なおぱぱ さん プロフィール

  •  
なおぱぱさん: なおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ハンドル名なおぱぱ さん
ブログタイトルなおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ブログURLhttp://naotanlove.blogspot.jp/
サイト紹介文なおは5年生。親子英語で鍛えた英語を武器に、アメリカ滞在経験あり。
自由文なおとなおぱぱの生活の記録。きままな11歳児に振り回される日々です。
日々の成長の記録や、英語関連の話など。

英語育児を始めてもう8年!まだまだ試行錯誤でやっています。

教材として、ベネッセのワールドワイドキッズを使っていました。幼児からの早期英語教育の是非についても考える日々…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2009/07/07 14:11

なおぱぱ さんのブログ記事

  • 英検1級、小学生のうちに受かるかな?
  • しばらく前から、なおには夜の勉強の一環として、1日1ページ英検1級の過去問をやってもらっていた。今回使ったのは、2016年第1回。語彙問題の時はかなり素早く、読解問題の時もたいして時間を使っていなかったようなので、通して解いても相当時間が余るはず。結果はこんな感じ。想定していたよりもうんと良い。問1 23/25問2 5/6問3 10/20リスニング 27/34多くの受験者にとって辛いはずの問1の高正解率が不思議だ。すべての単語の意 [続きを読む]
  • 風邪で一週間寝込んでいた
  • 最後の記事を書いてから、ちょうど一週間、今日まで風邪でがっつりダウンしていた(私が)。実は土曜日ぐらいから少し悪寒というほどのことはない違和感があったのだが、月曜日になって突然ドカンと発熱。手持ちのアセトアミノフェン500mgぐらい飲んでも、効いた感じがせず、38.6度をマーク。とにかくすさまじい悪寒と頭痛、関節他至る所が痛いので、イブプロフェンの痛み止め兼解熱剤を飲んで、ようやく一息。そんなに連続で飲め [続きを読む]
  • David Walliamsに夢中
  • 最近はブログを読んで買う本を参考にすることも減ってきたが、ここにきて、とても素敵なセットが紹介されているのを発見して購入した。「Atchoo!* ポヨとコロの成長日記&ママの雑記 *」さんの「これはハマった〜!イギリスコメディアンが書いた大爆笑小説」という記事に紹介されていたこちらの8冊セット。この作者、David Walliamsの"Awful Auntie"はイギリスの児童書のベストセラーリストに必ず顔を出す人気作で気になっていたの [続きを読む]
  • 11月の英語の取り組み&月間読書記録(2017年11月)
  • 帰国後半年が過ぎて、なおの会話力の衰えを感じるも、家庭での取り組みはほぼ変わらず。毎週土曜日に英語教室へ行き、他は自宅でちょっとしたワークと、読書。ワークは家庭学習の記録でも書いている"Wordly Wise 3000 Book 6"。今月読んだ本は、主にドリトル先生シリーズと"Murderous Maths"シリーズの2つ。後は"Land of Stories"シリーズの再読をしていた。ボードゲームの会にも2度ほど参加(そのうち1度は奈良まで遠征!)。私 [続きを読む]
  • 11月の家庭学習まとめ
  • 毎日、コツコツ勉強しても、偏差値、つまり受験生の間での相対的な位置は変わらない。まあこれはある意味当然の話で、他の受験生もみな勉強しているのだから、家庭学習でちまちまやっていて、どーんと偏差値が上がると考える方が間違っている。***朝の勉強:40分ぐらい 漢字:予習シリーズ 漢字とことば(下) 国語:予習シリーズ5年国語(下)・演習問題集(下) 算数:予習シリーズ5年算数演習問題集(下) 英語:Wordly Wise 300 [続きを読む]
  • 6年生前半の家庭学習用教材を購入
  • 中学受験塾のカリキュラムでは5年生の年度は1月まで。2月からは新6年生となる。我が家ではなんやかんや言って、中学受験塾の進度に合わせた家庭学習の進度にしているので、来年度の教材を考える時期が来た。4年生までは色々な教材を試したけれど、5年生になってからは予習シリーズ一択!難易度を中学受験に合わせた教材なので家庭学習用としては万人向けではないが、私は気に入っている。算数は難易度がなおにぴったり。最難関向け [続きを読む]
