やだ&たま さん プロフィール

  •  
やだ&たまさん: レールはつづく
ハンドル名やだ&たま さん
ブログタイトルレールはつづく
ブログURLhttp://yadatama.blog85.fc2.com/
サイト紹介文国内外の旅行記とNゲージ鉄道模型レイアウト製作記の2本立てです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2009/06/30 15:30

やだ&たま さんのブログ記事

  • JAMを見てきました
  • 初日に行ってきました。お台場で行われている国際鉄道模型コンベンション。昨年は鉄道模型コンテストを見ました。高校生の新作レイアウトをたくさん見るのもいいですが、大人がじっくり仕上げた作品も味わいがあります。レイアウト製作の参考にするために訪れたはずですが、まずは販売コーナーへ。これらは買ったものの中の一部なので、かなり散在しました。すべて国鉄型で、ほとんどが旧客です。よろしかったら をお願いし [続きを読む]
  • 大韓航空ソウル発名古屋行き
  • サンクトペテルブルクから大韓航空でソウルの仁川空港に到着。独特の衣装を着た人たちがいる。かつての王朝に関係があると言いたいのだろうが、そもそもこの国の歴史観を信用できない。ソウル発セントレア行きは国際線とはいえ短距離なので食事は簡素。これには不満は無い。客室乗務員の応対は素晴らしいと思う。しかし、竹島を独島とか日本海を東海とか、相変わらずやっている。だから、仁川空港の免税店で買い物はしなかったし、 [続きを読む]
  • 津川洋行製トンネルポータル
  • 津川洋行の複線用トンネルポータル石積タイプ。このようなものを買ったことはほとんど無いので、よく分からない。内部の壁が表現された紙のパーツがある。トンネルの中は当然暗いけれど、入口に近いところは光が差し込むので、真っ黒でないほうが良い気がする。パーツを差し込む部分が少し奥にあるが、トンネルをカーブに設置する場合に余裕を持たせるためだろうか。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 最終ぷらっとこだま
  • 2日間の東京滞在を終えて帰宅。東京駅20:26発、つまり最終の名古屋行きこだま号。長旅に備えて乗車前に仕入れておく。袋の中にはワインもある。車内販売は無いし、途中駅の売店では時間が遅いので閉まっているかもしれない。静岡で隣の乗客が降りてすぐに別の人が座る。ぷらっとこだまはこういうケースが多い。安いから仕方ないが。名古屋到着は23時すぎ。のぞみやひかりの本数が少ない時刻のせいか、他のこだま号よりも所要時間 [続きを読む]
  • 日本平
  • 静岡に用事があった5月。天気予報によれば快晴ということなので、始発の新幹線で日本平へやって来た。頂上が少し見えるだけで、PRの写真のような景色にはならない。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 半世紀以上前のレイアウトガイドにある重要な内容
  • 昭和30年代に発売されたTMS特集シリーズのレイアウトガイド。その中から重要であると思われる内容を採り上げます。それは、レイアウトの観賞は製作者の意図をくみながら、一部分を観ることも必要で、遠くや上からボンヤリと眺めているだけではつまらないというものです。以前に所有していたKATOデスクトップレイアウトです。線路が敷設されていて、地形の基礎も造形済みで、レイアウト製作のきっかけを与えてくれた製品です。 [続きを読む]
  • ポツダムのサンスーシ宮殿へ
  • ポツダム中央駅から、地球の歩き方の記載に従って695番の路線バスで、サンスーシ宮殿へ。オランダのような風車が迎えてくれる。見下ろすと庭園が見える。まだ10時前なので、混雑する前にサンスーシ宮殿へ。内部の見学は定員制だけれど、早い時刻に入場することができる。ほとんどがアジア人だが、会話を聞いていると中国語と韓国語。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 名古屋豊橋各駅停車
  • この夏も青春18きっぷの時期になったので、猛暑にならないような日曜日に出かける。いつもなら新快速や特別快速だけれど、理由があって今回は各駅停車。当然空いている。ただ、新快速なども西へ向かう列車よりは混雑していないようだ。最初に降りたのは大高駅。現在制作中のNゲージレイアウトに設置する駅のイメージに近そうだから。これから豊橋までプラットホームや沿線の様子を眺めて、参考になるものは取り入れたい。鉄道唱歌 [続きを読む]
