little_dipper さん プロフィール

  •  
little_dipperさん: 写真工房こぐま
ハンドル名little_dipper さん
ブログタイトル写真工房こぐま
ブログURLhttp://kuma-photo.hateblo.jp/
サイト紹介文秋田市在住の超アマチュアカメラマンです。
自由文フィルム時々デジタルで撮影しています。秋田を拠点に訪れた土地で感じた瞬間を超アマチュアな視線で切り取ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 331日(平均6.4回/週) - 参加 2009/07/05 23:15

little_dipper さんのブログ記事

  • 赤いたまご(宮城県柴田郡)
  • Canon EOS-1V / EF28 F1.8 USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400道の駅「村田」・・・の話題じゃなくてすいません。そのお隣にある「森の芽ぶき たまご舎ファームファクトリー」。Canon EOS-1V / EF28 F1.8 USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400店内の様子は紹介できませんが、以前通り掛けに買った「とりたて卵の直売所 早起きコッコ」のたまごが美味しくてまた買いに来ました。Canon EOS-1V / EF28 F1.8 USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400 [続きを読む]
  • 下北半島を散歩10(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩9(青森県むつ市) のつづき。連合艦隊解散の辞にある、「百発百中の砲一門は百発一中、いうなれば百発打っても一発しか当たらないような砲百門と対抗することができる」というのも装備と訓練次第ではあり得ることなんだなぁ。近代兵器を見ると強く思う。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400最後に艦首方向をパチリ。Canon EO [続きを読む]
  • 下北半島を散歩9(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩8(青森県むつ市) のつづき。兵装最後の説明が護衛艦のシンボル「62口径76ミリ単装速射砲」。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400・・・イタリア製の砲で・・・国内でライセンス生産・・・1分間に・・・。オート・メラーラ製の76mm、最近の艦は127mmと火力強化されている。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm [続きを読む]
  • 下北半島を散歩8(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩7(青森県むつ市) のつづき。続いて直上にある「ハープーンSSM4連装発射筒」。首がもげそうになるくらい見上げて説明を聞く。・・・こちらは対艦ミサイルで・・・格納庫兼発射機・・・両舷合わせて8発・・・ジパング的には「サジタリウスの矢」。それよりも気になったというか感心したのが、その下にあるデッキブラシやほうき。きっちり所定の場所に整 [続きを読む]
  • 下北半島を散歩7(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩6(青森県むつ市) のつづき。ヘリ甲板からタラップを降りて甲板を艦首方向へ移動します。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400その途中にちょっとよそ見してパチリ。「はまぎり」って名前は、旧海軍から海自含めて初めてだそうです。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400「68式3連装短魚雷発射管」 [続きを読む]
  • 下北半島を散歩6(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩5(青森県むつ市) の続き。作戦行動中以外は対潜哨戒ヘリは搭載されていないので、やたらと広いヘリ甲板。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400格納庫側から艦尾側を見るとこんな感じ。甲板の3本の溝は着艦拘束装置のレール。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400みんなで格納庫でヘリと拘束装置の [続きを読む]
  • 下北半島を散歩5(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩4(青森県むつ市) の続き。艦尾にある「シースパロー短SAM8連装発射機」の説明を聞いているところ。これは艦対空ミサイルで・・・この発射機には8発・・・射程は・・・。後ろにあるのが装填装置で・・・。Q「どこで制御しているんですか?」A「中のほうです・・・」Q「8発打ってしまったらどうするんですか?」A「装填装置で次弾を装填します」Q「(時間 [続きを読む]
