やだ&たま さん プロフィール

  •  
やだ&たまさん: レールはつづく
ハンドル名やだ&たま さん
ブログタイトルレールはつづく
ブログURLhttp://yadatama.blog85.fc2.com/
サイト紹介文国内外の旅行記とNゲージ鉄道模型レイアウト製作記の2本立てです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2009/06/30 15:30

やだ&たま さんのブログ記事

  • タイの終着駅
  • バンコクからの国鉄線の終着駅マハーチャイ。列車が来る時だけ片づける折りたたみ市場と呼ばれるメークローンをめざしたが、列車の遅れで乗り継ぎに間に合わず、この駅から引き返す。ここはメークローンよりも本数が多いせいか、市場の出し方が控えめ。駅は案外綺麗。出発まで時間があるので、窓口は閉まっている。売店では仏教関係の品物が多く売られている。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日本の展望客車
  • 発行されたのは2016年とあるが、今年になって購入した本。昭和30年代半ばまで、特急列車の最後尾に連結されていた展望車の特集。模型で走行させても目立つ存在。画像は冴えないが。各形式の紹介だけでなく、車内の備品とか、ボーイの業務とか、興味深い記事も多い。展望室の写真は、これまでに鉄道の本などで何度も目にしたが、一等乗客用のフリースペースであることは、つい最近になって知った。階級社会だった当時のことは、自分 [続きを読む]
  • 知恩院
  • 京都の知恩院7月上旬の雨が降ったりやんだりという平日のためか、あまり混雑していないように思える。おそらく方丈庭園。「おそらく」ではダメだけれど、3か月以上前のことだから、記憶が薄れてしまった。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • レイアウトの中の道路
  • 制作中のNゲージレイアウト。徐々に作っていくことにより、イメージを掴んで、着手していない部分の配置を検討していくという工程で進めている。スタイロフォームの山を樹木の色に塗装して、ついでに道路も塗装した。住宅地を貫く道路の右上の部分は、Zゲージ用の建物に合わせて道幅を細くしてある。こう配が急すぎることと共に不自然な面もあるけれど、山の中の道路は、樹木に隠れてよく見えないので、構わないと思っている。も [続きを読む]
  • 海上自衛隊佐世保資料館
  • 佐世保駅から市営バスに乗って、海上自衛隊佐世保資料館へ。現代的な建物の手前に古めかしい建物があるが、これは水交社で、旧海軍将校のための施設。館内には軍艦の模型とかいろいろなものが展示してある。外国の施設なら、自国の軍隊の栄光を誇らしげに展示しているが、ここは極めて抑制的。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 名神ハイウェイバス
  • 8月の月末の平日の午後に大阪から名古屋まで高速バスに乗った。JRの窓口で切符を購入したけれど、バスは名阪近鉄バス。この路線は空いているというイメージがあったけれど、ほぼ満席。近鉄特急のお得な切符が廃止になったことが理由なのだろうか。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • カンボジアのシェムリアップの街
  • ベトナムからカンボジアのシェムリアップ空港に到着。この日の昼過ぎまでベトナムのハロン湾クルーズを行って、バスの長距離移動した首都のハノイから空路カンボジア入りというハードスケジュールだったので、すでに真っ暗。空港からはお迎えのバスでホテルへ。景色はほとんど見えないが、灯りは無く、道路は曲がりくねり、しかもデコボコ。シェムリアップは首都ではないが、あのアンコールワットのある街で、空港へのアクセス道路 [続きを読む]
  • TOMIX北斗星
  • TOMIXの北斗星セットを購入した。JR東日本仕様とあるが、JR北海道との違いは知識が無いので分からない。模型で走行させたい列車は、外観にバラエティーがあること。そして、実際に乗車したことがあって、それが楽しい思い出なら、さらに良い。この製品はそれらの条件を、すべて満たしている。セットにはもう1両分の収納スペースがあるので、さらにオハネフ25の0番台を単品で購入。基本セットは窓の低い200番台なので、変化が [続きを読む]
  • 大原三千院
  • 夜行バスで京都に来て、西本願寺を訪れてから、地下鉄とバスを乗り継いで大原へ。開門直後に三千院へ。素敵なお庭。静かな雰囲気の中で美味しくいただく。近くの店で湯葉うどん。食べ終わって外へ出ると、観光客が増えてきた。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ブダペストの王宮の丘
  • ハンガリーの首都ブダペストのブダ地区にある王宮の丘。ここに魅力的なな建物がいくつもある。漁夫の砦。マーチャーシ教会。その内部。椅子に座って雰囲気を味合う。ステンドグラスの左下にあるのが紋章だとか。さっきまで座っていた椅子に傘を忘れて、急いで戻ったが、当然のように消えていた。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドイツで買った鉄道模型の月刊誌
