なおぱぱ さん プロフィール

  •  
なおぱぱさん: なおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ハンドル名なおぱぱ さん
ブログタイトルなおろぐ〜毎日、気楽に親子で英語〜
ブログURLhttp://naotanlove.blogspot.jp/
サイト紹介文なおは6年生。親子英語で鍛えた英語を武器に、アメリカ滞在経験あり。
自由文なおとなおぱぱの生活の記録。きままな12歳児に振り回される日々です。
日々の成長の記録や、英語関連の話など。

英語育児を始めてもう9年!最近は家庭学習に力を入れています。

教材として、ベネッセのワールドワイドキッズを使っていました。幼児からの早期英語教育の是非についても考える日々…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2009/07/07 14:11

なおぱぱ さんのブログ記事

  • 日本の雑誌購読の話
  • 受験勉強のための問題集などはさておき、我が家での日本語の教材ともいえるのは、2つの雑誌。一つ目は「ニュースがわかる」。最初はマンガばかり見ていたが、最近は少しずつ色々な記事にも目を通しているようだ。450円と安いわりに情報量が多い。月刊ニュースがわかる 2018年 07 月号もう一つは「子供の科学」。ずっと前から、そろそろ購読してもいいかな、と考え続けてきたのだが、気がついたらもう6年生。子供の科学 2018年 07 [続きを読む]
  • 久々に洋書を買ってみた、が
  • 久々といっても、Kindle版はよく買っているので、正確には久々なのは紙媒体。先週末、書店で見かけたこんな児童書を買ってみた。パズル本で、字の大きさからいうと、小学校中〜高学年向け。Brain Games: Big Book of Boredom Busters (Activity Books)なおは簡単〜とあまり見てくれなかった。後で聞いたら、全部目を通したとのことだが、書き込みはなし。旅行中とか、時間が余っているときの方が良いかもしれない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 最近、少し外遊びをするように
  • 去年は帰国すぐということもあって、日本の小学校に馴染めず、朝学校に行きたくないとごねることもしばしば。クラスメイトとトラブルを起こすことも多かった。今年は最終学年の余裕なのか、だいぶましになってきたようだ。このところ、放課後に外遊びに行きたいと言うことが増えてきて、ちょっと意外だ。5年生のときだけでなく、低学年のときも、ほとんど出かけることがなかったし、出かけてもすぐ帰ってきてばかりだったので、そ [続きを読む]
  • 英語教室の話
  • 現在なおが通っている英語教室は帰国子女向けのもので、3年生の時の1年間と、帰国後の5年生からずっと通っている。この英語教室をどうしようか、今悩んでいる。一番の理由は、土曜日に色々と受験がらみのイベントが入るようになってきたこと。秋からは、もっと増えていくだろう。次はレベル。一応レベル分けがされていて、3段階に分かれているのだけれど、上級でもレベルは決して高くない。帰国子女ということで、それなりに流ちょ [続きを読む]
  • 英検の自己採点をしてみた
  • 今回は持って帰った問題集に自分の答えをチェックしていたので、自己採点ができた。結果は、こんな感じだった。問1 20/25問2 4/6問3 4/10リスニング 21/27なおが難しい!と嘆いていた語彙問題の問1は、実はいつもこんなものだ。むしろ、読解問題の問3の正答率が低いのが痛い。大問ひとつ丸ごと間違えていた。こんなことは今までなかったのだが、まあ仕方がない。リスニングは、チェックし忘れていた4問はすべて間違いと想定してこ [続きを読む]
  • 修学旅行と居酒屋と
  • なおは昨日から修学旅行。朝8時に駅前に集合し、見送りに来た一部の保護者の前で簡単な出発式してから駅へ。目的地は広島で、新幹線に乗っていった。私自身の修学旅行は、実のところほとんど覚えていないのだが、大型バスで乗り物酔いがひどく、つらかった記憶しかない。なおは、乗り物酔いをしないわけではないが私よりましだし、新幹線ならほとんど酔わないだろうから、一安心。意外だったのは1泊2日と短いこと。私たちの頃は2泊 [続きを読む]
  • 英検1級受験記
  • 昨日の英検受験は、初めての1級ということもあって、なかなかに面白かった。まず、会場は某私立大学。午後からだし、駅から近いので、のんびりでかけることが出来て楽だった。が、なぜか保護者控え室がなく、受付付近にあった椅子に座って待つことに。3級の受験者の教室がすぐそばにあって物音を立ててはいけないし、トイレに行くときには、なるべく静かに歩かないといけない。この私立大学、新設校でまだまだ行き届かないところが [続きを読む]
