Hano さん プロフィール

  •  
Hanoさん: Hano×London
ハンドル名Hano さん
ブログタイトルHano×London
ブログURLhttp://hanoxlondon.blog54.fc2.com/
サイト紹介文情緒不安定性パーソナリティ障害/解離性障害 服薬ゼロ/精神分析的精神療法 それから、彼とねこと写真
自由文こころの日記だよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/06/25 08:35

Hano さんのブログ記事

  • 恋愛小説
  • 本を、読んだ本を、読み終えて読んでいる最中から幾度か泣いて途中でやめて続きは明日にしようと思うのにこのままでは止まれない勢いがついてしまって本を読み終えて泣いて、泣いて、泣いて涙の止め方がわからないほど泣いて明日は人に会うんだと、腫れそうな瞼を感じて瞼が重いのは涙のせいなのか眠気のせいなのかわからなくなった今日、彼にメールを送ろうかと迷った本は、恋愛小説でわたしは、恋愛小説が読みたかった訳ではない [続きを読む]
  • 眠たい本を読んでいた図書館で借りた本を娘が寝たあと残してしまった家事を終え猫を撫で布団に潜り込み本をその本を読みながらクライマックスでもないのにこみあげてくるものがあり涙が滲んだ読んでいる間ちらちらと彼の姿が浮かんだ先生のことも少しそれで、わたしは思った彼と、手をつなぎたい何かもっと大それた、、口づけとか身体を寄せるとかセックスとかそうゆう欲望みたいなものではなく大きな抑揚もなく黄昏色に染まる静か [続きを読む]
  • decades
  • 髪を切った、久しぶりにもう最後に切ったのがいつだか思い出せないほどだった伸ばしているから、というのもあるし(最初は娘の七五三に合わせてわたしも伸ばそうと思い、そしたら娘は髪の長いお母さんが良いらしいし、母娘で髪が長いと一緒に髪結いで遊べるし、((わたしの不器用さはまだわからない幼子なのだ))夫も髪の長いわたしを見るのは初めてで喜んでいるみたいだし、ショートヘアがわたしの一番の髪型だとは思っているの [続きを読む]
  • 君のこと
  • 大丈夫眠るのも明日朝目覚めるのも怖くないよって伝えてあげたい生きるのは怖くないよって伝えたい [続きを読む]
  • 濡れている
  • 久しぶりに彼に会った後お風呂で泣いた。そして湯けむりとともに浴室を出てバスタオルで濡れた髪を掻き上げながら鏡を見た。素っぴんの肌。少し赤くなった目元。わたしは、わたしの顔を見て驚いた。女だった。わたしまだ、こんな顔するんだ。母親になって、捨ててしまったと思っていた。それが、鏡に映ったのは、慕う男を想って泣いた女。まだ、あどけなさが残るような。そんなはずはないのに。すっかりおばさんのわたしが。鏡の中 [続きを読む]
  • 今日もひとつ
  • 強くなりたい。泣いてばかりいるのに。母親として、強いふりばかりして駆け抜けてきた。でもそうじゃなくて。人として、女性として強くなりたい。大切な人たちを守るために。強くなる、きっと。こんなにも弱いわたしでも。あなたのためにわたしは。 [続きを読む]
  • サブタイトル
  • 思っていることがある。ここ二回、精神療法を無断欠席。一度目は不可抗力。二度目は意思を持って。こんなことしてたら不安定になるからダメだとはわかっているのに。反抗期?いや、違います。ただ通信の問題とかそっちの猥雑な。あぁ、二回連続でサボると英国からレターが届くのだけれど地球を半分隔ててるって焦れったい。でも、やっぱり反抗してるのか。先生には、「幸せになる正しい道を行け」と言われているような気がする。そ [続きを読む]
  • 大切なもの
  • 大切なものがいくつもあってポロポロと泣く。どれもこれも嘘偽りなく大切だ。何も無いと泣いていた過去と今の涙は何が違うんだろう?今日、車を洗ったお外行くよー。寒いから上着なー。あ、合羽にする?うん、着るー。苺のやつ。あれ?ーちゃんスニーカーなの?お母さんは長靴。そう言って外に出て、駐車場から車を出す一旦ブレーキを踏んでギヤをドライブに入れて止まる履いた長靴が男性物でぶかぶかしている車庫から門の前、それ [続きを読む]
