繭未 さん プロフィール

  •  
繭未さん: 繭未ブログ Tokyo Life!!
ハンドル名繭未 さん
ブログタイトル繭未ブログ Tokyo Life!!
ブログURLhttps://ameblo.jp/mayumi-music/
サイト紹介文繭未の日常をつづったブログです。 幕末にどはまり中の新選組大好き歴女♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2009/06/23 23:23

繭未 さんのブログ記事

  • ボタニカル フォース うるおい ジュレミルク
  • ボタニカル フォースのキャンペーンに参加中[PR] ファンケル様より「ボタニカル フォース うるおい ジュレミルク」をいただきましたこちら、セブン&アイとファンケルとで共同開発したスキンケアブランドなんです 容量:55mL価格:1,200円(税抜)標準使用量:4プッシュ程度発売日:12月4日(月) ボトルのデザインがシンプルでかわいいですポンプ式というのも楽だし、衛生的なのでうれしいですしかもこれ一本で、5役化粧水、 [続きを読む]
  • ボロ市2018
  • 昨日は友達とその娘と世田谷のボロ市に行ってきました存在自体は知ってたんだけど、初めてです駅で言うと、世田谷線の上町駅〜世田谷駅です ボロ市は12月(15・16日)と1月(15・16日)の年2回、2日間ずつ、代官屋敷を中心にボロ市通りで行われます 朝10:00でしたが、すごい人でしたお昼になるにつれて、どんどん人が増えていきます ついこないだ、アド街で紹介されてたお店なんて、大行列でした まずは甘酒〜 せたがやボロ市は [続きを読む]
  • 北海道旅行 ?
  • 函館駅前へ戻ってきました、もうそろそろ江戸へ帰る時間ですまずは少し遅いお昼ご飯を駅前の朝市で有名などんぶり横丁内です 山三 道下商店 サッポロビール私にとってのガソリン 道下丼(うに・いくら・ほたて・かに) 2,000円海藻の入ったお味噌汁と、イカの塩辛に漬物も 私、うにが大好きでとろけるぅ〜〜〜甘い〜〜〜クリーミーそしていくらもプチっと濃厚で美味しかった大大大満足 最後の観光の地はここ駅から10分ほどで [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑳
  • もしダメだったとしても近くまで行きたいそんな思いで、谷地頭(やちがしら)まで来ましたそしてまずはこちら 函館八幡宮室町時代の1445年に、亀田郡の領主・河野政通が初めて函館に館を築いた折、館内に八幡神を祀ったのが起源とされ、現在地には1880年(明治13年)に移りました。 本殿でお参りをした後、御朱印もいただきました「函館総鎮守」という文字がとても印象的です この高い場所から、函館を守っているんですね本当 [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑲
  • 2017.12.23(土)北海道5日目、函館の朝です屯所の湯で朝風呂もしっかり入りましたまたしても一人風呂 珈琲サービスがあるというので、ホテルの中のレストランへ セルフですが、嬉しいサービスですここでも一人レストラン?誰も泊ってないの???www気配はするんだけどなぁ〜 落ち着く〜ずっとここにいたい 函館元町ホテルさん、お世話になりましたとってもいいホテルでした いつかこっちの蔵(屯所の庵)にも泊ってみたい [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑱
  • お酒も飲んで、気分がよかったので歩いてこの日のホテルへやってきた意外と距離あったな・・・駅で言えば大町です ホテルの前には新選組自販機最高だぁ〜 函館元町ホテル ここに泊まれるなんて思ってもみなかったよ平日だからこそ・・・夢だったんだぁ〜 ここは、新撰組屯所跡地なんです旧称名寺跡ですホテルのオーナーさんが案内板を設置してくれたそうですよ 気分は新選組の一員です「ただいま戻りました〜」な想いで中へチェ [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑰
  • 十字街から赤レンガ、ベイエリアへやってきました倉庫を改装したショッピングモールですこの時期、はこだてクリスマスファンタジーというイベントがやっていて、海上には、高さ約20mもの大きなクリスマスツリーが飾られています※期間:2017年12月1日(金)〜25日(月) ライトアップされて、クリスマスモード満載函館でクリスマスを満喫できるなんて、贅沢でしょ とりあえず、色々なお店を散策飲食店、お土産屋さん、色々ある [続きを読む]
  • 正妻 慶喜と美賀子
