なおぱぱ さん プロフィール

  •  
なおぱぱさん: なおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ハンドル名なおぱぱ さん
ブログタイトルなおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ブログURLhttp://naotanlove.blogspot.jp/
サイト紹介文なおは6年生。親子英語で鍛えた英語を武器に、アメリカ滞在経験あり。
自由文なおとなおぱぱの生活の記録。きままな12歳児に振り回される日々です。
日々の成長の記録や、英語関連の話など。

英語育児を始めてもう9年!最近は家庭学習に力を入れています。

教材として、ベネッセのワールドワイドキッズを使っていました。幼児からの早期英語教育の是非についても考える日々…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2009/07/07 14:11

なおぱぱ さんのブログ記事

  • 中学受験、プラス英語を選ぶメリット・デメリットへの補足
  • 前回の記事に書きそびれたこと、他の方に教えていただいたことを補足として書いておこう。まず、理社について。英語を勉強する(というか、親子英語組は勉強しなくてもいいが)ことによって理社をやらなくて済むのは、必ずしもメリットではないのではないか、というご指摘があった。理社は中学校入学後に必要なので、どうせなら先に勉強しておくほうが良い、という考え方もある。次は、受験対策について。英語を使った受験の場合は [続きを読む]
  • 中学受験、プラス英語を選ぶメリット・デメリットは【関西版】
  • 入試が近いということもあって、私の思考もどうしてもそっちに偏りがちになる。ということで、今回は中学受験において最近間口が広がってきている英語での受験について、我が家の体験を記録しておこう。注意としては、地域によって英語選択の有無や条件がいろいろ異なるので、ここで書く話はあくまで関西限定だということ。また、各校、入試方法を変更していくので、数年後にはまったく違った状況になる、ということもありえる。と [続きを読む]
  • 続・中学受験、受験校を決めるのに悩む
  • 前の記事の続きで、受験校をどうしようか、という話。偏差値が低めで入学しやすいA校と偏差値の高い、その分大学進学実績の良いB校。と偏差値で単純に比べると、抑え校の確実性とか、入学後についていけるかを考慮すべきということになる。一方で、入試問題の傾向からもわかるように、文系に強いA校と理系のB校なら、なおの進路に合うのはどちらか、ということに。入学後の生活を考えると、あまり締め付けの強くなさそうなA校と、 [続きを読む]
  • 中学受験、受験校を決めるのに悩む
  • なおの受験校は早いうちから4校に絞り込んでいた。前受け校、1日目校、2日目校、後受け(?)校といった感じだ。志望順位はさておき、しばらく悩んでいたのは一日目校について。夏ぐらいから想定していたA校は、偏差値は中程度で英検で追加得点がもらえる。もうずっとここを受験しよう、と考えていたのだが、最近になって気になり始めたのが、B校。偏差値的にはワンランク上で、実は最初に志望校として考えていた学校だ。こちらも英語 [続きを読む]
  • なかなか記録しづらい、今見ている映像
  • 中学年ぐらいまでは、英語の取り組みの一環として、なおに見せているビデオのタイトルを頻繁に記録していた。なおがビデオ好きだということもあって、我が家では映像は取り組みの重要な一部だったし、何歳のときに何を見せるかということには、かなり注意したし、工夫もしてきた。子どもの言葉の発達段階にあったビデオ、かつ内容的に適切で、できれば知識が得られるもの、エンターテイメント性も欠かせない、と見せるものを選ぶの [続きを読む]
  • 受験2カ月前の勉強時間は?11月の家庭学習まとめ
  • 入試まで2カ月を切って、もう大詰め。のはずなのだが、最近、なおの寝起きが悪い。勉強への意欲が落ち気味、という話をこの前書いたが、最近は朝起きられないことがたまにある。冬になって朝は暗く寒くなってきた、というのも理由だと思うが、少し疲れ気味なのかもしれない。ふだんは夜9時半に寝て、朝6時半に起きる、というスケジュールだが、どうしても起きれないなときは朝の勉強を減らしたり、場合によっては飛ばすことにし [続きを読む]
  • 高学年以降の英語の維持・伸長は本人次第
  • 最近、特に思うのが、高学年以降の英語の維持・伸長は本人次第だということ。ここでいう「本人次第」というのは、本人の意思だったり、本人の興味だったり。本人の能力もないわけではないが、もっと重要なのが意欲と関心だと感じる。なおの場合、運動が苦手だったりして、これだ!と人に誇れるものとして自分の英語力を考えているため、これだけは譲れない、という思いが強い。だからこそ、youtubeで動画を見るときも、意識して英 [続きを読む]
  • Black FridayセールでAmazon.comからDM