  • glorious naked
  • 生きることは苦難に満ちているそれでも生きている泣きながら生きている生まれたままの姿生きることに慣れることはない無垢の剥き出しの命こころ小さき者たちの素直さに感銘を受けるけれどわたしたち大人も同じ未熟なのかもしれないそれでも生きている惰性でもない流されるでもない必死で自分の力で生きているそれは苦難に満ちていても幼子や動物のように命をこころを生きているということなんだろう本当に人として、未熟それでも、 [続きを読む]
  • twilight-dawn
  • 望まれていなかった命そう思えた時腑に落ちたそうだとしたら、今までのこの苦しみも理解できる最初から、望まれていなかったのなら親に愛されなかったのも当然でそう気付いた時不思議と、何とも思わなかった先生は、諭すように、寄り添うようにそれは辛いことと言うけれどわたしには、何の感情も湧かなかった冷静、というより、本当に納得したし慣れ親しんだ、景色だった痛みも、悲しみもそんなものは、日常で落ちてゆく陽と夕暮れ [続きを読む]
  • ずっと、気になっていることがある猫がいなくなってしまったこと彼に、聞きたい猫、いなくなっちゃったけどさみしい?だいじょう、、ぶ?そんなこと、?彼にとって、取るに足らない些細なことならいいのだけれどどうしようもないのだけれど、切ないうちには猫いるよいつでも甘えに来ていいから彼が悲しんでいないか、心配こんな小さなこといつでも彼に聞けるんだけどもしも彼の胸に穴が空いていたとしてわたしは彼のこころ慰めてあ [続きを読む]
  • すみれの花
  • 春が待ちきれずに花の苗を買った小さな植木鉢に植え替えた華やかさはないその可憐な花が愛しくて園芸も初心者で、子育てで時間も限られる今お庭も思うようにはいかないそれでも、土をいじり、身体を使っているとこころが洗われるよう春が待ち遠しいなぁ動物を飼うことと緑を育てること英国は遠くなってしまったけれど定住することで得られたこととても大切だしこれこそが、人の営みと思える土を耕すこと土から離れては、人は生きら [続きを読む]
  • 少し前、彼の海へ行ったすごく、すごく久しぶり変わってしまった景色や薄れてしまった記憶そして、変わらない場所にあぁ、と感嘆した美しいなんて美しいんだろういつも隣にいた彼はいなくあ、あそこ、彼が這いつくばって猫の写真撮ってた想い出して、くすくす笑うあそこの場所は、彼がさ、、あぁここでは、、訪れる場所、訪れる場所、意図したわけではないのに彼の姿ばかり想い浮かんだそこは全て彼だったそして風景は変わらず美し [続きを読む]
  • 生きることは
  • 生まれてこないという選択ができるのならわたしは生まれてくることを選ばない母親になってわたしは自死という選択肢を失ったお腹に子がいた頃死を選択することができなくなったことに打ちひしがれた英国で死ねばよかった改めてそう思ったそして、ずっとここにも書いてきたけれどわたしは、生まれ落ちたから生きているだけでそれを望んでいるわけではないと今でも、変わらないもう、こころに穴は空いていないだろう自ら死を選択する [続きを読む]
  • 彼のことを想っている
  • 彼のことを想って泣いているそんなわたしを彼は知らない彼の前では、笑顔だから彼と一緒にいられることがうれしすぎて笑ってしまうわたしは、いつも泣いているのに彼のことが、好きすぎて [続きを読む]
  • 女とファッション
  • さらば、女知らないうちに、オンナ捨ててたと言うとなんかあれだけど、、始まりはそう、ツワリ吐くことはあまりなかったけれど体調が思わしくない日が続いた今まで何とも思っていなかったブラジャーの締め付けが苦しかったブラを外した(でも結果コレ、実は母乳のためには良いことらしい。妊娠中からケアしないと、おっぱいって勝手に出てくれるものでもない)それから次第に化粧もしなくなった肌に何か付いている違和感もうそれは [続きを読む]
  • 変わらない
  • 美しいものを見ていたい変わってなかったわたしの目こころに涙わたしは、美しいものを見るために生まれてきたんじゃないかとわたしの目わたしの能力わたしは、見える人表現しなくてもいい残さなくてもいい見ていたいわたしの胸は息をするこころが、救われる [続きを読む]