てんこ。 さん プロフィール

  •  
てんこ。さん: 小さな世界。
ハンドル名てんこ。 さん
ブログタイトル小さな世界。
ブログURLhttps://ameblo.jp/blackrocket/
サイト紹介文ニシハラフミコの目を通して描く、小さな世界の小さな毎日。
自由文声の仕事がしたくて、演劇の世界で日々精進中。
現在、自分磨きの真っ最中。
今年も絶賛武者修行中です。
芝居の出来る場所はいつでも大歓迎です。
最近は演奏会の司会などもさせて頂いております。
こっそり表舞台に立ったり立たなかったり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/07/02 22:35

てんこ。 さんのブログ記事

  • 「聞こえてるんでしょ」
  • 雨に始まって、雨に終わった1週間。日常から離れていたようで、ずっと日常を続けていたような。小屋入りの日に、スタッフさんに仕込みを任せて稽古場で稽古をするなんて、初めてで。劇場を離れて稽古場にいたあのときが、いちばん現実感がなくて、いちばん嘘みたいだった。舞台の上は日常と繋がっている。久しぶりの下北沢は、すごく居心地が良くて。もう少し、あの場所にいたかったなあ。。*****GORE GORE GIRLS vol.13「ス [続きを読む]
  • 情報発信中。
  • …人生で初めてじゃないかしら。演劇系の web ニュースに、名前が載りました。さすが、西山さん。嬉しいので、リンク貼る。よかったら覗いてやってください。まぁ、あたしの名前は、記事の最後の公演情報の出演者のところに載ってるだけなんだけど。笑★演劇キックhttp://kangekiyoho.blog.jp/archives/52058681.html★エントレhttp://entre-news.jp/2018/08/53335.html★ステージナタリーhttps://natalie.mu/stage/news/296412( [続きを読む]
  • ひとり戦争。
  • ずっと書けなかった。もちろん自分のことだから、理由は、わかってはいる。そのまんまにも出来ないから、ひっそりと書くよ。*****大変遅れ馳せながら、公演終了しております。ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。ご挨拶が、ずっと出来ずにいたのは、ほんと情けない。ごめんなさい。彼女をきちんと生かしてあげられなかったことが、ただただ苦しかった。…ごめんね。割り切れなかったあたしがいけなかったんで [続きを読む]
  • 「空き家のグラフィティ」
  • まっすぐ前だけを見て、足は止めない。立ち止まらないと決めているから。今は、まだ。進めるだけ進んで、どうにもならなくなったら、そのときは。手近な崖から飛び降りよう。そうしたら視界が開けるかもしれないから。まだまだ、足らない。改めて、今年は、がつがつ芝居をさせていただいている。ありがたや。ここまで3本+α、それぞれ違うテイストの作品に出演させてもらって、演じた彼女たちのおかげで、今まで見えなかった世界 [続きを読む]
  • 「…信じらんない」
  • いまもまだ、未練は遠い。演劇の復活を目指して模索した日々は、いつのまにか彼方に。ぼんやりしてたら呼吸の仕方を忘れそう。…やっぱり逃げ切れなかった。もはや致し方ない。引き摺ってでも、進む。そうしないと手に入らないのなら。*****feblabo×シアター・ミラクルプロデュース『誰も寝てはならぬ』遅れ馳せながら、18日に無事に公演終了いたしました。ご来場くださった皆様、関係者の皆様、応援してくれた皆様、本当に [続きを読む]
  • 「目が覚めた?」
  • お祭りは、はじまってしまうとあっという間で。既に跡形もなくなってしまった。まるでぜんぶ夢だったみたいに。どうしてもまだそれを認めたくなくて、駄々こねて現実から逃げ回っていたんだけど。…もう、逃げ切れそうにない。終わりが近づく度に逃げてるのに、いつも追い付かれてしまう。目を開けた此処は、果たして、夢か現か幻か。いつだって未練は遠いまま。*****新宿シアター・ミラクルプロデュースミラクル祭'18遅れ馳 [続きを読む]
  • 「私はあなたと違ってルールを守るタイプなんで。」
  • 2017年11月。まごころの公演が終わって、日常だけが戻ってきて。こころがどんどん渇いていくのを感じてしまった。あたしは、やっぱり芝居がないと駄目なんだ。そう思って、探して。どうせなら誰も知らないところに出たい。見つけて、少しだけ迷って、でも心は変わらず、応募した。2018年1月。2ヶ月前の自分をこころから褒めたい。あのとき応募したから、この未来を手に入れられた。1歩踏み出したら、新しい世界に出逢えたよ。** [続きを読む]
  • 「俳優名鑑 vol.4」