  • しばらく気が付かなかったのだが、Amazon.comから、Black Fridayのセールとして、Kindle UnlimitedのSpecial Offerが届いていた。なんと、3か月で99セント!この前使ったのは1月だから、もう一年近くになる。ちなみに、この時読んだ"Please Don't Tell My Parents"シリーズは結局、全部別途購入してしまった。結局買ってしまうなら、Kindle Unlimitedを契約する意味は、と疑問に思うかもしれないが、こうしてヒットする作品に当た [続きを読む]
  • 休日は過去問に入試説明会に
  • 週末、私は某志望校の入試説明会へ。この学校にはオープンキャンパスで訪れたことがあるので、なおには自宅で過去問に取り組んでもらうことにした。入試説明会では、個別相談のブースで聞きたかったことがしっかり確認できたので、行った甲斐があった。英語の授業では、特に帰国生向けの授業があるわけではないのは残念だが、まあ仕方がないだろう。*過去問は算数と国語を1年分やってもらった。算数は、この前の記事のC校。採点結 [続きを読む]
  • Raz-kids.comの共同利用について
  • 今年もRaz-kids.comの共同利用の更新の時期がやってきた。***現在共同利用に参加してくださっている皆様には確認のメールをお送りしました。来年一年間の費用は、前回とほぼ同等の金額となります。もし届いていない場合は、メールにて問い合わせください。***なお、現在は新規利用の方をブログでは募集していないので、ご了承ください。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 中学受験、本番まで2カ月を切った
  • 通学時間、教育方針、その他もろもろを考慮して、今のところ受験校は3校を予定している。それぞれの学校の過去問を何回かやってみた上での得点率と合格最低点から想定される目標得点率はこんな感じ。志望順位はA>B>Cの順。C校の過去問をやったのは夏休みなので、今ならもう少しだけ算数の点が上がるかもしれない。A校 国語40% 算数80% (目標55%)B校 国語40% 算数80%(目標60%)C校 国語60% 算数60% (目標55%)どこもギリギリだ [続きを読む]
  • 大学以降での留学、いくつかのパターン
  • なおは大学からの留学を考えているようだけれど、他にもいろいろ可能性はあり、それぞれ得られるものも、コストも違う。ちなみに、もちろん中高からの留学もあるけれど、話がややこしくなるのでここでは除外。比較的手軽な方から並べていくと、1.長期休みを使っての短期留学夏休みや春休みを使っていくパターンで、最近は、大学付属(キャンパス利用?)の語学学校に通うことが多い。レベル的には幅広く対応するはずだが、基本は [続きを読む]
  • goodreadsを参考にもうひとつ
  • この前の"Warcross"がよかったので、次もgoodreadsから選んでみた。Fablehaven: The Complete Series (English Edition)これは"Fablehaven"シリーズ5冊の合本で、上のデータは最初の巻のもの。難易度は低めで、長さはそこそこ。対象学年は小学校高学年から中2ぐらいまで。難易度も、ターゲットも、Rick RiordanのPercy Jacksonシリーズに近い。これぐらいの年齢のファンタジー好きにお勧め。各巻の語彙レベルと語数はこれぐらい。 [続きを読む]
  • 英検の先を考える
  • この記事、実は先週ぐらいから書き始めていて、こんな文章で書き始めていた。英検の2次試験の結果はまだ。落ちていたら、後3回、1次試験が免除になるので、コツコツとスピーチの練習を繰り返すだけ。結果として受かっていたので、英検の2次対策をする必要はなくなった。さて、この後どうするか。語彙力と読解力、ヒヤリング、さらにはスピーキング、ライティングといったいわゆる「英語力」的には、正直、大学進学に充分なレベルに [続きを読む]
  • 2次試験もぎりぎり合格
  • 今日は英検の2次試験の合格発表、ということで今までになく緊張しつつログインすると、「合格」の文字が!作文もそうだが、2次の面接試験も合否の基準がさっぱりわからない。駄目だったとなおが言っていたので、あまり期待はしていなかったが、それでもちょっとは期待していた。ちなみに、CSEスコアは620点。602点で合格なので、本当にギリギリだ。2次の分野別得点はこんな感じ。"GRAMMAR AND VOCABULARY"と"PRONUNCIATION"で9点と [続きを読む]
  • 親子英語、いろいろな子がいて、いろいろなやり方がある
  • いろいろな出来事がありつつも、様々な素敵な出会いがあったブログ村の「親子英語」カテゴリ。昔は、「こうやれば子どもの英語教育は上手くいく」的な記事を必死に書いていたが、最近は、気が乗らなくなってしまった。我が家の場合、英語圏に滞在した上に親が英語がある程度喋れるので、一般的な環境とは異なる、というのがひとつ。何年もブログを書いてきて、書き尽くしてしまった、というのがもうひとつ。最近は個々の子どもの個 [続きを読む]
