ハミアト さん プロフィール

  •  
ハミアトさん: ハミアトくんの釣行記
ハンドル名ハミアト さん
ブログタイトルハミアトくんの釣行記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/my-hamiato
サイト紹介文釣りと遊びの雑記帳です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/06/30 22:03

ハミアト さんのブログ記事

  • 利根川で修行
  • 昨日はオトリ屋で第7回G杯全国チャンピョンのいっちゃんこと角田一成名人と鉢合わせ。そして利根川のこの場所へ同伴出勤平日の穴場でも釣り人はいるが広いので自由に場所を選べます。減水したので瀬を攻めるが無反応、ナメは見掛け倒しらしい。下流を見... [続きを読む]
  • 利根川で大会
  • 今日はGFG群馬支部大鮎釣り懇親会でした。群馬県、長野県、新潟県そして和歌山県からの参加もあり総勢30名が利根川のアユ1匹の大きさを競いました。今年は遡上が好調の利根川、群馬漁協管内では40匹以上釣った人もいましたが今日は濁りでアカ付きも悪いので... [続きを読む]
  • 海川へ
  • 日本海側河川は最近良い情報は入ってこないのですが同行者の希望で上越方面へ向いました。糸魚川市の姫川、海川、早川の3河川は増水、薄濁り、アカ飛び、などの悪条件で漁協の人のテンションも低い。しいて言えばという冠つきで海川を薦めてくれました。お... [続きを読む]
  • しゃくにさわるサイズ
  • 大アユに会いたくて渡良瀬川へ 簡単には掛からなかったが運よく掛かった大アユは29.5cmのメタボちゃんでした。良形が釣れたのはほとんど急瀬、オモリを使いましたが忍耐も使いました。引きは強烈なので無理せず瀬尻まで下って慎重に取り込みました。... [続きを読む]
  • 手甲の必要性
  • 顔や手の甲に紫外線を浴びるのは鮎釣り師の宿命のようですが時代遅れのガングロはまだしも手がオセロになるのは避けたいものです。きったねー!日焼け防止のクリームはヌルヌルするしすぐ落ちてしまうので塗れません。其の点、手甲はハリが引っかかる... [続きを読む]
  • 事故はイヤだね
  • 交通事故なんて他人事と思っていたが自分が遭遇することになってしまった。中央線をはみ出してきた対向車によるドアミラーどうしの接触事故であったが一歩間違えば正面衝突だった。この状況で注意して運転しろと言われても困る。相手は逃げずに戻って来たが... [続きを読む]
  • 南甘はほぼ回復?
  • 7/30から濁りで釣りにならなかった神流川(南甘)です。昔の神流川は回復が早かったのにね。8/4遅く起きた朝、漁協のブログ、天野刃物工房のHP、神流町ライブカメラなどを見ると釣れそうな感じなのでチョット検証してきました。透明度は伊藤園のおーいお茶よ... [続きを読む]
  • 名人は川を選ばない
  • 昨日「平成30年度 GFG杯争奪全日本アユ釣り選手権 上信越地区本部予選会」は無事終了しました。いつもこの状況になると「ひざカックン」をしたくなるんです。この会の顧問でもありフィールドテスターの玉ちゃんこと野嶋玉造さんも参加してその実力をみ... [続きを読む]
  • 避暑的鮎釣り
  • 梅雨が明けると待っていたように猛暑日。昨日の前橋は36℃だったそうです。そんな中、涼を求めて山間の小河川へ。浅いので川に入れず、竿を構えて立っているだけで汗が吹き出します。おかげで網の上の肉の気持ちを理解できましたが体力的に限界を感じたので... [続きを読む]
  • 楽しいGFG懇親会in神流川
