oyabakabanzai さん プロフィール

  •  
oyabakabanzaiさん: ムスメ:Lv0
ハンドル名oyabakabanzai さん
ブログタイトルムスメ:Lv0
ブログURLhttp://child2009.blog68.fc2.com/
サイト紹介文2008年に誕生した娘の成長をつづった育児日記。たまにドラクエ風。子育てって素晴らしい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/07/07 22:11

oyabakabanzai さんのブログ記事

  • 8歳8ヶ月 & 5歳10ヶ月になりました
  • ムスメは8歳8ヶ月になった!ムスコは5歳10ヶ月になった!・・・ということで、最近の様子を少し。まずはムスメから。・ある日ムスコにお願いをしていた。 「あのね、うちは大きいおうちを建てて、  お母さんと、お父と、るんるんの家族と、  うちの子供たちみんなで住んで大家族にしたいの。  一戸建てにするから、大型犬も飼いたいの。  だからね、るんるん、犬好きな人と結婚してくれる?」 そこ!? そして自分 [続きを読む]
  • 小豆島旅行
  • 関西から小豆島に旅行に行った。ダンナは日本にいる間に国内旅行をしておこうと思っているらしい。今後ずっといるかもしれないけどね!今回は帰省先のダンナ実家から神戸まで車で行き、そこから車ごとフェリーに乗って行く。小豆島には映画の二十四の瞳にちなんだ場所や名産のしょうゆ工場(醤油ソフトが食べられる)や、実写映画魔女の宅急便の真似をしてホウキで飛べる(!)場所や、干潮のときだけ道が現れて渡れる島や、オリー [続きを読む]
  • アゲハ事件
  • 帰省中に大事件が起こりました。今回、大阪にいる大学時代の友人に会いに行った。その家では庭にスダチの木が生えていて、アゲハの幼虫が集まりすぎて困ると言っていたので、大きめの幼虫と卵をもらった。アゲハを飼いたがっていたムスメ、それはそれは喜んで大切に持ち帰る。実家に帰るとほどなく脱皮し、緑色のかわいい幼虫になった。「かわいいーー!」と言っては指に乗せて遊んだり、ミカンの葉っぱを新しく補充して世話したり [続きを読む]
  • 関西への帰省②
  • 帰省すると、いつもお義父さんが花火屋さんでたくさんの花火を買ってくれる。普通の手持ち花火に加えてねずみ花火やロケット花火もある。それを毎日少しずつやるわけですが、毎年子供たちは手持ち花火以外はビビッて父やおじいちゃんに火をつけてもらっていた。しかし、今年のムスコはなぜか違った。普通の手持ち花火に飽きたらしく、ネズミ花火に火をつけたがる。え、マジで?!あれ私も微妙に怖いのに!ダンナが「火がついたらあ [続きを読む]
  • 関西への帰省①
  • 夏休み真っ只中の帰任だったので、学校に通いだす前に関西への帰省になった。子供たち喜ぶ。関西で好きなことは何か聞いてみたら、1番、カブトムシが捕れること。うんうん、そうだろうね。二番、枕があること。枕?!親はすっかり忘れていたけどこれだった。お義母さんが孫二人が来る時のために買ってくれていたもの。予想以上の効果。今回、ドバイの一家が台湾に来た時に「実家で一緒に虫取りしよう!」と約束していたので、約束 [続きを読む]
  • 英語保持考②
  • 前回からの続きです。帰国子女用英語保持の方法3つ。1.英会話スクールでプライベートレッスンをする。2.帰国子女用の英語クラスに入る。3.インターナショナルスクールに入る。今回は2.を検討してみた。家から通える範囲に、帰国子女用の英語クラスは3つあった。一つは海外子女教育振興財団という入室テストがある教室、もう一つはそこと少し関係がある団体の入室テストのない教室、三つ目は帰国子女枠での中学・高校受験 [続きを読む]
  • 英語保持考①
  • 台湾にいたときは「どうやって日本に戻った時勉強についていくか」ばかり気にしていましたが、帰国してしまったので、今度は「どうやって英語を保持するか」が気になるようになりました。調べてみると、両親共に日本人の場合、英語保持の方法はたぶん次の3つ。1.英会話スクールでプライベートレッスンをする。2.帰国子女用の英語クラスに入る。3.インターナショナルスクールに入る。まずは一番敷居が低そうな1を体験してみ [続きを読む]
  • 最近のムスメ(と虫)
  • 続いて最近のムスメと虫。最近、ムスメの虫好きが変態の域に達してきました。夏の終わりに道に落ちているセミを見つけると、「かわいそう!!」と拾いに行く。そして指に留まらせて帰ってくる。え、何でそんなに静かに捕まえられるの?!と母は驚く。落ちているセミって、下手に近づくと暴れるので嫌いな人が多いと思うんですが、ムスメの手にかかると全く暴れない。何そのナウシカみたいな能力!!とりあえず観察してみると、まず [続きを読む]
