Tokuze さん プロフィール

  •  
Tokuzeさん: Tokuzeのメダカ飼育日記
ハンドル名Tokuze さん
ブログタイトルTokuzeのメダカ飼育日記
ブログURLhttp://tokuze.livedoor.biz/
サイト紹介文メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/06/27 21:03

Tokuze さんのブログ記事

  • カモンバとメダカたち
  • ▲メダカ池の様子梅雨が明けて、真夏の日々となりました。メダカの屋外飼育では水温管理に気を使う日々だと思います。さて、我が家のメダカ池では知らぬ間に金魚藻としてお馴染みのカモンバ(カボンバともいいます。)が増殖しています。少し前(5月初旬)のメダカ池の様子は次のとおりですが、▲睡蓮の葉もカモンバもあまり成長していません。(5月初旬)2ヶ月後の今はこんな感じです。 ▲カモンバが大増殖しています。初めの頃 [続きを読む]
  • 梅雨(つゆ)とメダカ屋外飼育
  • 鬱陶(うっとう)しい梅雨(つゆ)の季節です。梅雨時はメダカ屋外飼育者にとっては、楽しい季節ではありません。メダカ観察はやはり、明るい太陽の下で行いたいものですよね。そんな梅雨時のメダカ屋外飼育なのですが、楽しいこともあります。それは、睡蓮などの水性植物が開花期を迎えているということです。我が家の飼育水槽でも睡蓮の開花が始まりました。メダカ池ではコウホネが黄色の花を咲かせています。梅雨の晴れ間などを [続きを読む]
  • メダカ池の様子
  • 久しぶりの更新です。ほぼ年1回ですね。メダカたちは水温が上がり、元気いっぱいです。繁殖期ですから食欲も旺盛なのです。今回はメダカ池の様子をご紹介します。どうぞ御覧ください。 大型ポリバケツのメダカ(餌やりの様子)も動画で御覧ください。 GWも終わり、産卵と孵化の季節(最盛期)です。写真の追加です。睡蓮瓶のメダカたちです。メダカ飼育を楽しんでくださいね。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夏のメダカ屋外水槽の様子
  • お久しぶりです。今年になってから、ブログの更新をしないまま放置してしまいました。放置ブログと化した当ブログなのですが、なんと、毎日1000人以上の方々が訪問してくれています。ありがとうございます。ブログは放置したままでしたが、もちろんメダカ飼育は続けています。ということで、久しぶりに写真をアップしてみます。▲メダカ池です。メダカたちは元気です。そしてメダカたちと同じくらいの数のオタマジャクシが・・ [続きを読む]
  • 平成28年のメダカ飼育【後編】
  • 前回の続きの今年の振り返りの後編です。今回は8月〜12月の飼育の様子です。【8月】盛夏です。夏の陽射しを浴びて睡蓮の花の周りをメダカたちが泳いでいるのでした。まだいくつかの蕾があり、しばらくの間は開花が続きました。メダカ池です。 台風です。強い雨や風の影響で、屋外飼育水槽はこんな様子になりました。【9月】今年生まれたクロメダカが、こんなに大きくなりました。まだ日中は夏の陽射しなのですが、朝晩は少し [続きを読む]
  • 平成28年のメダカ飼育【前編】
  • あと1週間ほどで今年も終りとなります。ということで、今回と次回の記事は、恒例(?)の今年のメダカ飼育を写真で振り返ってみたいと思います。【3月】メダカ池では馬酔木(アセビ)が咲き、春の風にユラユラと揺れているのでした。メダカ池です。3月の後半になるとメダカたちの活性が上がり、水面近くを泳ぐようになっています。メダカ池のメダカたちは、厳しい冬を越えてきたのですが、あまり痩せてもいませんし、元気いっぱ [続きを読む]
  • 【撮り下ろし】12月の夜間観察
  • 12月ということで、冬本番の到来です。昨日からは寒波襲来ということで、とっても寒くなりました。冬はメダカの活性が下がる時期なのですが、夜間観察ではメダカの様子をしっかりと観察できます。ということで、先日、ペンライトをカメラを持って夜間観察にチャレンジしました。(最早、恒例行事ですけどね。)それでは、12月の夜のメダカたちの様子を御覧ください。▲睡蓮瓶のヒメダカです。▲ヒメダカの成魚と稚魚。▲今年産 [続きを読む]
  • 小春日和のメダカたち
