ケン・芳賀 さん プロフィール

  •  
ケン・芳賀さん: ケン・芳賀のグアム体験ブログ
ハンドル名ケン・芳賀 さん
ブログタイトルケン・芳賀のグアム体験ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cpiblog01241/
サイト紹介文グアム探検トレッキング会社を経営者「ケン・芳賀」がグアムの魅力ある大自然を紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/06/26 20:41

ケン・芳賀 さんのブログ記事

  • 2018年 5月の声
  • 5月の声【トレッキングツアー参加者の感想】日本とは環境が違うので、生えてる植物が違うのを感じるし、その中で古代チャモロ人の村跡のラッテストーンや石臼で文化を感じることが出来た。グアムのイメージの違いというのは特にないですが、ビーチやショッピングというのだけでなく、ジャングル、山、洞窟、といった魅力を色々な人に知ってほしいと思います。岩手県花巻市 30代男性【戦跡ツアー参加者の感想】今回ガイドブックで [続きを読む]
  • 2018年 2月の声
  • 2月の声 昨年の日本人ツーリストは月毎に減る一方で年末には全体の20%を切るようになりました。新年からこの方卒業旅行の若者が例年のように来島しているので見た目は何と無く回復したように思えます。しかしこれを一過性で永続性のない現象、と判断する勇気を持てないのが観光局で、「日本人マーケットは回復した」と恥もなくそう宣言して自らの政策の無能を否定しています。それがグアム観光の悲劇とも言えます。担当者らが謙 [続きを読む]
  • 2017年 12月の声
  • 早いもので師走となりました。今年の総括をすると、毎月日本人ツーリストが減少していって今年遂に来島者で韓国人ツーリストが日本人ツーリストを逆転しました。韓国からグアムへの格安航空会社(LCC)がここ数年、便数を増やし、韓国人ツーリストは毎月二桁増が続いています。グアムの日本人の来島者は20年前の1997年の111万人を最盛期に、去年2016年には74万人と最盛期の約60%まで減少、さらに今年は最盛期の約40%まで…来年はデ [続きを読む]
  • 改めるに憚ること勿れ
  •  北鮮ミサイルの挑発の所為だけとは言えませんがこの時期の来島者はさっぱりでグアムはどん底景気に近づきつつあります。島国の欠点はこういう外部による事象に疎く、先を読み取る情報にかけることがあります。であるから進んでこれを打開するにはかなりな作業とエネルギーと情熱がいりますが島国ですから(危機感がなく)動く人がおりません。 先だってミサイル挑発で来島者が少ない事を心配して日本人を対象に「安全宣言キャン [続きを読む]
  • 2017年 11月の声
  •  先月末頃から今月は米国トランプ大統領が日本、アジア歴訪のたびに出て、特に北朝鮮のミサイル核開発について諸国と意見交換を続けています。日本は憲法で専守防衛のみ武力対抗できることになっているから、北朝鮮から発射され本土着弾するまで何もできない縛りがあります。であるから米国の防衛力に頼らざるを得ません。ことの是非は戦火に巻き込まれたら出るでしょう。年末に近づくと今年逝去した知り合いの顔を思い浮かべます [続きを読む]
  • この頃のこと、
  •  今の日本はこれまでややニュアンスやスケールが違った意味で混乱と混濁がありますね。かつては「日本人という価値観」はだいたい似たようなものでそこにお互い疑いはありませんでした。常識と愛着と責任というものが概ね共通認識だったのです。ところがコンピューターが敷衍してから日本の世相も文化も変わりました。一つがテレビゲームであり一つがスマフォ文化です。つまり楽しむのに場所と時間を選ばず、そこに自己主張を盛り [続きを読む]
  • 東京参り
  •  小雨降る秋の東京へ行ってきました。 靖国神社の例大祭へ出席するのが目的でどういう具合かその日は快晴で年配の参会者が苦労しなくて良かった、と自分も年配の身でありながらそれを忘れてホッとしました。 それと同時に巷では衆議院議員の真っ最中、小池騒動だ立憲何とか党だ、とあいも変わらず目先のことばかりをマスコミが煽り立てている間、街行く庶民は興味なさそうでした。期日前投票をしたのですがそこにもわんさか老人 [続きを読む]
  • 2017年 9月の声
