なおぱぱ さん プロフィール

  •  
なおぱぱさん: なおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ハンドル名なおぱぱ さん
ブログタイトルなおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ブログURLhttp://naotanlove.blogspot.jp/
サイト紹介文なおは5年生。親子英語で鍛えた英語を武器に、アメリカ滞在経験あり。
自由文なおとなおぱぱの生活の記録。きままな11歳児に振り回される日々です。
日々の成長の記録や、英語関連の話など。

英語育児を始めてもう8年!まだまだ試行錯誤でやっています。

教材として、ベネッセのワールドワイドキッズを使っていました。幼児からの早期英語教育の是非についても考える日々…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2009/07/07 14:11

なおぱぱ さんのブログ記事

  • 天邪鬼であることと、アイデアマンであること
  • この前、なおが前期の通知表をもらってきた。予想通り、算数と理科が良くて、国語と社会がまあまあ。飛び抜けて良いわけではないが、よく頑張った。面白かったのは先生の寸評で、算数の授業などで独自の解き方を考えついて、みんなに説明するのが上手なアイデアマンだ、とお褒めの言葉が(もちろん、すべての生徒に褒めるところを見つけるのが先生のお仕事)。この独自の解き方を考える、ということについては、以前、先生と直接お [続きを読む]
  • なお、算数で猛烈なスランプ中
  • 毎晩やっている下剋上算数、本来はすっと問題なくできるはずの簡単な問題が中心なのだけれど、この1か月ほど、ときどき妙に単純ミスが続くことがある。毎朝やっている予習シリーズの算数でも、本来苦手ではない分野であるはずの旅人算で苦戦中。今は、本科テキストで4年生の3月ぐらいにやった内容を、演習問題集で復習しているのに、正解率がむしろ微妙に下がっているような?本人も、できるはずの問題でミスをするとショックなよ [続きを読む]
  • オズの魔法使い15巻セットに挑戦中
  • この前読んでいたシリーズ、"Dargonrider Chronicles"の既刊分をすべて読破してしまったなおが手に取ったのは、キンドルに入っていた「オズの魔法使い」。昔、「祭りの後も!Kindleでいつでも読める無料児童書」という記事で紹介したように、無料で読める(ただし、一部の無料本のリンクは無効になっている)。今回、なおが読んでいるのは、なおままが購入したこちら。Oz: The Complete Collection (Illustrated) (English Edition [続きを読む]
  • 今更ながらWii Fit Uを開始
  • 任天堂のゲーム機WiiでダイエットプログラムWii Fitを使っていたのはもう10年近く前、まだ札幌に住んでいた頃だ。大阪に引っ越してきて、バランスボードがしまわれたままになり、放置してはや数年。だが、この前夫婦で一念発起して、再開してみた!買った当初、結構夢中にやっていたので記録が残っていたが、あまりに古すぎてまともに表示されず、失笑。そして、現在はWii Uを使っているので(スプラトゥーンのために購入した)、 [続きを読む]
  • 英検、忘れてた
  • 中学受験にかまけて英語を放置していたわけではないが、肩の力は抜けている。本当は、身近な目標は英検のはずなのだが、前回の結果を受けて、親の私はやる気喪失。準1級に合格しても役に立つわけでもないし、大学受験で使えるようになるかもしれないが、その場合は高3の1年間で受けないといけないようだし、とか考えていたら、今年度2回目の試験の申し込みの締め切りが過ぎていた。一方、なおの方は英検に受かったらゲームを買って [続きを読む]
  • このYouTubeチャンネルがすごい!Kurzgesagt ? In a Nutshell
  • Gigazineで紹介されていた記事「バクテリアはどれだけあなたの体を支配しているのか?」にあったYouTubeビデオがかなり良い出来だったので、このビデオをアップロードしているチャンネル、Kurzgesagtの動画一覧を見たら、どれもかなりのクオリティ!チャンネル名はドイツ語で、英語では"In a Nutschell"、「要するに」というような意味で、ユニークな色使いとデザインのアニメーションを使って、サイエンスその他のテーマを紹介し [続きを読む]
  • 子育ての関心の焦点が受験勉強にシフト中…
