はきもの匠 さん プロフィール

  •  
はきもの匠さん: 神田胡蝶のブログ
ハンドル名はきもの匠 さん
ブログタイトル神田胡蝶のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/zourikocho/
サイト紹介文東京神田明神の参道に位置する『神田胡蝶』です。江戸の粋を伝える草履・バッグについて情報発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/07/01 18:26

はきもの匠 さんのブログ記事

  • 華やかな着物にあわせて
  • 皆さま、こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 日の短さに加えて、ここ数日の冷え込みに冬の厳しさが身にしみますね。わたしは今から冬至(12/22)のゆず湯が待ち遠しくてなりません。今日はそんな気持ちを吹き飛ばすような素敵なバッグをご紹介したいと思います。 ペルシャ柄刺繍バッグ 65,000円     ストーン飾りバッグ 50,000円 どちらもマチがたっぷりあり収納力がしっかりあるので、サポート [続きを読む]
  • 新年のお出かけに
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 初詣、初釜、新しい年の始まりに、宝尽くし文様のバッグはいかがでしょうか。 宝来バッグ 55,000円 そして今週土曜日、15日に神田明神文化交流館がオープンいたします。(13日は関係者向けの杮落しです。)  ライトアップされた外観も素敵です。 EDOCCO 神田明神文化交流館 公式サイトhttps://edocco.kandamyoujin.or.jp/ 15日(土)は参道店も11:3 [続きを読む]
  • 準備は今のうちに
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 師走に入り街中でクリスマスツリーを見かけると、何となく気持ちもせわしくなりますね。これから年賀状やおせちの準備など本格的に忙しくなる前に、お正月にお召しになる着物や草履の点検を今のうちにやっておきましょう。 着物は着物ハンガーにかけて風を通しながらシミやカビが出ていないか、変なシワが残っていないかチェックしましょう。草履は箱などか [続きを読む]
  • 大阪万博といえば!!
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 2025年の大阪万博開催が決まりましたね。 胡蝶の代名詞というべき、『胡蝶履き』は、1970年開催の大阪万博で、和装コンパニオンに当社の草履が採用され、これを機に『胡蝶履き』が誕生しました。 『胡蝶履』とは左右対称の従来のお草履とは違い、左右の足の形に合わせて考えられた草履の形になっています。 まず 台を比べてみましょう。 左が従来の台 右 [続きを読む]
  • ペラってご存知ですか?
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 突然ですが、ペラってご存知ですか?胡蝶のブログでも紹介したことがありますが、まだ「知らないわ」という方も多くいらっしゃるので本日はあらためてお話したいと思います。 ペラとは草履のどこの部分かと申しますと、草履のサイド(巻といいます)から見える台の薄い部分のことです。台本体ではないので無くても草履としては問題ないのですが、有ると無いと [続きを読む]
  • 再び!テレビドラマに登場します
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 以前にブログでお知らせいたしました、テレビ朝日 土曜ナイトドラマ「あなたには渡さない」に二話続けて!神田胡蝶の商品が登場いたします。24日(土)放送の第三話はご覧になられましたでしょうか。まさに!イメージにぴったりでした。草履は分かりにくかったですが、バッグはかなりアップで映っていたので、テレビの前で思わず興奮してしまいました ドラマ [続きを読む]
  • 一年のご愛顧に感謝しまして
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 参道店では一年のご愛顧に感謝いたしまして、年に一度の 【 感謝セール 】 のお知らせです。 日時: 12月7日(金)・8日(土)      11:00 〜 17:00 場所: 参道店・小川本社 2階展示室 参道店の商品(草履オーダー含む)は全て20%off小川本社では、草履・バッグが30〜50%でご提供いたします。 お支払い方法は、現 [続きを読む]
  • 雑誌掲載品のご紹介
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 本日発売の、「美しいキモノ 冬号」に掲載していただいた商品の一部をご紹介いたします。 年末年始は着物で過ごしたくなる、素敵なコーディネートが満載です。 P32、67 4段重ね草履  35,000円 P51左 組紐花緒草履  26,000円 P65  宝来バッグ(小) 50,000円  P68 変わり重ね草履 26,000円 P80 宝来バッグ  55,000円 P159 三段重ね草履  23 [続きを読む]
