ittousai さん プロフィール

  •  
ittousaiさん: こだわり日記 普通じゃつまらない
ハンドル名ittousai さん
ブログタイトルこだわり日記 普通じゃつまらない
ブログURLhttp://kodawarinikki.blog107.fc2.com/
サイト紹介文四季の旬な花を主に、一眼レフやコンデジで撮った写真をupしてひとり悦に入っている日記ですわ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/07/09 20:31

ittousai さんのブログ記事

  • 三田洞j弘法の紅葉写真。 そしてまったく関連性のない料理のお話。
  • 弘法大師が建てたという真言宗のお寺。正式名を「法華寺」と言う。俗称として呼び親しまれているのが「三田洞弘法」である。ここは毎年紅葉が綺麗に色付く。静かでイイ所だよ。落ち着くもん。四季を通じて、もう数え切れないほど来ている。朝夕の気温がとても低くなったような気がする。ストーブを出そうか悩む頃だね。今日からぼちぼち大掃除を始めた。・・・と言っても大したことは出来ないが、とりあえず、掃除機やモップで掃き [続きを読む]
  • 昨日の続き・・・
  • 残りの写真をアップしとくね。ホントに中途半端で、もう盛りを過ぎた?みたいな木も有れば、まだ全然色付いていない木もある。このシーンなんか、光を透かさなかったらまったく絵にならない状態なんやよ。。。これはこれで好きなんだけどな。変わりつつ有るグラデーションがイイもん。あれ?前の写真とあんまり変わらんやん・・・ま、今んとこ、こんなもんですわ。だけど、一日ごとに変わっていくよ。今日なんか小寒かったもん。だ [続きを読む]
  • 今日行ったのは延算寺
  • 昔、小野小町さんがお忍びで治療に来たことから、皮膚病にご利益があるみたいなお寺さんだよ。お寺へ上がって行く道際に色付いていた。時期的にはほんの少しだけ早かったと思う。本当は違う所へ行きたかったんだけれど、気がついたらこのお寺への道を選択してハンドルを握ってた。。。時期的には完全に早かったのに、こうして落ち葉は既に晩秋であるかのごとく散っていた。お寺の門である。この時期、毎年庭師が入って木々の剪定を [続きを読む]
  • 紅葉し始めた頃の在庫写真一掃!
  • 最近外へ出かける気持ちになれなくて、ず〜っと家に居る。だから旬じゃないけど、紅葉しかけた頃の在庫写真を一掃しようと思う。何の葉っぱをどこで撮ったんだっけ・・・それすら思い出せない。ま、脳みそ壊れてるから仕方ないんだけどね。。。思い出せないけど、たぶんハナミズキかなんかの葉っぱじゃないかなぁ?自信ないけど。平地での紅葉は今一番中途半端な時期だと思う。あと一週間経てばしっかり色が付いて綺麗になるような [続きを読む]
  • 季節感が狂う四季桜
  • 各務原市の学びの森公園に、この時期に咲く桜がある。「四季桜」と言う。違和感あるでしょ?どっから見ても桜なんだけど、なんだか受け入れ難い・・・四季桜という品種を知らなけりゃ、狂い咲きだと思うよね。品種改良の賜物なのかもしれないが、桜は春だけにしといたほうが良かったのでは? [続きを読む]
  • 黄色いモミジ
  • 実家のモミジは枝が紅くなる品種だ。そのモミジが黄色く色付いた。ね、葉っぱにつながる部分は紅いでしょ?やがて黄色い葉っぱも紅くなるんだよ。部分的に紅くなろうとしている所が見えるでしょ。でもさ、やっぱり今年の紅葉は期待できないよ。。。だってさ、紅くなる前に黄色い葉っぱが風に吹かれてハラハラと落ちているんよ。この調子で落ち続けたら確実に全部落ちちゃうな。実家にある他のモミジの木たちは、こいつとは種類が違 [続きを読む]
  • 紅葉の紅葉と書いて「もみじのこうよう」と読むんだからなんだかね。
  • 題目に書いたけど、「紅葉の紅葉」と書いて「もみじのこうよう」と読むやんね。他には「銀杏の生る銀杏」と書いて「ぎんなんのなるいちょう」と読むやんか。日本語ってなんでこんなに厄介なんだろう?だから日本の最高学府である大学生が日本人相手に日本語の問題を解き争ったりするテレビ番組が存在するんだよね。。。そして、たいがいの日本人が答えられずにいる現状・・・なんだろね。ま、そんな事は放っといて、昨日の続きの紅 [続きを読む]
  • 里山に降りてきた紅葉
  • 明日から天気が下り坂になる約束だ。暑いくらいの良い天気の今日、関市の百年公園へ行って来た。この公園はちょっとした丘になっていて起伏が有るので、リハビリ歩きをするにはとっても良いのだが、マムシはたくさん居るし、オオスズメバチはあちこちに居るし、歩道を外れて山道に入っていくと崖崩れしてたり、ろくなことがないので最近はあまり行かなくなっていた。山道には入らず、舗装された遊歩道を汗かきながら歩いて、最初に [続きを読む]
