F-ROOTS さん プロフィール

  •  
F-ROOTSさん: ギターリペアマン 思いのままに
ハンドル名F-ROOTS さん
ブログタイトルギターリペアマン 思いのままに
ブログURLhttps://ameblo.jp/f-dreamworld/
サイト紹介文ギターリペアのワンポイントやアクセサリー作成、マングローブ生長日記等いろいろな内容を載せてます。
自由文趣味で夜光貝を磨いてアクセサリーを作ったりしています。アクセサリーに興味がある人は見て下さいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/07/03 11:02

F-ROOTS さんのブログ記事

  • 変わる変わらず
  • 数投稿前に「プラスチックのサドル…」みたいな話をしていたかと。 ボーイのミニギターの弦交換をした際、そういえばこのサドルもプラスチックか…なんて思い、でも、「感覚的に少し硬い?」という印象。 確認してみれば、YAMAHAさんは「ユリア樹脂」という材のようです。そして、ユリア樹脂を調べてみれば「尿素樹脂とも呼ばれ、一般的なプラスチックは石油を利用するのですが、このユリア樹脂は尿素と…・」みたいな話で、一般 [続きを読む]
  • MT車の魅力①
  • アクセルペダル、ブレーキペダルの他に、クラッチペダルがあり右足も左足も退屈しません。また、シフトチェンジも手の退屈を除去し、全体的に心の退屈も消し去ってくれます。私のような人は心と体が退屈になる車では思わずスマホ見たくもなります。どうせ見るのはヤフーニュースのくせに。しかし、MT車に乗っているとスマホを見たくなりません。(個人差あり)私にとっては、退屈を取り除き、安全性も増してくれるのがMT車という [続きを読む]
  • 黒いタスク
  • こちらはある方の5弦ベースのナットを作成している時の1枚。ブラックタスクで作成しています。 ブラックタスクに至った経緯は、・もともとブラックタスクがついていた。特に不満は無い。・楽器全体の色味を考慮し「黒」が良かった。というお客様の話も踏まえての…でした。黒系で行くなら「カーボン」等の選択肢もあるかもですが、今回の交換は素材うんぬんよりも、試してみたいうんぬんがありまして…です。 それは、今回の楽 [続きを読む]
  • プラスチック話・続
  • 正直、ここ数年間でプラスチックのサドル作成依頼はありません。 そのような中、私が興味を持ち、作ろうと思った理由は今でもあるジャンルにおいては「プラスチックがいい」という声もあるからです。 そんなこんなで、またサドルが増えました。プラスチックサドルの感想としてはこれは私の好き嫌いが含まれますが「マホガニーのボディとは相性があまり良くないのでは…?」(でも、「全く無し!!」ではありません) 確かに、先述 [続きを読む]
  • プラスチック話
  • 前回の投稿でプラスチック材を注文した…みたいな事を書いたと思います。 数個注文して、1つはダメになってしまう前提でベルトサンダーに押し当ててみる。 速度はボーンやTUSQで作業する際と同じにしまして…。 少し押し当てるとみるみる変形する。この実験は私のプラスチックの印象を再確認したかったのです。私のイメージではプラスチックは他の材に比べ融点も低いので…と。 と、想像の話だけで書いてしまうのも問題ありかと思 [続きを読む]
  • プラスチックが気になりだす
  • 前回の投稿で、望まれるならば、TUSQとボーンで比較出来ます…といった内容を書きました。 その投稿をリブログしてみます。 こちらはもともとギターについてましたTUSQ。裏面を見るとこのように穴が開いています。TUSQは人工で作られた材ですから、形成する時に関連してこのような穴が開くのでは?と勝手に想像。 こんな様を見ていたら、最近あまり見かけなくなりましたプラスチックのサドルが懐かしく思え、(交換済パーツの山の [続きを読む]
  • 素材を比較
  • このブログで何度か紹介しています こちらのJ-45。新しいオーナ様募集中のギターに変わりはありませんが、それは「ゆっくりと…」と考えております。 サドルはTUSQのサドルがついていましたが、牛骨(ボーン)も作成しました。 ※そんな話ばかりですみません。 今ですと当工房にお越し頂けたら、同じ条件で作られたTUSQとサドルを試奏して体感して頂くことが可能です。ここでのポイントは同じ条件ということ。条件が異なるとそれ [続きを読む]
  • 健康GW