  • 12月に入ってからも時折、春を思わせるような暖かな日があります。この前の日曜日が、まさにそのような日、いわゆる小春日和(こはるびより)でした。今回はそんな小春日和の睡蓮瓶の様子を撮り下ろしの写真でお伝えします。庭の睡蓮瓶では、今年生まれたメダカたちを飼育しています。メダカたちは暖かな陽射しを浴びながら、気持ちよさそうに泳いでいるのでした。▲暖かな陽射しを浴びた睡蓮瓶。▲瓶の縁に身を寄せるメダカたち [続きを読む]
  • 【再掲】冬のメダカ屋外飼育の楽しみ方
  • 12月となりました。年末ということで、この頃はとても忙しい日々を過ごしています。まだ暗い朝6時に出勤し、仕事を終えて帰宅するのが21時頃、昨日は23時でした。メダカに手がかからない冬なので良かったのですが・・・。ということで、ブログ記事を書く時間もままならず、今回は以前に書いた記事の再掲です。既に読んだことがある方はご容赦を。1 冬のメダカを観察しよう!夏場であれば、黙っていてもメダカは水面近くを [続きを読む]
  • バケツを活用したメダカ飼育のススメ
  • 寒い日が続きます。一昨日は、東京で54年降りの積雪となりました。私が住む浜松でも冷たい雨が降り、一気に真冬という感じです。そして、早くもインフルエンザが猛威を振るい始めています。我が家でも妻が罹ってしまいました。皆さんも十分に気をつけてくださいね。さて、本題です。今回は、以前にも紹介をしているバケツによるメダカ飼育について改めて書いてみます。メダカの屋外飼育で使用する容器としては、睡蓮鉢や瓶(かめ [続きを読む]
  • プラ船水槽のシンボル、苔石の再生
  • 秋が深まっています。屋外飼育水槽の水性植物の葉も枯れてきて寂しくなってきました。おまけにプラ船水槽では、水槽のシンボルである苔石の苔の一部が枯れて、岩肌が露出しています。実は春先までは、このままにしておこうと考えたのですが、とても気になっていました。そこで、先週の日曜日の早朝に一念発起して、苔石を張り替えることとしました。年に1回程度、苔の張替えを行っていますから、もはや定期的な作業となっているの [続きを読む]
  • 秋の飼育事情【睡蓮瓶編】
  • ▲南アルプスの紅葉前回に引き続き、秋の飼育水槽の様子をお伝えします。今回は睡蓮瓶(すいれんかめ)です。我が家では睡蓮瓶が2つあります。一つは庭に、そしてもう一つは玄関脇に設置してあります。この2つの瓶には、10月になってから屋内で飼育をしていた今年生まれの仔メダカたちを移しました。まずは庭の睡蓮瓶です。▲庭の睡蓮瓶11月になってからは水温が下がってきましたから、残念ながら屋外飼育水槽のメダカたちの食欲 [続きを読む]
  • 秋の飼育事情【プラ船編】
  • 11月です。寒くなってきましたね。秋が少しずつ深まっていきます。(というよりも冬の足音が聞こえてくるような・・・)さて、今回は秋のプラ船水槽の様子をお伝えします。▲秋のプラ船の様子プラ船水槽では、楊貴妃メダカとシロメダカ、ヒメダカを飼育しています。シロメダカは、先日、この水槽に合流させました。▲シロメダカです。▲ヒメトクサの周りを泳ぐ楊貴妃メダカ。▲シロメダカが並んで泳いでいます。▲楊貴妃メダカの [続きを読む]
  • 夜間観察(ヒメダカ、タナゴ、楊貴妃、シロメダカ)
  • 前回の記事では10月のメダカたちをご紹介しましたが、今回は夜間観察のメダカたちの様子です。もちろん撮り下ろしですよ。そして、久しぶりにメダカ池のタナゴの様子も紹介します。では、どうぞ御覧ください。【ヒメダカ】▲睡蓮瓶のヒメダカです。▲健康そうです。▲真正面からのアップです。【タナゴ】▲池の底に2匹のタナゴがいました。▲バラタナゴですね。▲タナゴの稚魚です。【楊貴妃メダカ】▲ナガバオモダカの葉陰に楊 [続きを読む]
  • 10月のメダカ屋外飼育
  • ▲10月のメダカたち10月の屋外飼育の注意点について書いてみます。まず、9月の屋外飼育とどこが違うのでしょうか。一番の違いは、やはり水温です。9月は残暑で30度を超える高水温になることもありますが、10月になると朝晩を中心に気温も少しずつ低くなり、気温に連動して水温も低くなってきます。水温が20度を下回ってくるとメダカの食欲も落ちてきますから、出来れば日中の水温が上がっているタイミングで餌を与えた [続きを読む]
  • ブチメダカは「斑(ブチ)」が個性なのです!