  • 着物旅のコーディネート
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 紅葉が美しい季節は都会から少し離れて旅に出たくなりますね。着物好きとしては旅行の時こそ、非日常を満喫すべく着物で出掛けたいものです。 そんな時にスタッフのおすすめしたい着物は大島紬。軽くてしわが戻りやすく100年着られる丈夫な着物です。スーツケースに押し込んでも案外平気で持ち運べます。 草履だったら舞胡蝶。指がこぼれにくいよう考えられた [続きを読む]
  • 小笠原伯爵邸の優雅なひととき
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 晩秋の爽やかな季節に、どこかに着物でお出掛けしたくなりますね。わたしも先日お友達に誘われて、皆でレストランに行ってまいりました。とても素敵な場所でしたので、皆さまにもご紹介したいと思います。 場所は新宿区河田町、都営大江戸線・若松河田駅のすぐそばにある小笠原伯爵邸です。礼法の宗家で有名な小笠原家第30代当主、小笠原長幹伯爵(旧小倉藩主 [続きを読む]
  • 出張お誂えコンサルティング
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 本日は、店外イベントのお知らせです。 今年第2回目の開催となる、日本橋三越本店「男のきものフェス2018」に出展いたします。今年のテーマは、「”きもの”と”食とお酒”の出会い」。会場では様々なイベントも予定されいてるようです。 三越伊勢丹HP 呉服ショップニュース内https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/shops/kimono/kimono/shopnews_ [続きを読む]
  • 七五三のお参り
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 今月、11月15日は七五三ですね。七五三は子どもたちの健やかな成長を氏神様に感謝して祈願する行事ですが、先月あたりから参道店の前でも元気に走り抜けるお子さまをたくさん見かけるようになりました。神田明神にお参りにいらした可愛らしい晴れ着姿のお子さまや、その姿を目を細めて見つめるご家族を拝見するのは、なんだか幸せのお裾分けをしていただいて [続きを読む]
  • TVドラマに登場します
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 突然ですが・・・神田胡蝶の草履・バッグがドラマに登場します! 11月10日(土)よる11:15より放送開始のドマラ、「あなたには渡さない」の衣裳協力をすることになりました。 ドラマの公式HPhttps://www.tv-asahi.co.jp/anawata/ 11月24日放送の第3話で以下の草履とバッグが登場します。*草履・バッグとも<非売品>となります。 どなたがどんなシーンでお使 [続きを読む]
  • パーティーのおともに
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 気がつけば今年も残すところ、あとふた月となりました。これから年末に向けて、会社やお友達との忘年会やパーティーなど、人と集まってお食事する機会が増えてきますね。今日はそんな時に是非おともさせていただきたいバッグと草履のご紹介です。       中そり型 リボン織バッグ 70,000円   螺鈿細工草履(L)56,000円 小ぶりのバッグは立食形式の [続きを読む]
  • 観劇などにおすすめです
  • 皆様 こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 先日の、京都南座新開場のお練りは豪華でしたね。俳優さんの人数は過去最大規模だったそうで、「生で見たかったなぁ。。。」とテレビの前で釘づけになっていた、スタッフTです。 さて、着物で観劇となると何かと荷物が増えますよね。特にこれからの時期は羽織ものなどもありますし、小ぶりなバッグ一つで!というわけにはいきません。そこで、おすすめのコーデ [続きを読む]
  • スタッフコーディネート
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 気がつけば10月も下旬になり、日中も肌寒い日が増えてきましたね。今日はタンスにしまっていた袷の着物をあれこれ引っ張り出しては考えているスタッフのコーディネートのご紹介です。          恋唐草という文様で唐草の中にハート型がこっそり隠れているお召しです。柄が少し多くうるさくなりがちなので、草履とバッグは同色系のシンプルで、すっき [続きを読む]
  • 雑誌掲載品のご紹介