  • 最近のムスメ(と生き物)
  • 台湾にいる間、生き物を飼いたがるムスメに対して「台湾で生き物を飼うと生物検疫で日本に連れ帰るのが大変だから、 帰国するまで飼えないよ」と言ってきた。それが4年くらい続くもんだと思っていたら、2年で終わってしまった。帰国するとムスメは「日本に帰ってきたよ!いつ動物飼えるの?!」とうるさく言うようになった。母は予想外に短かったので心の準備ができていない!「もしかしたら次の国もあるかもしれないし、 今の [続きを読む]
  • ムスメとのメールやりとり
  • インターナショナルスクールの友達がgmailを持っているという話を聞いて、英語で文通してほしいという親の希望からムスメにもアドレスを与えてみた。で、ある日ムスメと昼寝してしまったムスコを置いて30分ぐらい買い物に行ったとき、「何かあったらメールしてね」とムスメに古い携帯を渡してみた。simは入っていないけど、家ならwifiで繋げられる。すると、家を出てからものの1分でメールが来た。> 2017/08/02 16:04 dikide>件名 [続きを読む]
  • というわけで、帰国しました。
  • というわけで、日本に帰ってまいりました。元いたマンションは貸し出し年数を誤ったためまだ戻れず、一年半ほどを賃貸で過ごさないといけないというオマケ付き。さらに、この微妙な半年ほどムスコを幼稚園に入れないといけないというオマケもついています。(この辺の話はまた後ほど・・・)家を貸してる金額より安く済むところを意地になって探した結果、広くてシャンデリアが燦然と輝く台湾の家から1/3ぐらいの面積の、なんか壊れた [続きを読む]
  • 8歳7ヶ月 & 5歳9ヶ月になりました
  • ムスメは8歳7ヶ月になった!ムスコは5歳9ヶ月になった!7月分の旅行が多すぎて長くなってしまいました。一ヶ月おくれで進めてたはずなのに3ヶ月遅れに!やばいやばい。・・・ということで、最近の様子を少し。まずはムスメから。・なんか急に三つ編みをしだした。 ある日いきなり顔の横に細い三つ編みをしだした。 ムスメの中では最近の流行りらしい。 いいんだけど、先の方まで編んで先端にゴムをつけるのですぐゴムをな [続きを読む]
  • さよなら台湾!
  • 長かった7月、やっとここまでたどりつきました。台湾からの引越し。今回の引越しはまず航空便を送ってから数日後に本引越しをするという流れです。こうすると、帰国日翌日に航空便が届くので生活しやすい。引越し当日は台湾の引越し会社と、物流会社の日本人が来てくれた。海外引越をする人はスゴイという話を前に書きましたが、→こちら今回の引越し会社のトップのおじさんも手際がよかっただけでなく、台湾人なのに日本語ペラペ [続きを読む]
  • もんもんがやってきた パート2
  • 引越しの3日ぐらい前、駆け込みでもんもん一家(マイナス父)がやってきました。前回のときももんもん父さんは仕事で来れなかったので、母子だけ二回来たのに父さんゼロ回という・・・。いいんですか父さん?!で、今回はお互い時間も少なかったので互いに母子3人ずつで台北で会って一日遊んで帰るコースにしました。二回目なので、ベタなところは行かずに猫空のロープウェイ → 昼食(ルーローハン) → マンゴーカキ氷→ 北 [続きを読む]
  • チェンマイ旅行④
  • 翌日は、午前中に馬車に乗ってチェンマイ郊外の寺院(現役の寺院も廃墟もある)をめぐる。馬車はあんまり大きくない馬一頭だったのに、家族4人+御者を乗せて駆け足。すごいパワーだ。しかも運転が荒く、曲がり角で油断してると落ちそうになる・・・。子供たちは現役の寺院ではつまんなさそうーにし、廃墟では駆け回るという予想しつくされた感じ。午後に子供たちに行きたいところを聞いてみたら「elephant parade」というお店に行き [続きを読む]
  • チェンマイ旅行③
  • 三日目。この日は朝からタクシーチャーターで観光します。まず王宮と寺院(ドイ・ステープ)に行き、昼食後に首長族の村に行く予定。さらに、ツアーデスクで子供たちが「Insect Zoo」(=虫の動物園)というパンフレットを発見してフィーバーしてしまったので、最後にそこに寄って帰るというプランです。子供が英語が読めるってたまにめんどくさい。まず王宮へ。車から降りたときは「えーー建物と庭ー?やだ。」とかなりローテンシ [続きを読む]
  • チェンマイ旅行②
