kitapon さん プロフィール

  •  
kitaponさん: kitapon閑話
ハンドル名kitapon さん
ブログタイトルkitapon閑話
ブログURLhttp://205.co.jp/kitapon/
サイト紹介文茶道の世界を普通の人間が覗くとどんなに○○○しいか? その他 kitaponおやじの無駄話。
自由文 ここでは主に茶道についての話をしています。
 小生は誰か師匠についての稽古はもちろん、茶道を習ったなどという経験は一度もありませんが、茶道には何かしら縁も興味もあり、普段からいろいろ思うところがあります。 
 といっても、特に茶道を誹謗中傷しようとか、称賛・推奨しようとか考えているわけではありません。
 つまり、単なる無駄話です。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/07/08 16:03

kitapon さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ヒチコック「鳥」_2
  •  前回、昔見た「鳥」という映画のトラウマで、今でも鳥が群れているのを見ると、心穏やかでないというお話をしました。   さて、小生は(気候が良い時は)近くの公園などのベンチにすわって、昼食のサンドイッチを食べたりするのが好きで、よくそうすることがあるのですが、こういう場所にはハトがたくさん集まっていて、弁当などのおこぼれを目当てに、小生の周りに寄って来たりします。 小生は、こんな時でも何となく「鳥」 [続きを読む]
  • ヒチコック「鳥」_1
  •  (今回は、久しぶりに茶道とは無関係の話です) 小生の若いころ、アルフレッド・ヒチコック監督の「鳥(とり)」という映画が大評判になり、小生も見に行ったのですが、それはそれは怖い映画でした。その影響が今も残っていて、たくさん集まっている鳥を見ると、どうも嬉しくありません。     (映画「鳥」より) 今時は、ヒチコックをご存知ない方もおられるかもしれませんが、当時サスペンス映画の巨匠といわれた大監督で [続きを読む]
  • 寧日庵3_11(薄茶席の短冊)
  •  薄茶を飲むために、案内されるまま再びテラスを通って、リビングに戻ります。 ところで先程から通るたびに気になっていたのですが、テラスのそこここに、モミジの葉が落ちていて、大変風情があります。    そしてよくよく見ると、どうもこれは自然に落ちているのではなくて、それらしく置いてあるようです。 う〜む、利休が掃除の後で落ち葉を少し庭に散らしたという、あれかな。 いずれにしても、こういった工夫がしてあ [続きを読む]
  • 寧日庵3_10(吉野棚)
  •    寧日庵で棚を見かけるのは、確か初めてのはずです。これは吉野棚ですよね。 実は我が家には最初のころ、棚といえばこの吉野棚しか無くて、何かあるといつもこれが出てきたものですから、小生には大変馴染み深い棚なのです。 もしかすると、そのあたりの事情を承知の上で、飾ってくれたのかもしれません。   この棗は和紙でも貼ってあるのかな?(またまた訊く機会を逃しました)つやのない黄瀬戸らしき水差しと相まって [続きを読む]
  • 寧日庵3_9(つわぶき)
  •   食事のあとは、そのままの場所で主菓子が出てきました。折角の縁高が、テーブルの上では雰囲気が出ないなぁ、などとやや不満に思いながら…… はっと気が付けば、いやそうではなくて、これは小生の膝を気遣って、なるべく座らずに済むようにと、この場所にしてくれたのでしょう。   ここで再び(後座の)席入りのために、テラスを通って草履を履こうとして、さっきは気付きませんでしたが、何やら綺麗な花が飾ってあるのが [続きを読む]
  • 寧日庵3_8(楽しむのが一番)
  •  例年のように、亭主代表と客代表が挨拶を交わした後、初炭が始まりました。実は、10月の茶会が11月になったのは、やむを得ぬ出来事が直前に起こったためとのことなのですが、 ということは_ (ここで初めて小生は思い至りましたが)茶会用の準備と点前が、急に風炉から炉に変更されたわけで、きっと大変だったに違いありません。   でも、初炭を見ていても準備不足といった雰囲気は全然感じられず、やはり3回目ともなれば [続きを読む]
  • 寧日庵3_7(庭も部屋も)