  • 会話力維持のための工夫&英語の取り組みと月間読書記録(2018年5月)
  • たった1年間の海外滞在では、帰国子女とは呼ばないといわれることも多い。とはいえ、言語環境という点から考えると、やはり英語環境から日本語環境への移行の効果は大きい。アメリカにいたときは食卓での会話がほぼ英語だったが、今はかなり日本語。さらに、小学校では完全に日本語ということもあって、日本語の方が断然出やすくなっている。私と英語で話しているときも日本語の単語が混じったり日本語に切り替わるようになってき [続きを読む]
  • 小学校での読み聞かせ
  • なおが小学校に入ってからずっと続けている読み聞かせボランティアも、とうとう最終学年になった。1年生の頃は希望者が多かったが、年々減っていき、今年はクラスで私だけ。月に2回程度、通勤途中に寄るだけなので、たいした負担ではない。去年は安房直子さんのこちらの本から「菊酒」を毎回少しずつ読み進めていた(我が家には安房直子さんの全集がそろっている)。まよいこんだ異界の話 (安房直子コレクション)私の感触では、割 [続きを読む]
  • 順調?低調?5月の家庭学習まとめ
  • 中学受験をする、ということで家庭学習は続けているが、勉強量は変わらず。中堅どころを受験する層としては、別に長くも短くもなく、というところではないだろうか。5月は帰省やらヤングアメリカンズやらで模試が受けられなかったが、まあ国語も算数もそう成績は変わっていないのではないかと思う。国語の読解問題は、確実に力がついてきている。が、物語・小説、しかもテーマが恋愛のものは、もう生理的にまったく受け付けないよ [続きを読む]
  • 懐かしのあのDVDボックスをもう一度
  • この前Netflixで見つけた"Who Was? Show"シリーズで思い出したイギリスのBBC制作歴史コメディ(?)"Horrible Histories"を、思い出したようで、もう一度見始めた。出会ったのはもう5年前。6〜7歳で散々見たので、もう元は取れたような気がするが、もう一度見てくれるならありがたい。我が家ではシリーズ1〜3のセットを購入して、その後シーズン4、5、6と買い足していった。我が家で使ったのはアマゾンUKだが、日本で買うなら、このあ [続きを読む]
  • とりあえず順調にハインラインを
  • 1冊目を読破して好評だったので、ハインラインのジュブナイル2冊目へ。Have Space Suit - Will Travel (Heinlein's Juveniles Book 12) (English Edition)BL5.974023語こちらは語数と学年レベルがわかる。5.9なので、だいたいなおが今読んでいる本と同じぐらいだろうか。これ以上のレベルになってくると、語彙よりも内容の方が追いつかなくなってくる。だんだん、ヤングアダルト向けのSFやファンタジーがいけるようになってくるか [続きを読む]
  • 過去3年間のLexile指数の推移
  • なおが現在通っている帰国子女向けの英語教室では、i-Readyと呼ばれるオンライン教材を使うことができる。授業とは独立して、勝手に自宅学習で使ってください、というスタンスなのだが、このi-Readyでは学期ごとにテストが行われて、英語の読解力(語彙力含む)判定をしてくれる。見ていると、テスト自体結構荒っぽくて、スコアが100%英語の読解力を反映しているかどうか、疑問があるなあ、と思うのだが、これが過去3年間のなおの [続きを読む]
  • 長い間とっておいた教材が役に立つ時がきた!(社会科)
  • それは、朝日新聞出版の「週刊マンガ日本史」。元々は、姪っ子たちのために買い集めたもので、もう9年も前だ。その姪たちも、一番下がもう高校生。そして、6年生になったなおが、小学校の社会科で日本史に触れ始めた。ちょうどいいな、ということでなおに見せてみたら、少なくともマンガ部分は喜んで読んでいた。週刊マンガ日本史01号 (卑弥呼) 女王、倭国に立つ (2009/10/18・25号)「続」も含めて全100巻をそろえたのだが、実は [続きを読む]
  • Nintendo Laboとアリアナ・グランデ
  • 我が家で購入したNintendo Labo Toy-Con2 Robot Kit、しっかり自力で組み立てて、できあがったロボットを使って遊ぶゲームも一通り済ませた、までは良かったが、遊びがあまり広がらないようで、そのまま。どちらかというと、バラエティセットの方が、オリジナルの何かを作る機能がある分、遊びが深まったかも、と思わないでもない。このNintendo Laboがらみで面白い記事を見つけた。なんでも、アリアナ・グランデがNintendo Laboで [続きを読む]