  • 名勝、寝覚ノ床
  • 猛暑の日、涼を求めて木曽路へ。中津川インターから国道19号線へ。駐車場などに雪が残っているが、もちろん冬に撮影したもの。いくつかの場所を訪れるつもりだが、綿密な計画は立てていない。クルマだから時刻表に縛られることもないし、時間が足りなければ、別の機会にすれば良いだけのこと。最初は寝覚ノ床。急行つがいけ1号から眺めて以来、中央線ではこの場所を通るのを楽しみにしていた。駐車場から下りていく道が整備されて [続きを読む]
  • 大韓航空サンクトペテルブルク発ソウル行き
  • ロシア旅行の4日目の夜に早くも帰国。大韓航空のソウル行き。サンクトペテルブルクに直行便が就航していることが凄い。最初の食事はビビンバを選ぶ。好きな料理ではあるが、混ぜるという食べ方に最初は違和感を覚えた。普段はあまり聴かないけれど、国際線ではなぜか選んでしまうクラシック。充実していているし操作しやすい。交響曲の父と呼ばれているハイドン。100曲以上の交響曲のすべてを網羅しているわけではないが、有名処は [続きを読む]
  • TOMIXの築堤に追加工事
  • TOMIXのワイドレール用築堤セットをレイアウトで使用する。コンクリートよりも雑草が生えている方が好みに合う。上半分を草地にするつもりであったが、実物はコンクリートの部分よりも傾斜が緩いようだ。設置場所は列車を眺めるための大切な舞台なので、少しはこだわりたい。石垣のパーツを手前に置いて、隙間をスタイロフォームで埋めることにより、緩斜面を作る。線路との隙間はKATOのプラスタークロスで埋める。ついでに周囲の地面の土 [続きを読む]
  • 新門司行きフェリーの朝
  • 大阪から名門大洋フェリーで新門司へ。夕方に出港して、到着は翌日の早朝。到着が5:30だから、朝食も早い。夕食の時にタダ券を貰えた。6月なので日の出も早い。甲板が濡れているが、雨は降っていない。出航時は西から天気が崩れるという予報だったけれど、寝ているうちに雨雲とすれ違ったようだ。関門橋を見ることを楽しみにしていたが、叶えられずに入港。「新」門司だから離れていても仕方ないが、無料送迎バスで門司駅まで20分 [続きを読む]
  • 東京の一日
  • 東京滞在の2日目。前日はいろいろ用事があったけれど、この日はフリー。朝はコチラを見学。よくネットで視聴している。地上波のテレビや新聞がなぜか報じない、秋葉原の「こんな人たち」は選挙妨害という公職選挙法に違反する行為であるとか、いわゆる加計問題で、文科省が行政を歪めてきたという前愛媛県知事の証言とか、いろいろと知ることができます。鉄道博物館へ。埼玉県だけど。国会図書館。卒論作成にために何度が来たこと [続きを読む]
  • 今でも役に立つ半世紀以上前の鉄道模型の本
  • 昭和30年代に発売されたTMS特集シリーズのレイアウトガイド。歴史を感じます。山は金網を使うとか、製品や素材に恵まれないため、どのレイアウトも樹木の数がとても少ないとか、記事では絶賛している色調も、カラーページが皆無で伝わらないことなどです。でも、現在においても十分に通用すると思われるのに、ほとんど見かけない内容もあります。小型レイアウトにおける山のあり方とか、レイアウトで撮影すると、なぜ目で見るより [続きを読む]
  • ポツダム市内の交通機関
  • ベルリンからSバーンの7号線に乗って郊外のポツダムへ。終点がポツダム中央駅。最初に訪れるのはサンスーシ宮殿。ポツダム市内の交通機関も、ベルリン広域の一日乗車券等で乗り放題。トラムとバスが運行されていて、出発時刻や系統番号、行先、乗り場が分かりやすく電光掲示されている。乗りたいバスは18分後の出発。かなり待たされる。地球の歩き方に従って、695番のバスに乗車。ほぼ全員の目的地がサンスーシ宮殿。次はツェツィ [続きを読む]
  • バラストの塗装
  • レイアウトの一部に線路を取り付けて、バラストを撒いた。グレー系は好みでないので、スプレーで茶色に塗装。隣の線路と接続する両端のジョイナーはマスキングしてある。以前、これを忘れて塗料が付着したため、通電不良を起こした。レール上面の塗料をプラ板で削り取る。無事に列車が動いて、まずはひと安心。色に変化をつけるため、少し異なる色のバラストをこれから撒く予定。よろしかったら をお願いします。にほんブロ [続きを読む]