  •  例年と同様に、リビングのテラスから草履を履いて庭に降り、順番に蹲(つくばい)を使って、躙り口から席入りします。 ゆっくりと庭の景色を楽しみながら、さあ今から茶会が始まるぞ_というのは、いや何とも贅沢な気分です。    おぉ、正客の位置にはちゃんと補助椅子を用意してくれています。小生がいつも使っているのに比べると相当立派な補助椅子のようで、茶会の途中で「これは、いずれの御製で_」なんて尋ねたりして [続きを読む]
  • 寧日庵3_6(変身の黒紳士)
  •  定刻より少し早く寧日庵に到着し、駐車スペースに車を入れていると、すぐ横に大型バイクが横付けされ、そして黒のヘルメット、黒のツナギの見知らぬ(見えませんが)男性が小生に近づいて来ました。     あまり茶会には似つかわしくない風体の、この男は一体何者かと訝しんでいると、その男性はヘルメットを脱いでにこやかに挨拶してきます。そこで小生もやっと気付いたのですが、彼は小生のカミさんの茶道教室に来てくれて [続きを読む]
  • 寧日庵3_5(動じぬ娘)
  •  さて、茶会の日が近づいて来たので、小生は例の「客の心得」の本を引っ張り出してきて、時間を見つけては手順の確認に余念が無かったのですが、娘はというと、一向に、本を読んだり練習したりしている気配がないのです。     (写真は本文とは関係ありません) 小生は大いに気をもんで「おい、大丈夫か」と、時々確認するのですが、娘はのんきに構えていて、全然動じる様子が見えません。 それどころか、茶会の数日前にな [続きを読む]
  • 寧日庵3_4(出席できないか)
  •  特別な事情のもとに催された茶会でしたので、前回までの2回で終わりと思っていたところ、3年目の今回も寧日庵茶会が行われるとのことで、招待された小生は大喜び……  ところがこの頃、小生に困った問題が起こっていました。      (寧日庵の玄関にある絵画) ある晩のこと、散歩の途中で何となく膝に違和感を感じたのが始まりで、2〜3日後には両膝が痛くて日常生活にも支障を来たすようになってしまい、その後いろ [続きを読む]
  • 寧日庵3_3(思いがけぬ招待)
  •  茶道の稽古を月1回程度しようという計画が(当方の事情で)すっかりくるってしまった「寧日庵」で、新たに出稽古をしてくれる師匠が見つかり、やっと稽古が始められるという話を聞いて、小生も正直ほっとしました。 うまい具合にこの師匠は茶道の流派も同じで、おまけに小生のカミさんと同じ茶名とのことで、何やら因縁めいたものがあります。   それから数か月後に、びっくりするようなお話が寧日庵からもたらされました。 [続きを読む]
  • 寧日庵3_2(寧日庵の誕生)
  •  小生のカミさんの「茶道教室」にいろいろな人が集まってびっくり、という話の続きです。 高価な道具や設備を揃えることが(経済的に)不可能な我が家ですが、せっかく集まってくれる皆さんに、何とか茶道の楽しさ(?)を伝えたいと、カミさんはいつも腐心していたように思います。        (我が家のベランダを庭に見立てたもの) さて、我が家に集まってくれる人達の中に、数人の仲間で共同で使える別荘のような住宅 [続きを読む]
  • 寧日庵3_1(忘れた頃に)
  •  三度目の寧日庵茶会があったというお話です。表題の「忘れた頃に」というのは、久しぶりに寧日庵茶会があったという意味ではなくて、小生がこの時のお話を、忘れた頃に投稿しているということを言っています。 三度目の寧日庵茶会が催されたのは昨年の秋たけなわ、紅葉咲き誇る頃であり、それからすでに半年程度経過しているのですが、これは単に小生が投稿をさぼっていただけで、特に深い事情はありません。    「寧日庵茶 [続きを読む]
  • 寧日庵2_9(いつかまた)
  •     野点て風の薄茶席で、初秋の温かな光の中、周りの景色を楽しみながら薄茶を味わうという至福の時を過ごしたあと、名残惜しくも茶会は終了したのです。 その後リビングに戻り、去年しっかり見損なった道具などを無理に頼んで見せてもらったりして、しばらく談笑したのち、寧日庵を後にしました。    それにしても、寧日庵の皆さんは、よくぞここまでの茶会を開催できたものです。 一月に一度程度の顔合わせでは、稽古 [続きを読む]
  • 寧日庵2_8(スリル満点)
