タケオ さん プロフィール

  •  
タケオさん: ダウン症ミュージシャン「新倉壮朗の世界」
ハンドル名タケオ さん
ブログタイトルダウン症ミュージシャン「新倉壮朗の世界」
ブログURLhttps://takeoyume.exblog.jp/
サイト紹介文新倉壮朗はサバール、ジャンベ、バラフォンの他、ピアノやマリンバの即興演奏、即興ダンスが得意。 
自由文音楽とアフリカ人に出会い、仲間を集め、溌剌と生き、人生を謳歌している。
アフリカの生の太鼓の音、生き生きした壮朗の音と姿、あふれる優しさの仲間をメッセージに2002年よりコンサート活動をしている。
壮朗にしか出来ないオリジナルの音楽を展開し、多数の人の魂に訴え、笑い、泣き、励まして感動を与え続けたい。合わせて、音楽で培われる感性は生きる力になることを壮朗を通してアピールしたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供374回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/06/26 18:08

タケオ さんのブログ記事

  • ミュジャクの村のお祭りで演奏
  • ブルターニュのミュジャクの村のお祭りは古くから伝わるという面白いイベント。 銅の大きな盥に水を張り、イネ科の葉をその上に渡し、しごく、しごく。あ〜ら不思議・・・! 盥の水が波立ち、震え、得も言われぬ音が・・・・・。グ・グ・グー、ヴゥーーー!人々は黄昏時に、鳥のさえずりが聞こえる広場に三々五々集まり、ゆったり過ごす。 麻紀さんと演奏。写真:鳥飼祥恵 [続きを読む]
  • ブルターニュの小学校で演奏
  • パリのモンパルナス駅から新幹線に乗り、ブルターニュまで列車の旅。 窓の外に広がる景色は北海道の大草原のよう。 降り立ったヴァンヌ駅は爽やかな風が吹く、静かな街。 生徒数50人の小学校の芝生の校庭で麻紀さんと演奏。 子供達の伸び伸びした笑顔が降り注ぐ太陽の光のよう。一緒に演奏したり、リズムを刻んだり、打ち解け合って、遊ぶ。 写真:鳥飼祥恵 [続きを読む]
  • ケ・ブランリ美術館
  • 「原始美術」の研究者・コレクターのジャック・ケルシャシュが構想。 西洋文明が辿りついたものが至上で、他の文明文化は過去の遺産と決めつけ、それを研究材料か、西洋の芸術家にインスピレーションを与えるプリミティヴ(原始的)なものでしかないとの偏見を廃絶したい。なぜなら、人間間に序列がないように、芸術にも序列は存在しない。 世界のあらゆる文化には等しく敬意が払われるべきとのジャック氏の信念が... [続きを読む]
  • Tamagawa Art Gallery Projects 石丸良成「触発・造形展」
  • 実際に触れられる彫刻作品や音で遊べる玩具を展示。 石丸さんは康生(タケオの兄)が参加したグループ展に以前から出品なさっておられ、音の出る、演奏できる彫刻作品を拝見し、とても興味を持ちました。そのグループ展は数年後、開催されなくなり、お会いできずにいましたが、タケオの知人が藤野に住居を構え、そのお隣に石丸さんが引っ越してこられました。ご縁がまた、つながり、玉川大学での個展に行きました... [続きを読む]
  • 「アンサンブルズ東京」
  • アーツカウンシル企画の「アンサンブルズ東京」は大友良英が音楽監督で、東京タワーの下、参加者自らが音楽の場を作り上げる参加型音楽フェスティバル。 「プレイベントin丸の内」では大友さんが昨年の様子をビデオを見ながら説明し、今年8月26日開催の紹介。 会場には全国の皆様が縫い上げた大風呂敷や吹き流しが展示。 大友さんの屈託ない自由なお話は面白い。 休憩をはさみ、大友良英(ギター)×芳... [続きを読む]
  • 数日後の再会
  • 数日前、パリでご一緒させて頂いた仲野麻紀さん、ヤンさん、バシールさんが日本に居る。タケオには世界地図も時間の経過も無い。どこに居ても、どこでも、その瞬間を生きている。 再会で、「楽しかったね!」と言葉を交わし、さよならしました。また、いつの日かお会いできますように・・・・・! [続きを読む]
  • バラフォンのデュオ演奏
  • タケオのバラフォン演奏はムサさんのソロの後に加わり、デュオ演奏。 小さなバラフォンを力強く、そっと、速く、ゆっくり、全魂を込めて流れるように奏でる。2人が共感、共振し、音が生まれる。 音に全身全霊を委ね、うねり、重なり、鳴る。ブルギナファソの村で演奏しているみたいでした。 写真:鳥飼祥恵 [続きを読む]
  • サックス奏者 仲野麻紀さん
  • タケオはフランス在住のサックス奏者 仲野麻紀さんと邂逅し、2度目にお会いしたのがパリ。 新著「旅する音楽 サックス奏者と音の体験」(せりか書房)で、ブルギナファソのバラフォンとの出会い等から、 「西洋音階 vs 非西洋音階」という二元論から、体験的に解き放たれることができたど根性ドラマを綴る。 「音を奏で、紡ぎ、放つのに、時として具体的な目的はない。それは衝動であり、この衝動が突き動... [続きを読む]
  • 第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」
  • 第17回定期コンサート「新倉壮朗の世界」が1ヶ月後になりました。 毎年のことですが、いつもワクワクと不安が交錯します。 若きヴィブラフォン奏者 會田瑞樹さんとのセッションは必見です。 皆様のご来場をお待ちしております。 第1部 タケオ&會田瑞樹 即興セッションデュオ第2部 タケオ&ワガン&ボガ&赤井浩 アフリカンパーカッション日時:2018.8.4(土) 18:30 開場 / 19... [続きを読む]
  • 「いいだ人形劇フェスタ2018」の公開リハーサル
  • 8/10〜11日に飯田人形劇場で開催される「いいだ人形劇フェスタ2018」の公開リハーサル。独自の構造、操作方法の人形を創り、操演する山本由也さん。由也さんが体と華奢な10本の指を微妙に動かすと、人形たちが語りだす。谷川賢作さんはピアノ、歌、ケンハモを自在に演奏し、人形と遊ぶ愉快なパフォーマー。トリ音さんは「テルミン」という面白い、不思議な電子楽器を奏でる。テルミンは本体に手を接触さ... [続きを読む]
  • バシール・サノゴさん
  • コートジボアールのンゴ二とジャンベ、ボーカルの名手、バシール・サノゴさん。スラリと背が高く、キリリとした風貌。 目鼻立ちが明瞭で、細面の顔。 全ての動作が超かっこいい。その上に、優しく、のびやかで、ゆったりとしている。歌声は力強く、哀調があり、仲野麻紀さんとの二重奏は琴線に触れる美しさ。タケオはこの方と一緒にパリ日本文化会館で演奏させて頂きました。 煌きのステージでした。 現在... [続きを読む]
  • フクシゴトフェス!!
  • 「福祉」が気になる大学生のための、インターンシップフェア主催:フクシゴト(一般社団法人FACE to FUKUSHI) 助成:公益財団法人日本財団 秋葉原UDXギャラリーにて開催。 全国から施設が出店し、福祉を学ぶ大学生・短大生・専門学校生250人が参加。プログラムのオープニングで「無限の可能性を持つタケオが奏でる音楽セッション」にマリンバ演奏。 足が痛かったので、動きが少ない... [続きを読む]