  • 6月10日はGFG群馬支部の懇親会が行われ、鮎釣り迷人たちが南甘16番に集合しました。時々小雨が降る寒い日曜日です。尿意ドンで参加者がそれぞれのポイントを目指します。自分も老骨にムチ打って走る走る。他人からは歩いているように見えるらしいですが・... [続きを読む]
  • 二度目の神流川
  • 天気予報がいい方にハズレて晴れてくれたので二度目の神流川へ出勤。途中の神流湖を見ると魚が山登り・・・フェイスブックでkoizumiさんの釣行を知り後追いして合流。参加予定の大会の下見をかねてコイコイランド周辺で竿をだしてみたが毎日攻められ,釣られ,... [続きを読む]
  • 南甘は現在絶好調
  • 一昨日、荒川で渋い釣りを味わったので、昨日の解禁日は好調だったと情報が入った神流川(南甘)へ駆けつけた。といっても場所選びに時間を費やしたので竿だしが9時になってしまったが・・・下流か上流か迷ったあげく中間あたりにIN「小せーぞー」と聞い... [続きを読む]
  • 荒玉解禁
  • 6月1日は荒川玉淀の解禁日。5時半到着、すでに1級ポイントには行儀良く竿が並んでいた。トロ瀬に潜入して拝み釣りを始めるがしばらく沈黙が続く。アユの追いが悪いのか自分の老いが悪いのか・・・忘れたころに20cm近いサイズが釣れるがなかなか数が伸び... [続きを読む]
  • 鮎釣り。今日は見るだけ
  • 埼玉中央漁協の試し釣りを覗いてきました。象ヶ鼻の水位は少し高めでしたが順調に釣れていましたよー。暑いので日陰で見学です。   釣りてーなー ・・・目の前で次々とタモに入るのを見ているとちょっと腹が立ちます(笑)2時間弱で10匹〜21匹の... [続きを読む]
  • とりあえずアユ釣り準備完了 
  • いよいよアユ釣りシーズン突入ですね。初釣りは6月に入ってからですが準備しているだけでワクワク感が高まります。ベストの中身をチェックして初期の仕掛けに入れ替えました。アユ釣りは荷物は多いので忘れ物は珍しくないですが経験上忘れやすいのはタモ... [続きを読む]
  • 水難の渓
  • とある渓流、竿を出して約20分、何度かアタリがあったので期待して釣り登ると上流に青年の姿が・・・突然に驚かしても悪いので「こんにちわー」と声をかけて近づこうとしたら左足がすべり前のめりにオットットと3歩踏み出し水面にダイブ・・・水深50cmく... [続きを読む]
  • ミリメートルの戦い
  • GFG群馬支部渓流釣り懇親会に参加してきました。参加者20名が道の駅オアシスなんもくに集合。支部長あいさつと競技説明。エリアは南牧川水系、15時検量でヤマメ2匹の長寸というローカルルール。各自秘密のポイント?目指して散って行くが自分はのんび... [続きを読む]
  • 絶滅を危惧する背バリ
  • 長年愛用しているカツイチの背バリ「ごくらくⅡ半スレタイプ」ですが現在はあまり需要がないようで釣具店で見かけなくなった。「ごくらく背バリ」はサイズの他に 半スレとスレ。ショートとロング。ストレートと半ひねり。など非常にややこしい商品構成脱... [続きを読む]
  • 山間のお食事処
  • 崖下に釣り人?・・・自分の影でした。ヤマメと遊び、カニと戯れ、疲れと空腹を覚え車に向かうが 途中我慢できずに食堂にピットイン。お食事処日野谷茶屋http://tutihi.com/?page_id=391山間の食堂にはもったいないほど雰囲気のある佇まいで半分は食... [続きを読む]
  • マッチザハッチ
  • 某川、9時半スタート(遅)いつものエサ釣りで釣り始める。アタリが1回だけあっただけで1時間釣れず、良く見ると鏡状の水面に時々波紋が・・・いわゆるライズというヤツで水面のエサを捕食している状況。こう見えても若いころはフライフィッシャーマンだ... [続きを読む]