  • GW前半に家族の一人が体調を崩し、病院に… その後、もう一人 その後、もう一人 その後、もう一人 あるお客様と話した時に「最後に佐野君だね」と。 その時は笑ってましたが、まさかの現実となる。 ここ数日、おかゆやらお茶漬けやらで生きています。チーズを食べながらお茶漬けを食べると意外と美味しいです。 「健康で笑える」ということがどんなに有難いことかを学んだGW。 [続きを読む]
  • 弦高
  • 一般的に、ギターでいう弦高というのは12Fでフレットの最上端と弦の最下端との距離を指すと思います。 構造上12Fというのは特別な意味を持ちますので、このような流れになった事も想像はつきます。 先日のある方の話(鉄弦アコギ)、「ナットとサドルを交換して欲しい」という話で、そうしたい理由等も話して下さり、それを踏まえてナット、サドルを作成したのです。 お預かり時の弦高は6弦が2.6ミリ位だったでしょうか、そ [続きを読む]
  • プラネットウェーブズさんの商品でした
  • ちょっと前の投稿で、あるお客様からエンドピンジャックにストラップをつける時の面白い商品を見せてもらいました…みたいな話を書いたのです。 その時の投稿をリブログしておきますので、お時間のある方は見て下さい。注)見て頂いてもあまりプラスになりません。笑 そして、そのあるお客様がこのブログを読んで連絡を下さいました。プラネットウェーブズさんの商品でした。サイトをリンクしますので興味のある方はどうぞ。この [続きを読む]
  • GOTOH製のペグ
  • 仕入先からの荷物の中にGOTOHさんのカタログが入ってまして、 2018年度版ってことでしょうかね。 HPも久しぶりに拝見させて頂いたら、だいぶ変わっていました。私としては、GOTOH製のペグで良いなぁと感じる点は、ここです。(リンクです) ただ、「チューニング時のバックラッシュを最小限にします」という表現で、伝わるのでしょうか。 「バックラッシュ」というと、どうしても(釣りの)ベイトリールを思い浮かべてしまいます [続きを読む]
  • コンディショナー・続
  • 正直、試すのは木材の端材にすべきでした。塗り込んだ後、乾燥すると膜を形成して…みたいな商品説明だったかと思います。それって、塗料ですよね。指板の質感が変わりました。商品レビューを見る方では無いのですが、これは何となく商品レビューを読んだのです。皆さんベタボメされてたので…。これ、『釣られた』ってやつでしょうか。勉強になりました。ということで、オススメ記事の投稿にはなりませんでした。 [続きを読む]
  • コンディショナー
  • 自分の楽器を使いある指板コンディショナーを試してみています。 すぐに結果はわからないので観察中です。「おススメ!」となった時にはまたこの続きの投稿をします。 一般的に、クリーニングや保湿の有効性(必要性)は私も認めていますが、こちらの商品はそれにプラスした内容がありまして、…の試しです。 話は少し反れますが、ある美容室のスタイリストさんは量販店のシャンプーやコンディショナーは怖くて使えないと言って [続きを読む]
  • 楽しめますようにと…
  • 奥さん用の車を新しくしまして、先日納車していただきました。山道、高速、街中、田舎道を走行。 ディーラーの担当の方が「全然疲れないですよ・・・」という話をしてくれたことをふと思い出す。 「凄い技術は体感出来たし、不満みたいなモノもない・・・。でも、何も面白くないし、ワクワクしない」と奥さんに言うと、 「私が乗る車だからそういうのはいらない」との返事。それならば大満足ということですね。 私の個人的な好み [続きを読む]
  • ストラップピンやケース
  • 工房で紹介しておりますGibsonのJ−45に関連しつつな話です。 このモデルは当初からピックアップが搭載されていてエンドピンジャックになっておりますが、ネック側にストラップピンがついてません。 「ヘッドに結ぶので不要」とか「立たない」のであれば…ですが、あってそう邪魔にもならないかと思いこのギター用にと用意そして、ピンの取付場所について好みもありますので、 ケースに入れてしまいました。新しいオーナ [続きを読む]
  • J-45オーナー様募集③
  • 気ままに新しいオーナー様を探してますGibsonのJ−45。 いろいろな方に弾いて頂き、気に入って下さった方のもとへ・・・と思ってます。 そんな事もあり、先日ある方に弾いてもらいました。なかなかの高評価だったと思います。 私の方ではより魅力ある楽器になればとポチポチとメンテをしています。ナットもブラックから牛骨(ボーン)に交換してあります。 買うとか買わないとかの前に気になった方はまずは弾いてみて欲 [続きを読む]
  • ナイロン製のナット