  • Raz-kids.comの更新について
  • Raz-kidsを共同利用したい、と思い立ってからもう8年。あれから共同利用を継続し、もちろん卒業していくメンバーもいれば、新しく参加してくださるメンバーも、そして最初からのメンバーもいる。なお自身は、Raz-kidsを使うニーズがなくなってしまったので利用者からは外れ、今私は管理だけを続けている。ここからが本題なのだが、利用者のみなさんの何人かにメールで連絡が付かない。おそらくこの1年間でメールアドレスが変わって [続きを読む]
  • 全国統一小学生テストの結果が返ってきた
  • 全国統一小学生テストは、3年生の時に受けて以来、2年ぶり。前回(3年生秋)、前々回(3年生春)ときて3回目だが、面白いぐらい成績が安定していて、偏差値はほぼ同じ。いつものように、算数>>国語、という感じだ。よくできたテストだ、と思うし、なおの安定感も良い。算数も国語も、本当に少しだけだが、偏差値が向上している(だが、誤差の範囲)。ちなみに、参考までに各模試の結果を比べてみると、算数>>国語というのはどれ [続きを読む]
  • 家庭で冬期講習?その1
  • 今日も近所の中学受験塾、浜学園の無料テスト(オープンテスト)を受けてきて、冬期講習の案内をもらってきた。これによると、冬期講習は6日間、算国だけで1日2.5時間、計15時間。理科・社会がそれぞれ7.5時間。ちなみに、この前もらってきた日能研だと、5時間半・6日間プラス、テスト。どちらも、4教科で計30時間といったところか。冬期講習に通う予定はないが、自宅で同等の量頑張ろう、ということで計画を立ててみた。まず、長 [続きを読む]
  • 中学受験、志望校選びの話
  • なし崩し的に始まったなおの中学受験、志望校をどこにするか。受験するのは子ども本人とはいえ、まだまだ精神的に成熟しきらない小学生なので、ここは親が頭をひねらないといけない。世間の話を聞いていると、子どもが自分で決めた!というケースもあるようだけれど、自分で決めているようでも、実際は親や塾の講師のさりげない(もしくはあからさまな)プッシュによって決まっているんじゃないかな、というのが私の想像だ。本当は [続きを読む]
  • 英検準1級の過去問に挑戦
  • 春に受けて準1級を受けて落ちてから、作文の配点の信頼性のなさに嫌気がさして、第2回は申し込まずに放置しておいた。ただ、なおはやる気のようだし、中学受験で役に立つかも、という可能性が消しきれない。また、帰国してから英語力を維持・できれば向上しよう、というときに英検というのはひとつの目安になるのは確か。ということで、ちょうどウェブで公開された2017年度第2回の問題もやらせてみた。夕方の勉強で1日1ページずつ [続きを読む]
  • "The Japan Times on Sunday"はとりあえず親専用
  • 夏から購読を始めた"The Japan Times on Sunday"だが、親子英語の教材としてはなかなか活用が難しい。テーマ的にはなおも興味が持てそうな記事がないわけではないが、記述のされ方がやはり大人向けで、楽しんで読むのは難しそうだ。漫画の部分だけは喜んで読んでおり、ここだけは使えそう。後は、私が読んで、社会情勢の話などに話を広げるぐらいだろうか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 五ツ木・駸々堂模試の感想
  • 10月末に受けた五ツ木・駸々堂模試の模試が返ってきた。家庭での英語の取り組みに関しては猛烈に調べて何年も経ち、今となっては新しい発見があまりないのだが(ついでに言うとブログに書きたくなるようなことも…)、中学受験となると、それなりの経験があるにしてもまだまだ知らないことがあることを思い知らされる。まず、この模試は塾の主催ではない有料模試ということで、大手塾以外の個人指導塾などに通っているか、自宅学習 [続きを読む]
  • お次は6年前に買った雑誌を参考にしてみた