  • いつのまにか2018年が2週間も過ぎていた。ことしはね。前を向いてちゃんと進むんだ。チャンスだと思ったら、迷わず掴むよ。絶対諦めたりしない。いつかなんて、いつまでも来ない。さあ、いますぐ。挑戦をはじめよう。2018年も、芝居やります。あたしはやっぱりこれしかやりたくないから。すきなことを全力で。どうか観にきてください。今回は珍しくコメディをやらせてもらうので、気軽に笑って、楽しんでもらえたらと思います。あ [続きを読む]
  • 最善の道を審理する。
  • しん‐り【審理】 [名](スル)1.事実や条理を詳しく調べて、はっきりさせること。2.裁判の対象になる事実関係および法律関係を裁判所が取り調べて明らかにすること。「事件を審理する」遂に、現実に追い付かれてしまった。だいすきなひとたちに毎日会える、夢のような1週間はおしまい。冬の足音が迫ってきている。未練が、遠い。*****まごころ18番勝負第20回公演「汝、公正たれ Let us see YOUR own justice.」遅れ馳せ [続きを読む]
  • 法廷へ続く道。
  • 八角家若手公演が終わってから、きちんとしたご挨拶が出来てなくてごめんなさいなんだけど、それはまた改めたいと思うので、今夜は書きたいことを書く。先々週の日曜日に劇場を出たはずなんだけど、今日、また小屋入りしてきたー。…正確には日付変わっちゃってるけど、寝るまでが今日!ということで、まごころ18番勝負 第20回公演「汝、公正たれ Let us see YOUR own justice.」まもなく開廷です。昨日、あたしの出演する【殺人罪 [続きを読む]
  • ふつうのひと。
  • お仕事は嫌いじゃないけど、稽古が増えてくると芝居だけやっていたくなる。彼女たちのことだけ考えていたい。久しぶりに稽古かけもち中で、いい感じに他のことが何もできなくなってきた。←芝居をやらせてもらえるのは本当にすごく幸せ。舞台の上で生きられるなら、もう何もいらないなあ。ほかのこと全部放り出したくなる。…できないけど。週末は八角家からお休みを出されて、まごころの稽古だけ。一応、実践形式に入っているから [続きを読む]
  • 睡魔に負けない。
  • 久しぶりに仕事のない週末!びば、自由!!とゆーわけで、この土日は心置きなく稽古場へ行ける。笑あ、そうそう、昨日の深夜にがんばって、出演情報を公開したよー。まごころの前に、八角家若手公演にお邪魔するのだ。鈴江俊郎さんの脚本も、八角さんの演出もやってみたかったから、楽しみなんだぜ。素敵な作品なので、若手公演だけど、少しでもお客様の印象に残れるように頑張る所存。詳細はいちごのwebで確認できます!★出演情 [続きを読む]
  • 「汝、公正たれ Let us see YOUR own justice.」
  • 5月に更新してから3か月。個人的に、環境にストレスを感じ始めると、動けなくなるみたい。人間関係がダメになると、仕事そのものがどれだけすきでも続けられない。アタシはひととの関係がどうしても表面に出てしまう。これって我が儘なのかな。 わかんないけど、生きることを諦めるわけにはいかなかったから、潔くストレスフルな職場を辞めて、新しい職場で働くことにしました。おかげさまで、転職成功に伴って、少しずつ復活の兆 [続きを読む]
  • 胃の奥で渦を巻く。
  • 5月になっちゃった。ちょっとだけ、弱音。4月は、いろいろと浮き沈みが激しくて。楽しいこともあったんだけど、ヤなこともあって。気持ちも体調もがくんと落ちている今日この頃。世間はGWだけど、ちっとも浮かれた気分にならない。5月はスッキリ過ごしたいのになぁあ。わりと単純に生きているはずなのに、たまにこーゆーことがあるから困る。やる気出なーい。あ、ついでに食欲も迷子だったり。こんなこと滅多にないから、ここぞと [続きを読む]
  • 花を見上げる。
  • 今年は春の感触が足りなくて。淋しさばかりがやけに募る。だから、お花見に混ぜてもらってきた。はじめましての方ばかりですごく緊張したけども。桜、ちゃんと咲いていた。 ちゃんと、春、でした。アタシが出会えてなかっただけだった。でも、夜はまだ少し寒くて。早くあったかくならないかな。もうちょっとあったかくなったら。缶ビール片手に、夜の散歩でもしたいなあ。 [続きを読む]
  • 明日を生きるための活力。
  • ちょっと、ライブも、東京ドームも、久しぶりすぎて自信ないんだけど。いよいよ今週末に迫ったラルクの25th L'Anniversarry LIVE。無事にチケットが手元に届いて、ざっくり座席の確認してみた。プレイガイド先行で取った2日目は、2階席だけど、参加できるだけで文句はない。落選の連絡が続いたときは、もしや行けないんじゃないかと思って、正直血の気引いたもの。…で、えっと、ファンクラブの先行でもぎ取った1日目のチケットは [続きを読む]