  • 桜の葉やヤマボウシの葉
  • 桜の葉が紅葉することを知らない人も居るかも知れない。だって、桜の木なんて4月の全盛期しか見向きもしないでしょ。だから秋に葉っぱが紅葉する事に気が付かないんだよ。陽の光を透かしてみるとグラデーションがかかって結構綺麗なんだよ。桜って、葉っぱも美味しいのか、毛虫たちも好きなんだよね。。。で、これがヤマボウシの葉っぱ。これもグラデーションが綺麗だ。・・・これ・・・何の葉っぱだったっけ???全然解りましぇ [続きを読む]
  • 各務原市 冬ソナストリートのイチョウ
  • 冬のソナタって覚えているかなぁ?ペさんが一躍有名になったドラマだけど、もう長いこと経つ。そのドラマ中に出てきたロケーションと似ていると言う理由で姉妹都市になり、「冬ソナストリート」と名付けて、ライトアップもしているようだ。まだライトアップの時期じゃないので、とりあえず日中に行って来た。イマイチ黄葉には早かったが、それなりに色付き始めていたよ。このあたりはまだまだだね。。。木によっては・・・光によっ [続きを読む]
  • 内藤薬博物館 薬草園の植物たち。
  • 昨日の続編だよ。薬草園だから、何かの役に立つ植物ばかりだ。ほほ〜ぅ。。。猫のひげのくせに人間様の役に立っているんだね。よろしい。昔は不治の病とされていた癌に効く薬だなんて、世紀の大発見なんだろうが、そのままじゃ、強い毒を持っているなんて驚きだな。良薬は口に苦しとか、毒をもって毒を制すなどと昔の人は言ってた。人間って昔から頭良かったんだね。。。何人もの犠牲の上に成り立つ「薬」自分も毎日薬を飲む身だか [続きを読む]
  • 内藤薬博物館薬草園の植物たち
  • あけびだよ。完熟してたから、すっごい甘い香りが漂ってた。バナナみたいだけど、この黒いのが種で、アワアワっぽい実を口に含んだら、すぐに種をペッペするんだよ。オラは嫌いだったな・・・これはムベの実。花が咲いてた頃の画像。2013年だけど、4月19日にアップした画像。こんな花が咲いてたんだよ。で、あの丸い実が生る。食べたことないわ・・・さて、これは吾亦紅=ワレモコウだね。若葉が食べられるとは知らなかった [続きを読む]
  • この、黒い実・・・なぁんだ?
  • これは何の実でしょう?とりあえず、黒い実だからって、ヤブランの実じゃないよ。。。正解は・・・これの実だよ。これって何でしょう?因みにこの写真は8月の24日にアップした写真の再掲載。8月にこんな花が咲いていたのが今は黒い実になっている。正解は、アヤメ科アヤメ属の多年草、「ヒオウギ」だよ。今年はあちこちで長く見かけたな。ところでさ、このヒオウギの実のことを「ぬばたま」って言うの知ってた?万葉集では、「 [続きを読む]
  • 厚葉君が代蘭(アツバキミガヨラン)
  • ユリ目リュウゼツラン科ユッカ属の低寒性常緑木。このあと、花が全部咲くと、重さで傾くことも有る。厚葉君が代蘭=アツバキミガヨランって言う。これによく似た、「君が代蘭」も有るが、葉っぱが固くてツンと尖っている方が「厚葉」と付く方の君が代蘭である。別名を「ユッカ」とか「ユッカラン」と言うんだが、ユッカとは蛾の名前である。なんのこっちゃ?って思うけど、このアツバキミガヨランは北アメリカが原産地で、この花が [続きを読む]
  • 秋に咲く公園の花たち
  • クマツヅラ科「コバノランタナ」ダリアガガイモ科アスクレピアス属の多年草。「アスクレピアス」名前知らずの花。ただの雑草なのかもしれない。でも、何となく秋らしい花。。。ケイトウ。夏から秋にかけて咲く花だから、どちらかと言えば夏に近いんじゃないかな。最近咲いていたから何となくアップしてしまった。椿。これも秋から冬にかけて咲く花だから、どちらかと言えば冬のイメージが強いな。寒椿のイメージが強いからね。花は [続きを読む]
  • 天然の「綿」だけで描いた「綿の絵」
  • フラワーパーク江南の建物の2階展示場で、綿の絵の展示が開かれていた。ちょいと覗いてみて、そのクオリティの高さにビックリしたよ・・・綿の木は知ってる。だけど、それを原料に絵を描くなんて発想はなかなか沸かないよ。綿の木ってこれだよね。ほほ〜う・・・おーっ!・・・って、感動する前に片麻痺男の90度に曲がった腕とか写り込んでるやんっ!しゃーないんや・・・額の表にテカテカ光るカバーが付いてるんやもん、PLフ [続きを読む]
  • フラワーパーク江南で、見納めのコスモスたちと出会って来たよ。