  • 英語の読書離れ、その後
  • 気がつくとiPadでKindle版のコミックばかり読んでいるので(マイヒーローアカデミアとワンパンマンが中心)、「英語でも読みなさい!」と注意していたのが2,3日ほど続いただろうか。昨日は小学校から早く帰ってきたのもあって、久々に出たリック・リオーダンの新刊のこちらを読んでいた。The Burning Maze (The Trials of Apollo Book 3) (Trials of Apollo 3)実のところ、今までなら飛びついていたパーシー・ジャクソンシリーズ [続きを読む]
  • まさか「英語の本も読みなさい」と言う日が来るとは
  • もう表題の通りなのだが、帰国後1年で、ずいぶんと日本語が優勢になって(小学校に加えて家庭学習も日本語中心だし仕方ないか)、とうとう読書も日本語がメインになってきた。今、喜んで読んでいるのは、定評のあるこちらのシリーズ。ジュニア空想科学読本 (角川つばさ文庫)図書館で予約しては借りているのだが、ケラケラ笑いながら読んでいる。こういったフィクションに真面目に「ツッコミ」をするネタが大好きなので、ぴったり [続きを読む]
  • 誕生日プレゼントは(ビデオゲームの話ばかり)
  • なおも、気がついたら12歳。時間の経つのがなんと早いことか。今年のなおの誕生日プレゼントは、本人はしばらく何にしていいのか、思いつかなかったようだ。結局、その場の思いつきで、海外のインディゲームの大ヒット作、"Undertale"にした。PC版、それも公式サイトでサウンドトラック同梱を選択し、$17。ただし、プレイする前からプレイ動画を見まくっていることもあって、相当ネタバレしてしまっている。私も興味があったので、 [続きを読む]
  • 英検申し込み完了!&英検1級まで必要?不要?
  • 受験日まで一ヶ月を切ったので、忘れないうちに、と英検の申し込みをしておいた。今回ばかりは受かる確率がそう高くなく、気が重い(笑)受験料が高いのもあるし、ほぼ1日使ってしまう、というのもある。だが、目標に向かって努力する、ということを英語ではしてこなかったなおにとって、この挑戦は、結果がどうあれ意味があるのではないかと思う。準1級は1回目に不合格だったが、結局受け直すだけで、特別に対策などはしていなかっ [続きを読む]
  • みんなの成長にびっくり!感動!
  • 昨日は、関西で開催されたヤングアメリカンズのショーをなおと一緒に観劇に行ってきた。何人ものなおのお友達が参加していたので、開場までの間、保護者の方々と歓談させていただくチャンスも!どの家庭も、それぞれ子どもにあった教育方針がしっかりしていて、我が道を行く、という感じなので、もうあまり英語教育の話をがっつりすることはないのだが、「同志」として、とりとめもない話に花が咲いた。ショーでは、今まで恥ずかし [続きを読む]
  • GWは実家で
  • 今年のGWは例年の通り関東の実家へ。私に用事が入ったり色々あって、特にお出かけはせず、なおは実家でゴロゴロするだけの休日になってしまったが、なお的には最高の休日の過ごし方らしい。いとこのお姉ちゃんもSwitchを持っているので、持って行ったSwitchで一緒にスプラトゥーンで対戦したり、ゼルダの伝説の新作で遊ばせてもらったり。テレビを見て、マンガを読んで、ゲームして、の繰り返しだったようだ(^^;にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大阪私立中学校フェアに行ってきた&4月の家庭学習まとめ
  • GW前半には、大阪私立中学校フェア2018なるイベントになおと行ってきた。京都のイベントのときも思ったが、実際に学校の方と話してみると、なんとなく抱いていたイメージとは違った面も多く、中々に興味深い。なおは、iPadを一人1台配ります、と説明されて目を輝かせたり(でも、実は生活&学習管理に使うのがメインだったり)。体育では武道をやる、というパンフレットの写真を見て、げんなりしたり。一応反応するのだが、どうや [続きを読む]
  • 映画"Hidden Figures"で懐かしい景色に再会
  • アメリカ滞在中(2016年)に見そびれた映画、Hidden Figures (邦題「ドリーム」)を、今更感があるがレンタルして、家族全員で見てみた。ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]舞台になっていたのがバージニア州ハンプトンにあるNASAのLangley Research Center。ハンプトンといえば、なおが夏休みに参加したNASA STEMキャンプが実施されたところだ!キャンプ自体はLangley Research Centerそのものではなくて、近くにある科学博物 [続きを読む]