  • 週末はちょっと遠出して、
  • 衝動的に遠くに行きたくなって、航空券とホテルを予約した、1月。はじめてのひとり旅。毎年泊まり仕事はやってるとはいえ、ひとりでふらふらするのは、ほんとうにはじめて。で、とにかく、行ってきた。出雲大社。夕方に着いたから、ほとんど人もいなくて静かだった。振り返ったら、良い景色。ちょっと緊張しつつ、お参りするために奥まで。ちゃんと、二礼、四拍手、一礼でお参りしてきたよ。ひとりでここに来られただけで、妙に達 [続きを読む]
  • 振り切ってまっすぐ進むためには、
  • 気付けば、あっという間に3月で。この1ヶ月なんだかぼんやりしている隙に過ぎてしまって、周りの変化に全然ついていけてない。みんないろいろ芝居やってて羨ましいなあ。アタシも芝居したいなあ。先週末はけーたろくんの芝居を観てきた。愛情で振り切れてた。正直、舞台上の彼はダントツで、あのひとと同じ舞台に立てた幸せをじわりと噛み締める。あああもういちど一緒にやりたい。だからやっぱりまだ、やめられない、よねぇ。笑ア [続きを読む]
  • ひとつぶめ、終わりました。
  • 本番終わって、1週間。なんとか乗り切った、と思ったんだけど、ここにきて体調を崩した気配。。まだ今週はじまったばかりなのにー。さておき。ユニットブログではご挨拶したけれど、こっちでも。*****いちごドロップ ひとつぶめ「カフェ・ド・ギロチーナ」遅れ馳せながら、5日に無事に公演終了しました。ご来場くださった皆様、関係者の皆様、応援してくれた皆様、本当に有難うございました!正真正銘、はじめての自分の団体 [続きを読む]
  • イケメンになりたい。
  • 自分の声がうまく使えなくて、試行錯誤。作るのは、なんか嫌なんだけど。いいところの声がなかなか出せない。困ったな。いつもどうやって喋ってたっけ。彼女の声はどんな声だろう。考える。まだ時間はある。重心の位置もまだ定まらない。もらったダメ出しをいかせてない。身体から作り変えられたらいいのに。そんなことは簡単に出来ないから、外側はダメだとしても、せめて中身だけでも、アタシ自身を全力で騙す。腕の振り方、足の [続きを読む]
  • 4月には、絶対にはずせない予定がある。
  • あああああラルクのライブチケット当たったああああああ!!!!!とりあえず、初日。万歳。行って参ります、いざ、東京ドーム!!2日目は外れたから一般で再チャレンジだ!今回はドームだから、めげるわけにはいかないのだ。も、絶対いく。あのひとたちを見るためなら。たとえどれだけ厳しい抽選でも。ぜったい諦めないもんー!!4月、至福の2日間を過ごすために、いまは全力を尽くす!! [続きを読む]
  • ひとつぶめ、な日々。
  • 年が明けて、現在、いちごドロップばしばし稽古中。脚本も全部上がったよ。稽古を観に来てくれた屋代さんが「登場人物全員飛び道具」って言っちゃうくらい、少しズレてるひとたちの物語です。屋代さん、こういう作品も書くんだ、みたいな。笑個人的に今回の作品のラストがめちゃくちゃお気に入り。すごく、かわいいと思う。稽古のたびに、アタシは本当にへたっぴだなあと思って。周りに助けてもらっているのを感じてる。悔しさと、 [続きを読む]
  • ゾロ目になりまして。
  • 24日を過ぎて、今年も無事にひとつオトナになりました。いつも気にかけてくださる皆様、有難うございます。最近はひたすら飲んだくれる日々だけど、なんとか元気にやってます。笑今年は、たくさんの方に誕生日を祝っていただきました。 本当に有難うございました!!そういう機会をもらえることがすごく嬉しかった。ケーキもたくさん食べたよ。 プレゼントでもらった、ひとつぶめの文庫本。世界でたったひとつだけの [続きを読む]
  • 耳を澄ませば水音が聴こえる。
  • 最初にひとつ、白状します。珍しく、やらかしました。。喉がね?もともと若干風邪気味っぽかったのをずっと誤魔化していたんだけど、乾燥でだいぶ痛めつけられたところで、本番だったんです。「クロ・クロ」の。断っておくけど、そもそも、アタシ喉は弱くないんだよ。本番で潰したことなんてほとんどないもん。だから土曜日は、普通に、いつもどおりやりました。ちょっと乾燥してるかなーと思いながら。で、お酒を飲みました。友達 [続きを読む]
  • 風が冷たくなってきたから、
  • さ む い 。週末からの寒さに耐え切れず、本気アウターをおろしました。。えええええまだ12月なのに!早くね?!大丈夫なの、アタシ!?(たぶん駄目)…生き延びたいなぁ…。←「クロ・クロ」、もう本番が目の前に。完全に迫ってる。気持ち的には、正直、圧迫されてる…。最近はなんかもう既に緊張している気がするもの。。やだ。どうしたのかしら。。今回はすごくやわらかい雰囲気の物語で、「クロ・クロ」なのにアタシはいまま [続きを読む]