  • ▲ブチメダカと睡蓮の若葉今回は、ブチメダカの話です。以前にもこのブログで記事にしましたが、ブチメダカとは元々の体色にブチ模様が入ったメダカのことです。▲ブチメダカの勇姿。ブチメダカのブチを漢字で書くと「斑」とかきます。そして、「斑」という漢字の読み仮名は、「ぶち」以外にも「ふ」や「まだら」とも読みます。日本人は、不思議なことに、この「斑」が好きで、「斑」が入っていることに価値を見出すのです。特に、 [続きを読む]
  • クロメダカの誘惑
  • 10月となりましたが、皆さんはメダカの屋外飼育を楽しんでいらっしゃるでしょうか。屋外飼育で人気のあるメダカの品種と言えば、やはりヒメダカだと思います。何と言っても丈夫で飼育がしやすく、そして体色が目立つため観察が容易、そして安価で手軽に購入できるという特徴があります。三拍子も四拍子も揃ったメダカ屋外飼育の定番品種なのです。▲こんな様子を見ると、心が癒やされるのです。▲睡蓮の葉の上のヒメダカ自分もヒ [続きを読む]
  • メダカ屋外飼育のススメ
  • ▲苔石と流木、水生植物は熱帯睡蓮とナガバオモダカという定番のレイアウトです。メダカの飼育方法には屋内飼育と屋外飼育があります。屋内飼育ではヒーターや濾過フィルターを飼育すれば、メダカ飼育で一番大事な水温や水質を安定した状態で管理できるというメリットがあります。一方、屋外飼育では気温の高低により水温も大きく変化しますし、雨や風の影響も受けます。夏場には水温が30度台になりますし、冬場には水面が凍りつ [続きを読む]
  • 9月のメダカ屋外飼育
  • まだ日中は夏の陽射しなのですが、朝晩は少しずつ秋めいてきました。夏から秋へと、確実に季節は移り変わっていきます。秋は、屋外飼育のメダカたちにとっては、高水温の夏に比べれば かなり過ごしやすい季節となります。しかし、9月の昼間は気温の上昇とともに、水温がかなり上がることもありますから、まだ注意は必要です。こんな秋の初めには、夏の間に増えすぎた水性植物を間引いたりして、ぜひ手入れを行ってください。睡蓮 [続きを読む]
  • 横見のメダカ
  • ▲ヒメダカが見つめ合っています。恒例の横見のメダカシリーズです。屋内アクアリウムでメダカを飼育していれば横からの観察を楽しむことが出来るのですが、屋外飼育では上や斜めからの観察となります。そのような場合には、観察ケースを使うことにより、手軽に横からのメダカ観察を楽しむことが出来るのです。ということで、今回は、我が家で飼育しているメダカの横見の写真を少しご紹介します。まずは、ヒメダカです。▲ヒメダカ [続きを読む]
  • 【恒例】夏の流木拾い!
  • 台風が次々と日本を襲ってきています。これからが台風シーズン本番です。万全な対策をして台風に備えてください。気になる方は、前回の記事を参考としてください。さて、ここからが本題です。メダカ飼育のプラ船水槽に必須の定番アイテムと言えば「流木」です。「流木」はプラ船水槽に和の雰囲気を醸し出し、素敵なアクセントとなります。▲流木の周りを泳ぐヒメダカ▲苔生(こけむ)した流木。この流木ですが、ホームセンターなど [続きを読む]
  • 【緊急】メダカ屋外飼育の台風対策
  • 台風10号が日本の南の海上を何故か南下したと思ったら、発達しながら北上するようです。進路の予測では、週明けに東日本から北日本に接近、または上陸の恐れがあるとのこと。最大限の台風対策が必要です。自分の身を守るための準備が第一ですが、メダカの屋外飼育を行っている場合には、事前に屋外飼育水槽の台風対策を行ってください。以前に台風が来た後の我が家の飼育水槽の様子です。▲庭の飼育水槽の様子一番の対策は、雨や [続きを読む]
  • 屋外飼育水槽を訪れる様々な生き物たち
  • オリンピックでは、日本の選手が大活躍ですね。前回の記事でご紹介した卓球の水谷選手や伊藤美誠ちゃんも大活躍でした。オリンピックの開催期間ももう少し。更なる日本選手の活躍を期待してみんなで応援をしましょう。さて、今回は屋外飼育で出会うことが出来る様々な生き物をご紹介します。メダカの屋外飼育水槽には、様々な生き物が訪れます。その代表的な生き物がトンボです。▲空からの来訪者、シオカラトンボトンボは、ご存知 [続きを読む]
  • 【第二弾】真夏の屋外飼育(プラ船・睡蓮鉢・睡蓮瓶)
  • ▲睡蓮の若葉の上の幼魚たち。オリンピックで寝不足気味の皆さんが多いことと思います。浜松のお隣の磐田市出身、水谷準選手が見事に卓球男子で銅メダルを獲得しました。以前に息子の部活の試合で磐田市の体育館に行った時にサイン会があって間近で水谷選手を見たことがありますから、勝手に親しみを感じて応援していました。まずは拍手です。パチパチ。おめでとうございます。(卓球では、同じく磐田市出身で女子団体に出場する伊 [続きを読む]