  • 帰国して半年、現在の私の関心は英語教育から中学受験に完全にシフトしてしまっている。なおの英語力はもちろんまだまだで、これから伸ばすべきなのだが、英語が長年いろいろ調べてきて情報が飽和しているのに比べ、受験勉強はいろいろと工夫できることが多い。元々は受験そのものを絶対肯定、というわけでもなかった。実のところ、年間100万円ぐらいと想定される中高の授業料を考えると、中高は公立にしておいて、大学から海外へ [続きを読む]
  • 「英語やプログラミングの前に日本語力が必要」かについての個人的な意見
  • 昨日の話を踏まえての、では私はどう考えるか、という話を書いていなかった。英語とプログラミングを同等に考えるというのは乱暴すぎるので、まずはプログラミングから。中学校で、もしくは小学校で一律にプログラミングを授業として取り入れる、というのはあまり効果的ではないのではないだろうか。必ずしも全員が必要とする技術ではないし、後からやっても十分身につく。中学校からの教科の理解に役立つわけでもない。それ以前に [続きを読む]
  • 「英語やプログラミングの前に日本語力が必要」?
  • もう1年以上前だけれども、日経新聞の「英語やプログラミングの前に日本語力が必要」という記事が話題になったことがあった。東大に受かるAIを開発しよう!というプロジェクトで有名な新井紀子教授の研究で、AIの開発よりも、日本の子どもたちの日本語力が心配だ、という話だった。その後、研究分野をAIから読解力へと切り替えたらしく、先月、「中3『教科書理解できない』25%…読解力不足」だとか、「『子供は読めているのか [続きを読む]
  • ”The Book with No Pictures"
  • SNSで紹介されていた、なかなかに珍しい、読み聞かせにぴったりの本。絵本じゃないところが面白い。アイデアの勝利だ。どちらかといえば、低学年向けだろうか。子どもたちの反応がなかなかに面白い。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「スペック」を上げたら英語はすぐできるようになる?
  • 「林先生が驚く初耳学」(そういえば、この番組をお正月休みに見たんだった)というテレビ番組でのやりとりが、SNSで話題になっていて複数の方が感想を書いておられた。なかなかにホットなトピックだけあって、親子英語ブログでも関連した記事がいくつかあるようだ(Yoshieさんの記事とか)。本人の「スペック」を高くしたら、英語はすぐマスターできる、という林先生の発言の元となる考え方は、決して新しくも珍しくもない。「最 [続きを読む]
  • なおの国語の学力は早期英語教育に影響を受けたか
  • まず結論から言ってしまうと「そんなのは誰にもわからない」。たとえばこの前の模試での成績だが、国語は平均よりぐっと下だった。なおの国語の成績が良くなかったからといって、何千人もの受験生のうち、最下位だったわけではなく、なおより成績が悪かった子もいるわけだし、さらには受験生のほとんどは通塾生で毎週何時間も塾で勉強している子たちだから、成績が良くても不思議ではない。早期英語教育の影響を調べるには、なおが [続きを読む]
  • 9月家庭学習まとめ
  • 夏休みが終わってしまって、小学校が始まるとまたせわしない日々が!なおの小学校では宿題は割と少な目で、音読、漢字1ページ、算数のプリント1枚で毎日20分ほどなのが救いか。*日々の勉強はまったりと。国語の成績は伸びないが、あまりストレスを与えたくないし、毎日コツコツ勉強したら、後はもうなるようにしかならないので、とやかく言わず、取り組みあるのみ。朝の勉強:30分ぐらい 漢字:予習シリーズ 漢字とことば5年(下) [続きを読む]
  • 日本に帰ってきて、幸せそう
  • 帰国したての頃は日本の小学校に再適応するのが大変そうだったりした(実のところ、まだ完全に慣れたとも言い切れないが)のだが、最近のなおはとても楽しそうだ。別に小学校がバラ色ということもないし(体育がとびきり苦手なのに運動会シーズンだし)、そんなに素敵なことが毎日起こるわけでもない。むしろ、朝晩のワークはきっちりやらされるし、小学校から帰ってきたら宿題もあるからテレビも大して見られない。親の視点からは [続きを読む]
  • 一方、算数は…
  • 9月の模試、国語の成績が良くなかったのと対照的に、算数の方はばっちり。国語が下がったのとほぼ同じぐらい算数が伸びていた(^^;非常に簡単な計算問題を間違えていたり(割り算を逆にしてた)、ふだんなら解けるはずの問題を勘違いして解いたりしてポコポコ点数を落としていたが、それでも目標のレベルを楽々クリア。日々の勉強は、だいたい同じぐらいの時間を使っている。算数は、予習シリーズを毎朝1枚、下剋上算数[基礎編]を毎 [続きを読む]
  • 模試の結果:国語が壊滅的(^^;