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 10月19日発売の、美しいキモノ特別編集「振袖美人2019」に掲載していただきました商品の一部をご紹介いたします。 左)P4 螺鈿細工草履 58,000円  右)P7 矢羽根草履 70,000円 左)P11 バッグ 85,000円  右)P14 草履 28,000円 左)P17 バッグ(捻金つづれ)280,000円  右)P18 バッグ(金ビーズ) 50,000円 左)P18 草履 32,000円   [続きを読む]
  • 東京ステーションギャラリー
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 今回は着物でお出掛けするのにお薦めのスポット、東京ステーションギャラリーのご紹介です。皆さまも一度は行かれたことのある東京駅構内に隣接しているので、お天気が怪しい季節でも雨に濡れる心配がありません。 今の時期は9月22日(土)から11月11(日)まで、江戸後期の絵師・横山崋山の作品が約100点展示されています。海外コレクターの人気も高く、今 [続きを読む]
  • 何か始めたくなる季節
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 先週くらいから、東京では袷の着物が心地よい陽気となってまいりました。 秋と言えば、食欲・読書・そして芸術ですね。参道店のお客様の中にも、茶道・香道・お琴・日本刺繍など和の習い事をされている方が多くいらっしゃいます。着物を纏って、習い事へ・・・素敵ですね。 そこで、本日は習い事にぴったりなおけいこバッグのご紹介です。 落ち着いた正絹の色 [続きを読む]
  • 草履の台のおはなし
  •  皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 本日は草履の台の素材についてのご紹介です。 一般に台の素材は合皮、本革、帆布などが皆さんもよくご存じで主流となっておりますが、お誂えが中心の胡蝶参道店では、やはり本革が定番となっております。何故かと申しますと、その履き心地や耐久性が合皮のそれとはまったく違うということに尽きると思います。価格的には少し高価にはなりますが、せっかく自 [続きを読む]
  • 秋のおでかけといえば
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 寒露に入り、日中はまだ暑さを感じる日もありますが、朝晩は冷え込む日もあり、体調管理に注意が必要な時期ですね。着物選びも袷、単衣を悩みながら、秋らしいコーディネートを考える時間も、この時期ならでわの楽しさでもあります。 そして、これからの秋の楽しみといえば「紅葉狩り」ではないでしょうか。遠くの名所に行かれるのも良いですが、近所の公園や [続きを読む]
  • 秋の日のお散歩
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 街を歩いていると、ほのかに金木犀の香りが漂い、秋を実感いたします。さて、今日はそんな秋の日にぜひお散歩したくなる草履とバッグのご紹介です。 大胆な柄をあしらった花房のバッグ。内側は両サイドにファスナー付きのポケット、中央はマグネットの付いたマチがたっぷりあって収納面も安心です。花緒はバッグよりもワントーン優しい茶系です。幾何学模様 [続きを読む]
  • 秋のブライダルシーズンに向けて
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 神無月に入り、これから秋のブライダルシーズンですね。 ・草履(バッグ)はあるけど、バッグ(草履)が・・・ ・使おうと思ったら、傷んでいて・・・ ・今回を機に、新しい物を・・・普段あまり着物をお召しにならないようでしたら、セットの草履・バッグよりも単品でそれぞれ、別のご用途でも使えた方がよいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。 そ [続きを読む]
  • 草履の色遊び
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 今日はカジュアルな装いに合わせる草履のご提案です。フォーマルとの大きな違いのひとつは、色遊びが自由にできるという点です。 花緒の色はもちろんですが、花緒の先の小さな前つぼを変えるだけでもグッと印象が変化します。前つぼの色を帯締めや帯揚げに合わせるだけで、全体のトータル感が出て洗練された雰囲気になりますよ。花緒 共に12000円    季 [続きを読む]
  • 中秋の名月を仰ぐ
  • 皆さま こんにちは。 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 秋の虫が鳴き始め、もうすぐ中秋の名月ですね。今年の十五夜は9月24日月曜日だそうです。 『名月や 池をめぐりて 夜もすがら』  松尾芭蕉名月を眺めながら池の周りを歩いていたら夜が明けてしまった、という意味の句です。        東京タワーを横に都会で眺めるもよし、古都のお寺でしっとり佇むもよし。美しい月に想いを馳せて季節を感じる、大切 [続きを読む]