  • 愛知県江南市に在るフラワーパーク江南。いつも花でいっぱいの大好きな公園。ここのコスモスはどこより遅い。ま、植えるのが遅いから咲くのも遅いんだけど、それだけとっかえひっかえ色んな花が咲いているんだよ。前はひまわりだったかな?それらが頑張って咲いているうちは次の花が植えられないから、必然的にコスモスは遅くなる。だけど、そのおかげで、どこもかしこも終わったあとにコスモスが見られるんだからオラには嬉しい限 [続きを読む]
  • 渋柿
  • 今年の果物はダメだろう。甘い柿を手にしたが、ちっとも美味しくない。熊本のミカンは美味しかったけど、なんやら薄味で、果汁10%って感じだったし・・・これ、渋柿。そろそろ収穫されて軒先に吊るされる。そうすると、渋かった柿がものすごく甘くなる。火鉢で焼いて食べるとそりゃもうほっぺたが落ちる美味しさ。白く粉がふく前にカビてしまうことが多く、結構干し柿作成は難しいんだよ。だけど、この渋柿もジュルジュルになる [続きを読む]
  • ホバリングが得意なホシホウジャク
  • 椿の花に空中をホバリングしながら蜜を吸っているのは、スズメガ科ホウジャク亜科の「ホシホウジャク」である。ホバリング中は脚をたたんで、超高速な羽ばたきで空中に止まった状態で花の蜜を吸う。ハチドリや蜂みたいに見える。こいつは蛾の仲間だから針も毒も持っていないよ。だから怖くはないんだけれど、とにかくせわしい。。。ホバリングしているからその場にじっとしては居ない。花から花へと飛び移っては蜜を吸い、また次の [続きを読む]
  • まだ紅葉には少し早いね
  • 野山のモミジ。段階的に色付き始めてはいるが、まだ少し早い。こんな感じだ。まさか今年の紅葉はこんな感じで終わったりしないよね・・・冗談がホントになりそうで怖いわ。マジで今年の紅葉は綺麗じゃないような気がする。ま、遠くから撮れば葉っぱが傷んでいようが分からないので、引きの写真ばっか撮ってりゃイイっか。。。もっと燃えるような紅葉になったらまた野山へ行って撮ってくるね。でも、今年はスズメバチの巣作りが早め [続きを読む]
  • 紅葉がすぐ近くまでやって来ている
  • 百年公園の北口に、「モミジバフウ」が有る。別名「アメリカフウ」とも言うフウ科フウ属の落葉高木だ。最初に紅くなるから紅葉の季節では最初に紹介されるね。赤いスポーツカーが紅葉にマッチしてた。これ、近寄ったらダメなんよ・・・葉っぱがヨレヨレだから。猛暑と台風の影響で見るも無残な状態。少しでもそう見えないように撮っているだけ。近寄っちゃいけないな。「ヤマウルシ」ウルシ科ウルシ属の落葉低木。これも早い時期に [続きを読む]
  • 秋色:熟・紫陽花
  • 時期外れの紫陽花に出逢った。それは「熟」と言う表現がピッタリの熟した紫陽花だった。そりゃそうだ。梅雨時に咲く紫陽花が今でも咲いているんだもん。それにはちゃんとした理由があって、紫陽花にも「四季咲き」の品種があり、秋まで花が咲くんだよ。紅葉もするらしい。だから、今咲いていることに不思議はないんだけれど、その姿があまりにも妖艶だったからすかさずパシャったさ。。。「熟」好きかもしれない・・・秋の紫陽花・ [続きを読む]
  • 関市 百年公園のイチョウ
  • ここら辺りじゃ一番早く黄葉する。百年公園のイチョウ。行ってみたんだけど、葉が少なすぎる。。。かなり葉っぱが落ちているでしょ。夏の猛暑のせいなのかな?数年前にマイマイガの幼虫が大量発生した時も葉っぱが無くなってたけど、今年は気候のせいだろうね・・・見事に黄葉しているのに葉っぱが少ないのは残念だね。上2枚は24−120mmのズームレンズで撮ってる。3枚目は180mmの単焦点レンズを使った。背景をボカす [続きを読む]
  • もうすぐハロウィンなのかね?
  • 公園へ行くと、どこもかしこもハロウィンの飾り付けが成されている。これはフラワーパーク江南のハロウィン。毎年同じ人形だったが、今年はちょっと変わった。ほほ〜い、ハロウィン列車が走れば子どもたちも大喜びなんだろね。おや?この人形も今年始めて出会うわ・・・その割に態度がでかいし!今の子どもたちはお化けや骸骨なんて怖がらないのかなぁ〜。。。オラ、今でも怖いのに・・・さて、お次は河川環境楽園の飾り付けだよ。 [続きを読む]
  • 公園内の棚田の稲
  • 棚田って、山の斜面や傾斜地に作られた水田のことを言うんだね。狭い日本で狭い土地を有効利用する古人の知恵だね。。。それを模した小さな棚田が公園内に在った。今年は立て続けにやって来た台風のせいで稲穂が倒れてしまっている。今年は米、野菜、果物、豚、、みんな悪天候やらコレラ菌やらにやられて、全く期待できない。もう国産に拘る必要なんてどこにもないよね。。。この稲穂たちは現在は既に小学生たちの手作業によって刈 [続きを読む]