  • 正妻、読みました面白かったです林真理子さんは、大河ドラマ「西郷どん!」の原作者ですね 小説として読むのなら、とても面白いですこうだったら・・・という希望?のようなものが見えますなぜ大阪城から慶喜は江戸へ逃げ帰ったか???その答えが記されています。ちょっとだけ「なるほど〜」と思ってしまいましたちょっとだけね。でも、やっぱり有り得ないなぁ〜とも思ったりw もともと私、慶喜さま大好きなんですが・・・この [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑯
  • その女は誰ですか?歳三さま 五稜郭タワーから市電乗り場までの間にありました 続いては函館どつく前まで移動です駅前にあるのがこちら↓ 弁天岬台場跡 台場を占拠した旧幕府脱走軍は、新政府軍と砲戦を展開したが、新政府軍に圧倒され、明治2(1869)年5月15日、台場に籠城していた箱館奉行永井玄蕃ほか約240名全員が降伏した。台場はその後、弁天砲台として陸軍省の所轄となり、函館砲隊が守備していた。明治29(1896)年、港 [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑮
  • 五稜郭タワーへやってきました タワーの下には、箱館戦争供養塔もあります いたよいたよーーーーー遠くから見ただけで神々しい後ろが雪で白いってのも似合う 土方歳三、推参っかっこよるぎるーーーーーーー 近くにいたお兄さんを捕まえて撮ってもらう 新選組のダンダラ羽織もいいけど、やっぱり洋装がいいこの世の中にこの人よりも素敵な人はいるのだろうか?いや、いない、絶対いない 歳三さんのリトファスゾイレもありまし [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑭
  • 五稜郭内、撮影スポットもありますよ 函館ではいろいろな場所で見かけます↑↓ 函館のリトファスゾイレは、歴史のお勉強ができますよリトファスゾイレとは、ドイツ語で円筒形掲示塔という意味です 松平太郎・ブリュネの裏だったかな???歳三さんや伊庭八も描かれてました 五稜郭内は、箱館奉行所だけじゃないよ兵糧庫なんかもあったり そして、お休み処もありますお休み処いたくら柳野ちょっとした飲み物や甘味が味わえます [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑬
  • 五稜郭だ〜雪だ雪だ、雪の五稜郭だぁ お堀が凍ってる(汗) 普段はボートが浮かんでるのにね 雪を登った形跡がいっぱい(笑)今回は辞めておこう もうすぐ奉行所、ウキウキが止まらない 地上に存在した期間、わずか7年という幻の箱館奉行所 1864年(元治元年)竣工1868年(明治元年)旧幕府軍占領1869年(明治2年)新政府軍に引き渡し1871年(明治4年)解体 そんな復元された奉行所は2010年に完成もう昔の奉行所よりも長く建っ [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑫
  • 2017.12.22(金)北海道4日目の函館 市電1日乗車券を購入おや?GLAYのコンサートがあるのかどうりで23日ホテルが予約できないわけだ・・・本当はもう一泊しようかと思ってたんだけどね 駅前の市電から乗って、五稜郭公園前で下車です 梁川(やながわ)公園(梁川交通公園)この公園、かなり大きくて、ゴーカートコースがあったりもします子供たちに交通ルールを教える施設だそうです 雪でまったくわかりませんでしたがwww [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑪
  • 長万部駅へ戻ってきました時間になると「16:15発函館行き改札致します」と案内がん?この辺では時間にならないと駅の改札は通れない感じなのかな? 18きっぷを見せ、入る 最後の乗り換えですJR函館本線 函館行1両ワンマン運転ですここからは約3時間の旅ですひー ほとんど客はいませんでしたラッキー やっと、やっと旅のお供である小説を取り出した慌ただしくて全然読んでなかったからなぁ。とは言え、見る景色・駅が物珍しいの [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑩
  • 長万部(おしゃまんべ)は、温泉とかにめしが有名な所ですならばその二つを満喫しようではないか しかし時間は1時間半しかない私はこの見知らぬ地を・・・ 走った 温泉街は線路の向こう側近道の矢印発見(もちろん下調べ済) かなり細くて長〜い陸橋びっくりした事に、この陸橋には雪がまったくない近所の人か、温泉の組合の方が除去作業でもしているのでしょうか?とてもありがたいです 長万部温泉発祥之地碑が建っています [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑨
