muro さん プロフィール

  •  
muroさん: 狭小住宅の新築日記
ハンドル名muro さん
ブログタイトル狭小住宅の新築日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mmmuuurrrooo/
サイト紹介文小さい家に限定した、建築家設計事務所による狭小住宅の新築日記。
自由文大阪の建築家 藤原・室 建築設計事務所による狭小住宅の専門サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/07/03 15:25

muro さんのブログ記事

  • 兵庫:灘の小さい家 5年
  • 灘の小さい家は竣工して5年が過ぎました。ちょっと訪問することとなり、家の様子も見せていただきました。5年が経過すると、お子さんの生活も変わっていき、小さいお部屋も上手に使われていました。特に木貼りの外壁の様子がどのようになっているかが気になっていたのですが、レッドシダーの経年した色、グレーでありどこかシルバー色の感じが出てきていました。木の窓もきれいで、多分雨が一番落ちやすいところを、今後たまに気 [続きを読む]
  • 小さい家特集⑦ 西大寺の店舗付き2世帯住宅
  • 敷地面積 90.62?(27.4坪) 約6.8m×12.6mの角地です。1階が店舗、2階が親世帯の住居、3階が子世帯の住居になっています。敷地の大きさは内容を考えると小さめですが、この場所は商業地域で建蔽率が100%となる地域耐火建築物となり、建物の仕様が上がって費用はかかるのですが、敷地の大きさと立地条件、法規条件で建物の形状は決まっていきます。外観は、店舗重視で1階部分を大きくガラス窓として、2,3階はなるべ [続きを読む]
  • 小さい家特集⑥ 園田の家
  • 間口5.8m奥行13.13m、76.08?(23.01坪)小さい家のなかでは、比較的余裕のある敷地です。この敷地規模になると、3階建てもどうかという話もでてきますが、2階建てでまとめています。玄関へのアプロ―チは側面からです。間口に余裕があるとこのようなアプローチも可能です。1階に玄関と繋がる土間床部分があります。上部には2階のルーバー状の床から光が入ってきます。1階と2階の間には天井高さの低い収納があります。2階 [続きを読む]
  • 小さい家特集⑤ 武庫之荘の家
  • 間口 4.54m、奥行き 10.01mの敷地面積が 45.95?(13.89坪)の敷地です。畳1帖弱の面積の外部吹抜けにガラスの筒が入り込んだように見える感じを考えました。ガラスの筒形状を階段がぐるりと廻って、さらに視線の抜け感と、上下階の隔たり感を抑えていきました。また、ガラスの筒は各場所同士を軽く仕切る役割もあります。2階はリビングとダイニングキッチンという用途を軽く仕切っています。玄関前にガラスの筒からの光が落 [続きを読む]
  • 小さい家特集④ 六甲の家
  • 敷地形状は、間口4m、奥行15m程の細長い敷地です。車1台と、自転車が外に停められます。建物のほぼ真ん中を切り抜き、その部分をガラスで壁と屋根を囲み光を取り込んでいます。そのガラス部分の内部はスキップフロアを繋ぐ階段になっています。階段に座って過ごしたりすると、内部ながら外のような雰囲気です。階段越しに見える景色は別の小屋が奥に見える感じです。天井が極端に低い空間も、面白みのあるお部屋になると考え [続きを読む]
  • 小さい家特集③ 昭和町の家
  • 大阪市内の古い長屋を切り離して解体し、その敷地に建てた住宅です。敷地の間口は3.94m、奥行は17.88mです。南側に向けて、大開口です。手前がリビング、奥にキッチンダイニングがあります。手前のリビングはお店のようにオープンな感じです。奥の方にキッチン、ダイニングがあり、そこに座って過ごす空間は落ち着いた感じです。縦方向の視線と、奥行きを十分に感じられるようにスキップフロアになっています。トップライト、ス [続きを読む]
  • 小さい家特集② 14.5坪の敷地に建つ家
