ケン・芳賀 さん プロフィール

  •  
ケン・芳賀さん: ケン・芳賀のグアム体験ブログ
ハンドル名ケン・芳賀 さん
ブログタイトルケン・芳賀のグアム体験ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cpiblog01241/
サイト紹介文グアム探検トレッキング会社を経営者「ケン・芳賀」がグアムの魅力ある大自然を紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/06/26 20:41

ケン・芳賀 さんのブログ記事

  • グアムで一番古いダム
  •  フォンテダムは1910年、グアム首都ハガニア市に新鮮な水を送り込むためにアメリカ海軍により建設されたグアムで最も古いダムです。高さ約7メートル、幅約5メートルの小さなダムですが、レンガとコンクリートでとても頑丈に造られています。当時はダムとして使われていましたが、現在はその用途はなく、貯水池の建物と水道管だけが残っています。貯水池は今でも雨水を貯め、フォンテリバーを通り海へ流れ続けています。 グアム探 [続きを読む]
  • グアム アクティビティ(修学旅行)
  •  グアム旅行というと「海とマリンスポーツ、ショッピング」が目玉であり定番となっています。 このグアム探検トレッキングツアーは、「遊泳が苦手な生徒の為に何かないか」という学生委員会の生徒が発案して始りました。遊泳器具もいらず危険性も少なく自然を満喫し、参加者全員が共通の辛さや楽しさを思い出として残せるのがトレッキングツアーです。  300人以上のグループでもコーディネイトができるグアムでただ一つの専門オ [続きを読む]
  • グアム平和学習ツアー(修学旅行)
  •  70年以上前の太平洋戦争グアム戦の戦跡を探訪しながら当時の戦争がいかに行われ、その結果何をグアムと日本にもたらしたのか、を学習する体験学習。  ツアーは日本軍とアメリカ軍の闘いの模様をその戦場跡で学習し、ローカルが強制収容されたマネンゴンを訪問します。その他の戦跡、ツアーの行程と時間は調整(3〜4時間程度)が可能です。*戦場と現場で生徒が主催するそれぞれ15分ほどの慰霊祭はオプションとなります。 2004年 [続きを読む]
  • グアム 赤土の丘
  •  グアムには粘土質の赤土がむき出しになっている場所が多くあります。その中でも有名な場所がグアムど真ん中にそびえ立つアルトム山の赤土の丘です。山肌が赤一面なのは鉄分をたっぷり含んだ酸性の土壌だからです。最近ではPerfumeの25thシングル「無限未来」のミュージックビデオで一部撮影されました。グアム探検トレッキングツアーのお申し込みとお尋ねは、www.usesguam.comか090-4959-6456へ日本語でどうぞ。 [続きを読む]
  • グアム鎮魂社とは Guam Chinkon Shrine
  •  グアム鎮魂神社は日米戦没将兵と地元民犠牲者を祀り鎮魂することを第一の目的に、母国を愛し国民を守るという尊い犠牲的精神を次世代へ伝えその意志を繋げることを第二の目的に建立したものでグアム政府と地元民の献身的な協力によって完成されました。 かつて大東亜戦争(太平洋戦争)ではグアムでも激しい戦闘がありました。その最も象徴的な戦場がアデラップで日本軍は見晴岬の岸壁陣地と称しました。鎮魂社はその陣地内に建 [続きを読む]
  • U.S. Explore & Study, inc.のオフィスの場所
  •  U.S. Explore & Study, inc.のオフィスはホテルロードど真ん中という好ロケーションのグランドプラザホテル2階にございます。 飛び込みのご予約、コースへの質問、準備に不安のある方、トレッキングが初めての方でも安心して参加できるよう、スタッフがサポートさせていただきます!お気軽にお越しください。最寄りの赤いシャトルバスのバス停は タモンシャトル北廻り17番:パシフィックベイホテル前(グランドプラザホテル) [続きを読む]
  • 2018年 8月の声
  • 「グアム秘境探検トレッキングツアー」、「グアム太平洋戦争・戦跡巡りツアー」のお申し込みとお尋ねは、www.usesguam.comか090-4959-6456へ日本語でどうぞ。【トレッキングツアー参加者の感想】「大人になってドロの中を歩く経験が全くなかったのでとても新鮮な気持ちになりました。目に入ってくるものがすべて刺激になりました。子供に戻ったように楽しくはしゃぎました。川へのダイブは特に印象的でした。東京では味わえない手 [続きを読む]
  • 2018年 5月の声
  • 5月の声【トレッキングツアー参加者の感想】日本とは環境が違うので、生えてる植物が違うのを感じるし、その中で古代チャモロ人の村跡のラッテストーンや石臼で文化を感じることが出来た。グアムのイメージの違いというのは特にないですが、ビーチやショッピングというのだけでなく、ジャングル、山、洞窟、といった魅力を色々な人に知ってほしいと思います。岩手県花巻市 30代男性【戦跡ツアー参加者の感想】今回ガイドブックで [続きを読む]