  •  いやー これでこそ異端の茶会。ほとんど作法を知らぬ初心者の客が集まって、縁高で出された主菓子を食べ、初めて見る「濃茶」を(つつがなく)回し飲みするなどとは、茶道の常識では絶対あり得ぬ_ ような気がしますが、どうでしょうか。     当然のことながら、細かい失敗とか変な作法とかは一杯ありました。でも、例えばこの情景を、第三者が(遠くから)見ていたとしても、大して違和感が無かったのではないだろうか。 [続きを読む]
  • 寧日庵2_7(頭の中ぐちゃぐちゃ)
  •  初心者の連客に、何と濃茶が出されてビックリという話の続きです。小生は、茶道の素人ながらも茶会の客はある程度経験していますので(なんせ「さすらいの茶人」ですから)、濃茶を飲んだ経験は何度かないではないのですが、でも当然ながら「正客」として! 濃茶を飲んだことなどあるはずがありません。     それよりも、隣のMさんは正真正銘の初心者です。今やっと菓子を無事に食べたばかりです。 濃茶どころか、薄茶の [続きを読む]
  • 寧日庵2_6(情けない振舞い)
  •  後座の客側のメンバーは、亭主側の依頼で3人ずつ2組に分かれることになり、最初に席入りするのは、小生とMさんを含む3人となりました。 まず例の如く、頭を当てぬように気を付けながら躙口から茶室に入り、右足で畳の縁を越して、床や釜を拝見して_ どうです、もう大分慣れました。 これならどこの茶会に行っても恥ずかしくはないんじゃぁないか、 などと調子にのっている時が危ないような...     実は、ここで [続きを読む]
  • 寧日庵2_5(素早い出入り)
  •  ところで、去年は客のほぼ全員が茶会は初めてだったため、小生が正客をやらざるを得なかったわけですが、今回は先にも書いたように、茶道の経験者が一人加わっていましたので、本来はその方にお伺いをたてるべきだったのでしょうが、まぁ今までのいきさつからいって、これが自然であろうと(勝手に)考え、小生が正客をすることにしたのです。     最初に、例の苔が見事な蹲で手を清め、躙口(極端に狭い入口)から席入りし [続きを読む]
  • 寧日庵2_4(ケチ人のひらめき)
  •  小生の茶会への出席を、陰で長年支えてきた「虎の巻」たる入門書が見つからぬという話の続きです。 考えてみれば図書館で借りる本ですから、たまに他人に貸し出し中で置いてないことがあってもちっとも不思議はありません。 しかしながら今まで必ずあったものですから、小生は何だかすっかり自分専用の本のような気がしていたのです。    がっかりして家に帰る途中で、ふとある考えがひらめきました。「そんなに役立つ本な [続きを読む]
  • 寧日庵2_3(な、ない!)
  •  小生が友人のMさんに渡した茶会の入門書の最初の方には、何が書いてあるかというと、「服装と持ち物」とか、茶会での常識的な注意点に続いて、「薄茶の飲み方」や「蹲の使い方」、さらに「茶室への」入り方(寧日庵は躙口から入ります)などが書いてあります。  「まあ、このあたりまで読めば充分でしょう。」     だって、今回の茶会では、まさか懐石が出たり、濃茶を飲むことになるはずはないのですから。 因みに昨 [続きを読む]
  • 寧日庵2_2(大丈夫、大丈夫)
  •  寧日庵については、前シリーズで詳しく書きましたので重複は避けますが、茶道は好きだが稽古には(それぞれの理由で)本腰を入れていなかった人たちが、共有の茶室を建て、月に一度くらい顔を合わせ、お茶の稽古をしながらまぁ楽しくやっていこうというような集まりです。    そして昨年の秋に、事情をよく解っている数人の客だけを招いて初めての茶会を開き、それに招かれた小生はとても幸せな時間を過ごすことができました [続きを読む]
  • 寧日庵2_1(ちょうど一年)
  •  最近、ブログの投稿をしていないなぁ_ 半年ぐらい書いてないかなと思いながら、久し振りに自分のブログを確認してみたら、なんともう1年も経っています。 しかも前回の「寧日庵茶会」の話を書き始めた時からちょうど一年(本当に日付までぴったり一年)だったので、びっくりしてしまいました。    いやそれにしても月日の経つのは何とやら、時間というものはちょっと油断して横を向いていたりすると、こちらの目を盗んで [続きを読む]
  • 過去の記事 …