  • 9月の声今年に入って俄かに韓国人ツーリストが目立ち始め、この頃では日本人ツーリストの来島者が逆転してしまいました。韓国人ツーリストのマナーの悪さをよく聞きますが、大事なのは「なぜ日本人ツーリストが激減してしまったか」という単純だが重要な分析が未だに成されず、個々人が割り出したその理由には納得がいかないものが目立ちます。グアム観光局は莫大な予算を日本の広告代理店に費やし、その活性化や発展に期待をして [続きを読む]
  • 2017年 7月の声
  • 7月の声 去る7月9日早朝から夕方にかけてのグアム戦没者と地元民戦没犠牲者の慰霊祭が終了しました。今年で5年目になる慰霊祭は、午前はジーゴ村で地元民犠牲者慰霊祭、午後2時からグアム政府公社敷地内に建立した神社前で神社落成式を兼ねております。午前はローカルの虐殺遺体が遺棄されていた場所のジーゴ村のチュグニアン、日本人学校教諭は別にして在留邦人は参加せず遠方から有志の手によって慰霊祭を行うのが通例となりま [続きを読む]
  • 2017年 6月の声
  • 6月の声 グアムはのんびりした島だから誰もが皆のんびりしている、と思っていました。しかし、そう思い付く私自身がせっかちでアグレッシブなので変な日本人と思っている人も多くいるはずです。 ここグアム、思う事が時間通りに進むことはまずありません。どんな簡単な着想でも、それを企画し時間にかけていくと「アっ」という間もなく時間が迫り、それに押されて他のことに目を配れなくなります。なんのことはない、東京と同じ [続きを読む]
  • 2017年 5月の声
  • 5月の声 寒さ暑さも彼岸まで、と言います。日本は彼岸花が美しい時期だそうです。 地元ゆえの産みの苦しみとでもいうのでしょうかようやく「グアム鎮魂社」の建立認可がおりました。これまで口頭で約束してはいたものの、そこはお天気次第でくるくるコースが変わるようにこの島での役所向きの運びは思うようになりません。そのお陰で少し利口になりました。 で、早速グアム戦没者慰霊祭のご案内とご招待 今年度のグアム太平洋 [続きを読む]
  • アメリカ事情、トランプ政権100日
  •  「またかい」と言われそうでなんですが、トランプのことから・・・。昨日の彼の蜜月100日間の感想演説を耳にしました。その自画自賛、軽薄なコメント、子供みたいな物言いにうんざりしたのは世界の頂点に立つ米国に期待があるからでした。彼を評価するのは一点、シリア爆撃だけ。しかしそれも中東に自由主義を定着させたい、という広義の攻撃ではなく「子供が毒ガスで殺されたから」という弱者救済のようなイメージしか残しませ [続きを読む]
  • トランプの逆襲
  •  トランプ大統領のシリア爆撃が社内で話題になっています。我々は「平和」を強く求めています。毒ガスを放ったシリア軍人も核ミサイルを他国に発射する北鮮人も、それを阻止しようという米国民や会話を持って理解を深めるべきだと主張する中国人も、自分さえ良ければいいという良識ある我が国民も、皆んな争いのない状態「平和」を願っています。全てが平和のための平和主義者による戦争なのです。もちろん「平和」という言葉は地 [続きを読む]
  • 2017年 4月の声
  •  4月の声 日本は列島を横断する桜吹雪が話題になっています。何年か前に書くことがなくなって桜にちなんだ偉人や辞世を紹介したことがありました。桜はそれだけ日本人の心血に染み込んだ日本的な日本人的なシンボルなのであります。 そこで知人がここグアムに桜木を持ち込み「神社の周辺に植えましょう」と提案してきました。このグアムに桜を植樹する発想はもう随分と前からありました。戦争慰霊碑や各村々に桜吹雪を咲かせよ [続きを読む]
  • 2017年 3月の声
  •  三月の声 あっという間に冬が通り過ぎ巷では桜情報が飛び交っています。 グアムは変わらず冬状態でありながらなぜか春到来を間近に感じていたりします。来島者数だけに熱中する余り質の高いツーリストを軽視した結果が正にこれです。この矛盾した悩みと将来への不安をこれまで何度か訴えてきましたが一蓮托生といって、気がついても誰も動かず動かないままただ成り行きばかりをぼんやりと眺めています。これってなんとなく日本 [続きを読む]
  • 2017年 2月の声
  • 2月の声 今年の日本は全国的に寒波が続いているそうです。グアムはこれまで日本人観光客がその全体の多くを占めていたのですが年々その数が韓国人が増えるにつれ今や逆転の憂き目にあっています。 この現象はグアムにとって極めて深刻な状態で最近になって(売り上げが急落するにつれて)観光局も情況の把握に動いています。もう遅いのですが・・。 なぜ「日本人ツーリストが減少するとまずい」のかといいますと、日本人の購買 [続きを読む]
  • 2017年 1月の声