  • 二日目は朝から象使い体験。ホテルまでワゴンが迎えに来て、日本語話せるガイドの人付きで象使いの村まで行きます。ガイドから簡単な説明があったあと、「会社からプレゼントです」と、一人一つずつ小さい象のキーホルダーをもらった。!!これ、昨日買ったやつ!!まあ、柄がいろいろあるので違うやつを選んだ。一人一つもらったので6個になった。ま、いいか。小さいし。大体1時間半ぐらいのドライブでエレファントキャンプに着 [続きを読む]
  • チェンマイ旅行①
  • さて、怒涛の旅行月間も最後になりました。最後を飾るのはタイのチェンマイです。これ、実は来年の旧正月に行く予定にしていたんですが、急遽帰任が決まったうえに格安航空会社で予約してたら日程変更はできるがキャンセルはできないと言われ、仕方ないので時期を早めてここに持ってきました。実は雨季らしいけど、そんなこと言ってられない。今回はクアラルンプール乗換えでチェンマイまで飛び、チェンマイ市内のPingviman Hotel [続きを読む]
  • マンゴー狩り@台南
  • さあ、ゴリ一家が帰国したその週末は、高雄に住んでいるダンナ会社同僚一家にタクシーを手配していただいて台南で一緒に日帰りマンゴー狩りツアーに行きました。まず朝に新幹線高雄駅で待ち合わせ、タクシーへ。運転手さんは日本語がペラペラで、今回のツアープランも一緒にいろいろ考えてくれたとのこと。ありがとうございます!まず朝は台南のマンゴー市場へ。大量のマンゴーが機械でごろごろと仕分けされているのがおもしろい。 [続きを読む]
  • ゴリ一家がやってきた④
  • 4日目の朝は台北へ。そこからランタン上げで有名な十分駅と、千と千尋のモデルで有名な九份へ行きます。まず十分へは電車で行くよりバスが早いということで、MRTの木柵駅からバスに乗り込み発車した後後ろの座席に集合してみると、子供が一人足りない。確認すると、いないのはゴリ家の長男だった。何度呼んでも返事がない。「えっ・・・?!」と大人全員の心臓が止まりかけたとき、一人で前の方に座ってゲームしていたのを発見。 [続きを読む]
  • ゴリ一家がやってきた③
  • 新竹に帰った夜は、家の近くにある點水樓へ行った。ここもディンタイフォンなみに小籠包がおいしい。そして麺や餃子など軽食が多いディンタイフォンに対し、ここではトンポーローや各種炒め物、魚料理などいろいろある。臭豆腐好きなダンナとゴリは、二人ででかい臭豆腐を頼む。ゴリは昨日初めて食べて気に入ったらしいんですが、今回のはそれよりかなり強烈な臭いだった。男性陣二人、うまいうまいと食べる。ゴリ、初回から「うま [続きを読む]
  • ゴリ一家がやってきた②
  • さて2日目の朝、新幹線で台中へ出発。台中からはバスに1時間ぐらい乗り、谷関温泉で下車。長いけど一般路線だったので数十元だった。安い。来るまで知らなかったんですが、実はこの辺りはチョウザメが有名らしく生簀に飼っている食堂が多い。そこで昼食はチョウザメのコース(普通においしい)を食べ、無料の足湯などに寄りつつ早速ホテルへ。ホテルはダンナが二家族一緒の8人部屋を予約したので、子供達は部屋の広さと敷かれた [続きを読む]
  • ゴリ一家がやってきた①
  • さて、その翌週のこと。会社同期友人であるゴリ一家が遊びに来ました。最初7月に来ると言っていたけど私たちが夏休みで一時帰国するのでやめたところに帰任になって一時帰国をやめたのでやっぱり7月が都合よくなったという二転三転があったにも関わらず来てくれました。日程が迫ってから予約したため、「子供のパスポート取得前に航空券を抑える」という離れ業まで披露。さすが。そして彼らにはムスコと同い年の兄と3つ下の弟の [続きを読む]
  • 台湾の秘境蘭嶼島②
  • さて蘭嶼島の続きです。翌日は、午前中に別の湾でシュノーケリング。今度はお父さんに頼らず自力です。シュノーケリングの時は、スケートではビビリだったムスコが足がつかないところでもガンガン攻めて行き、ムスメの方が怖がってあまり行かないという逆転現象が起こるのがおもしろい。この違いはなんなんだろう。(二人とも一応肩にはめる浮き袋はつけている)その後偶然通りかかった島民たちの水泳レースを見た。彼らは顔を上げ [続きを読む]
  • 台湾の秘境蘭嶼島①
  • ダンナが台湾に来てからずっと行きたがってたところがある。それが蘭嶼島。台湾本島から一番遠く離れていて行きにくく、船や飛行機の便も少ない。さらに中国語でないと予約できないうえにすぐ満席になってしまう。今回、偶然ダンナ会社に新しく入ってきた人がこの島出身で、ご両親が島で民宿をやっているという縁があって、行かせてもらうことにした。蘭嶼島は、タオ族という少数民族がもともと住んでいた島で、一般的な台湾人より [続きを読む]