桜の開花宣言はまだ出ていなかったように記憶している。 現にそ [続きを読む]
  • 2017 春のぶらり旅 ラストは東京でまったり・・・か? 3
  • ファミマがどうしたって? つまりはこういう事である。 ご存じの方も多いと思うが、ファミマには宅配業者に依存しない独自の配送サービスがある。 はこBOONminiというこのサービス。 つい先日休止した(まあ、事実上廃止だろうな・・・)似ている名前の「はこBOON」とは違い、ファミマのデリバリーシステムを利用した配送サービスである。 発送・受取りともファミマの店舗に限定されるかわりに格安で荷物を送る事が [続きを読む]
  • 2017 春のぶらり旅 ラストは東京でまったり・・・か? 2
  • まず食欲は満たされた。 ここから集中力の続く限りブックオフめぐりといこうか。 というわけで吉祥寺はさっきすませたので、荻窪駅前からあらためてスタートだ。 吉祥寺から荻窪に移動。 荻窪のブックオフは北口のすぐ駅前にある。 さっそく入店。 ってオイ!  いきなり大当たりだよ! なんと荻窪駅前のブックオフでは、一年以上前からずっと探していて、それでも全然みつからなかった本を一挙に10冊以上も見つけ [続きを読む]
  • 2017 春のぶらり旅 ラストは東京でまったり・・・か?
  • 長野行きの翌朝、お馴染みの沼津駅7:00発の古河行きに乗り込む。 前日、結果的に余裕を残しての帰宅だったおかげか、とりあえず疲れは感じない。 ・・・けど、まあ  やっぱちと眠いか・・・。 行先が決まらない場合はとりあえず首都圏に向かう。いつものセオリーに従っての行動である。 まずは昨夜の疲れを少しでも癒やすべく睡眠をとる。 大船を過ぎたあたりでなんとか眠気がとれた。 そして本日の予定も決ま [続きを読む]
  • ぶらり旅 ふたたび北へ 5
  • 「豚のさんぽ」 到着!  即入店!! こちらのお店、今日身延線の車中で急遽ネット検索して見つけた店である。 黒部ダムカレーが名物だという。 なるほど、そういえば大町市は黒部ルートの長野県側の入口なのであったな。 ダムカレー。 提供する飲食店が全国的に増殖中であるのは知っていたが、黒部ダムのはその元祖であったような記憶があるが、どうだったっけ? 正直いってビジュアルがその特徴のすべてといえそうな [続きを読む]
  • ぶらり旅 ふたたび北へ 4
  • 信濃大町到着が11:47、って、遅くないかそれ? たしか普通列車で松本⇒信濃大町は1時間弱だったと思うのだが、快速なのに1時間以上かかるって何? ・・・やっぱ車内放送でなにか言っていたのでは? その間にも列車は快調に飛ばし、通過駅をパスしていく。 どう見ても普通列車より速いよなー。 この調子なら30分くらいで信濃大町に着いちゃいそうなんだが。 う〜ん、どういう事なんかな〜。 疑問がとけたのは約2 [続きを読む]
  • ぶらり旅 ふたたび北へ 3
  • 来たのである・・・。 待っていたモノが来た! 甲府を出発して韮崎を過ぎたあたりから、空に白いモノがチラつきはじめた。 きた? キタ?  キタノカー? 雪・・・。 ユキ! ユキイーーー!!! 紛れもなくこれは 雪! けっこう強く降ってきた。しかも進むほどに景色も白く染まっていき・・・。 特急の待合せで日野春に停車したころにはあたり一面の銀世界、しかも現在進行形で絶賛降雪中である。 期待 [続きを読む]
  • ぶらり旅 ふたたび北へ 2
  • さて、 山梨県側に入ってしばらく行くと「内船」という駅がある。 身延線は、富士⇔富士宮間をのぞき単線であるため山梨県側に入ると列車交換のため停車時間の長い駅がいくつかある。 この内船駅もそうした駅のひとつであるのだが・・・。 内船駅停車中に列車無線が入ってきた。 私は先頭列車(っても2両編成なのだが)の運転席よりに座っており、先頭車両の乗客は私一人だけであった。 ゆえに運転席での列車無線の [続きを読む]
  • ぶらり旅 ふたたび北へ
  • 早朝5時、目覚ましの音で目覚めた。 そそくさとフトンを抜け出し身支度を整える。 今日のぶらり旅も前回に引き続き始発列車でのスタートである。 いつもぶらり旅にでかけるとき、顔にはださないまでも心の中ではうきうきしているのが常である。遊びに出かける時は誰しもがそうだと思うが、どうだろう? だが、今回ばかりは多少の不安を抱えつつの出発である。  なぜか? 実は今回は、ぶらり旅初となる2日連続の決行と [続きを読む]
  • ぶらり旅 北へ 5
  • 中津川到着。 ここからは快速に乗り継ぎとなる。 多少時間の空きはあるが、駅の外にでるほどの時間はない。 なにより名古屋行きの快速は既に入線している。 席を確保するためにここはおとなしく快速に乗り込み発車を待つ。 定刻どおりに中津川を出発。 快速といってもここ中央西線では東海道線のそれとは違い、あまり駅をとばさないようだ。  [続きを読む]
  • ぶらり旅 北へ 4
  • さっそく松本行きの電車に飛び乗る。 村井駅はこれまた閑静な駅であった。 小さいながらも駅前広場もあったりするが、特に商店は見当たらない。 !! 駅蕎麦があるではないか! ウウッ、食いたい! 食いたいがさすがにそこまで時間の余裕はないか? ブックオフを速攻で終わらせれば食せるだろうか? &nb [続きを読む]
  • ぶらり旅 北へ 3
  • 予定通り塩尻に到着。まだ10時前である。 こう書くと、なんだか信州へのぶらり旅も楽そうに聞こえるかもしれないが、ここまではたまたま乗り継ぎ時間も短くスムーズに移動できただけであり、問題はこの後なのである。 さて、うまい事に昼ごはんを食べようとチェックしておいた店は塩尻の駅近く、というか駅前広場にある。 駅を出て徒歩10秒の近さである。 &nb [続きを読む]
  • ぶらり旅 北へ 2
  • 少し前置きが長すぎたようだ。本題に入ろう。 甲府で8時16分発松本行きに乗り換える。 最初の目的地、 というか首都圏みたいにあちこち行けるわけではないので必然的にメインの目的地になってしまうのだが。 まずは塩尻に行こうと思う。 その理由は?といえば・・・。 まず塩尻の駅近くにはブックオフがある。 やはり初めてのエリアに踏み込む [続きを読む]