  • 久能山東照宮
  • 東静岡駅からしずてつジャストラインバスで日本平に到着。富士山を眺めたいところだが、それは戻ってからバスの出発時刻に合わせたほうが時間的なロスが少ないので、先にロープウェイで久能山へ。葵の御紋が描かれている。外観は豪華そうに見えるが、中は普通。権現造の御社殿。家康の遺骸がある神廟。ここでは家康公と言うべきか。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • KATOペースト状バラスト
  • レイアウト製作の工程で、気の進まない作業の一つであるバラスト撒き。今月10日の例の加計学園の閉会中審査の中継を聞きながら、工作を行う。今回初めて使用するKATOのペースト状バラスト。接着剤がバラストに混ざっている。取り付けるのはTOMIXのカント付きカーブレール。幅が広いので、レールをレイアウトに固着する前に、手に持って作業ができる。線路1本ずつ行ったので、複線では隣り合った箇所でズレが生じてしまった。手前は [続きを読む]
  • 大宮の鉄道博物館
  • 6月の平日、久しぶりに鉄道博物館へ。入場して、まず目に入るのは展望車。プチ贅沢でグランクラスに乗るのとは違って、ごく限られた上流階級の方々のための別世界。青梅鉄道公園に展示されていた頃と違い、内部もしっかりと復元されている。霊柩車と呼ばれたくらいであるし、内装は好きになれないが。隣にある3軸ポギーの台車。戦前の食堂車が履いていたとのことで、車体も残っていて欲しかった。ただ、青梅鉄道公園に同じような車 [続きを読む]
  • サンクトペテルブルクの血の上の救世主教会
  • サンクトペテルブルクにある血の上の救世主教会。「血」とは物騒な名前だけれど、ロシア帝国の反体制テロ組織である「人民の意志」により、皇帝が暗殺された場所に建てられたから。自分たちの主張を人民の意志と主張するのは、「国民の声は…」とか「オール××」などと同じ。ツアーの市内観光で外から眺めた。土産物屋で自由行動の時間が与えられたので、再びココへ。金ピカの宗教画の世界。ルネサンス以前の西欧絵画が大好きなの [続きを読む]
  • TOMIXコンクリートアーチ橋
  • TOMIXのコンクリートアーチ橋S70(F)。手すりパーツは緑色もあります。製品に含まれる橋脚パーツを使用すれば、さらに高くすることもできます。同時期に発売された築堤セットとも接続できます。外国の製品と比較して手すりが太めですが、お座敷運転で組んだり分解したりするので、仕方が無いのでしょう。よろしかったら をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 新門司行きフェリーの夜
  • 大阪から名門大洋フェリーで新門司へ。夕方に出港して、到着は翌日の早朝。利用するのはエコノミー2等室という一番安い部屋。ここでジッとしていてもつまらないから、船内をぶらつく。エントランスとラウンジ。広くないので、席はかなり埋まっている。展望ストリートというフリースペースも、窓際のシートは人はほとんどいないが、荷物が置いてある。皆で使いたいものだ。明石海峡大橋をくぐる。JRの新快速なら、あっという間に [続きを読む]
  • 今回のNゲージレイアウトの制作の進めかた
  • 制作を開始したNゲージレイアウト。目標の一つとして工期の短縮を掲げています。できるだけ市販品を活用することが大切です。そして、細かい造り込みを控える必要もあります。造り込みに関連して、見えない部分や遠くにある場所は省いたり、簡略化を図ります。遠い場所というのはレイアウトの奥だけでなく、線路から離れた場所も含まれます。列車が走行するための舞台を作るという目標もありますが、上の画像のように列車から離れ [続きを読む]
  • ベルリンからSバーンに乗ってポツダムへ
  • 日本から到着した翌日のベルリン最初の朝。ツオー駅から今日の予定を始める。ドイツ鉄道が運営するSバーンのプラットホームにある自動券売機で、1日乗車券を購入。種類が多い中から選んだのは、ポツダムなどの周辺の都市の路線バスも乗り放題のもの。ドイツに限らずヨーロッパ全体と比較して、交通機関は日本のほうが圧倒的に上であると思う。しかし、切符のシステムはヨーロッパに見習う点が多い気がする。他にも家族割引のような [続きを読む]