  • 自宅で中学受験勉強、難しいのはやる気の維持
  • 入試まで2カ月ほどとなり、まさに本番を迎えているはずの受験勉強。だが、どちらかというと、勉強時間も内容もじり貧で、一応コンスタントに同じ量を続けているつもりだが、なおのやる気の低下が否めない。一番大きな理由は、やはり必要性だろう。受験校の選定も終わり、どの日にどこで何科目受けるのか、ほぼ決まってきた。試験を受けるのは3校になるのだが、帰国枠だったり、英検で活動実績枠だったり、英語試験があったり、どの [続きを読む]
  • お勧めしていただいたgoodreadsを使ってみた
  • なおが次に読むのにどんな本がいいか試行錯誤している、という記事を書いたときに紹介していただいたのが本の口コミサイト、goodreads.com。何かないかな、と思って訪ねたところ、ちょうど2018年のベストを選ぶコンテストをやっていた。なおに良さそうなジャンルは、"MIDDLE GRADE & CHILDREN'SBEST YOUNG ADULT FANTASY & SCIENCE FICTION"。この中から私がピックアップしたのが"Warcross"(正確には続きの"Wild Card")。ハッキン [続きを読む]
  • あまり切迫感はなく、まったりと―10月の家庭学習まとめ
  • あまり変化がないので忘れがちだが、10月の家庭学習を一応記録しておこう。朝の勉強:40分ぐらい国語(漢字・語彙・用法):予習シリーズ6年漢字とことば(下)国語(読解)予習シリーズ6年国語(下) 入試実践問題集 有名校対策算数:予習シリーズ6年算数(下) 難関校対策英語:Wordly Wise 3000 Book6 Test午後の勉強:10分ぐらい下剋上算数難関編夜の勉強:45分ぐらい国語(漢字)予習シリーズ6年漢字とことば(下)国語(読解)予習シ [続きを読む]
  • 英検、2次試験の手ごたえは
  • 本日は英検の2次試験。ちょうど1年前に受けた2次試験と同じ会場だった。1級の2次試験は与えられた5つのテーマから一つ選んで2分スピーチ。その後質疑応答。このテーマが厄介で、政治問題や社会問題など。1次のエッセイでもそうだが、大人でもちょっと考えさせられるテーマばかり。今回、なおが選んだのは徴兵制度について。これが一番ピンときたというのだから、他は推して知るべし。なおは(もちろん)徴兵制度反対。スピー [続きを読む]
  • やってよかった!社会のフォローその後
  • 夜の勉強のついでにちょろっと5分ほど小学校の社会科の授業のフォローをするようになった話を数日前に記事にした。始めてから一カ月ほど。この前学校で初めてテストがあり、見事95点。なぜ100点じゃないかというと、「正しいものを2つ選べ」という問題で一つしか選んでないから…。これ、受験勉強でもよくやるミスだなあ。それにしても、この毎日5分自宅学習というのは、効率よく勉強して効果を上げる、という意味では非常に有用 [続きを読む]
  • 英検2次、結構怪しいぞ
  • なんとなくぼんやりして、2次試験の面接の準備をし始めたのが数日前。まずは英検協会のHPに行って過去問というか、流れを確認してみた。すると、なかなかに難易度の高い内容であることがわかった。HPで公開されているサンプル問題によると、5つの中から一つ選ぶトピックはどれも骨太。国際問題やら社会問題やら。この中から1分間で一つ選んでスピーチを組み立てないといけない。試しになおにやらせてみたら、詰まる詰まる。うー [続きを読む]
  • やってよかった!社会のフォロー
  • 元々、社会が好きではなかったなおだが、6年生で歴史が始まって、興味の低下が甚だしかった(テストの点数も)。織田信長と豊臣秀吉と徳川家康をごっちゃにするレベル、というとどれだけひどいか分かっていただけるだろうか。長所を伸ばす、短所は気にしない、というのが我が家の教育方針だが、これでは中学校に入ってからちょっと苦労するかもしれない、と思って介入することにした。何もないとやりづらいので、適当な教科書準拠 [続きを読む]
  • 中学受験のプレテストに行ってきた
  • 最近は毎週末、受験関係で何らかのイベントが入っている。この前は某校のプレテストなるものに行ってきた。これは、事前に本番さながらの入試問題(模試)に触れることによって、受験準備をしましょう、というもの。中堅未満の受験校に多いのは、こうして学校に足を運んでもらって、志願者を増やそう、ということなのだろう。この学校は、抑えの学校として考えている。学校もよくわかっていて、統一試験日の週末の学校の合格発表の [続きを読む]
  • 英検に向けての具体的な努力
  • 今回は、準1級合格から1級の1次合格までの、取り組みについてまとめておこう。*英検1級の受験を考え始めたのは、5年生の春から。準1級は作文を0点にされて不合格だったが、ReadingとWritingの点数は充分だった。その後、5年生の2月には無事準1級も合格。このときの1次試験の結果を見ると、CSEスコアは英検1級の合格点を上回っていたので、1級への可能性はそこそこというところ。6年生の春の試験では、ReadingとListeningは合格圏 [続きを読む]