  • この前、部屋を掃除していて見つけたのがこちらの雑誌。頭のいい子のお宅拝見! プレジデントファミリー2011年1月号別冊そういえばブログで記事を書いたような、と思い出して検索したら、なんと6年前!この時、なおはまだ5歳で内容はほとんど参考にならなかったのだが、今となっても、灘中学だの開成中学だのに受かった子どものことを聞いてもあまり参考にならない(6年前もまったく同じ感想だった)。だが、読書ガイドとして「学 [続きを読む]
  • 最近、親子でプレイしている「アルゴ」
  • 最近、「X年前に買って寝かしておいたら今役立った」系の話が多いが、今回は4年前に購入したアルゴの話。アルゴ書店などによくおいてあり、「ひらめきと論理」「頭のよくなるゲーム」とキャッチフレーズが素敵だし、「算数オリンピック委員会」と「東京大学算数研究会」と「ピーター・フランクル」氏の「共同開発」と書いてあるし、とにかく圧倒的に賢くなりそうな雰囲気がある。また、算数に定評のある塾で低学年向けにアルゴ教室 [続きを読む]
  • ボードゲームパーティ!
  • この前、うちのマンションのキッズルームに来てくれたのは、なおと久々に会う女の子ばかり3人。女の子ということもあって、落ち着いてプレイできるゲームを中心にセレクトした。SET セットカードゲーム 日本語版こちらはなおままが購入して、我が家で遊ばれていたもの。なおはかなり熟練しているので、競技には加わらず、アドバイザーとして参加していた。頭の柔らかい子どもに向いたゲームなので、私はもうなおには勝てない。一応 [続きを読む]
  • "mansplaining"とは
  • Facebookなどで知り合いがシェアしている記事で時々使われる"mansplaining"という言葉が面白い。"man"と"explain"をくっつけた造語のような流行語のようだ。ウィキペディアの記事がこちらにある。要は、男性が女性に対し、偉そうに説明するということらしい。この言葉を聞いてから思ったのは、英語育児に関しては、私が実生活で否定的なことを言われたり、批判されたりしたことがほとんどないのは(せいぜい1回ぐらいかな?)、私 [続きを読む]
  • 五ツ木・駸々堂模試と全国統一小学生テスト
  • 10月の末から11月にかけては、模試のオンパレード。この前ちらっと書いた日能研の無料のものに加え、五ツ木・駸々堂模試と四谷大塚の全国統一小学生テストへ。五ツ木・駸々堂模試は、関西唯一の塾主催ではない中学受験向けの模試ではないかと思う。これを受けるのは、大手塾以外に通っている子どもだろうか。結構なお値段がするのだが、希望する中学校の校舎で受けられる特別回、ということで参加してもらった。が、私は出張が入り [続きを読む]
  • 宿題の「自学ノート」
  • なおの小学校では、5年生の毎週水曜日の宿題は「自学ノート」と決まっている。中学入学後に自分で計画を立てて試験勉強をするための準備ということで、水曜日は自分で好きなことを1ページノートにやればよい。ありがたいことに、水曜日はこの自由学習のみ。だいたいはなおが自分でやることを決める。国算理社の4教科のどれかを選ぶことが多いが、なおらしく、英語の図鑑を日本語に直してイラスト付きで紹介したり、英語で作文を書 [続きを読む]
  • 帰国後半年経過…ここからが正念場?
  • たった1年間の滞在だったとはいえ、家庭での会話がほぼ英語に切り替わっていたのが帰国直前の3月。あれから7カ月。小学校での生活の影響はすさまじい。なおままも含めた家族での会話はほぼ日本語になった。英語の番組を見ていて、私に話しかけるときですら、日本語になることもある。そして、英語での会話に日本語の単語がバシバシ混じる!英語の単語が分からない、ということではなく、単にそちらの方が楽だから、という感じだが [続きを読む]
  • 10月の英語の取り組み&月間読書記録(2017年10月)
  • 今月はオズの魔法使い全巻セットを読破!最初の3冊だけ難易度と語数を調べてみたら、こんな感じだった。ブックレベルが高めなのは、100年以上前に書かれた本で語彙も古いからだろう。1. The Wonderful Wizard of Oz (1900) BL 7.040,508語2. The Marvelous Land of Oz (1904) BL 8.041,108語3. Ozma of Oz (1907) BL 7.4 38,076語今月の読書はこの全集の14冊で終わり。かなり流し読みをしているが、本人が楽しく読んでいるよ [続きを読む]