  • 1つ前の投稿で載せましたパーツです。Vintage Nylon Nut for Gibsonという商品。 先日も書きましたが硬度がデルリンと牛骨の中間とのこと。 私個人的には牛骨の硬度は満足しており、デルリンにはもう少し硬度を求めたい気持ちがありました。そんな中、デルリンと牛骨の中間硬度という商品説明に食いついた…のです。※ナットの評価は硬度だけで決まるわけではありません。 また、見た目でデルリンは「安っぽそう」と思えてしまう [続きを読む]
  • Delrinから別の
  • デルリンという素材(今回はナット用)またの名を「ジュラコン」と呼ばれる素材。ギブソン系で目にした、耳にした事がある方もいらっしゃるかと あるギターに取り付けようかとイメージしていたのですが…どうも現行モデルの硬度が…なんて思い モントルーのサイトでこのような製品を見つける。硬度が牛骨とデルリンの中間とのこと。そんな製品はこちら 早速注文してみる事にしました。何かお知らせできる発見があった時にはまた投 [続きを読む]
  • BLACKTUSQ
  • ある方の楽器用に用意しましたブラックタスク私の工房では頻度は少ないですが、まれに話の展開からブラックタスクの選択になります。ということで、久しぶりのブラックタスクを少し楽しみにしている自分がいます。 こちらの商品は相変わらず商品説明が凄いです。 自分で自分をほめまくりで、こちらが恥ずかしくなります。 そして、牛骨が嫌いなのか最大のライバルなのか牛骨ダメだしの感じが物凄い。そのことから、TASQ側からみて [続きを読む]
  • トラスロッド
  • トラスロッド※これはほんの一部分ですが。 それがどのような働きをするモノなのか…認識具合?みたいなところに大きな差や違いがあるモノの一つだと私は感じるのです。 でもこのような事はギターという世界にだけある話ではなく、他の様々な世界にも類似した事はありますので特にどうこう書く話ではないか… と思い…この投稿の展開に道迷ってしまってます。笑 「なんだこの投稿は?」と思われて当たり前かもしれませんが、私の [続きを読む]
  • 溝のバランス
  • 「購入した当初から、どうも弾きにくいんだけど…」みたいな話だったと記憶しています。 ナットを交換しました。各溝のバランスが崩れていました。※画像は今までのナットです。 「だいたいの割合で言うと、今までのナットに比べ新しいナットの溝は、6弦が3、5弦が2、2弦が3、1弦が3他はZEROで溝を深くしてあります。」といった説明をさせていただいたかと。 イメージ沸きますでしょうか…3弦、4弦が良い感じだったの [続きを読む]
  • RATIO
  • 「RATIO」とは「比」ですよね。皆様の身近にはどんなRATIOがありますか? 私がすぐに思い浮かぶRATIOは、ギヤ(ア)レシオ。ペグのギヤレシオ(ギヤ比)です。 ちなみにギターペグのギア比は、弦が巻かれるストリングポストが1回転するのにツマミ(ノブ、ボタン)を何回転させるかで表現されます。 そして、グラフテック社のHPを見てまして「RATIO」という商品名のペグが載っているのを拝見。 その内容はこちらです。こちらのペ [続きを読む]
  • J-45オーナー様募集 ①
  • 1つ前の投稿でたいした説明を書いてありませんでしたが、数件のお問合せを頂きありがとうございます。 J-45 のスタンダードになります。ヴィンテージモノではありません。新品でもございませんので多少の使用感はあります。 現状の設定では、12Fで測りますと、6弦が2.8ミリ、1弦が1.8ミリとなっております。この弦高で、このサドルという事もこのギターの状況が感じ取れるかと思います。 ピックアップはL.R.Baggsのエレメン [続きを読む]
  • J-45オーナー様募集 前説
  • 新しいオーナー様募集中のギブソンのJ-45があります。(中古です) 写真撮影を試みましたが、(安定して)うまく撮れませんでしたので、「前説」というタイトルにして写真や詳細は後日載せようと思います。 もし、J-45が気になっていたり、検討中であれば一度ないし何度でも、試奏してみて下さい。 検討中でも何でも無くても弾いて下さっても結構です。 とりあえず、そのようなJ-45がある事をお伝えしたかったのです。 気になっ [続きを読む]
  • 木製のピックガード
  • 「木製で〇〇を…」という話はしょっちゅうではありませんが、ポツポツと頂いたりします。 以前のローズウッド製トラスロッドカバーをリブログです。最近リブログを使用する頻度が増えましたが、そうする事で少しでも内容が濃くなればと願っているのですが、難しいところです。 今回はローズウッド製のピックガードです。一般的にはネック方向と平行にするかと思いますが、そこを少し斜めにして動きを付けた事と、白みの部分を凸 [続きを読む]