  • ドイツで列車の待ち時間があると、駅構内の本屋に立ち寄る。鉄道やミリタリー関連の雑誌のバックナンバーが数十種類ある。前回の旅行でも、首都のベルリンだけでなく、大空襲のドレスデンでも、人口15万程度のあのポツダムでも同様に揃う。今回購入した鉄道模型の月刊誌。ドイツでは15ユーロだが、オーストリアでは16.5ユーロ、ベネルクス3国では17,5ユーロ、イタリアやスペインでは18.5ユーロと表紙に書かれている。南欧諸国の方 [続きを読む]
  • タイの渡し船
  • バンコクのウォンウィエン・ヤン駅から国鉄を乗り継いで、メークローンをめざす。線路上に市場があって、列車が来ると片づけるという観光名所がある。出発は定刻だったけれど、単線で対向列車の待ち合わせのためか、遅れが30分以上になる。終着駅から地球の歩き方に書かれている通りに歩いて、運河の渡し船乗り場へ。対岸まで3バーツ(約10円)。運河は濁っている。前後に国鉄の路線があるので、連絡船とも言えるが、かつての青函と [続きを読む]
  • 旧佐世保鎮守府凱旋記念館
  • 海上自衛隊資料館へ行くために、佐世保駅前から市バスに乗って来た。資料館はバス停のすぐ近くにあるけれど、もっと近いところにあるのが、旧佐世保鎮守府凱旋記念館。。第一次世界大戦で日本海軍が地中海で連合国の船団を護衛した。教科書に掲載されていたような記憶がある。献身的な活動が評価され、イギリス国王から勲章を授与されたとのこと。これは習ったことはないし、最近になって少し聞いたことがあるくらい。よろしかった [続きを読む]
  • のぞみ号
  • 8月の土曜日の夕方、のぞみ号で東京から名古屋へ。この時期なら青春18きっぷを利用することが多いけれど、午後は東京で、夜は名古屋で用事があるのでやむを得ない。夜の用事はお酒飲み放題。でも、新幹線でも飲みたい。新幹線が珍しく遅れている。原因は新幹線ではなく、中央線の接続待ち。中央線はよく利用するが、3回に1回は遅れているような気がする。しかし、通常の運行であれば、記憶に残らないので、実際にはそんなに遅 [続きを読む]
  • ブダペストを眺めるゲレルトの丘
  • 中欧ツアーの2日目、つまり実質的には観光の初日はブダペスト市内観光。最初はゲレルトの丘。ドナウ川に架かるくさり橋や国会議事堂などの眺めが素晴らしいとのこと。貸切バスで楽々アクセス。行き方を調べるとか、バス停で待つとか、長い距離を歩くとか、そのようなことは不要。ただ、あいにくの天気というか、風も雨も強くて荒天レベル。現実の画像だけでは華が無いので、1時間後に別の場所から撮影した国会議事堂。ツアーでなか [続きを読む]
  • Nゲージレイアウトの建物の配置を検討中
  • 現在制作中のNゲージレイアウト。昭和50年頃の雰囲気にしたい。少しずつ制作して眺めながら、その都度配置を考えていく。その方がイメージが掴みやすい。山を少し広げて、住宅を置いてみた。斜面にある2軒の家は、Zゲージの製品だから、かなり小さい。遠近感を表現したいから、あえて導入した。さらに山を拡げて、再検討後の配置。最大の変更点は、建物の数を減らしたこと。1/220と1/150というスケールの異なる建物を離したか [続きを読む]
  • 八方池
  • 7月下旬の八方尾根。さらに、リフトを2本乗りついで上へ。整備された道を歩く。少し汗ばむが、下界の猛暑がうそのよう。八方ケルンが立っている。ケルンとは大聖堂のあるドイツの都市ではなくて、登山者のための道標のようなもの。目的地八方池までは、あと少し。思っていたよりも小さい。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • タイのローカル線
  • バンコク市内にあるターミナル。プラットホーム1面、線路1本の小さな駅だけれど、国鉄の路線。乗車時間は1時間を超えるけれど、運賃はたったの10バーツ(30円)。車内は案外キレイ。ドアは開いていたが発車。このまま開けっ放しかと思ったら、やがて閉まる。定刻の出発だったが、対向列車の待ち合わせで30分以上遅れる。向こうの列車が完全に停止する前に、動き始める。この点は機敏。途中の駅。駅名標の造りが、昔の日本みたい。 [続きを読む]
  • 旧近衛師団司令部庁舎
  • 東京国立近代美術館工芸館に来た。ルネサンスや、それ以前の絵画は大好きだけれど、このジャンルは大して興味がない。訪れた理由は、この建物に興味があるから。近衛師団の司令部だった場所。近衛師団とは天皇と皇居を守る部隊。映画「日本のいちばん長い日」の舞台でもある。各展示室は普通の美術館のようなので、師団長が殺害された事件に思いを馳せることは難しい。階段付近は当時のままだろうか。よろしかったら をお願 [続きを読む]
  • Nゲージ スロフ30
  • モデモ製のスロフ30。ダブルルーフの優等車が欲しかったので、セットのバラ売りを見かけて、迷わず購入。昭和33年の配置表によれば、小樽、室蘭など全体の約1/3が北海道にいて、他には仙台、姫路、門司港など。当時でも、かなり旧式だったので、主に準急列車に使用されたのだろうか。昭和30年代末には、約半数がオハネ17に改造されたようなので、もしかしたら、乗車したことがあったかもしれない。残りは2等車に格下げさ [続きを読む]
  • ベトナムからカンボジアへ
  • ベトナム・ハノイの空港。行先はカンボジアのシェムリアップ。あのアンコールワットのある街。国際線とはいえ隣国であるし、2時間弱の短距離フライト。到着した空港は、建物の中でも暑い。中国人が多く、優先的に入国審査を済ませている団体もある。カンボジアを影響下に置いているの仕方が無いかもしれないが、明日からの観光を思うと憂鬱になる。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]