  • 2018年 2月の声
  • 2月の声 昨年の日本人ツーリストは月毎に減る一方で年末には全体の20%を切るようになりました。新年からこの方卒業旅行の若者が例年のように来島しているので見た目は何と無く回復したように思えます。しかしこれを一過性で永続性のない現象、と判断する勇気を持てないのが観光局で、「日本人マーケットは回復した」と恥もなくそう宣言して自らの政策の無能を否定しています。それがグアム観光の悲劇とも言えます。担当者らが謙 [続きを読む]
  • 2017年 12月の声
  •  早いもので師走となりました。 今年の総括をすると、毎月日本人ツーリストが減少していって今年遂に来島者で韓国人ツーリストが日本人ツーリストを逆転しました。韓国からグアムへの格安航空会社(LCC)がここ数年、便数を増やし、韓国人ツーリストは毎月二桁増が続いています。 グアムの日本人の来島者は20年前の1997年の111万人を最盛期に、去年2016年には74万人と最盛期の約60%まで減少、さらに今年は最盛期の約40%まで…来 [続きを読む]
  • 改めるに憚ること勿れ
  •  北鮮ミサイルの挑発の所為だけとは言えませんがこの時期の来島者はさっぱりでグアムはどん底景気に近づきつつあります。島国の欠点はこういう外部による事象に疎く、先を読み取る情報にかけることがあります。であるから進んでこれを打開するにはかなりな作業とエネルギーと情熱がいりますが島国ですから(危機感がなく)動く人がおりません。 先だってミサイル挑発で来島者が少ない事を心配して日本人を対象に「安全宣言キャン [続きを読む]
  • 2017年 11月の声
  •  先月末頃から今月は米国トランプ大統領が日本、アジア歴訪のたびに出て、特に北朝鮮のミサイル核開発について諸国と意見交換を続けています。日本は憲法で専守防衛のみ武力対抗できることになっているから、北朝鮮から発射され本土着弾するまで何もできない縛りがあります。であるから米国の防衛力に頼らざるを得ません。ことの是非は戦火に巻き込まれたら出るでしょう。年末に近づくと今年逝去した知り合いの顔を思い浮かべます [続きを読む]
  • この頃のこと、
  •  今の日本はこれまでややニュアンスやスケールが違った意味で混乱と混濁がありますね。かつては「日本人という価値観」はだいたい似たようなものでそこにお互い疑いはありませんでした。常識と愛着と責任というものが概ね共通認識だったのです。ところがコンピューターが敷衍してから日本の世相も文化も変わりました。一つがテレビゲームであり一つがスマフォ文化です。つまり楽しむのに場所と時間を選ばず、そこに自己主張を盛り [続きを読む]
  • 東京参り
  •  小雨降る秋の東京へ行ってきました。 靖国神社の例大祭へ出席するのが目的でどういう具合かその日は快晴で年配の参会者が苦労しなくて良かった、と自分も年配の身でありながらそれを忘れてホッとしました。 それと同時に巷では衆議院議員の真っ最中、小池騒動だ立憲何とか党だ、とあいも変わらず目先のことばかりをマスコミが煽り立てている間、街行く庶民は興味なさそうでした。期日前投票をしたのですがそこにもわんさか老人 [続きを読む]
  • 2017年 9月の声
  • 9月の声今年に入って俄かに韓国人ツーリストが目立ち始め、この頃では日本人ツーリストの来島者が逆転してしまいました。韓国人ツーリストのマナーの悪さをよく聞きますが、大事なのは「なぜ日本人ツーリストが激減してしまったか」という単純だが重要な分析が未だに成されず、個々人が割り出したその理由には納得がいかないものが目立ちます。グアム観光局は莫大な予算を日本の広告代理店に費やし、その活性化や発展に期待をして [続きを読む]
  • 2017年 7月の声
  • 7月の声 去る7月9日早朝から夕方にかけてのグアム戦没者と地元民戦没犠牲者の慰霊祭が終了しました。今年で5年目になる慰霊祭は、午前はジーゴ村で地元民犠牲者慰霊祭、午後2時からグアム政府公社敷地内に建立した神社前で神社落成式を兼ねております。午前はローカルの虐殺遺体が遺棄されていた場所のジーゴ村のチュグニアン、日本人学校教諭は別にして在留邦人は参加せず遠方から有志の手によって慰霊祭を行うのが通例となりま [続きを読む]
  • 2017年 6月の声
  • 6月の声 グアムはのんびりした島だから誰もが皆のんびりしている、と思っていました。しかし、そう思い付く私自身がせっかちでアグレッシブなので変な日本人と思っている人も多くいるはずです。 ここグアム、思う事が時間通りに進むことはまずありません。どんな簡単な着想でも、それを企画し時間にかけていくと「アっ」という間もなく時間が迫り、それに押されて他のことに目を配れなくなります。なんのことはない、東京と同じ [続きを読む]