  • 下北半島を散歩4(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩3(青森県むつ市) の続き。定刻になって艦艇見学に案内されて2列になって歩きます。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400こちらが本日一般公開されるあさぎり型護衛艦の5番艦「はまぎり(DD-155)」です。はまぎりは「ソマリア沖海賊の対策部隊」として6ヶ月づつ2度派遣されています。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujif [続きを読む]
  • 下北半島を散歩3(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩2(青森県むつ市) の続き。艦艇見学の受付も間に合ったので、北洋館の外も怒られない範囲で少し散歩。青森ゆかりの海上・航空部隊での殉職者を慰霊する慰霊碑。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400退役した魚雷艇から取り外した長魚雷発射管。ネームプレートには「1974年(昭和49)12月、株式会社渡辺鉄工所」。現在の「渡辺鉄 [続きを読む]
  • 下北半島を散歩2(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400下北半島を散歩(青森県むつ市) の続き。内部は旧日本海軍以来の海軍基地であった大湊の歴史的な資料が沢山。約1,000点の資料や展示物がある。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400よく作りこまれたジオラマ。大湊基地は陸奥湾内の砂嘴に囲まれた軍港。旧日本海軍では大湊警備府として日本の北の海の守りを担ってきた。Canon EOS-1VHS / EF1 [続きを読む]
  • 下北半島を散歩(青森県むつ市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400海上自衛隊大湊地方隊にある石造りの洋館「北洋館」にやってきました。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400北洋館は1916年(大正5)に海軍大湊要港の海軍士官サロン「水交社」として建てられたものらしく、そのシックで洒落た雰囲気は大正時代そのものです。Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400内部は東北唯一の [続きを読む]
  • 水力発電所の余水路(秋田県鹿角市)
  • Canon EOS-1VHS / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400滝のように見えるのは、鹿角市にある「止滝第二発電所の余水路」。発電に使われない水を放水しているんですけど、いつも流れているわけでもなく、勢いのある滝のようで思わずパチリ。上の段が水槽、発電所自体は別の建屋みたいです。この止滝第二発電所は1902年(明治35)に稼動しているらしいのでなんと110年以上の動き続けているんですね。そういえば本物の滝は最近 [続きを読む]
  • 仙台駅前を散歩3(宮城県仙台市)
  • Canon EOS-1V / EF28 F1.8 USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400ホテルから「サンモール一番町商店街」をテクテク歩いて、青葉通りの信号待ち中です。それはもう腹ペコで「利久」の牛たんを食べに行く途中です。≪11/9(木)朝9:59まで★マラソン注目アイテム1,390円×送料無料≫ ニット レディース ニットワンピース おうちで洗える♪[ ワンピース / チュニック / トップス ]カシミアタッチ☆セミオーダー風ニット[N555]【入荷済】ニッ [続きを読む]
  • E6系のフェニックスのロゴ(東京都千代田区)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600東京駅の新幹線ホーム(東京都千代田区) の続き。秋田新幹線E6系に付けられたフェニックス(不死鳥)のロゴ。「Treasureland TOHOKU−JAPAN」以下、JR東日本のアナウンス。「東北新幹線E5系を皮切りに、秋田新幹線E6系、山形新幹線E3系にも貼付し、東北の観光を盛り上げていきます。」このロゴは?般社団法?東北観光推進機構が作成したもので、力強い生 [続きを読む]
  • 東京駅の新幹線ホーム(東京都千代田区)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600夜景に映える赤い新幹線「E6系」。東北新幹線区間は「E5系」と同じく国内最速の320km/hで走る。速度が出せない在来線区間は130km/hだけど。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA16002014年に秋田新幹線からは引退した「E3系」。こちらも当時最速の「E2系」と同じ275km/h。そして隣に「E4系」上越新幹線MAXとき。 [続きを読む]
  • トレインビューのホテル3(東京都港区)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600トレインビューのホテル2(東京都港区) の続き。完全に夜になってからの1枚。中央の白い帯が、通過中の東海道線だと思います。たぶんですけど。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600翌朝のほぼ同じ方角の写真。通過するN700系の外側にも狭軌の線路があります。ちょっと調べましたが「旧東海道貨物線」かな? [続きを読む]