  • 新年あけましておめでとうございます。 グアムでトレッキングなどのオプションルツアーを始めて17年になります。誰も興味をもたなかった時代、グアムを歩き回った結果「グアムにはジャングルに足を踏み入れた向こうに歴史と文化があった」と感動し、日本のビジターへ「もう一つの自然」を紹介したのがツアーのきっかけでした。今ではわけのわからない会社が雨後の筍の如く湧いて来て真似をしておりますが、それはそれでグアムの紹 [続きを読む]
  • 2017年 一月の声
  • 新年あけましておめでとうございます。 グアムでトレッキングなどのオプションルツアーを始めて17年になります。誰も興味をもたなかった時代、グアムを歩き回った結果「グアムにはジャングルに足を踏み入れた向こうに歴史と文化があった」と感動し、日本のビジターへ「もう一つの自然」を紹介したのがツアーのきっかけでした。今ではわけのわからない会社が雨後の筍の如く湧いて来て真似をしておりますが、それはそれでグアムの紹 [続きを読む]
  • 年末のご挨拶
  •  いよいよ年治めが近づきました。 皆様もさだめしご多忙のことでしょう。 グアムでも年末には大掃除をする習慣があるそうです。  さて、日米両国大統領によるハワイの慰霊行事が終わり、そこで「祖国の為に殉じた兵士」に心からの尊敬と感謝の言葉が交わされていました。知らなかったのですが、その日、攻撃隊の一人(飯田さんという名前の中佐だったか)が被弾し、空母へ戻れないことがわかって、部隊を引き連れ帰路の航路ま [続きを読む]
  • 学生と戦争のこと
  •  神奈川県から修学旅行が戦跡ツアーに参加しました。10年以上も続いています。ツアー後に代表の学生が戦争を「軍人が大間違いを犯した」と発表したのには些か驚きました。教育とは教え方一つで「人道主義的な過ち」と「やむを得ない究極の選択」によって先人の行いの正邪がわかれます。私は教育とは学ぶこと、だと思っていて、であるがゆえに常に様々な見解を(教えるのではなく)伝え続けるものであるべきだと信じています。特に [続きを読む]
  • 真珠湾攻撃の日
  •  今日は真珠湾攻撃の日、つまり大東亜戦争が始った日です。ここグアムはその3時間後に始りました。国会議員の下地幹郎さんはその真珠湾へ慰霊祭の為に参列されています。 さて、安倍総理がそのハワイ真珠湾に米軍戦没者の慰霊に行く、という話についてですが・・。これは賛成も反対もなく、かつての敵国の将兵を公式に慰霊するのは大切なことであって、おそらく陛下も同じことをどこかで思っておられるかも知れません。愚か者は [続きを読む]
  • 11月の声
  •  日本は例年になく寒いそうです。グアムは季節が一つなので季節感がありません。ですからテレビや来島者のお話から様子を聞くしかありません。 この3日に米国とグアムの選挙があり、米国は大統領選がありました。トランプ氏が当選したのですがこのニュースは来年のこの時期になる頃にはふる〜い話になっていることでしょう。時の経つのは早いものですね。 グアムは最近になって韓国来島者が日本人のそれに拮抗してきた、という [続きを読む]
  • 【2016年10月参加者の感想】
  • 「普通の観光ガイド等には無い史実に基づいた案内に大変感謝いたしました。とても勉強になりました。ここまでのガイドを作られるには多くの苦労があったものと思います。印象深いのはツアー全てでありますが、一番感じたのは芳賀様の思いそのままです。グアム島のあらまし、過去の歴史、戦史について、観光ガイドブック等にもしっかりと記載し、島であった出来事を知った上で観光は行うべきだと考えます。観光業だけだなく、まず観 [続きを読む]
  • 11月の声
  •  日本は例年になく寒いそうです。グアムは季節が一つなので季節感がありません。ですからテレビや来島者のお話から様子を聞くしかありません。 この3日に米国とグアムの選挙があり、米国は大統領選がありました。トランプ氏が当選したのですがこのニュースは来年のこの時期になる頃にはふる〜い話になっていることでしょう。時の経つのは早いものですね。 グアムは最近になって韓国来島者が日本人のそれに拮抗してきた、という [続きを読む]
  • 10月の声
  •  今年の日本の天候はかなり不自然で来島するゲストが必ず話題にします。 ホーキンスという学者が「これは地球温暖化に原因があって、早くこれを阻止しないと今後100年の間に地球は消滅する」とかなりな確信をもって提言しました。それでもって世界の学者がやっきになってこれを法案化しようと懸命ですが、上手く事が運びません。我々はその時が来るまでは「何も起こらない」と変な安心感があるのです。 グアムの今年の天候は・ [続きを読む]