  • 2017.12.21(木) 北海道旅行3日目小樽の朝です10:00にチェックアウトをして、時間があまっていたので駅のカフェでモーニング珈琲そして近くの本屋で旅のお供を購入   正妻 慶喜と美賀子(上) 10:53 小樽発 JR函館本線(?知安行) 2両ワンマン運転ですちなみに、ここから先はICカードは使えないそうですよ しんしんと降る雪ちょっと映画みたいなロケーション この日は、函館へ向けて移動です通常は札幌まで戻って北斗で4 [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑧
  • 小樽倉庫へやってきました さっきワイン飲んじゃったから、本格的に飲みたい気分なんですよ 小樽ビール・小樽倉庫No.1 いい雰囲気でしょちなみにこちら醸造所見学もできますたまたま私が行った時は、「今日は機械が動いてない」との事ですが、矢印に沿って自由に見ていいですよ〜って ディスペンシングルームこのタンクからビールを直接グラスに注ぎ提供してくれるんですって 150年前のラガータンク今から150年前というと、戦 [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑦
  • 浅草通にやってきました浅草!?w この辺りには、歴史的建造物が多々あって、日本じゃないみたいな雰囲気が味わえます 小樽バイン北海道産ブドウ100%の樽出しワインにこだわったワインカフェですグラスワインも豊富で、気軽にワインが飲めるお店ですよ 店内はとても広いです おひとり様でも全然入りやすい ランチメニューから、白身魚の香草パン粉焼きサラダとパン(ライス)、飲み物が付きますプラスして赤ワイングラスも [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑥
  • 小樽市役所 新八さんが晩年過ごした場所があったのがこのあたりなんだそうです何年か前までは「楽隠居の地」の表示があったみたいですが、今はありませんこの市庁舎の左隣のマンションとの境辺りが新八さんが隠居地・亡くなった場所なんだそうですよ 少し離れますが、市役所から坂をくだった場所にあります「市役所下」信号の場所です 永倉新八と山田音羽対面の地新撰組・永倉新八を訪ね自称・近藤勇の娘 山田音羽(芸名 綱枝 [続きを読む]
  • 北海道旅行 ⑤
  • 南小樽駅を通りました なかなか古い感じでいい駅だなぁ雪と駅、電車ってなんでこう合うんだろう さて、南小樽駅から小樽駅方面へ戻っていきます来たよ・・・また坂歩道も雪まみれなので、結構怖いですでもね・・・、札幌・小樽の雪は比較的滑らないですサラサラしててザクザクしてて、、、って伝わる?w 量徳寺1858年に東本願寺の掛所(出張所)として開創。 こちら新選組、永倉新八(杉村義衛)の菩提寺です 本堂 永倉新 [続きを読む]
  • 北海道旅行 ④
  • 2017.12.20(水) 北海道旅行2日目 小樽駅前へやってきましたバスのりばへ おたる散策バスへ乗車 人力車この季節でもやってるのか乗る人も結構勇気いると思うんだけど 北一硝子前バス停で降りましたこのあたりは結構お店がいっぱいで賑わってましたこのあたりがメイン通りなんだね 武将館なんてのもありましたよやっぱり外国人向けだろうね 硝子のお店がいっぱいかわいいグラスや小物、アクセサリーなんか売ってます あこ [続きを読む]
  • 源さん展示へ
  • 今日は、職安の説明会終わりに日野へ行きました幕末維新スタンプ押しに、新選組のふるさと歴史館へ井上の源さんの企画やってるのは知っていたので、丁度いいと思って井上源三郎よりは松五郎(兄)の方が充実してた感じがしました松五郎の長女が捨助の嫁だったとは知らなかったwwwこういう所、まだまだ全然頭に入ってないなぁ〜 ・・・ で、まんまと展示に満足して、スタンプ押すの忘れたという(笑)何しに行ったんだか お客さん [続きを読む]
  • 北海道旅行 ③
  • サッポロビール園(サッポロビール博物館) 以前来た時にお休みで入れなかった場所、リベンジですそろそろビール飲みたい〜〜〜〜ってな事で、来てみました 予約はしてないので、自由見学(無料)矢印に沿って見学していきますサッポロビールの歴史と、ビールに関する情報を知る事ができます 煮沸釜麦酒の仕込時に麦汁を煮沸するためのもので、この工程が味や香りに大きな影響をおよぼす。ここでホップを加えて煮沸することによ [続きを読む]
  • 北海道旅行 ②
  • 札幌駅へやってきました7年ぶりです まずはランチから札幌と言ったら・・・ そう、スープカレー有名なお店だけに、少し外で待ったよ  スープカリー ヒリヒリ2号 アジアンテイストの店内ワクワク。 骨チキチキンカリー一番人気みたい辛いもの好きにおススメの3辛で スプーンでほろほろと崩せるチキンそして揚げたのかな?野菜がとってもいい味・触感でした辛くて暑くなったよスープカレーうまーーーーーーーはまりそう しか [続きを読む]