  • トレインビューのホテル2(東京都港区)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600トレインビューのホテル(東京都港区) の続き。そろそろ貴重になってきた1600のフィルムでシャッタースピードを稼いでも、CONTAX TVSで動く被写体の撮影は難しいですね。これはやっと捉えた「700系」。運転席の下に「JR700」の表記がされているのでB編成でしょうかね。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600バ [続きを読む]
  • トレインビューのホテル(東京都港区)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600ホテルの窓からパチリ。東京に滞在する場合、いつもなら夜間は静かなホテルを選んで泊まっていたけど、今回は急な用事で選択の余地が無く、線路沿いのホテルを予約していた。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600夕方にチェックインして部屋に入ったら、予想通り電車の音が結構すごい。ちょっと楽しい「トレ [続きを読む]
  • 秋田駅新幹線ホーム(秋田県秋田市)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600秋田駅でのひとコマです。東京へ向かう新幹線の入線を待っているときにパチリ。たくましい機関音を響かせてやってきたのが「国鉄DE10形ディーゼル機関車」。先頭が「DE10 1759」 寒冷地仕様の旋回窓とスノープラウが秋田育ちの証拠ですね。しかも堂々の重連で登場です。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm NATURA1600 [続きを読む]
  • 道の駅寒河江2(山形県寒河江市)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400道の駅寒河江(山形県寒河江市)の続き。この道の駅に来ると、私的に名物なのがこの普通の自販機に違和感なく並んでいる「ビン飲料の自販機」。缶とペットボトル全盛の現在ではなかなかお目にかかれない代物です。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400紙パックの自販機とよく似ていますので、自販 [続きを読む]
  • 道の駅寒河江(山形県寒河江市)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400道の駅寒河江「チェリーランド」。様々な施設があって結構おおきい道の駅です。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400ここに来たら「さくらんぼ会館」に立ち寄るべきなんでしょうけど・・・やっぱりお土産品コーナーで時間を費やしてしまいました。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5 [続きを読む]
  • 道の駅にしかわ(山形県西村山郡西川町)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400山形県のまんなか?「道の駅にしかわ」です。道の駅「月山」では朝日地域特産の「月山ワイン」でしたが、ここは月山の湧き水を使って作る「地ビール月山」が有名みたいです。あいにくとお酒は飲めない口なのでスイマセン。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400月山朝日観光協会のイメージキャラ [続きを読む]
  • 道の駅月山(山形県鶴岡市)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400国道112号と梵字川に挟まれるように立地する道の駅「月山」。そこの「月山あさひ博物村」にある「そば処 大梵字」で食事をしました。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400店舗として使用しているのは、ここ朝日地区内にあった築150年以上という旧家を移築したものだそうで、ノスタルジーを感じ [続きを読む]
  • 月の女神(山形県鶴岡市)
  • CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400山形県鶴岡市を流れる一級河川、赤川水系梵字川にある「月山ダム」。月山を仰ぐように、金色に輝く月山ダムの守り神「月の女神」が居ました。ダム湖に背を向けて建つ「月の女神」。CONTAX TVS / Carl Zeiss Vario Sonnar 3.5-6.5/28-56 T*/ Fujifilm SUPERIA X-TRA400グッと近寄ってみると・・・う〜ん美しいですね。金色と青空のコントラスト [続きを読む]
  • 北欧の杜公園5(秋田県北秋田市)
  • Canon EOS-1V / EF17-40 F4L USM / Fujifilm SUPERIA X-TRA400北欧の杜公園4(秋田県北秋田市) の続き。「キャロル360」。他社が2気筒2ストの時代に、なんと水冷直4で4ストという現代風な選択をしたマツダ。このボディーカラーはオリジナルなんでしょうかね?これもまた色使いが現代風ですよね。すごく可愛いけれど漂う気品も存在感もありますね。リアデザインが個性的なんですけど写真撮るの忘れたんですね。Canon EOS-1V / EF17-4 [続きを読む]