  • いや、壊滅的というと大げさだが、偏差値は4月の模試よりもさらに低下(^^;問題を見てみると難易度は相当なもので、ふだんやっている四谷大塚の予習シリーズの標準問題よりは上。この難易度だとそうそう点は取れない。平均点は50点だが、80点以上取っている受験生が5%ほどしかいない。70%以上でも16%だ。とはいえ、現在のなおの目標は平均点を取ること!高得点者のパターンを考えても仕方がない。見直しをしつつ確認したのは、各問 [続きを読む]
  • 連休はソウルに行ってきた
  • 私の仕事の付き合いの関係で、ふとしたことからソウル訪問の話が持ち上がった。なおは小学校を休むわけにはいかないので、土日に、とも思ったが、せめて2泊は必要ということで、連休を使うことに。日本には台風が来ていたが、ソウルでは3日間気持ちのいい天気だった。暑くもなく寒くもなく、友人曰く9、10月が訪れるには一番良い気候とのこと。本当は友人に一日ゆっくり案内してもらう話だったのだが、この週末は忙しいということ [続きを読む]
  • 2学期が始まって
  • たった1年間とはいえ、異なる文化圏の小学校に行き、そこに馴染んだ後で日本の小学校に再適応するのは大変のようだ。一番分かりやすいのが、給食と掃除。給食は、アメリカの小学校では毎日カフェテリアでレジに並んでランチプレートを購入し、食べ終わったら、使い捨ての皿やフォークをゴミ箱にどかっと捨てて、トレイを返して終わり。日本では給食係の当番があり、食べ始めてから食べ終わるまでに、挨拶だのなんだのいろいろと儀 [続きを読む]
  • 塾の模試を受けてきた
  • 国語は怖いので採点しない(笑)算数は19/25で、76点。間違えた6問のうち、1つはものすごく簡単な計算問題のミス。2つはやり直したら一瞬で解ける、どうして間違えたかわからない問題。さらに1つは微妙に苦手だけれども、難易度は高くなく、出来ていても良い問題。最後の2つは難問なので現在の学力では無理。ということで、コンディションが最高なら可能性としては92点ぐらいは行けた。実際には、単純ミスも実力のうちで、この点数 [続きを読む]
  • 「英語4技能評価」導入への反対意見
  • 東京大学准教授の阿部公彦氏による一連のツイート、「大学入試における『英語4技能評価』の弊害 」というのが読みごたえがあった。実のところ、「英語が喋れるようになりたい!」という人からアドバイスを求められたら、私も「コツコツ勉強したら」としか言いようがないとは思っていた。もちろん、この「コツコツ」に含まれるのは、単語帳で単語を覚えるというよりは、英語でテレビドラマを見たり、本や新聞を読んだり、ニュース [続きを読む]
  • スポンジボブ効果を実感中
  • 2年ほど前に話題にした「スポンジボブ効果」だが、受験勉強をするようになって、その効果をひしひしと感じる。受験勉強用の問題集である予習シリーズはかなりの難易度で、集中力の差がてきめんに結果に表れる。算数の演習問題集の場合、ふだんはまあまあな正答率なのだが、直前に面白いアニメを見たりすると、とたんにケアレスミスが増えたり、問題の読み間違えをしたり。親子で話し合って、やはり勉強の直前はテレビ番組を見るの [続きを読む]
  • MITのキッズ向けサイエンス動画がプチヒット
  • 親子英語ブログを見ておられる方なら高確率でチェックしていると思われるウェブサイト、「リセマム」にて「MITのSTEM教育ビデオを無料視聴」なる記事をみた。Asuka AcademyというNPO法人がMITのキッズ向けビデオを日本語化して無料公開している、という話だった。公開されているのは"MIT+K12"ということなので、ふと気になって検索したら、当然だが本家のサイト"MIT+K12"が見つかった。ちなみに、K12というのは幼稚園から高校生ま [続きを読む]
  • 種まきはあくまで種まき
  • 我が家では、なおが幼いときからサイエンス系の教育を家庭環境に取り入れる工夫をしてきた。親子英語との絡みでは、サイエンス系のビデオをがっつり使って("Popular Mechanics for Kids"とか"Magic School Bus"とか)、なおが喜んでみていた。図鑑も、幼児向けのものから、小学生向けのものまで、リストにするときりがないほど。もちろん、科学館には関西でも関東でもいろいろと訪れた。そのせいか、サイエンス系については、なお [続きを読む]
  • 8月の家庭学習まとめ
  • 夏休みは、特に塾の夏期講習などには参加せず、自宅で今までと同じスケジュールで勉強。実際には、入院と各種旅行で、ペースはかなり落ち気味だったが、なおとしては頑張った方だろう。朝の勉強:30分ぐらい 漢字:予習シリーズ 漢字とことば5年(上) 国語:予習シリーズ5年国語(上)・演習問題集(上) 算数:予習シリーズ5年算数演習問題集(上) 英語:Wordly Wise 3000 Book6国語は本科テキスト&演習問題集(上)の第11回〜第15回 [続きを読む]