  • 住宅が密集する都市部は、15坪〜20坪くらいの敷地に建つ建売住宅が立ち並んでいます。そういった住宅が建てかえられたり、またはリフォームされたりしています。この家は15坪を切る敷地に古家が建っていて、それを建かえした住宅です。車一台をガレージに入れる計画ですが、大きさは軽自動車が入る程度に限定しました。自転車は6〜7台はガレージに停められるスペースを確保しています。畳1帖半ほどの外部吹抜け部分からの光は思 [続きを読む]
  • 小さい家特集① 東大阪の店舗付き住宅
  • 敷地が15坪、更地の状態では道路の一部かと思われる土地形状でした。ただ、この敷地の良い点は鋭角の三角形ということもあり、奥行きがとても長かったことです。ここに1階が事務所兼店舗、2、3階に家族4人の住宅を計画していきました。 軽自動車が1台、ギリギリですが停められる。自転車置き場も敷地の中に確保しました。この経験をさせてもらってから小さい空間でも視線の抜け方や、いろいろな計画の工夫で、一般的に考えら [続きを読む]
  • 大阪:南田辺の家 ガスメーターカバー
  • ガスメーターは塀があるときは、そこに隠したり、外壁と敷地境界との間に余裕があれば外壁に設置したりと考えられます。だけど、敷地境界と外壁の間に余裕がない小さい家は、ガスメーターの設置位置をどうするかが難しいです。今回は、もう道路付近に出してしまってから、ガスメーターのカバーを造ることになりました。建物が完成してから、どのような形状にしようか迷っていたので、遅れてしましましたが、やっと設置さ [続きを読む]
  • 大阪:帝塚山の家 完成見学会
  • 6月17日(土)の午前10時〜12時の限定ですが、完成見学会をします。小さい家にご興味があり、これから計画を考えたいという方には、感覚的なところを掴むことが一つや二つあるかと思っています。詳しくはホームページに案内しています。⇒「階段棚の家」見学会 [続きを読む]
  • 奈良:あやめ池の家の、テーブル完成
  • 天板の下に薄く引き出しを造っています。天板下の引き出しは、脚を入れたときにじゃまになりやすくて計画が難しいところですが、少し引き出しを奥まらせることで、座りやすくなっています。また、引き出しを奥まらせることが、外観的にも天板の線が強調されて、きれいな見え方になっていると感じています。製作家具の提案もさせていただいています。ご興味のある方、ご連絡お待ちしています。 [続きを読む]
  • 大阪:南田辺の家 椅子を搬入しました
  • 椅子がやっと完成して、搬入されました。普通の高さの椅子2つと写真の脚の高い椅子2つ4脚を製作しました。垂直に立てた鉄脚に木をくりぬいた丸く柔らかい形状の座面現地にお伺いさせてもらって、しばらくじっくりと眺めることができました。とても馴染んでいて、ゆっくり椅子を見ていたい感じでした。また、ちゃんと撮影させてもらいたいと思いました。 [続きを読む]
  • 梅田テーブルにてセミナーを行います。
  • 「梅田テーブル」は、テーブルを囲んで楽しい家づくりの話し合いをイメージして付けた名称です。私たちの事務所は、小さい家の実績も多くなってきましたが、比較的郊外の広がりのある平屋などの、いわゆる「狭小住宅」というもの以外の実績も実は多く手掛けさせていただいております。しかし、大きな家ではあっても、小さい家で経験していった[コンパクトな場所のつくり方]がプランの中に盛り込まれているといったことが、特徴と [続きを読む]
  • 「梅田テーブル」がオープンです
  • 大阪、梅田に計画打合せのスペース「梅田テーブル」をオープンしました。神戸の打合せスペースを梅田に移転してのスタートとなります。今後、計画中の方や、いろいろなセミナーのようなことを予定しています。場所は以下となります。梅田テーブル | Umeda Meeting Room〒530-0012大阪市北区芝田1-12-7-502受付時間10:30 〜 20:00 (祝休み)TEL06 - 6761 - 5577MAILinfo-fm@aplan.jp阪急梅田駅茶屋町口 / 徒歩3分地下鉄御堂筋線 [続きを読む]
  • 備品の製作 木製トレイ
  • 最近、いくつか木でいろいろな雑貨をつくってもらっています。これは、トレイです。ペンとかスマホとかを置くなり、いろいろ使えます。家具製作した残りの端材で作ってもらっているので、サイズはまばらです。近々これも販売していくように考えています。 [続きを読む]